仏滅にお通夜は避けるべき?大安や友引など通夜の日取りについて解説

仏滅にお通夜は避けるべき?大安や友引など通夜の日取りについて解説

仏滅というと儀式や大事は避けるイメージがありますね。ではお通夜などの弔事でも仏滅は避けるべきなのでしょうか?今回、お通夜の日取りに仏滅は避けるべきなのか、仏滅の意味や、葬儀の日取りを決めるにあたって気をつけるべきポイントを詳しく解説します。

最終更新日: 2020年12月17日

仏滅にお通夜は避けた方が良い?

葬儀

仏滅と言えば、縁起の悪い日の代名詞です。
結婚式などのおめでたい行事は仏滅の日を避ける事が多いです。
では、お通夜などの葬儀の日程を決める場合は、仏滅を避けた方が良いのでしょうか?

今回「終活ねっと」では仏滅にお通夜を行って良いのか、葬儀の日程の決め方について下記の内容について解説をします。

  • 六曜における仏滅の意味とは?

  • お通夜やお葬式を仏滅に行って問題ないのか?

  • お通夜や告別式の日程について

初めて喪主を務める場合など、葬儀の日程を決めるのにも色々と気を使います。
結婚式に仏滅を避けるのと同じように、葬儀の際に気を付ける事があるのか悩む方も多いでしょう。

今回の記事を参考に、葬儀における六曜の影響を理解して頂き、葬儀に日程を決める参考にして下さい。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

六曜の仏滅とは

葬儀

六曜(ろくよう、りくよう)と聞いてもピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。
六曜とは、カレンダーなどに時々書いてある大安友引などのことを言います。
全部で6種類あるので六曜と言われます。

もともと六曜は、鎌倉時代に中国から日本に伝わったと言われています。
六曜は、江戸時代の頃には今のように一般的ではなく、現代のように広く普及したのは太平洋戦争以降と言われています。

六曜は当初は、今のように日にちの吉凶を占うものではなく、時間を占う目的で使われていました。
一日を6つの時間帯に分け、それぞれに六曜を当てはめました。
曜は星を意味する文字であり、星は金色のイメージから賭け事などの占いに使われたりしていました。

しかし、その後の暦改正などにより、現代のように日にちを占うものへと変化していきました。

六曜のそれぞれの意味

全部で6種類ある六曜は、それぞれどのような意味があるでしょうか?
六曜は日にちの吉凶を占うことが目的です。
縁起の良い順に、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅となります。
それぞれの意味を説明します。

大安(たいあん)

大安は6種類の中で一番縁起が良いとされており、「大いに安し」で大安です。
そのため大安の日には、結婚式などの慶事だけでなく、ビジネスシーンでも契約をすることもあります。

友引(ともびき)

大安に次ぐ縁起の良い日です。
大安と違って一日中縁起が良いわけではなく、朝と夕方は吉とされていますが、11時~13時の昼頃は凶とされています。

昔は「共引」と表記していましたが、陰陽道における友引日と混同し友引となりました。

そして、「凶事に友を引く」との考え方から、葬儀には良くないとされています。

先勝(せんしょう・さきがち)

先んずれば勝つと言われている日で、大安・友引に次ぐ縁起の良い日です。
午前中が特に縁起が良いとされており、逆に14時~18時頃は凶の時間と言われます。
結婚式などでは、大安や友引が予約が取れない場合に選ばれます。

先負(せんぶ・さきまけ)

先勝の逆で先んずれば負けるという日です。
ですから、午前中は凶となりますが、午後は吉の時間帯とされています。
「負ける」という字が入っている事から縁起の悪い日のイメージがありますが、凶日ではありません

赤口(しゃっこう・しゃっく)

赤口は六曜では凶日とされています。
ですが、一日中縁起が悪い訳ではなく、11時~13時の昼頃だけは吉です。
赤という文字から連想される「血」や「火」が凶と考えられており、刃物を扱う事や祝い事には向きません

仏滅(ぶつめつ)

仏滅は、ご存知の方の多い通り一日中凶日とされています。
仏も滅びる日と言われており、あらゆる事が縁起が悪いとされていますが、特に結婚式などの祝い事やお祭りなどは避けられる傾向にあります。

六曜は仏教とは関係ない

六曜には「仏滅」という言葉がある事から、仏教と関係があると思ってしまいがちですが、六曜と仏教は全く関係ありません
そもそも仏教では、日にちの吉凶を占う事は否定しています。

仏教では、運命の良しあしは日にちの吉凶ではなく、自分自身の行いによって決まる、つまり自業自得だと考えられています。
だからと言って、仏式のお通夜や葬儀をいつ行っても良いかというとそうでもありません。

慶弔の儀式を行う日取りを決めるにあたって、六曜を気にする方が多くいるのは事実であり、葬儀を行うには良くないとされて日もあります
次の項では、お通夜や葬儀の日程を決めるにあたり気を付けるべきポイントを説明します。

お通夜やお葬式を仏滅に行ってよいのか

葬儀

現代の日本でも、結婚式などの儀式や、契約や新規開店などの場合に大安を選んだりと、六曜を気にする方は多くいらっしゃいます。
ここで疑問に思うのが、お通夜や葬儀を仏滅に行ってもよいのか、ということでしょう。

先程説明した通り、六曜と仏教には何の関係もありません
ですから葬儀の日程を決めるのにも六曜を考えなくても良いかと言うと、そうではありません。
六曜は日程の吉凶を占うものであり、現代でも慶弔などの儀式の際に、六曜を気にする方は多くいます。

仏滅にお通夜・お葬式をしても問題ない

6種類ある六曜の中でも、一番避けるべき日のイメージが強いのが仏滅でしょう。
「仏が滅びる」という字からも、何をするのも良くないと考えられています。
実際、結婚式や店舗の新規開店などの場合は避けることも多いです。

仏滅に結婚式などを避けるのは、その縁起の悪さから新しく何かを始めることを避けた方が良いと考えられているからです。
お通夜やお葬式の目的は、故人の冥福を祈る事で、何かを始める訳ではありません。
ですから、仏滅にお通夜やお葬式を行なっても問題ありません

大安・先負・赤口も問題ない

六曜の他の日はどうでしょうか?
大安や先負、赤口もお通夜・葬儀を行なっても問題ありません。

葬儀などの弔辞の場合だと、なんとなくイメージから大安は避けた方が良いのではないかと思ってしまう方もいるようですが、大安に葬儀を行っても問題ありません
しかし「大安に葬儀を行うのは不謹慎」と思い込んでいる方がいるのも事実なので、迷う場合は親族などに相談するようにしましょう。

葬儀は友引を避けたほうがよい

葬儀の日程には、友引を避けた方が良いとされています。
友引という文字が示す通り、友を引いて行ってしまう、つまり友を不幸へと引っ張って行ってしまうと考えられている為です。

友引は、昔は「共引」と書いており本来の意味は「共に引き分ける」という意味ですから、全くの迷信です。
しかし六曜における考え方は現代でも広く浸透しており、友引には葬儀を避けるケースが多いです。
こういった理由から、火葬場などでも友引の日を休んでいることも多いです。

お通夜で避けるべきは先勝

葬儀の友引と同じように、お通夜の日程では先勝を避けた良いと言われています。
先勝の日は午前中が縁起が良く、午後は凶の時間と言われいることから、夕方に行うお通夜は避けた方が良いと思われがちですが、これは違います。
そもそもお通夜は故人とお別れをするのが目的ですから、縁起の良し悪しは関係ありません。

お通夜に先勝を避けた方が良いのは、先勝の翌日が友引になるからです。
お通夜の翌日には葬儀が行われるため、必然的に葬儀を友引に行ってしまう事になります。
これがお通夜で先勝を避けるべき理由です。

最近では六曜を気にしない人も多い

葬儀での六曜に関する注意点を説明して来ましたが、六曜と仏教は関係ありません。
そして、六曜そのものも根拠がある訳ではなく迷信です。
こういった考えから、最近では六曜を気にしない方も増えています。

特に若い方を中心に六曜そのものを気にしない、もしくは知らない方も多くいます。
伝統やしきたりを学ぶ事は大切ですが、合理的に考える事も大切です。
喪主となって葬儀の日程を組む場合は、マナーを守りつつも、あまりしきたりなどを気にしすぎないようにしましょう

お通夜や告別式の日程・日取りについて

葬儀

お通夜や葬儀・告別式の日程はどのように決まるのでしょうか。
喪主の経験がある方は日程の調整の経験があるかもしれませんが、なかなかそういった機会は少ないものです。

故人が亡くなった後は、本当にあっという間に火葬までの手続きを終えなければなりません。
お通夜や告別式の日程や日取りについて解説をします。

基本的に通夜は故人が亡くなった翌日

お通夜とは、葬儀の前日に身内や近親者が集まって、夜通し遺体に付き添うことで故人と最後のお別れをして、悪いものが遺体に入り込むのを防ぐ目的で行われます。
また、今ほど遺体の保存技術が発達していなかった時代には、香を一晩中焚くことで遺体の腐敗を防ぐ目的もありました。

お通夜は、故人が亡くなった翌日の夕方から夜にかけてに行われるのが本来の姿です。
近年では葬儀場などの関係でずれる場合もありますが、できるだけ早めに行うのが基本です。

通夜の翌日に告別式と火葬が行われる

お通夜の翌日には、葬儀と告別式が行われます。
葬儀と告別式は一連の流れで行われ、その後に火葬場へと向かうのが一般的な流れです。

近年では、夕方に行われるお通夜のみに参列するケースも多いですが、元々はお通夜は身内のみで行われ、告別式に多くの方が参列していました。
告別式は、名前の通り故人と最後のお別れをする儀式です。

故人が亡くなった翌日に通夜ができない場合

亡くなった翌日にお通夜をするのが原則ですが、葬儀場の予約の関係や、六曜の関係で出来ない場合もあります。
葬儀について、この日までにやらなければいけない、というようなきまりはないです。

しかし、遺体は時間と共に傷んでいきます。
故人が亡くなった翌日にお通夜を行うのも、遺体の腐敗が始まる前に供養するためでもあります。
遺体の保存技術が発達した現代でも、遺体の保管を長く行うのは費用も掛かるため、できるだけ早めに行う方がよいでしょう。

仏滅にお通夜は避けた方が良いのかまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回、「終活ねっと」では仏滅のお通夜を避けるべきかについて下記の内容を中心に解説してきました。

  • 仏滅とは、日にちの吉凶を占う六曜の中でも一番縁起の悪い日とされているが、仏教とは何の関係もない。

  • お通夜や葬儀を仏滅にしても問題ないが、葬儀の場合は友引を、お通夜の場合は先勝をさける。

  • お通夜は故人がなくなった翌日に行い、その翌日に葬儀・告別式を行うのが原則である。

「仏滅」や「大安」という単語は、イメージが先行している場合が多く、その理由や詳細を知らない方も多いです。
本来、六曜と仏教は何の関係もありませんが、六曜の持つイメージが現代でも根強く残っていることもあり、葬儀や結婚式・契約などの大事には六曜を意識することが多いのも事実です。

今後喪主となって葬儀の日程調整をする場合には、今回の記事を参考にして、失礼のない葬儀を行っていただければ思います。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
興味のある方はぜひ合わせてお読みください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

また、以下の記事では葬儀やお通夜の日程の決定の方法について詳しく説明しています。
ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介のサムネイル画像
    お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介

    お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。

  • お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像
    お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

    冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像
    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

  • お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像
    お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

    通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。

  • お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像
    お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

    お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事