お通夜のご遺族の服装とは?喪服や髪型のマナーを男女別に解説!

皆様はお通夜での服装に関して悩まれたことはありませんか?ご遺族の場合は特にマナーに気をつけなければなりません。今回は、お通夜の際の遺族の服装に関してご説明致します。喪服から髪型のマナーまで男女別に解説しておりますので、どうぞご覧ください。

目次

  1. お通夜のご遺族の服装について
  2. お通夜でご遺族はどんな服装をすればよいか
  3. その他ご遺族の服装に関するマナー
  4. お通夜を執り行う際のポイント
  5. お通夜でのご遺族の服装についてまとめ

お通夜のご遺族の服装について

困った人々

皆様はお通夜での服装に関して悩まれたことはございませんか?
葬儀に関連するマナーは、なかなか人に聞きづらく頭を抱える方も少なくありません。
ご遺族となると、特に服装などのマナーには気をつけたいものです。

本ページでは、お通夜の際にご遺族が守るべき服装のマナーについて解説致します。
喪服や髪型のマナーを男女別にわかりやすくまとめました。
和装、洋装それぞれご説明させていただいております。

また、アクセサリーや髪型に関するマナーもわかりやすく解説しております。
お通夜前の最終チェックにもお役立て下さい。

今回、終活ねっとでは、お通夜でのご遺族の服装について、以下の項目に沿ってご説明致します。
どうぞ最後までお読みください。

  • お通夜でご遺族はどんな服装をすれば良いのか?
  • ご遺族の服装に関するマナーとは?
  • お通夜を執り行う際のポイントは?

ぜひ最後までご覧いただき、適した服装でお通夜に臨めるようにしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜でご遺族はどんな服装をすればよいか

葬儀

皆様は、ご遺族としてのお通夜でのマナーに関してご存知でしょうか?
ご遺族は葬儀やお通夜の際、最もマナーを意識しなければならない立場です。
忙しい中ではありますが、絶対に守るべきポイントだけでも確認しておきましょう。

今回は男女別にご遺族がお通夜ですべき服装について解説致します。
昔は喪服と言うと和装が当たり前だったのですが、最近では逆に洋装が主流となっています。
格式自体は和装も洋装も同じです。

ご遺族にとってはまだまだ心の落ち着かない時期ではございますが、ご遺族として最低限のマナーを守れるように気をつけましょう。

基本的にご遺族は喪服

ご遺族は葬儀やお通夜では最も格式の高い服装をするのが一般的です。
ですから、基本的にはご遺族は喪服を着用するようにしましょう。
この場合の喪服とは正喪服のことです。
ご遺族や参列者は故人に対する哀悼の思いを込めて喪に服すのです。

喪服を準備できない場合は、葬儀社が手配してくれることがほとんどです。
困った時はまず葬儀社に相談してみましょう。

ちなみに、身内だけで行う通夜の場合は服装に関してそこまで深く考える必要はありません
お通夜の規模等を考慮し検討するようにしましょう。

通夜は略式喪服でも問題ない

お通夜は基本的には急に決まるものです。
ですから予め喪服の準備をしていたとなると逆に印象が悪いとも考えられます。
その為、お通夜の場合は略式喪服でも構わないとされています。

お通夜の服装に関してはご遺族や親族同士で話し合っても良いでしょう。
夫婦で参列する場合は、服装の格式だけは合わせるべきだと考えられています。
その際は和装か洋装かを合わせる必要はありません。

男性の喪服

男性の喪服は基本的には以下のような服装になります。
洋装と和装、それぞれご紹介致します。

喪服は基本的にを基調とした服装です。
髪型や小物類も含めて派手にならないように気をつけましょう。

男性の場合、喪服は地味なビジネス用のスーツでも代用できると勘違いされる方がおられます。
しかし、ビジネス用のスーツを喪服にするのはマナー違反です。
礼服のスーツとビジネス用のスーツは素材や色味が全く異なるということを覚えておきましょう。
社会人であれば1着は礼服を用意するのが無難です。

洋装

喪服の確認の際は合わせて髪型や小物類も今一度確認するようにしましょう。
特に男性が見逃しがちなのが、髪型のマナーです。
男性は基本的に整髪料を付けず、顔に髪の毛がかからないようにしましょう。

  • 黒のスーツ
  • 白いシャツ
  • 黒のネクタイ
  • 黒の靴下
  • 黒の靴
  • 必要であれば黒のモーニングコート

和装

男性で和装の礼装を所持されている方はあまり多くはありません。
しかし、和装は喪主をつとめる場合などに特に役立ちます
和装のマナーもぜひお心の片隅に留めておいて下さい。

  • 黒羽二重染め抜き五つ紋付き着物と羽織
  • 羽織紐は丸組みか平打ちで色は黒、もしくは白かグレー
  • 袴は仙台平か博多平
  • 半襟・長襦袢は白または黒かグレーの羽二重
  • 帯は地味なもの、 足袋は白か黒
  • 草履は畳表付、鼻緒は白か黒

女性の喪服

女性の喪服は基本的には以下のような服装になります。
洋装と和装、それぞれご紹介致します。

葬儀やお通夜の場では、夏場であってもなるべく露出を避けるようにしましょう。
小物を含め、全体的に地味な格好になるよう心掛けましょう。

洋装

洋装の場合、本来はスカートが正式なスタイルです。
しかし、怪我をしているなどの理由がある場合はこの限りではございません。

また、寒い季節は黒やグレー等暗めの羽織物を持参しましょう。

  • 黒のワンピースかスーツ
  • 黒いブラウス
  • スカートの場合膝より下の丈のもの
  • できるだけパンツスタイルよりもスカートを着用
  • 黒いストッキング
  • 黒い靴

和装

和装の場合は家紋を入れなければなりません。
そして、この家紋に関して悩まれる方が少なくありません。
家紋は基本的に実家(嫁ぐ前)のもので構いません

  • 黒無地染め抜き五つ紋付の着物
  • 生地は黒の羽二重(関東)、黒の一越縮緬(関西)
  • 半襟や長襦袢、足袋は白
  • 帯は黒の袋帯か名古屋帯
  • 帯締めは黒の平打ちか丸くげ
  • 草履は布製の黒か畳表付きで鼻緒は黒

その他ご遺族の服装に関するマナー

葬儀

では次に、髪型やアクセサリーについてもご説明致します。
髪型やアクセサリーに関しては、マナーを守らなければ目立ってしまうため、特に気をつけなければなりません。
女性の方は特に以下の内容をご参考くださいませ。

また、子供の場合はマナーが大人とは異なります。
制服がある場合は制服を着用します。
ない場合は白のシャツやブラウスに黒やグレーのスーツ等を合わせます。
赤ちゃんの場合は黒や白、グレーを基調とした暗めの服装で構いません。

女性の髪形について

葬儀やお通夜の場では、髪の毛が長い女性は特に注意が必要です。
基本的には、顔にかからないように後ろで1つに束ねるのが良いでしょう。
黒色のゴムや地味なバレッタを使用し、シンプルに低い位置でまとめましょう。

明るい髪色は葬儀の場に適していませんので、黒くする必要があります。
1日のみの黒のカラーリング剤を使用しても構いません。

女性の場合はメイクにも注意が必要です。
ノーメイクでは逆にマナー違反となりますので、薄めのメイクをするようにしましょう。
ネイルやマニュキアを落とすのも忘れないようにしましょう。

葬儀やお通夜では、とにかく派手な格好を避けるように心掛けましょう。

以下の記事ではお通夜での髪型について詳しく紹介しています。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜での髪型はどうする?男女別のオススメの髪型やマナーを紹介!

お通夜に参列することになり、髪型はどのようにしたらいいか迷う方も多いかと思います。お通夜は厳粛な場ですから失礼がないように振舞いたいものです。今回は、お通夜での適切な髪型について迷いがちなポイントについて男女別に解説します。

アクセサリーや小物について

葬儀やお通夜の場において、アクセサリーの着用に悩む方は少なくありません。
以下では結婚指輪を含めアクセサリーについて解説しています。

派手なアクセサリーの着用は非常に目立つマナー違反となりますので避けなければなりません。
葬儀やお通夜の前は今一度鏡を確認するよう心掛けましょう。

結婚指輪以外は外す

基本的に葬儀やお通夜ではアクセサリーは全て外します。
ただし、結婚指輪は外す必要はありません
結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けないように意識しましょう。

ちなみに、バッグは革製品を避け、布製のものを選ぶようにして下さい。
革製品は殺傷を連想してしまうので避けなければなりません。
バッグもアクセサリー同様派手なデザインのものは避けましょう。

以下の記事ではお通夜に持参できる鞄について詳しく説明しています。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜に持参する鞄はどう選ぶ?ポイントや注意点を解説します!

お通夜に参列するときに、鞄はどうしていますか。 お通夜に鞄は持参したほうがよいのか、持参しない方がよいのか、持参するときはどんな鞄がよいのか、悩むことも多いと思います。 この記事では、お通夜に持参する鞄について、選び方のポイントや注意点などを解説します。

真珠のネックレスやピアスなら着用可

葬儀やお通夜の場にアクセサリーは適していません。
どうしてもアクセサリーを付けたいという場合は、1連の真珠のネックレスなら付けても構わないでしょう。
ちなみに、2連は不幸が重なることを連想してしまうので避けましょう。

真珠のピアスもマナー違反ではありません。
涙を表現すると言われているパールやブラックオニキスであれば葬儀やお通夜の場に適しています。

派手なゴールドアクセサリーや大きなピアスなどは、普段から身につけているものであっても必ず外しましょう。
アクセサリーに関して不安な方は、結婚指輪以外は外すのが無難です。

以下の記事では真珠について詳しく説明しています。
ぜひご参照なさってください。

こちらも読まれています

お通夜に持参する真珠のマナーは?ピアスやイヤリングについても解説

お通夜には真珠のネックレスをつけていく女性を多く見かけます。なぜ真珠のアクセサリーなのでしょうか。お通夜につけるアクセサリーには、決まったマナーがあります。 今回の終活ねっとでは、お通夜につける真珠のアクセサリーについてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

お通夜を執り行う際のポイント

葬儀

お通夜を執り行う際のポイントを簡単にまとめました。
忙しい中で、ご遺族として参列者へのマナーに気を使うのは非常に大変です。
自身の休息がなかなかとれないという方もいらっしゃいます。
葬儀やお通夜では、最低限のポイントだけでも確認しておきましょう。

参列者への連絡方法

お通夜に関する連絡は基本的に亡くなったら早めにするべきです。
家族、親族には取り急ぎ訃報を伝え、追ってお通夜に関する連絡をしましょう。

連絡手段としては電話が好ましいでしょう。
しかし、お通夜や葬儀の準備で動かなければならないことが多くバタバタとしてしまうものです。

状況や相手によってはメールやFAXでも構いません。
相手との関係性等を考慮して検討しましょう。

お通夜の席順について

一般的に最前列はご遺族の席です。
座る位置は焼香の順番が基準となることを覚えておきましょう。
祭壇の近くが上座で、血縁の濃い順で座るのが基本です。

お通夜でのご遺族の服装についてまとめ

人々

お通夜でのご遺族の服装に関して、いかがでしたでしょうか?
お通夜や葬儀のマナーは日頃から触れるものではないので、忘れてしまったり、うろ覚えになってしまいやすいものです。
暗記しなければならないものではないので、その都度確認するようにしましょう。

本ページで皆様のお通夜の服装に関する疑問や不安が解消できていれば幸いです。
今回、終活ねっとではお通夜のご遺族の服装について以下のことを解説しました。

  • お通夜では、ご遺族は基本的に喪服を着用する。
  • お通夜では、結婚指輪以外のアクセサリーは基本的に身に着けない。
  • お通夜では、長い髪は束ねる等最低限のマナーを守る
  • お通夜に関する連絡は早めに、できれば電話でする。
  • 席順は焼香の順番で、遺族が最前列に座る。

ご遺族としてはまだまだ、故人が亡くなったことを受け入れることができていなかったり、心にぽっかり穴が空いてしまったような喪失感におそわれている方がほとんどでしょう。

そんな中でのお通夜や葬儀の話となると、頭がまわらなくても無理はありません。
お通夜や葬儀に関してなにかわからないことがあれば、ぜひ終活ねっとをのぞいてみてください。

終活ねっとが皆様にぴったりの情報をお届けできれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

「お通夜・遺族・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・遺族・服装」についてさらに知りたい方へ

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説のサムネイル画像

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

葬式はどんな服装で行けばいいの?夏や冬にしていくべき服装も解説のサムネイル画像

葬式はどんな服装で行けばいいの?夏や冬にしていくべき服装も解説

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・遺族・服装」についてさらに知りたい方へ

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説のサムネイル画像

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと