香典返しに人気の品物は?タブーの品物や金額相場についても解説!

香典返しの品物を何にしようかとお考えの方もいらっしゃると思います。香典返しに人気の品物とはいったいどんなものなのでしょうか?そこで今回終活ねっとでは、香典返しにおすすめの品物をご紹介するとともに、香典返しに関するマナーについても見ていきます。

目次

  1. 香典返しの品物は何がよい?
  2. 香典返しの品物の金額相場
  3. 香典返しにおすすめな品物
  4. 香典返しの品物に関するマナー
  5. 香典返しの熨斗(のし)について
  6. 香典返しに人気の品物まとめ

香典返しの品物は何がよい?

葬儀

香典返しの品物を何にしようかとお考えの方もいらっしゃると思います。
香典返しにはどのような品物が適しているのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、香典返しにおすすめな品物について、以下の点を中心にご紹介していきます。

  • 香典返しの品物の金額相場とは?
  • 香典返しにおすすめな品物
  • 香典返しの品物に関するマナーについて
  • 香典返しの熨斗(のし)について

香典返しの品物を何にしようか迷っている方・香典返しについて詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典返しの品物の金額相場

お金

まずは、香典返しの品物の金額相場についてご紹介します。

半返しが一般的

香典返しの金額相場は、いただいた香典の3分の1~2分の1程度の品物をお返しするのが一般的です。
例えば、5,000円の香典をいただいた場合は、5,000円の半分の2,500円ほどの品物をお返しするようにします。

半返しが一般的と覚えておくと良いでしょう。

以下の記事は、香典返しの金額相場についてさらに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの相場はどれぐらい?人気の品物や表書きの書き方もご紹介

葬儀に参列する方の多くが香典を持参しますが、香典を頂いた場合はご遺族が香典を持参した方に対して香典返しをするのが一般的です。そこで気になるのが、香典返しの費用相場や適切な品物、マナーなどでしょう。今回は香典返しの費用相場や品物などについてご紹介します。

高額の香典をもらった場合

親戚や友人などから高額の香典をいただくケースもあるかと思います。
そのようなケースでは、必ずしも半返しをする必要はなく、3分の1程度の金額でも問題はありません

相手の方も、経済的な負担を心配して高額の香典を包んでくださっている場合が少なくありません。
そのような心遣いを無駄にしないためにも、無理のない範囲でお返しをするようにしましょう。

以下の記事では、高額な香典をいただいた場合の香典返しについて、さらに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

高額な香典を頂いた際の香典返しはどうする?おすすめの品物を紹介!

香典を頂いたら香典返しをするのが一般的ですが、親戚の方から高額な香典を頂き、香典返しで悩まれた方もいるのではないでしょうか。今回は高額な香典を頂いた際の香典返しについて、おすすめの品物と香典返しのマナーについてご紹介します。

当日返しの場合

最近では、葬儀の当日に2,000~3,000円程度の一律の香典返しをするケースが増えてきており、人によって、いただいた香典に対してのお返しが半返しでなくなってしまう場合も出てきます。

そのようなケースでは、高額の香典をいただいた方にのみ、後日改めていただいた香典の金額にふさわしい品物をお返しするようにします。

例えば3万円の香典をいただいた場合、本来ならば半返しの1万5,000円分の香典返しをするべきなので、1万5,000円から当日にお返しした3,000円を差し引いた1万2,000円ほどの品物を後日お返しするのが良いでしょう。

以下の記事では、葬儀当日に香典返しを渡すメリットやマナーについて、さらに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

香典返しにおすすめな品物

葬儀

それでは、香典返しにおすすめな品物についてご紹介していきましょう。

後に残らない消えものがおすすめ

香典返しは不祝儀(おめでたくないこと)にあたります。
そのため、不幸を後に残さないという意味を込めて、使用して無くなる「消えもの」が良いとされています。

香典返しに食品や生活用品が良いとされているのは、そのような理由からなのです。

人気の品物の例

香典返しに人気の品物をいくつかご紹介します。
ぜひ参考になさってください。

お菓子やお茶などの食べ物、飲み物

お菓子やお茶などの食べ物や飲み物は、食べたり飲むことでなくなる消えものです。
そのため、香典返しの品物として適しており人気も高いです。

昔は、香典返しのお茶と言えば日本茶が主流でしたが、最近ではコーヒーや紅茶などを好む方も増えています。
そのような理由から、コーヒーや紅茶を香典返しとして贈る方も多いようです。

また、クッキーやおせんべいなどのお菓子類は、小分けになっており数もたくさん入っています。
贈られた方があとで分け合うこともできるので、複数人からの連名で香典をいただいた場合などの香典返しには特におすすめです。

タオルや洗剤などの生活用品

タオルや洗剤などの生活用品も、すぐに使用してなくなる消えものです。
贈られた方も生活用品であればもらっても困ることがなく、喜ばれる品物といえるでしょう。

洗剤は使えばなくなるものですが、タオルは使ってもなくならないのでは?との疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、タオルには不幸を拭い去るという意味があると言われています。
また、亡くなられた方は白装束で旅立つという言い伝えから、白いイメージのあるタオルは香典返しの品物としてよく選ばれています。

同じような理由から、ハンカチやシーツなどをイメージさせる生活用品は香典返しの定番となっており人気があります。

陶磁器や漆器

陶磁器や漆器も香典返しの品物として人気があります。

その昔、人は亡くなると土の中に埋葬されていました。
亡くなった後は土に帰るという意味で、土で作られている陶磁器を贈るようになったようです。

また、木などに漆を塗って作られている磁器には不幸を塗りつぶすという意味を込め、香典返しの品物として選ばれるようになったと言われています。

消えものではない陶磁器や漆器も、香典返しの品物としてよく利用されているのはこのような理由からなのです。

終活ねっとでは、香典返しにおすすめの洋菓子について詳しくご紹介した記事をご用意しております。
金額相場や時期についても詳しく解説しておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しにおすすめの洋菓子をご紹介!金額相場や時期について解説

香典をいただくとお返しをしなくてはいけません。何を香典返しにするのかは迷うことが多いものです。洋菓子をお返しに選ぶとしたら、おすすめはどんなものでしょか?この記事では、香典返しにおすすめの洋菓子と、金額相場や時期に関して詳しく解説していきます。

最近ではカタログギフトが人気

上記にあげた品物意外に、最近ではさまざまな品物を選ぶことができるカタログギフトも人気となっています。

カタログギフトには、お菓子やお茶などの食べ物・飲み物以外にも、色々な種類の食品や生活用品など、数多くの商品が掲載されています。

受け取った方が好きな物を自由に選ぶことができるため、贈る側が香典返しに何をお返ししようかと悩むこともありません。

また、カタログギフトには数千円台~数万円まで、さまざまな価格帯が揃っているため、いただいた香典の金額に応じて選ぶことができる点も人気の理由です。

香典返し用のカタログギフトは、デパートや百貨店、ギフトショップなどで注文することができます。

以下の記事では、香典返しにおすすめのカタログギフトについて、さらに詳しくご紹介しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しにおすすめのカタログギフトを紹介!金額相場やマナーも解説

近年では香典返しにカタログギフトを選ぶ方が増えています。香典返しにカタログギフトを選ぶ事で、贈る側と受け取る側の双方にメリットがあるのが人気の理由と言えるでしょう。こちらの記事では、おすすめのカタログギフトや、香典返しの金額相場やマナーについてご紹介します。

商品券やクオカードという手も

香典返しは、いただいた金額によってお返しの品物を選ぶのが意外と大変です。
そのような場合に便利なのが、商品券やクオカードなどの金券です。

受け取った方が好きな使い方を選択できるため、喜んでもらえる香典返しの品物といえるでしょう。
ただし、受け取る方が目上の方や年配の方の場合は失礼にあたるケースもあります。

商品券やクオカードなどの金券を香典返しとして贈る場合には、お礼状や挨拶状と一緒に贈るなど、相手の方への気遣いを忘れないようにしましょう。

以下の記事では、香典返しにクオカードを贈る際の注意点について詳しくご紹介しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しにクオカード(QUOカード)を贈るのは失礼?注意点を解説

香典返しといえば、お菓子・タオルなどが定番です。近年では、クオカード(QUOカード)などの商品券を贈るという人も増えているそうですが、お金を返礼品とするのはマナーに反しないのでしょうか。今回はそんな香典返しにクオカードを贈るのは失礼かどうかを解説します。

金額別のおすすめの香典返し

こちらでは、金額別にどのような品物がおすすめなのかをご紹介いたします。
香典返しを選ぶ際の参考になさってください。

1000円

1,000円程の予算で香典返しを選ぶ場合は、お茶やコーヒー、お菓子などがおすすめです。
お茶やコーヒーを日常的に飲んでいる方も多いため、喜んでもらえるはずです。

お菓子などは、賞味期限が長く小分けになっている物が人気のようです。

以下の記事は、1,000円程度で用意できるおすすめの香典返しの品物をご紹介しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

1000円程度でおすすめの香典返しをご紹介!表書きのマナーも解説

最近では少額の香典にも、きちんとお返しすることが多くなっています。少額の香典返しにどのようなものを贈れば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、1000円程度でおすすめの香典返しをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1500円

1,500円程の予算で香典返しを選ぶ場合は、お菓子やお茶などの食料品のほか、洗剤やタオルなどの生活用品もおすすめです。

お風呂で使用する入浴剤のセットなども人気があるようです。

以下の記事では、1,500円程度で用意できる人気の香典返しの品物をご紹介しております。
香典返しを贈る時期についても解説しておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

1500円程度で人気の香典返しをご紹介!贈る時期についても解説!

通夜や葬儀で香典を頂いた方には、お礼の意を込めて香典返しを贈ります。しかし1500円程度の品物を探すと、なかなかこれといったものが見つからず困る事はありませんか?今回は香典返しの相場や贈る時期と合わせて、1500円程度で人気の香典返しを紹介していきます。

3000円

3,000円程の予算で香典返しを選ぶ場合にも、お菓子やお茶・のりなど食料品のセットや、タオルなどの生活用品が人気です。

量よりも質の良さで選ぶ方が、喜んでいただける香典返しになりおすすめです。

以下の記事では、2,500円程度で用意できるおすすめの香典返しの品物をご紹介しております。
香典返しに関するマナーについても解説しておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

2500円前後でおすすめの香典返しを紹介!香典返しのマナーも解説

香典を頂いたら香典返しをするのが一般的です。即日返しの香典返しの場合は、2500円前後の香典返しをされる方が多いのではないでしょうか?今回は、2500円前後でおすすめの香典返しを紹介します。また、あわせて香典返しのマナーも解説しますので、ぜひご覧ください。

15000円

1万5,000円前後の予算で香典返しを選ぶ場合は、質を重視して高級感がある香典返しがおすすめです。

実用性を兼ね備えた高級タオルなどは特に喜んでいただける香典返しです。
また、高級茶や高級のりなどの食料品も人気です。

受け取った方が自由に品物を選べるカタログギフトもおすすめです。

以下の記事では、1万5,000円前後で用意できる人気の香典返しの品物をご紹介しております。
注文方法やマナーについても解説しておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

15000円前後で人気の香典返しをご紹介!注文方法やマナーも解説

葬儀の際に頂く香典。香典返しの金額は半返しが相場といわれています。3万円の香典を頂いた場合には1万5千円前後の香典返しを贈ることになります。今回は1万5千円前後で人気の香典返しをご紹介していきます。是非参考にしてください。

香典返しの品物に関するマナー

葬儀

それでは、香典返しの品物に関するマナーについてご紹介しておきましょう。

タブーとされるもの

まずは、香典返しにはタブーとされている品物から見ていきます。

四つ足生臭もの

香典返しの品物として、肉や魚などの四つ足生臭ものは相応しくないとされています。
地域の風習や宗教上の理由からも好ましくないケースもありますので、香典返しには贈らないようにしましょう。

ただし、カタログギフトに掲載されている肉や魚に関してはOKです。
相手の方が肉や魚好きなどの理由で、どうしても香典返しとして贈りたい場合などには、カタログギフトとして贈るのがいいでしょう。

鰹節や昆布などは避ける

香典返しは不祝儀であるため、結婚式で贈られることの多い鰹節や「よろこんぶ」の語呂合わせになる昆布などは避けた方が良いでしょう。

香典返しの品物として、他の品物(海苔など)と鰹節がセットになった商品もありますが、そのようなケースはOKのようです。

「鰹節だけのセット」「昆布だけのセット」を香典返しとして贈るのは控えておきましょう。

華美なものやおめでたいものもNG

香典返しは不祝儀なので、華やかで美しいものやおめでたいものは避けるようにします。

例えば、生活用品であるタオルを贈る場合でも、派手な色や柄は相応しくありません。
必ずしも白である必要はありませんが、落ち着いた色合いのものを選ぶようにしてください。

お酒はありか

神事にも使用されるお酒は、お祝い事を連想させるものでもあります。
そのため、香典返しにお酒は向かないとされています。

しかし、最近では「相手がお酒が好きだから」「故人がお酒が好きだった」などの理由で、香典返しにお酒を贈る方もいて、場合によってはお酒を贈ることが失礼にならないこともあります。

また、カタログギフトに掲載されているお酒でしたら、贈っても問題はありません。
香典返しにお酒を贈りたい場合には、カタログギフトとして贈るのが良いでしょう。

現金を送るのは失礼?

香典返しとして現金を贈るのはあまり好ましくありません

特に目上の方に現金を贈ることは、とても失礼にあたるため避けるようにしましょう。
また、香典返しの品物を選ぶ手間を省いたと思われる可能性もあります。

具体的な金額がわかってしまう点も、現金が香典返しとしてタブーとされている理由です。

以下の記事では、香典返しに現金を贈る際のマナーについて、さらに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しとして現金を贈るのは失礼?香典返しのタブーやマナーを解説

葬儀が終わりしばらくするとご遺族は香典返しを行う必要があります。基本的に品物の形でお返しをするのが作法とされている香典返しですが、品物ではなく現金をお渡しするのはいけないのでしょうか?今回は香典返しで現金を贈ることは作法から見てどうなのか見ていきます。

宗教による違いはあるのか

元は仏教のしきたりである香典返しですが、近年の日本では香典返しは当たり前のこととして定着しているため、本来は香典返しの習慣がないキリスト教や神式でも、お礼の意味を込めて香典返しを行います

ただし、香典返しの熨斗(のし)紙や表書きなどは宗教によって違いがあるので注意が必要です。

連名で香典をもらった場合

会社や職場などの連名で香典をいただくケースもあるかと思います。
そのようなケースでも、香典返しをするのがマナーです。

それぞれの方に香典返しをするパターンと、連名宛にまとめて香典返しをするパターンがありますが、一般的にはまとめてお返しをして問題はありません

そのような場合、受け取った方々がそれぞれ分けられるように、小分けになっているお菓子などを香典返しとして贈るのが良いでしょう。

以下の記事では、会社から香典をいただいた場合の香典返しについて、さらに詳しくご紹介しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

会社への香典返しは必要?贈る場合の注意点やマナー、金額相場を解説

ご香典と香典返しに関してはさまざまなマナーがあります。今回は会社からご香典を頂いた場合の香典返しについて詳しく解説いたします。ご遺族の立場として会社の方に香典返しを贈る際の品物の選び方や注意点など、ぜひ知っておきたい香典返しの正しいマナーについてです。

香典返しの熨斗(のし)について

葬儀

香典返しの熨斗(のし)紙や表書きは、宗教によって異なります

のし紙に蓮の花が描かれたものは仏教のみに使用し、神式やキリスト教では使用しないため、覚えておきましょう。

黒白の結び切りの水引を使用し、水引の上に「志」、下に苗字を書くパターンはどの宗教でも使用可能です。

香典返しに人気の品物まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、香典返しにおすすめな品物について詳しく解説してきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 香典返しの金額相場は、いただいた香典の半分〜3分の1程度の金額が一般的。
  • 当日返しの場合は、高額の香典をいただいた方にのみ、後日改めていただいた香典の金額にふさわしい品物をお返しするようにする。
  • 香典返しには、不幸を後に残さないという意味を込めて、使用して無くなる「消えもの」が良いとされている。
    お菓子・お茶・タオル・洗剤・陶磁器などの品物が香典返しで人気がある。
  • 最近では、受け取った方が好きな品物を選ぶことができるカタログギフトも人気。
    カタログギフトには数千円台~数万円まで、さまざまな価格帯が揃っているため、いただいた香典の金額に応じて選ぶことができる点も人気の理由である。
  • 香典返しの品物として、肉や魚などの四つ足生臭もの・結婚式で贈られることの多い鰹節や昆布・お酒・華美なものやおめでたいものはタブーとされている。
  • 香典返しに現金を贈ることは好ましくない。
    特に目上の方に対しては、とても失礼にあたるため避けるべきである。

香典返しにおすすめな品物や香典返しに関するマナーについて、深く知るきっかけになったのではないでしょうか?
香典返しをする際の参考になれば幸いです。

終活ねっとではこの他にも、香典返しに関する記事を多数ご用意しております。
ぜひこちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

香典返しの基礎知識(金額相場・品物・時期・のし・挨拶状)を解説!

香典返しの品物選びや手配は喪主の方の大切な務めです。今回は香典返しについて、迷いやすい品物選びや金額の相場などを詳しく解説いたします。香典返しを贈る時期やのし・挨拶状の書き方など、知っているようで意外と知らない香典返しに関する基礎知識です。

「香典返し・品物」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・品物」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説のサムネイル画像

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説

粗供養として渡す品物の選び方は?金額相場や熨斗の書き方もご紹介!のサムネイル画像

粗供養として渡す品物の選び方は?金額相場や熨斗の書き方もご紹介!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

初盆のお返しにふさわしい品物とは?のしの書き方も詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆のお返しにふさわしい品物とは?のしの書き方も詳しく解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典返し・品物」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと