香典のお札の入れ方マナー|入れるお札・向き・枚数・中袋

香典のお札の入れ方マナー|入れるお札・向き・枚数・中袋

香典へのお札の入れ方とは?葬儀や通夜に参列する際に持っていく香典ですが、訃報を聞いていざお金を用意しても、お札の包み方がわからないなんてことになってしまっては大変です。今回はお札の入れ方やマナー、香典の金額や書き方などその他のマナーについても解説します。

2019-09-28

香典のお札に関する決まりはあるの?

困った人々

親しかった人や知り合いの突然の訃報を聞いたとき、すぐに葬儀に駆けつけてお別れをしてあげたい気持ちになりますね。
しかし、葬儀に参列する機会はそう多いものではないので、葬儀に関するマナーやルールなど、わからないことがたくさんある方もいらっしゃるかと思います。

その中でも、葬儀や通夜に参列したときに渡すお香典に関しては、不幸の際の贈り物ということもあり、特に気を遣いたくなること多くなります。
そんな香典について、金額相場だけでなく、お札の入れ方や香典袋の書き方など、不安や疑問を抱いている方も少なくないのではないでしょうか?

今回終活ねっとでは、数ある香典のマナーの中からお札の入れ方について以下の流れで解説していきます。

  • 香典にお札を入れる向き、中袋の封はするのか。

  • 中袋なしの場合はどうするか。

  • お札の枚数や新札を使ってよいのか。

  • お札の組み合わせ方や連名のとき。

  • 香典に関する書き方や相場などのマナー、お礼について。

お札の入れ方だけでなく、金額相場や香典袋の書き方についても関連記事をご紹介しながら解説していきます。
香典のマナーについて知っておきたい方、葬儀に参列する予定がある方など、ぜひ最後までお読みいただき、香典のお札の入れ方に関する疑問や悩みを解決していただけると幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典のお札の入れ方

葬儀

香典のお金は用意できたけど、どう包んで良いかわからない。
そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

基本的にはお札は香典袋についている中袋という封筒に入れますが、その入れ方にもマナーがあります。
ここでは香典のお札の入れ方について解説していきます。

肖像がある側を裏にしていれる

お札は肖像がある方が表で、ない方が裏とされていますが、中袋にお札を入れるときは肖像のある表が香典袋の裏に来るようにするのがマナーとされています。
理由は、故人の不幸に対し悲しみで顔を向けられないという意味があるためと言われていますので、お悔やみの気持ちを表すためにも気を付けたいポイントです。

向きがバラバラにならないよう気を付ける

一般的にお札の上下は肖像がある方が下に来るようにと言われています。
このマナーはお札の裏表に比べて気にしない人もいますが、向きの上下を気にしない場合でも心がこもっていることが相手に伝わるように、お札の向きはそろえるのがベターでしょう。

封筒の糊付け(封)はしなくてよい

香典袋についている封筒タイプの中袋や包みになっている中包みには封がありますが、その封をのりなどで閉じる必要はありません
故人への気持ちを込めて丁寧に封をしたいという方もいらっしゃると思いますが、葬儀の会場で受付の人が受け取った香典を確認することがあったり、地域によってはその場で金額を確認するところもあるため、封を閉じない方が良いと言われています。

内袋・中袋なしの場合

包む金額が少ないときなどに使う水引が印刷されている香典袋は、香典袋自体が封筒型になっていて中袋がなかったり、地域によっては二重の袋が「不幸が重なる」ということを意味すると考え、中袋を使わない地域もあります。
しかし、内袋なしの場合でもお札の入れ方は中袋にお札を入れるときと同じで、封をする必要もありません。

香典のお札を入れる向きについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

香典袋にお札を入れるときのマナー

葬儀

ここでは香典のお札を包むときに気を付けたいマナーについて解説します。

香典のお札の入れ方のマナーでポイントになるのは、お悔やみの気持ちがご遺族に伝わるようにする事と、香典の金額を記録したり受け取るときのご遺族側の負担を減らす事です。

この点を踏まえながらお札の包み方について見ていきましょう。

お札の枚数は奇数

2万円や6万円などを包むときなど、お札をそろえると偶数になってしまうことがありますが、偶数が割り切れることから「この世と縁が切れる」ことを意味すると言われ、偶数は避けるべきとされています。
また、死や苦を意味するとされる4枚や9枚もマナー違反となってしまうので注意しましょう。

新札ではなく古い折り目のついたお札を使う

ご遺族にお渡しする贈り物ですから、香典には綺麗な新札・ピン札を用意したいと考える方も多いと思いますが、実際には新札を使うのはマナー違反とされ、香典には使い古された折り目のある旧札を使うのが良いとされています。
ただ、あまりにも汚れが目立つものやしわが目立つお札を使うのは避けたほうが良いです。

新札を使わない理由

香典に新札を使わないのはなぜなのか気になる方も多いかと思います。
香典に新札を使わない理由は、新札を用意することが故人の死を予期していたということを意味するとされるからです。

つまり、古いお札を使うことで、突然の訃報に新札を用意することが出来なかったということを示すことになるのです。

新札しかない場合は

突然の訃報ですから、香典を包もうとしても手元に新しいお札しかないという状況も考えられます。
この場合は新札を真ん中で二つに折り曲げ、折り目を付けるのが良いとされます。

香典の場合、お悔やみの気持ちをきちんと表すことが大切なので、新札でもマナーにしたがって折り目を付けることで、ご遺族に気持ちを伝えることができます。

香典で使うお札については以下の記事も参考にしてみてください。

5000円を包む際のお札の組み合わせ

5000円を包むときなど、五千円札を1枚を包むか、千円札を5枚包むか迷うこともあると思います。
この場合は遺族や金額を記録する受付担当の方にわかりやすいようにするため、5千円札がある時は5千円札を包むのが良いと言われています。
もちろん訃報は突然のものなので、手元に千円札しかない場合は千円札×5枚でも構いません。

会社関係など連名のときはお札をまとめる

会社の同僚やパート仲間と連名で香典を出すことがありますが、この場合もご遺族側の負担を減らすため、集めたお金をそのまま包むのではなく、代表者が集めたお金を万札など大きいお札にまとめるようにしましょう。

香典に関するその他のマナー

葬儀

ここまで香典のお札の入れ方について解説してきましたが、香典に関するマナーやルールはそれだけではありません。
お悔やみの気持ちを込めてご遺族の方に渡すのは言うまでもありませんが、ここでは金額相場と書き方、香典返しについても簡単に解説していきます。

各段落により詳しく解説している記事へのリンクがありのでそちらも参考にしてみてください。

香典の金額相場

香典にいくら包めばよいか、悩まれる方が最も多いのはこの点かもしれませんが香典は○○円包めばよいといった決まりはなく、故人との関係性や法要、自分の年齢などで異なります

例えば、親族の場合は一般的に1万円~10万円程度と言われていて、故人との血縁関係が近いほど高額になります。
また、知人や友人、同僚の場合は3千円~3万円程度とされ、生前親しかった人やお世話になった人には高めの金額を包む人もいます。
香典は高額すぎてもご遺族の負担になってしまうので相場は抑えておきたいですね。

香典の金額相場については以下の記事で詳しく説明しています。

香典袋の種類・選び方

香典袋の表書きや水引きは、相手の宗教宗派や包む金額、法事の種類によって使うものが異なります

宗教ごとによる表書き・水引きの違いは以下の通りです。

  • 仏教

    葬儀や、四十九日以前の法事では「御霊前」、四十九日以降は「御仏前」の表書きが使われます。
    「御供物料」や「御供物」、「御香典」なども使われる場合があります。
    水引は黒白で、結び切りか淡路結びのものを選びましょう。

  • 浄土真宗

    浄土真宗のでは「御霊前」は使わず、「御仏前」の表書きを使用します。

  • 神教

    神教では、五十日祭までは「御霊前」、五十日祭以降は「御神前」の表書きが使われます。
    「御神饌料」や「御玉串料」、「玉串料」などの表書きも使われる場合があります。
    水引は黒白・黄白・双白のいずれかのもので、結び切りと淡路結びのものを選びましょう。

  • キリスト教

    キリスト教では、「御花代」と「御花料」の表書きが使われることが多いです。
    宗派ごとの表書きとして、カトリックでは「御ミサ料」、プロテスタントでは「弔慰金」などが使われます。
    キリスト教の香典袋は、水引のデザインを使うことはできないので注意しましょう。

金額・法事ごとの違いによる香典袋の種類・選び方についても知りたい方は以下の記事をご覧ください。

香典袋の書き方

香典はただお札を包めばよいわけではなく、香典袋に表書きというものや、香典を出した人の名前や住所、香典の金額を書く必要があります

香典袋の表書きは宗教や時期によっていくつか種類があり、それを間違ってしまうとマナー違反となってしまうため注意が必要です。
また、香典には後述する香典返しというお返しがあるため、誰がいくら包んだのかということがわかるように金額と住所氏名を記入する必要があります

香典袋の表には表書きと名前を書き、中袋に金額と住所氏名を書きます。
また、香典袋を書くときは筆ペン等を使い、薄墨で書くようにしましょう。

香典袋の書き方については以下の記事で詳しく解説しています。

香典を頂いた時のお礼について

葬儀の時に参列者から頂く香典ですが、頂くものなのでお返しやお礼があります

香典返しとは

香典返しとは香典を送っていただいた方へのお礼の品を送ることです。
また、香典返しにはお礼だけでなく、葬儀や法要を無事に終えたことを参列者に伝える意味もあります。

香典返しにおすすめの品物について以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

お礼の言葉

香典返しには参列や、香典に対するお礼の言葉を書いた挨拶状を添えます。
この挨拶状に書くお礼の言葉では、葬儀への参列や香典を頂いたことだけでなく、生前の故人との交流に対しても触れられます。
何らかの事情で香典返しをしない場合にもこの挨拶状は送るので、基本的な書き方は知っておきたいものです。

香典返しの挨拶状については以下の記事で詳しく解説しています。
例文も載っているのでぜひ参考にしてみてください。

香典のお札に関する決まりについてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは香典のお札の入れ方やマナーについて以下の流れで解説してきました。

  • 香典袋にお札を入れるときは肖像がある方が香典袋の裏に来るようにして、肖像が下に来るように向きをそろえて入れ、封はしなくてもよい。
    中袋がない場合も同様。

  • お札の枚数は偶数と4枚・9枚を避け、細かいお札が多い場合は大きなお札にまとめる。

  • 新札は出来るだけ避け、古い折り目のついたお札を使うべきだが、新札しか手元にないときは折り目を付けるのがマナー。

  • 香典には金額相場や書き方など気を付けたいマナーやルールはお札の入れ方以外にもあり、香典返しにもいくつかのマナーがある。

いかがでしたでしょうか。
訃報とは突然やって来るものですが、慌てることのないよう、マナーやルールについて把握しておき、落ち着いて故人との最期を迎えたいものですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「香典・お札」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料