お通夜に必要な持ち物は?|男性・女性・数珠・香典・マナー

お通夜に必要な持ち物は?|男性・女性・数珠・香典・マナー

急に参列する事が決まり、その日のうちに急いで持ち物を用意しなければいけないのがお通夜です。でもいざという時、どこからどう準備して良いかわからないときがあるのではないでしょうか。今回はお通夜における持ち物について詳しく解説していきます。

最終更新日: 2019年09月29日

お通夜での持ち物は何が必要?

葬儀

急遽お通夜へ参列することになったけれど、慌ててしまい、何を持って行って良いかわからないことがあるかと思います。
時間がある時に調べて用意しておけば良かったと、後悔する方も多いのではないでしょうか。

またお通夜では、思わぬものを持っていくと役に立つことがあるようです。

今回「終活ねっと」では、お通夜における持ち物について、わかりやすく解説していこうと思います。

内容は以下のとおりです。

  • お通夜で必要な持ち物

  • お通夜に持っていくと便利なもの

  • お通夜の持ち物に関するマナー

記事の後半にはお通夜における香典についてもくわしく解説しています。
お通夜の持ち物について少しでも知りたいと思った方は、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜で必要な持ち物

葬儀

あらかじめ予測し、前もって用意する行為は、お通夜など弔事において不作法と言われ流こともあります。
ですが、忙しい現代人は、融通を利かせあらかじめ用意しておくことも大切です。
お通夜への持ち物を、必要になってから急いで買いに行くのではなく、事前に知識を得て購入しておくだけでお通夜に落ち着いて参列することができます。

ここでは、お通夜に持っていくべき最優先のものをご紹介します。

香典

お通夜には香典を持参します。

香典は本来、お通夜か葬儀のどちらか一方に持参するものです。
お通夜と葬儀の両日に参列する場合は、お通夜で香典を持参すれば、葬儀に持っていく必要はありません。

香典の表書きは、仏式のほとんどの宗派で四十九日までなら御霊前、四十九日以降は御仏前になります。
浄土真宗では時期に関係なく御仏前と記します。
御香典であれば宗派や時期は関係なく、広く使用する事ができます。

また上記のルールは仏式の表書きで、神式の場合の表書きは御玉串料、キリスト教式の表書きは御花料が一般的です。
さらに御霊前は、仏式、神式、キリスト教式とほとんどの宗教で使うことができます。

袱紗(ふくさ)

袱紗(ふくさ)とは、慶弔の贈り物の金品を包み持ち運ぶための、縮緬(ちりめん)や絹でできた四角い布のことです。

袱紗の色は、慶事用と弔事用でそれぞれ違います。
慶事用には、赤・金・えんじ・桃・オレンジ・ローズ・藤色・紫などの暖色系を主に使います。
弔事用には、紺・緑・深緑・グレー・うぐいす・灰青・紫などの寒色系を主に使います。

香典はそのまま持ち歩くのではなく、必ず袱紗に包むのがマナーなので、お通夜では寒色系の袱紗を選ぶようにします。
袱紗を持った事がない方が1枚購入するのであれば、慶事と弔事両方で使える紫を選ぶのがおすすめです。

以下の記事では袱紗がない場合の対処方法について解説していますのでこちらもご活用ください。

数珠

数珠は日本仏教が伝来したとともに伝えられた、個人が持つことを許された唯一の仏具です。

主に数珠は本式数珠略式数珠の大きく2種類に分けられます。
「本式数珠」は球数が108個あり、宗派によって形が違う二連の数珠をいいます。
「略式数珠」は球数が54個で持ち歩きやすく、宗派に関係なく使える一連の数珠です。

一般的な弔事で多く見かける数珠は略式数珠です。
喪家の宗派が、自身の宗派と同じであれば本式数珠を持参するのが良いのですが、宗派が同じかどうかわからなければ略式数珠を持参するのが無難でしょう。

数珠には男性用と女性用があり、輪や珠の大きさ、素材などが異なります。

また数珠は仏教の法具なので、仏教以外の宗教の通夜や葬儀であれば持参する必要はありません。

バッグ・カバン

バッグ・カバンは、黒の単色のフォーマルバッグを選ぶようにします。
黒であってもエナメルのような光沢のあるもの、動物の革から採った素材の製品、金などの金具のついたものはおすすめしません。

また会場でも邪魔になるような大きなバッグは避けた方が無難です。
艶のない布素材で小さめの、シンプルなデザインのものを選びましょう。

また男性は、お通夜に手ぶらで参列するのが基本なので、男性用のフォーマルバッグというものは存在しません。
財布などの持ち物はズボンのポケットに入れるのが一般的です。
といっても荷物がどうしても多くなってしまう場合には上で述べたようなカバンを持っていきましょう。

ハンカチ

弔事用のハンカチは白無地のものが基本ですが、なければ黒無地でもかまいません。

無地であればグレーや紺も許容範囲内ですが、冠婚葬祭用の白無地のハンカチは、コンビニや100円ショップなどでも購入できます。
また刺繍やレースは、同色で控えめに施してあるものであれば問題ありません。
ハンカチは女性が正座の際に膝にかけたり袱紗の代わりに香典を包んだりと、通夜では何かと活用する場面があるので、可能であれば2枚持つと良いでしょう。

子供に持たせる場合のハンカチも控えめなものが望ましいのですが、派手なキャラクターものなどでなければ、必ずしも無地でなくてもかまいません。

お通夜に持っていくと便利なもの

困った人々

多くの人が集まるお通夜においては、さまざまな不測の事態が考えられます。
必須の持ち物ではなくても、時と場合に応じてあったら便利なものもいくつか存在します。

ここからは、スペースがあればバッグに忍ばせておくと良い、お通夜であったら便利なものを男性と女性に分けてご紹介していきます。

男性

持ち物は女性に比べて少ないですが、男性も女性と同様に身だしなみには気をつけなければいいけません。
まず始めにここでは、男性のお通夜に持っていくと便利なものをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

予備のシャツや下着

遠方から参列する親族の場合、お通夜と告別式の両日に参列するために、お通夜の後はホテルなどに一泊することも多くあります。
その場合は、翌日の告別式用の着替えも持っていかなければいけません。
予備のシャツや下着、靴下などは家から持参して行きましょう。

汗染みや臭いなどが気になる夏場は、複数枚の替えシャツや下着があると安心です。

髭剃り

男性の身だしなみで、気をつけたい部分のひとつは髭でしょう。
お通夜で無精髭など多くの方に不快を与えるような見た目は、できれば避けたいものです。

親族であれば、お通夜の夜は葬儀場に宿泊するケースも出てきます。
そんな時は、髭剃りを持参しておくと心配ありません。

女性

日常では測れないような部分の良識が、お通夜で如実に現れてしまうのはやはり女性の方です。
悲しみの場であるからこそ、持ち物にも隅々まで心を配らなければなりません。

ここからは女性のお通夜に持っていくと便利なものをご紹介します。

エプロン

女性は弔問客へのお茶出しや通夜ぶるまいの手伝いなど、接待係として立ち回ることがあるので、エプロンを持参するようにしましょう。

エプロンは白無地か黒無地のもの、また割烹着であれば白が一般的ですが、これらも地域によって大きく違ってきます。
揃えたほうがいいか、揃えるなら何色か、手持ちの紺でもいいかなど、気になるのであれば準備する際に年配の周囲の方に聞いてみるといいでしょう。

またエプロン、割烹着は綺麗に洗濯した清潔なものを使用します。

予備のストッキング

最近ではお通夜における服装も、喪服を着用する人が増えてきました。
基本的に喪服には黒のストッキングを合わせますが、黒のストッキングは伝線などが入るととても目立ちます。
不測の事態に備えて、予備の新しいストッキングを数個用意しておくと安心です。

大人の女性のマナーとしてお通夜や葬儀に限らず、フォーマルの場においては常に予備のストッキングをいくつか持参するようにしましょう。

化粧道具

お通夜や葬儀で派手な化粧がNGというマナーは、比較的深く世の中に浸透しています。
その一方でノーメイクもNGということは、意外と知られていないのではないでしょうか。

場にあったフォーマルな服装に、場にあった慎みのある髪型とメイクをすることは女性のたしなみです。
涙などでお化粧が崩れることも想定した薄化粧をし、崩れた際には直せるように化粧道具を持参することが大切です。
その場合はかさばらないように、口紅など必須のものをいくつかコンパクトにまとめて持参します。

お通夜の持ち物に関するマナー

葬儀

お通夜に持参するもののひとつひとつにも、細かい作法があります。
どれも繊細な決まりごとなので、由来を知って自分の中に落とし込むことが大切です。

ここでは、お通夜の持ち物に関するマナーを説明していきます。

数珠の持ち方

歩いて移動する時などは、数珠はふさを下に垂らして左手で持つのが正式なマナーです。
焼香をする際には左手首にかけ、右手で焼香します。

合掌する際の数珠の持ち方は、厳密には宗派によってそれぞれ違います。
左手の四指に数珠を掛けてふさを下に垂らし、右手を添えるように合わせるか、または合掌した両手に輪をかけて、ふさを下に垂らす掛け方の2通りがよく見られる主な形式です。

数珠の貸し借りはNG

数珠は持つだけで功徳が積めるとされており、持ち主を護るお護りの意味があるものです。

また「念珠」とも呼ばれ魂を表すものなので、日常的に肌身離さず持ち歩き、持ち主の「分身」のように扱うのが数珠本来のあり方です。
そのため数珠は1人に一連専用のものを持つのが正式なマナーで、貸し借りするのはおすすめしません。

派手な時計やアクセサリーはNG

お通夜には基本的にアクセサリーをつけて参列してははいけません
どうしてもつけるのであれば結婚指輪か、二重ではなく一連の真珠のネックレスを選ぶようにします。
弔事において二重のものは「不幸が重なる」ことを表し、忌避されます。
また真珠でも華美な印象を与える大きい粒のもの、中央にひと粒だけなどのデザイン性の高いものは避けるようにします。

男性のネクタイピンはアクセサリーとして受け取られるので、控えた方が良いでしょう。

お通夜で身に付けるものは華美な色やデザインのもの以外にも、光沢の出る金属もNGなので、シルバーやゴールドのチェーンや金具にも気をつけるようにします。
派手な時計なども外しておいた方が賢明す。

下記の記事では、葬儀にふさわしいネックレスや、なぜ葬儀用のネックレスは真珠でないといけないのかを紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

殺生を連想させる革製品はNG

靴やバッグ、時計など、身に付ける黒い革製品は多くありますが、お通夜では殺生を連想させる革製品はNGといわれています。
また合皮製品でも、クロコダイルなど動物柄の型押しをしているものは同じ理由でNGです。

その一方で、革か合皮かは一見したところでは分からず、黒革製品の流通量を考えても根拠の割には合理性の低いルールと取る人もいます。

ただ万人が納得するルールではなくても、殺生を連想して気分を害する人がいる以上は、あえて選ぶ必要はないともいえるでしょう。

お通夜での香典のマナー

葬儀

香典は抹香や線香など、「香」に代わる代金として、故人の霊前にお供えするものです。
それと同時に香典は、残されたご遺族が経済的に困らないようにという相互扶助の一面を持ちます。
弔事において、もっとも一般的なお悔やみの方法の1つが香典です。

この項では、香典に関する重要なポイントをまとめて解説していきます。

香典で包むお金の相場

香典の相場は故人やご遺族との関係の深さだけでなく、年齢や社会的立場、地域性などによっても変わり、まちまちです。
基本的に血縁関係など故人との繋がりが深い人ほど、香典相場は高くなる傾向にあります。

以下より主な相手別の香典の相場をいくつかあげていきます。

故人の親族

親族関係の香典は送り手から見て故人が祖父母の場合は1万円〜3万円、父母の場合は3万円〜10万円、兄弟姉妹の場合は3万円〜5万円、叔父叔母の場合は1万円〜3万円がおよその相場です。

ですが現実的な親族関係の相場は、既婚か未婚か、故人と同居か別居か、経済的状況などさまざまな要素で基準が上下します。
相場は考え方のひとつと思っておくのが良いでしょう。

故人の友人・知人

知人や友人の場合の香典は5,000円〜1万円が平均相場です。

また香典の金額相場については、より詳しく解説した記事も掲載しております。
こちらも合わせてご覧ください。

香典は袱紗に包み持参し、受付で渡す

香典は袱紗に包んで持参し、受付係に手渡す直前に袱紗から出します。
その際には「このたびは御愁傷様でございます。
」などとお悔やみの言葉を添えて一礼します。
袱紗から出した香典は、180度回してお相手の正面になるように向け、お盆のように折りたたんだ袱紗の上に乗せて両手で渡します。

また香典の渡し方については、より詳しく解説した記事も掲載しております。
こちらもぜひご参考になさってください。

香典とお菓子などのお供え物はどちらかを

故人が好きだったお菓子などをお通夜に供物としてお供えしたいと考えたら、ぜひ実行することをおすすめします。
温かい心遣いは、きっとご遺族の慰めになることでしょう。
その場合のお菓子は、個包装になっている痛みにくいものを選びましょう。

香典もお菓子などのお供え物も、基本的には同じ意味を持つ供物です。
地域によって慣習が違うこともありますが、お供え物を贈った場合は別途香典をお渡しする必要はなく、近親者などでなければどちらか一方でかまいません。

お通夜の持ち物のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、お通夜における持ち物についてご紹介してきました。

お通夜に持参するものとして必須のもの、役に立つものなどのことが理解できたのではないでしょうか。
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • お通夜に参列するときの必需品は、香典、袱紗、バッグ、数珠、ハンカチが基本。
    男性はバッグは必要ない。

  • お通夜に持って行くものとして、男性の場合は宿泊の際に予備のシャツや下着、髭剃りなどがあると便利。
    女性の場合は不測の事態に備える意味でエプロン、予備のストッキング、化粧道具などがあると良い。

  • 数珠は左手に持つのがマナー。
    また数珠は持ち主のお護りであり分身なので、人との貸し借りをしてはいけない。

  • お通夜において派手なアクセサリーや時計はNGだが、一連の真珠のネックレスと結婚指輪は問題ない。
    また殺生を連想させる革製品も基本的にはNG。

  • 香典は袱紗に包んで持参し、受付で手渡す直前に袱紗から出す。
    またお菓子などのお供え物と香典は同じ意味を持つ供物なので、どちらか一方で良い。

お通夜のような悲しみの場だからこそ、持ち物1つで他人に配慮できることがあるのだと思います。

今回の記事が何かのお役に立てれば幸いです。

「終活ねっと」では葬儀に関する記事を多数掲載しております。
下記リンクではお通夜に参列する際のマナーについて解説しておりますので、ぜひそちらの方もご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

  • お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像
    お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

    お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像
    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。

  • お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像
    お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

    冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。

  • お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介のサムネイル画像
    お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介

    お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。

  • お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像
    お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

    通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事