元同僚への香典はどれくらい包む?香典の書き方や包み方も解説します

元同僚へ香典を包む場合、どれくらい包んだら良いでしょうか。元同僚本人が亡くなった場合や、元同僚の親が亡くなった場合でも包む金額は異なります。香典袋の表書きの書き方や注意点についても、この記事で説明しています。

目次

  1. 元同僚の香典について
  2. 元同僚の香典はいくら包む?
  3. 香典袋の書き方
  4. 香典袋の包み方・渡し方
  5. 元同僚の香典についてまとめ

元同僚の香典について

葬儀

元同僚とは、自分が以前働いていた職場で同僚だった人のことです。
元同僚本人が亡くなった時は、在りし日の思い出が頭の中を駆け巡り、真っ先に葬儀に駆けつけたくなります。
また、元同僚の親が亡くなった知らせを受けることもあるでしょう。

いざ葬儀に参列するとなったとき、香典はいくら包んだら良いのでしょうか。
現同僚ではなく、元同僚ということもあり、香典の金額はいくらにするか迷ってしまいますよね。
今回終活ねっとでは記事では元同僚への香典について以下のことを中心に説明いたします。

  • 元同僚の香典はいくら包む?
  • 香典袋の書き方とは?
  • 香典袋の包み方・渡し方とは?

ぜひ最後までお読みになり、参考になさって下さい。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

元同僚の香典はいくら包む?

困った人々

では、本題となる元同僚の香典にはいくら包むのかを実際に見ていきます。

元同僚本人が亡くなった場合

元同僚が亡くなった場合は、いくら香典を包むと良いのでしょうか。
その判断は難しいと感じる人もいるでしょう。
包む香典の金額は亡くなった元同僚とどのくらい親しくしていたかによって決めるしかありません。

また、元同僚と働いていたことがかなり前か、つい最近まで働いていたのかも基準にして良いでしょう。

それほど、親しくはしていなかったものの葬儀に参列したい場合は3,000円〜5,000円を包みます。
亡くなった元同僚とかなり親しく、最近まで親交があった場合には10,000円〜を包み、お悔やみの気持ちを表します。
元同僚も友達と同じように考えて、付き合いの深さで香典の金額を決めます。

もしも前職場を退職してしばらく経っている場合は、在職当時一緒に働いた人たちと連名で香典を包むということもできます。

父親や母親など親族が亡くなった場合

次に元同僚の父親や母親などが亡くなった場合についてですが、香典はいくら包むのがベストなのでしょうか。
元同僚から自身の父母が亡くなったと連絡が入るほど日頃から親くしている場合は、香典を包み葬儀に持参しても良いでしょう。

しかし、父母を亡くした同僚本人からの連絡ではなく、共通の知人からの連絡で間接的に訃報を知った場合などは、香典を持って葬儀に参列して良いか迷う人が多いでしょう。
葬儀に参列し、元同僚を慰め励ましたいと考えるのなら、迷わず葬儀に参列した方が悔いが残らないはずです。

葬儀に持参する香典は3000円〜5000円でもお悔やみの気持ちは十分伝わるでしょう。
元同僚の父母とたいへん親しい間柄であった場合には、もう少し金額を多くしても差し支えはありません。

または、元同僚とすでに疎遠になっていて葬儀に行くほどの親しさにないと考える場合には、供花または供物を送ることも選択肢に入れます。
大切なのは、訃報を聞いた時、悔いの残らない対応をすることです。

下記の記事では、香典の金額相場などについて説明しています。
ぜひ参考になさって下さい。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典袋の書き方

葬儀

さて、香典袋の表書きについて紹介します。
表書きは薄墨を使って書くことがマナーです。
筆ペンでも、弔事用の薄墨のものが販売されています。

表書き

表書きについては、故人が信仰していた宗教によって異なります。
故人の家の宗教が何であったかできるだけ確認してから、香典を用意することが望ましいです。
しかし、どうしても故人の宗教が不明な場合には御霊前という表書きは何にでも使うことが出来ます。

仏式の場合

一般的には仏式の葬儀がここ日本では一番多いでしょう。
仏式の場合、香典袋の表書きは御霊前とします。
仏式では、四十九日後に成仏すると考えられているため、四十九日後にお金を包む場合には御仏前という表書きをします。

浄土真宗の場合

浄土真宗では、故人は死後速やかに成仏し極楽に行くとされています。
そのため香典袋の表書きは始めから御仏前とします。

神式の場合

神式の場合の表書きは御神前または御玉串料御榊料などとします。
仏式では、故人に香を捧げるという習慣がありますが、神式では玉串を捧げるという考え方があります。
捧げる相手も、故人でなく神様であるため、「御霊前」と書くことはできません。

キリスト教の場合

キリスト教では、御花料という表書きをします。
カトリックでは御ミサ料と書いても差し支えありません。
しかし、故人がカトリックなのかプロテスタントか自身がない場合は「御霊前」は無難に使える表書きです。

名前

名前は表書きの下に記入します。
連名で香典を出す場合、右から上位者になるようにします。
夫婦連名の場合は右にご主人の名前の名前を描きます。

4名以上の連名で香典を出す場合は組織の名前を書き、〇〇一同とします。
香典袋の中に香典を出したメンバーの姓名を書いた紙を入れるとご遺族に対し、わかりやすくて親切です。

以下の記事では連名での香典袋の書き方をより詳しく説明しています。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の連名での書き方とは?職場・友人・家族などケース別に解説!

通夜または葬儀に参列する際お持ちする香典ですが、連名で出したいと思うことはありませんか?今回終活ねっとでは、香典袋を連名で出して大丈夫なのかをはじめ、連名にする場合の香典袋の書き方を会社や友人一同、夫婦や親子、兄弟などケース別に詳しく紹介していきます。

内袋

内袋がある香典袋は、金額が5,000円以上の場合に使います。
内袋の表面に金伍阡円など旧漢字で金額を書き、内袋の裏面に住所や氏名を書きます。
外袋は薄墨で書きますが、内袋の住所欄は見やすいペンで書いた方がいいでしょう。

お札の向きは弔事の場合は、厳密な決まりはないとされていますが、慣例としては封筒の表面にお札の裏面(肖像画がない方)が来るように入れます。
また、向きは、肖像画のある方が封筒下部に来るように入れます。

注意点

香典袋に入れる金額についての注意点は、四や九は死ぬことや苦しむことが連想されるため縁起が悪いとされています。
慶事、弔事、どちらの場合でも、四や九を避けた金額を包みましょう。

香典に包むお札に新札はふさわしくないとされていますが、あまりにも古いお札も敬遠されています。
手元に新札しかない場合は、一旦折り目をつけてから香典袋に入れると良いでしょう。

香典袋の正しい書き方については、下記記事にも詳しく記載しています。
ぜひご参考になさってください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回はその中で香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの事を中心に解説していきます。

香典袋の包み方・渡し方

葬儀

さて、ここで香典袋の包み方や渡し方について解説します。
香典袋は袱紗に包んで持っていくことがマナーです。
急な葬儀の際、袱紗がなくて慌てないように、あらかじめ用意しておきましょう。

袱紗は慶弔両用として販売しているものを使用しても良いでしょう。
長財布のような形状になっており封筒を差し込むだけで、袱紗として使える物も重宝します。

包み方

袱紗は様々なタイプが販売していますが、一般的な袱紗の包み方を紹介します。
袱紗は正方形になっているシルク素材の物が多くあり、裏表があるものが多くあります。
色は、弔事の場合は寒色系のものを選びます。
紫は慶弔両用で使えます。

包み方について、まずは正方形の布を自分から見てダイヤの形になるように机などに置きます。
弔事の場合は、自分から見て中央より右寄りに香典袋を置き、右を折り込みます。
次に下をたたみ、上をたたみます。
最後に左をたたみ、角を折り返すと、裏地が小さな三角形になって見えます。

詳しくは以下の記事をご参考になさって下さい。

こちらも読まれています

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

お葬式の際、香典袋の包み方や表書きのマナー、袱紗の使い方など、知っているようで実は自信が無かったりしませんか?いざという時に、迷わない正しい香典袋の包み方について詳しく解説します。袱紗の包み方や使い方などもスマートに出来ると、一層品格が上がります。

渡し方

葬儀場に着いた後、受付で袱紗から香典を渡します。
御霊前と書いた方を上にして渡します。
受け取る人から見て、上下逆にならないように注意して渡します。
渡す時にひとこと、「この度は御愁傷様です。
」や「この度はお悔やみ申し上げます。
」などと宗派に合わせた一言をかけると良いでしょう。

香典の渡し方については下記の記事で詳しく説明しています。
ぜひご参照ください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

元同僚の香典についてまとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは元同僚への香典について以下のことを説明しました。

  • 特に親しくない元同僚本人が亡くなった場合や、元同僚の両親が亡くなった場合、3,000円から5,000円包むことが多いです。特に親しくしていた場合は、1万円〜包んで弔意を表します。
  • 表書きは故人の宗派によって変わってきます。宗派がわからない場合には御霊前とするのが無難です。
  • 袱紗は寒色のものを選びます。香典は受付で袱紗から取り出して渡します。

この記事を読んで、元同僚や元同僚の両親に香典を包む場合に必要なことを詳しく知り、いざという時にご活用して頂ければ幸いです。

また終活ねっとでは、香典袋の種類や選び方についても詳しく説明しています。
ぜひお読みになり、ご参考になさって下さい。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

葬儀へ参列する際、香典は必ず持参する必要があります。しかし、葬儀で渡すために準備すべき香典袋について、あまり知らないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、葬儀に向けて準備する香典袋の種類や表書きなどについて解説します。

シェアする

「香典・元同僚」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・元同僚」についてさらに知りたい方へ

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!のサムネイル画像

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!のサムネイル画像

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!のサムネイル画像

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!

キリスト教葬儀の香典の書き方とは?金額相場やマナーについても解説のサムネイル画像

キリスト教葬儀の香典の書き方とは?金額相場やマナーについても解説

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典・元同僚」についてさらに知りたい方へ

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!のサムネイル画像

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!のサムネイル画像

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと