お通夜に贈る供花とは?花の選び方や注文方法、お礼についてご紹介!

お通夜に供花を贈る方も多いと思いますが、贈る花はどんな花が良いのでしょうか。花の選び方はどのような点に注意が必要か、どこに頼めばよいのか、などと悩むことも多いと思います。この記事ではお通夜に贈る供花について、花の選び方や注文方法、お礼なども含めて解説します。

目次

  1. お通夜の供花について
  2. 葬式における供花とは
  3. お通夜の供花に適した花は何か
  4. お通夜に供花を手配する方法とは
  5. 供花を頂いた時のお礼について
  6. お通夜に送る弔電マナー
  7. お通夜の供花についてまとめ

お通夜の供花について

葬儀

お通夜に出席するけれど花も贈りたいという方も多いと思います。
お通夜や告別式に供えるお花は、故人・ご遺族への弔意とともに式場の雰囲気を決めるとても大事なものです。
ですから、贈る花はお通夜の場にふさわしい心のこもったものにしたいものです。

それでは、実際に選ぶとしたらどんな花が良いのでしょうか。
金額はどのくらいが良いのか、花を選ぶ時に注意すべきことがあるのか、どこに頼めばよいのか、などと悩むことも多いと思います。

そこで、今回の終活ねっとでは、お通夜に贈る供花について以下の事項を中心にご説明します。

  • 葬式における供花とは、どういうものか?
  • お通夜の供花に適した花は、どのような花か?
  • お通夜に送る供花を手配するためには、どのようにしたらよいのか?
  • 供花を頂いたときのお礼は、どのようにしたらよいのか?
  • お通夜に送る弔電のマナーは、どのようなことがあるのか?

お通夜に贈る供花について花の選び方や注文方法、お礼なども含めて詳しく解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬式における供花とは

葬儀

まず最初に、葬式における供花とはどのようなものなのか、相場や香典との関係などをご説明します。

相場はどれくらいか

供花はかつては2基を1対で送ることが多かったのですが、最近は1基ずつ送ることが多いです。
供花の金額は入れる花の種類や数によりかなり違いがあります
相場はおよそ7000円~1万5000円程度です。
会社などが出す供花は1万5000円位が多いです。

キリスト教の献花とは異なる

献花は、参列者が祭壇に向かってお参りする際に手向ける花です。
キリスト教の葬儀などの場合、係の方から花をお一人1本ずつ受け取って、祭壇の前に順次供えて故人を偲び礼拝します。
つまり、献花はお焼香に相当するものとイメージすれば分かりやすいと思います。

これに対して供花は、もちろんお悔みの気持ちも込められていますが、あらかじめ式場・祭壇に飾っておくものです。
通常、贈った方の名札が付けられている点でも違いが分かります。

供花と香典はどちらとも必要?

供花と香典はどちらかだけにするのか、それとも両方必要なのでしょうか。
答えは出される方のお気持ち次第で、特に決まったルールやマナーはありません
一般的には次のような例がよく見られます。

  • ご遺族は、香典と供花を出すことが多いです。
  • 故人の勤め先の会社などは、香典と供花を出す場合と供花だけを出す場合があります。
  • 故人の友人などは、香典は個人ごとに出し、供花を連名で贈ることもあります。
  • 遺族が香典を辞退している場合に、供花を贈ることもあります。
  • 通夜・告別式に参列できない方が、供花と香典あるいは供花だけ贈ることもあります。

お通夜の供花に適した花は何か

葬儀

お通夜の供花に適した花はどのような花なのでしょうか。
供花に適した花の種類やアレンジの仕方、宗教ごとの違いなどについてご説明します。

基本的には生花

お通夜の供花に適した花は、基本的には生花です。

最近は生花ではなく、代わりにブリザーブドフラワーを使うこともあります。
プリザーブドフラワーは、生花を加工して長期間保存・鑑賞できるようにしたものです。
プリザーブドフラワーは仏壇や手元供養には向いていますが、お通夜の供花は生花が好まれます

どのような花束のアレンジメントが良いか

供花にはいろいろな形が考えれますが、どのような花束のアレンジメントが良いのでしょうか。
ここではフラワーアレンジ、籠アレンジ、フラワ―スタンドについて、特色などをご説明します。

フラワーアレンジ

フラワーアレンジは名前のとおり花のアレンジメントで、お好みの花を選んで花束にしてボックスなどに入れて送ります
フラワースタンドのように場所を取りませんので、家族葬などで自宅でお通夜をする場合などにふさわしいです。

最近はご遺族がスタンドではなくアレンジメントをご希望される場合も増えているようです。
フラワーアレンジであれば比較的持ち運びも容易で、場所を選んで並べることができます

籠アレンジ

籠アレンジは、フラワーアレンジと同じように籠の中に好みの花をきれいに盛り込んだものです。
籠アレンジは上記のフラワーアレンジよりもコンパクトで持ち運びも容易ですので、斎場でも自宅でもお花を飾るスペースが限られていてもて自由に置けるのがメリットです。

フラワースタンド

フラワースタンドは、高さのある台の上に供花を乗せて飾るものです。
お通夜の式場が斎場や葬儀場などで広い場合は立派で見栄えもしますのでよく用いらます。
喪主や親族、故人の勤務先の会社や団体などから贈られる供花は、通常フラワースタンドです。

スタンド花は基本的に葬儀を担当する葬儀社がとりまとめますので、形や色なども考えて配置してもらえます。
供花をフラワースタンドにするときは、葬儀社に問い合わせてお任せした方がよい場合が多いです。

仏教

仏式の通夜・葬儀で使用する花は、基本的に生花です。
花の種類は、菊・ユリ・カーネーションが一般的ですが、胡蝶蘭を使うこともあります。
色は白系統が基本ですが、落ち着いた感じであれば薄いピンクなどをアレンジすることもあります。

神式(神道)

神式の葬儀の供花は、仏式の場合とほぼ同様です。
神式の葬儀では榊が重要な役割を果たしますが、斎主以外の方の一般の供花としては白い菊が中心で、他にはユリが使われることがも多いです。

キリスト教

キリスト教ではスタンドフラワーや花輪などを供えることはありません
キリスト教でも花を飾ることはありますが、死者の供養という考えはなく霊前に供えるものではありません。
花を飾るときは、生花の籠アレンジやフラワーアレンジにして、名札はつけません。

飾る花は洋花のカーネーションやユリなどが多く、小菊などを使用することもあります
色は白に限らず、十字架やハート型にしたフラワーアレンジメントなどもあります。

キリスト教の場合は、花を送るとしても教会ではなくご自宅に送ることが多いです。
ただご遺族によっては供花を辞退することもありますので、送る前には必ず確認した方がよいです。

お通夜に供花を手配する方法とは

葬儀

お通夜に供花を手配する方法について、供花を送るタイミングと供花の頼み方をご説明します。

いつまでに送れば良いか

供花はいつ頃までに送ればよいのでしょうか。
供花はお通夜の始まる前に式場に届くように送るのが基本的マナーです。
訃報を聞いて供花を送ることに決めたときは、すぐに手配しましょう。

式場側での準備の都合もありますので、訃報を受けるのが遅くなっときでも、遅くとも開式の2時間以上前にはつくように依頼しましょう。
それ以上遅くなるようであれば、無理せずに翌日の葬儀に間に合うように手配したほうがよいです。
通夜に飾りたいと無理すると、折角のお気持ちもかえってご遺族の迷惑となる場合もあります。

供花を送るときは、担当の葬儀社に連絡して供花を送りたい旨と何時までに送ればよいかを事前に確認した方がよいです。

供花の頼み方

供花は葬儀屋さんに頼むか、式場の近くの花屋さんに注文するか、あるいはインターネットから注文するのが一般的な頼み方です。
それぞれの場合のメリットなどについて詳しくご説明しましょう。

葬儀屋に注文

供花は葬儀を担当する葬儀社に注文するのが一般的です。
葬儀社であれば、喪家の宗教も分かっており、会場の状況もきちんと把握しています。
式場にふさわしい供花の金額の目途も分かりますし、お花の種類やアレンジの仕方も全体のバランスが取れるようにうまく手配してもらえます。

もし担当の葬儀社が分からない時は、葬儀場に電話すれば教えてくれるでしょう。
喪家は通夜の準備で取り込んでいますので、よほど親しい間柄でない限り自宅への電話は控えた方がよいです。

花屋に注文

供花を花屋さんに直接注文する方法もあります
花屋さんに頼む場合はいろいろなアレンジができますので、好みに応じたお花を贈ることができます。
お通夜が自宅で行われる場合などは、近くの花屋さんに供花を頼む方もおられます。

ただ葬儀社によっては供花の手配は自社ですべて行い、外からの供花は受け付けないということもあります。
供花を葬儀社以外に頼む場合は、あらかじめ葬儀社に問題ないか確認した方がよいです。

インターネットで注文

インターネットで供花の注文をすることもできます
インターネットのメリットは、花の画像を確認しながら好みのアレンジを選ぶことができることです。
金額もアレンジの種類も豊富ですので、予算の範囲内でご自分の希望にあったものを選ぶとよいです。

インターネットから注文するのは、ご自宅の枕花などに送る場合にふさわしいです。
お通夜や葬儀・告別式に送るときは上記の花屋さんの場合と同様に、別途手配してよいか葬儀社にあらかじめ確認しておいた方がよいです。

供花に付ける名札の名前の書き方

供花に付ける名札は、供花を出された方が故人とどのような関係なのかを示すものです。
参列された方は、この名札を見て故人のゆかりの方、交友関係などをうかがい知ることになります。
供花に付ける名札にはこのような大事な意味があるのです。

供花に付ける名前の書き方については、一般に以下のようにします。

喪主

喪主の場合は、単に「喪主」とだけ書き、氏名は書きません

子供や孫などの親族

故人の子供や孫などの親族の場合は、通常「子供一同」「孫一同」「親族一同」などと書きます
親族が個別の氏名を記載することもありますが、一人であればその方の氏名をフルネームで書き、3名以内であれば年齢順などに連名とすることもあります。

個人で出す場合

亡くなった方の友人や知人が個人で供花を出す場合は、氏名をフルネームで書きます
通常肩書などは特につけません。

学生時代の友人や同窓生が連名で出す場合は、「友人一同」「○○大学同期一同」「○○中学校同級生有志」などとまとめて書くとよいです。
個人の氏名を連名にするときは3名程度が限度ですが、具体的には葬儀社に確認した方がよいです。

会社で出す場合

会社で出す場合は、会社の正式名称を書き、部署単位で出すのであれば部署名も加えます
例えば、「○○会社役職員一同」「○○会社○○部一同」などとします。

所属部署の方の連名で出すときは、会社名と所属名を書いた後に、職責・肩書が上の人から右から順次氏名を書きます。
ただし連名は3名以内までとしたほうがよいです。

会社や団体を代表して出す場合

会社や団体の代表者として出す場合は、会社・団体名を代表者の個人名の前に必ず入れます
多少長くなっても会社や団体の正式名称を書くのが基本的なマナーです。
「○○株式会社 代表取締役社長 ○○○○」のように、会社名・役職名・氏名を書きます。

会社名・団体名が長いこともあると思いますが、一般的に使用が認められている(株)などを除き、できるだけ略さずに書きましょう。

供花を頂いた時のお礼について

葬儀

供花を頂いた時のお礼はどのようにしたらよいのでしょうか。
お礼の品を送った方がよいのでしょうか、お礼状はどのようにしたらよいのでしょうか。
ここでは、供花を頂いた時のお礼についてご説明します。

お返しの品は不要だがお礼状を送る

供花だけを頂いた時は、お礼の品を送るのが必須というわけではありません。
ただ、供花を頂いたのに何もお礼をしないのは失礼です。
少なくともお礼状を送るのがマナーです。

供花にも儀礼的なものもあれば、親しい方からの心のこもったものもあります。
後者の場合、お礼状を送る際に心ばかりでも品を添えると感謝の気持ちが丁寧に伝えられます。
事後のお付き合いもありますので、ご自分の気持ちが落ち着くようにされた方がよいです。

お礼状は香典返しの時期に送ってもよいですが、お礼状だけでもあれば葬儀後落ち着いたら早めに出した方がよいです

香典も頂いた場合は香典返しと一緒に

香典と供花を頂いた場合には、香典返しの際に一緒にお礼をするのがよいです。
お返しの金額は、香典と供花の金額を合わせた額の半返し、つまり頂いた金額の3分の1から半額程度をめどにするとよいです。
香典と供花のお返しを別々にするのではなく、合計した金額を念頭に品物を選び、忌明け後にお礼状を添えて送りましょう。

お礼状の例文

供花のお礼状では、お花を頂いたことへのお礼に葬儀を無事済ませた報告を簡潔に加えます

香典返しの際のお礼状では、通常の香典返しのお礼状だけでもよいですが、一言供花のお礼を付け加えると丁寧です。

(お花だけを頂いた場合)
このたび 亡父○○の通夜葬儀に際しましてお心のこもったお花を頂き誠にありがとうございました
早速霊前に飾らせていただきましたが故人も大変喜んだことと存じます
おかげさまで葬儀も滞りなく営むことができました
書中失礼とは存じますが厚く御礼申し上げます
(香典と供花を頂いた場合)
先般 亡父○○の葬儀に際し お心のこもったお花とご厚志を賜り厚くお礼申し上げます
お陰様にて○○○○(戒名)の七七忌法要を滞りなく営み 忌明けを迎えることができました
ここに生前故人が賜りましたご厚情に対しあらためて感謝申し上げます

つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますのでご受納ください
本来ならご挨拶に参上すべきところ 書中略儀ながらお礼を申し上げます

お通夜に送る弔電マナー

葬儀

お通夜に送る弔電のマナーについてご説明します。
弔電は、送るタイミング、送り先、宛名に注意が必要です。

  • 弔電を送るタイミング

    弔電は、お通夜の開始に間に合うように送ります。
    通夜の開始まであまり時間がない場合が多いので、弔電はすぐに手配します。
    訃報を知るのが遅かった時でも、少なくとも告別式開始前に着くように送りましょう。

  • 弔電の送り先

    弔電の送り先は通夜が行われる式場です。
    自宅で通夜が行われる場合は自宅になりますが、そうでなければ通夜の準備で忙しい自宅には送らずに直接式場に送ります。

  • 弔電の宛名

    弔電の宛名は、喪主にします。
    ご遺族と知り合いだが喪主とは面識がないという方もおられるでしょうが、喪主あてに送るのがマナーです。
    喪主の名前がわからないときは、「○○家 喪主様」などとしても良いです。

お通夜の供花についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、お通夜に贈る供花について、花の選び方や注文方法、お礼なども含めて解説してきました。
記事の要点をまとめると、次のようになります。

  • 葬式における供花の相場は、7000円~1万5000円位である。
    供花は、焼香の代わりに祭壇に供えるキリスト教の献花とは異なる。
    供花と香典を両方出すか・いずれかを出すかは、出す方の気持ち次第でルールはない。
  • 通夜の供花に適した花は、生花である。
    式場が自宅であればフラワーアレンジか籠アレンジ、斎場のときはフラワースタンドを贈ることが多い。
  • 仏教の供花は基本的に生花で、白色の菊やカーネーション・ユリなどが一般的である。
    神式の葬儀の供花は、仏教の場合とほぼ同様である。
    キリスト教では、スタンドフラワーは使わず籠アレンジやフラワーアレンジを使うことが多い。
  • 供花は遅くとも開式の2時間前には式場につくように、訃報を受けたらすぐ手配する。
    供花の注文は、花屋・インターネットもあるが、葬儀社に注文するのが一般的である。
  • 供花の名札は、供花を出した方と故人との関係を示すもので、書き方にもマナーがある。キリスト教式の葬儀では、供花に名札は付けない。
  • 供花のお返しの品は必須ではないが、少なくともお礼状を送るのがマナーである。
    香典と供花を頂いた場合は、香典返しと一緒にお礼をすればよい。
  • 通夜に弔電を送るときは、送るタイミング・送り先・宛名に注意が必要である。

お通夜に贈る供花の選び方や注文方法などがお分かりいただけたと思います。
供花は亡くなった方を偲び、ご遺族への弔意を示すだけでなく、参列者の目にもとまりますので、お通夜の場にふさわしいものにしたいものです。
お通夜に供花を贈られるときは、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

終活ねっとでは、他にも様々な記事を掲載していますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました

「お通夜・供花」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・供花」についてさらに知りたい方へ

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?のサムネイル画像

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

葬儀で飾る供花とは?花の種類や並べ方から基本的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀で飾る供花とは?花の種類や並べ方から基本的なマナーまで解説

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!のサムネイル画像

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・供花」についてさらに知りたい方へ

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?のサムネイル画像

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと