請求された葬儀費用はいつ払うの?費用負担の軽減方法も合わせて解説

請求された葬儀費用はいつ払うの?費用負担の軽減方法も合わせて解説

葬儀費用は高額なので事前に準備しておきたいですよね。しかし葬儀社からいつ請求されるか知らない方も多いのではないでしょうか?今回は請求された葬儀費用をいつ支払うのかということや、高額な葬儀費用の負担を軽減する方法についても詳しく解説していきます。

最終更新日: 2020年06月27日

請求された葬儀費用について

お金

葬儀費用は高額ですので、あらかじめ準備していきたいという方も多いと思います。
ですのでいつ葬儀費用が請求されるのか気になる方も多いのではないのでしょうか?

また、葬儀社に払う費用のほかにもお布施や追加費用などが発生し、想定していた金額よりも高くなってしまうことがあるのはご存知でしょうか?

今回「終活ねっと」では、請求された葬儀費用はいつ支払うのか紹介した上で、葬儀の際に追加で発生する費用や費用負担を軽減できる方法についてもご紹介します。

  • 葬儀費用の相場はいくらぐらい?

  • 葬儀費用はいつ支払えばいいの?

  • 前払いで支払う項目とは?

  • 費用負担を軽減する方法はあるの?

以上の項目を軸に解説を進めていきます。

身内に不幸があったとき、葬儀費用について悩む方は多いと思います。
前払いで請求される項目もあるので、葬儀費用をいつ支払うか知っておくことでお金の準備もしやすくなります。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしていただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀費用の相場は?

葬儀

葬儀にかかる費用の相場は、全国平均で約196万円とされています。
その内訳は大きく3つに分かれており、

  • 葬儀一式の費用

  • 飲食接待の費用

  • 寺院関連の費用

となっています。
お墓に関する費用や仏具などはこの中には含まれていませんので、さらに追加で費用がかかると考えてください。

別の記事で葬儀費用の相場やその内訳などを詳細に説明していますので、よかったらこちらもご覧ください。

請求された葬儀費用はいつ払う?

困った人々

葬儀が終わると葬儀社から請求書が渡され、葬儀費用を請求されます。
では葬儀費用を払うタイミングはいつでしょうか?

以下で詳しく解説していきます。

葬儀後一週間以内が一般的

葬儀費用は葬儀後に後払いで支払うことが一般的とされています。
見積もりの時に支払期日が伝えられていなくても、多くの場合は葬儀後に一括で支払うことを前提で話は進められています。

請求書は葬儀が終わってから2~3日以内には郵送または手渡しで渡され、請求書に書かれた支払い期日までに費用を支払います。

支払い期日は葬儀後1週間以内となっている場合が多いですが、なかには葬儀終了後にその場で支払わなければならない葬儀社もありますので注意が必要です。

前払いの項目も

葬儀費用の全てを後払いできるわけではなく、前払いで支払わなければならない項目もあります。
葬儀の全てを葬儀社が執り行っているわけではなく、寺院や仕出し屋に依頼する部分があるからです。

ここではその中の飲食接待費用と、僧侶へのお布施について解説していきたいと思います。

飲食接待費用

飲食接待費用とは通夜や告別式に参列してくれた方に出す通夜振る舞いや、精進落としの料理、返礼品の費用のことを指します。
最近では葬儀社提携の飲食店を利用する場合、飲食接待費用は葬儀費用と共に後日請求されるケースもあります。

しかし多くの葬儀社では葬儀プランに飲食接待費用は含まれていません。
ですので、通夜振る舞いなどの料理は弁当屋などの「仕出し屋」に料金を支払う形になります。

つまり、葬儀費用は葬儀社に後払いが可能でも、通夜や葬儀にかかった飲食代などは支払先が異なるため前払いになるというわけです。

ちなみに飲食接待費用の相場は約34万円とされています。

現金で支払わなければならないことが多いので、クレジットカード払いで支払うことを検討されている方はある程度まとまった現金を用意しておく必要があります。

僧侶へのお布施

僧侶へのお布施は先ほど説明した葬儀費用の内訳の中の寺院関連費用のことを指します。
お布施の金額には4つの金額が含まれていています。

  • 読経料(どくきょうりょう)

    お経を読んでもらうことに対する僧侶へのお礼の代金

  • 戒名料(かいみょうりょう)

    戒名をつけてもらったことに対するお礼の代金

  • 御車代(おくるまだい)

    電車やタクシーなど、僧侶が移動するのにかかった交通費

  • 御膳料(ごぜんりょう)

    僧侶が会食に参加する場合は渡す必要はありませんが、参加しない場合は渡します

この寺院関連費用の相場は約45万円とされています。

こちらも飲食接待費用と同様に後払いで葬儀社から請求されるものではなく、前払いで僧侶に直接支払うものになります。
葬儀が始まる前に僧侶に挨拶するタイミングで支払うことが多いようです。

追加でかかる費用を想定しておく

多くの葬儀社では、追加料金が発生しない定額プランを取り扱っています。
しかし、それはあくまで一般的なセットプランの範囲で葬儀が行われた場合であり、もちろん想定外の事態が発生することもあります。

例えば故人の訃報を聞いて参列してくれた人数が予想よりも多かった時には、料理や返礼品を追加で注文することになります。

また、葬儀会場から火葬場までの距離が離れていたり、故人の親族に高齢の方が多い場合はマイクロバスを利用することもあるでしょう。
しかしこのマイクロバスは定額プランの中に含まれていないことが多く、後日追加費用を葬儀社から請求されることになります。

見積もり時には注意を払う

葬儀では当日になってみないとわからない事象が多く発生します。

「想定していた料金よりも高い請求書が来て支払いに困ってしまった」ということにならないよう、ご自身が必要とされているサービスがプランの中に含まれているのかを見積もりの際に確認しておくことをおすすめします。

費用負担を軽減することはできる?

お金

葬儀費用は高額になりがちですが、葬儀費用を抑えることはできるのでしょうか。
葬儀費用の負担を軽減するためには、葬儀保険や健康保険の制度を利用することをおすすめします。
ここでは、この葬儀費用の負担の軽減方法について解説していきます。

葬儀保険に加入する

葬儀保険とは、その名のとおり葬儀の際に必要な費用を支払ってくれる保険のことです。
生命保険は保険金の受け取りまでに1か月程度かかることもあり、葬儀費用の支払い期日に間に合わないことがあります。
ですが、葬儀保険は早ければ翌営業日に、遅くても5日程度で保険金が支払われます。

掛け金は月々数百円からと医療保険や生命保険に比べてなっている保険会社が多いので、最近では親族に負担をかけないように故人が生前から加入するケースも増えています。

国民健康保険・社会保険を活用

国民健康保険や社会保険には、葬儀後に所定の手続きをすることで請求できる給付金があります。
この給付金は葬儀を行った人、つまり喪主に支払われます。
故人が加入していた健康保険によって「埋葬費」や「葬祭費」など名称は異なります。

故人が国民健康保険に加入していた場合は1万円~5万円程度、社会保険に加入していた場合は5万円受け取ることができます。

国民健康保険でも社会保険でも請求期限は2年以内としているので、葬儀や法要が一通り終わった後でも請求が可能です。

以下の記事では、葬儀代を生命保険でまかなうことができるのかについて詳しく説明しております。
あわせてご覧ください。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大75,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



請求された葬儀費用についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回は、葬儀費用を支払うタイミングについて解説していきました。
以下に今回の記事のポイントをまとめます。

  • 葬儀費用の相場は全国平均で約196万円。葬儀費用の内訳は「葬儀一式の費用」、「飲食接待の費用」、「寺院関連の費用」の3つとなっている。

  • 葬儀社に請求された葬儀費用は、葬儀後1週間以内に後払いで払うことが一般的とされている。ただし、葬儀社によっては葬儀終了後即日で請求されることがある。

  • 飲食接待費用や僧侶へのお布施は現金で前払いになっているため、事前に現金を準備しておく必要がある。

  • 葬儀社の定額プランでも想定外の事態などで追加費用が発生することがあるので、見積もりの際に必要なサービスが含まれているかよく確認しておく。

  • 葬儀保険への加入や健康保険での給付金を利用することで費用負担を軽減することができる。

葬儀は亡くなった方のご冥福をお祈りする大切な儀式です。
盛大な式にして故人をお見送りしたいというご遺族の方も多いと思います。

費用を支払うタイミングや追加費用について知っておくといざというときに慌てることがなく、より心に残る葬儀にできるのではないでしょうか。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀や費用に関する記事を多数掲載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
葬儀代の積み立てについては、以下の記事で詳しく解説しております。
あわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事