葬儀場を利用する際の費用相場は?葬儀場に宿泊料金があるのかも解説

葬儀場を利用する際の費用相場は?葬儀場に宿泊料金があるのかも解説

葬儀場を利用する際の費用相場はご存じですか?葬儀場は民営のものと公営のものでも変わりますし、規模の違いなどで様々なものがあります。そんな葬儀場はどれくらいの費用で利用できるのでしょうか。この記事では、葬儀場の費用相場に関してわかりやすくご説明しています。

2019-08-09

葬儀場の費用について

葬儀

もしも身の回りの誰かが亡くなったときに、まずしなければならないと思いつくのは、葬儀ではないでしょうか?
葬儀というのは、誰もがいつかは考えなければならない問題ではあるのですが、葬儀に関して不安に思う方は多いでしょう。

また、葬儀を行う上で、会場はどこにするのか、その際の費用はどうなるのかといったことを不安に思う方も少なくないことと思います。
しかし今、葬儀会場に関する費用について、前もって色々知っておけば、いざという時に冷静に考えることができます。

そこで今回、終活ねっとでは以下の項目に沿って葬儀場の費用についてをご紹介致します。

  • 葬儀全体を通してかかる費用はどれくらいか?

  • 葬儀場の種類とその相場とは?

  • 葬儀場に宿泊はできるのか、料金はどうなるのか

  • 葬儀費用を安くおさえるにはどうすればいい?

葬儀費用に関して前もって知っておきたいという方はもちろん、今から葬儀場を決めなければならないという方も、葬儀場を決める参考として役立つと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀全体にかかる費用はいくら?

お金

まず葬儀全体では、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

日本消費者協会のアンケートによれば、葬儀にかかる金額相場は全国平均で約196万円となっています。
これを見て高いと思う方もいるかもしれませんが、これは全ての地域や葬儀の種類を含めた平均であるため、安く済ませたい場合は葬儀形態を変えたりして安くする方法もあります。

それでは、葬儀にかかる196万円の内訳をご紹介します。

  • 葬儀一式にかかる費用

    121万円

  • 飲食接待費

    31万円

  • 寺院に払う費用

    47万円

葬儀一式にかかる費用とは

まず、葬儀一式にかかる費用が最も高額で、121万円となります。
これは、葬儀を行う前の遺体の維持・保管に関するものや、式場の使用や設備に関する料金など、葬儀全体を通して必須の費用なので、高額になってしまうのです。

ただ、棺や生花など、装飾に関する値段は高いものから安いものまで幅広くあるため、これらは節約することができるといえます。

さらに具体的に見ていきましょう。

  • 寝台車・霊柩車など

    寝台車は病院からご遺体を運び出す際などに使われる車のことで、霊柩車は火葬場に棺を運ぶ際に使われる車のことです。
    いずれにしても、ご遺体の移動に掛かる費用ということです。

  • 枕飾り

    枕飾りというのは、人が亡くなった際、枕もとに作られる簡易的な祭壇のことです。
    香炉・ロウソク・花などの飾りに掛かる費用になります。

  • ご遺体の保存処置・保管料金

    エンバーミングともいいますが、ドライアイスや防腐剤・防臭剤などを用いて、ご遺体を葬儀まで綺麗に保つための費用です。
    また、葬儀までの間、ご遺体を自宅に安置しない場合は保管料金もかかります。

  • ご遺体の湯灌・化粧・仏衣

    湯灌というのは、入棺を行う前にご遺体の身を清める儀式のことを指し、そこには化粧を施したり仏衣(死装束)を着せるといったものも含まれます。
    葬儀直前のご遺体のメイクアップに掛かる費用になります。

  • 式場使用料・式場設備料

    葬儀をご自宅等で行わない場合、葬儀式場を借りることになりますが、その際には式場使用料として費用がかかります。
    また葬儀受付や、案内看板など、葬儀式場に必要な設備の費用もかかってきます。

  • 祭壇と祭壇まわり

    葬儀に用いる祭壇には白木祭壇と花祭壇があり、そのどちらを選んだとしても費用は掛かります。また、祭壇の上などに飾る、遺影写真や位牌や花などにも費用が必要になるでしょう。

  • 会葬礼状

    会葬礼状というのは、喪主側が参列者に、参列の感謝をあらわして送るお礼状のようなものです。
    基本的には外部に頼むことになるため、ここにもある程度の費用は掛かります。

  • 火葬料・骨壺料

    通夜や告別式の後に行う火葬についても、火葬場を使用する料金として費用に入ってきます。
    また、火葬の際にご遺骨を納める骨壺についても、費用が必要になります。

  • 送迎代金

    葬儀に参列する方の中にはご高齢の方も多いと思われますので、送迎が必要になることもあると思われます。
    その際に用いるタクシー・ハイヤーや、バスといった交通手段の費用も必要です。

飲食接待費とは

次に、飲食接待費が31万円となっています。
これはお通夜での「通夜振る舞い」や、火葬場での「精進落とし」など、会葬者への飲食費やサービス費にあたるものです。

これらは食事内容のランクやサービスの質などに加え、会葬者の人数が直に値段に反映されるものでもあります。

通夜振る舞い

通夜振る舞いとは、通夜の後、参列者に振舞われる食事やお酒のことを指します。
食事内容は、参列する人数にもよりますが、近年では大皿のオードブル形式の食事になることが多いでしょう。

また、家庭で準備するにしても、外部に発注するにしても、人数が多ければやはり費用というのはそれなりに掛かってきてしまうものです。

費用を抑えようと思うなら、食事のグレードを下げたり、量を減らしたりといった工夫が必要になるかもしれません。

精進落とし

精進落としとは、基本的には初七日法要後に行われる食事を指します。
精進落としは通夜振る舞いとは異なり、参加するのは僧侶や近親者に限られます。

ここで気を付けていただきたいのは、精進落としは少数の近親者で行うという都合上、食事のグレードも高いものになる傾向があるということです。

そのため考えなしに行ってしまうと、人数は少ないのに全体の費用は高額になってしまう、といったことが起こりえるので、細かく見積もりを立てながら行うのがよいでしょう。

参列者への返礼品

返礼品は、葬儀に参列していただいた方へのお礼として渡す品物のことを指します。
費用としては1000円程度で、お茶やタオルといったものが一般的になります。

一つ当たりの費用はそこまで高くはないのですが、参列した方ほぼ全員分を用意しなければならないという都合上、やはり費用はかさんでしまう傾向にあります。

また、返礼品の選び方や、渡し方などのマナーについては以下の記事で詳しく解説しておりますので、あわせてご覧ください。

寺院に払う費用とは

最後に、寺院に払う費用が47万円とありますが、これは僧侶による儀式に関する費用を、お布施という形で支払っているものです。

お布施の金額などはこちらの気持ちによるもの、という見方もありますが、一般的にこれらの費用は大きく節約できるものではありません。
ただ、戒名料は、戒名のランクによって比較的大きな変動があります。

また、葬儀社の見積もりで、相場と比べてあまりに安すぎると感じた場合は、その見積もりに先ほどの飲食接待費や寺院関連の費用が含まれていないことが多いので、葬儀社にきちんと確認をとるようにすると良いでしょう。

葬儀費用のより具体的な金額については、以下の記事でより詳しく説明していますので、そちらも合わせてご覧ください。

葬儀場の種類と費用相場をご紹介

葬儀

葬儀場と言うとどこをイメージされますか?
日常生活でも目に入りやすいセレモニーホールなどをイメージされる方が多いでしょう。

しかし葬儀場はそれだけでなく、いくつかの種類が挙げられます。
民営のもの、公営のもの、葬儀形式によっては自宅が葬儀場となることもあります。

葬儀場の費用というのは、見積もりの際に返礼品や食事代もセットになったところが多く、場所代として適当な価格なのか判断がつきにくいものです。
全体的な相場で言うと、葬儀場の場所代に飲食代、火葬料などを含めて約45万円になります。

葬儀場の種類や相場を解説していきますので、どうぞご参考にして下さい。

民営の葬儀場

まずは、民営の葬儀場があります。
民営の葬儀場とは、国道線沿いや町中でもよく目にするようなセレモニーホール等のことで、中には葬儀場には見えないほど豪華な建物もあります。

民営の葬儀場の場合、葬儀場の場所代の相場が20万円以上となります。
高価なプランだと50万円をこえるものもあります。

しかし、民営の葬儀場は費用こそ高いものの、公営よりも質の高いサービスを受けることが出来ます。

具体的には、民営の葬儀場は、こだわった演出も引き受けてくれるなどです。
演出に関して専属のプランナーさんが一緒に考えてくれるところがほとんどのようで、音楽葬や、個人の思い出の詰まったビデオの上映もできるところもあるようです。
個人や家族にこんな葬儀にしたいという思いがあるのなら、民営の葬儀場がおすすめでしょう。

ほかに、民営の葬儀場は立地が良いことが多く、利便性に長けているともいえます。
全体を通し、公営よりは費用が高くなってしまうものの、質にこだわった葬儀を行えるのが民営の葬儀場ということです。

公営の葬儀場

また、民営とは対照的に、公営の葬儀場もあります。

一般的に、公営の葬儀場は民営の葬儀場よりも費用が安くなっています。
葬儀場の場所代としての費用の相場は、5万円~10万円くらいであり、前述の民営のものと比べると半分以下となっています。
そのため、すぐに予約が取れないこともしばしばあるため、前もって予約を行うことが肝要です。

また、公営の葬儀場は火葬場が併設されているところが多いという特徴があります。
公営の葬儀場の場合、葬儀場がある市町村の住人でなければ利用できなかったり、かなり割高になってしまうこともあるので注意が必要です。

公営の葬儀場は、場所によっては施設が古いこともあり、ある程度葬儀形式が決まってしまうため、演出にこだわった葬儀を行うのは難しいでしょう。

ただし、民営よりも確実に価格が抑えられます。
葬儀費用に頭を抱えている方には、間違いなく公営の葬儀場をおすすめ致します。

火葬場が併設されている葬儀場

基本的に、公営の葬儀場には火葬場が併設されています。
しかし民営の場合、火葬場が併設されていないところもあるので、注意が必要です。

民営の火葬場併設の葬儀場はだいたい20万円~30万円を場所代として支払うことになります。
元々火葬場の併設されている公営の葬儀場と比べると、火葬場を併設した民営の葬儀場の費用は約3倍にもなります。

火葬場が併設されている葬儀場の場合、火葬場までの交通費や霊柩車の費用がかかりません
しかしその分割高になることも多いのが現実です。

その為、火葬のみ公営の葬儀場で行い、価格を抑えるというケースを選ぶ方が多いです。
葬儀場と火葬場が別の場所である場合は、霊柩車やマイクロバスなどの料金がかかることも忘れないようにしましょう。

お寺などの宗教施設

お寺など、宗教施設を葬儀場にすることも可能ですが、その場合は場所代として、15万円~30万円ほどかかります。

この価格はその寺院の檀家かどうかによっても変わります。
宗教に熱心な家や菩提寺がある場合等は、お世話になっているお寺で葬儀を行うことも少なくありません。

格式高い場所で葬儀を行うことができるというのが、寺院葬のメリットでしょう。
また、お布施の金額が葬儀場よりも少なくてよいというメリットもあります。

ただ、寺院葬の場合、お寺側のルールや方針に沿う必要があります。
葬儀社を指定される場合も少なくないので、事前に確認が必要です。

自宅

家族葬を選ぶ場合等、自宅が葬儀場になることもあります。
もちろんこの場合、葬儀場所にかかる費用はありません

また、6畳ほどのスペースさえあれば、自宅葬は可能です。

自宅葬は、故人とゆっくり最期の時間を過ごすことが出来、参列者に気を使わなくて良いので、近年人気の傾向にあります。
故人にとっても住み慣れた自宅で葬儀を行うことができるのは幸せなことでしょう。

葬儀場はどう選べばいいの?

葬儀

各葬儀場の種類やその費用相場については先ほど説明したとおりですが、では実際に葬儀場を選んでいく際には、どのような点に気を付けて選んでいくべきなのでしょうか?

ここでは、葬儀場を選ぶ際の流れや気を付けることなどを確認しておきましょう。

葬儀場選びの流れ

ひとくちに葬儀場といっても、民営・官営の違いであったり、火葬場の有無など、葬儀場の種類は非常に多種多様です。
また、そこに加えて費用の問題などが関わってくるため、葬儀場を選ぶというのはかなり複雑で大変なことです。

そこでまず、葬儀場を選ぶにあたっての流れを記載しますので、参考になさってください。

  • まず、葬儀社を選ぶ

    葬儀社は自社の葬儀場を持っていることもありますが、地域の葬儀場に精通していることが大きなメリットです。
    様々な点で助けになると思われるので、まず葬儀社に相談を行うのが良いでしょう。

  • 葬儀の内容・規模を考える

    故人やご遺族の意向、葬儀で重要視することなどを考慮し、どのような葬儀にするかを決定します。
    またその際、故人の交友関係や人脈等と照らし合わせ、葬儀がどの程度の規模になるのかをある程度予測しておきましょう。

  • 2を踏まえて、葬儀場に関わる費用を確定する

    葬儀の内容や規模が分かったので、葬儀全体として捻出できそうな予算を決めます。
    その後、その全体の予算内から、葬儀場にあてる費用を決めます。

  • 葬儀場を調査する

    葬儀社に依頼したり、口コミサイトなどを利用して葬儀場を探します。
    身近な、葬儀を行ったことがある方や参列した方に尋ねてみるのもよいでしょう。

  • 葬儀場の候補を幾つか決める

    ここまでの段階での条件に合う葬儀場を幾つか決めて、詳しく調べてみましょう。

  • 実際に訪れてみる・見積もりを出す

    実際に葬儀場を訪れ、目で見た印象や、調べた情報と違っている点がないかを確認してみましょう。
    また、葬儀場のスタッフの方とも相談し、見積もりを出してもらえるとさらに良いでしょう。

葬儀形式に合わせて選ぶ

葬儀場を選ぶ際には、葬儀形式に合った葬儀場にすることが大切だといえます。

現代の日本で主流な葬儀の形を挙げるならば、一般葬・家族葬・密葬・一日葬・直葬の5つ程度になるでしょう。
しかしこの5つの中でも、適した葬儀場というのはかなり変わってくることと思います。

具体的な例をあげると、多くの参列者を伴った一般葬を、大規模な民営葬儀場で行ったとして、同じ葬儀場が家族葬にも向いているとはいえませんよね。

同様に、葬儀費用を抑えようとして一日葬を行ったとしても、告別式を公営の葬儀場ではなく民営の葬儀場で行ってしまえば、結果として費用がかさんでしまうことにもなりかねません。

もちろん葬儀内容においても費用においても、事情は人によって千差万別でしょうから、この葬儀方式にはこの葬儀場である、と断言はできません。

ただ、ある葬儀形式を選んだ目的に沿って葬儀場も選ぶことができれば、総合的に優れたお葬式にすることができるでしょう。

葬儀場選びの基準は以下の記事でより詳しく解説しておりますので、合わせてご覧ください。

葬儀場に宿泊はできる?

困った人々

葬儀場に宿泊ができることはご存知でしょうか?
遠方の葬儀に参加した経験がない限り、知らないという方も多いはずです。

親戚の中には遠方から通夜や葬儀に来る方もいると思います。
葬儀場の近くにホテルがなかったり、なかなか予約がとれない時期だと宿泊場所に困るものです。
特に高齢者やお子さん連れの方にとって、葬儀場に宿泊できるならとても便利でしょう。

以下で葬儀場での宿泊に関して細かくご紹介致します。

親族の方は宿泊ができる場所が多い

基本的には親族であれば宿泊できる葬儀場が多いです。
しかし、宿泊できない場所もありますし、人数制限をしているところもあります。
必ず事前に確認しましょう。

最近ではキッチンやお風呂も綺麗で充実しており、マンションのようだったと言う声も少なくありません。
しかしあくまで仮眠スペースといったところもあるので、やはり下調べは必要です。

親族が遠方から通夜、葬儀に来る場合、ホテルへの宿泊となるとどうしても体力面や費用面での負担が大きくなってしまいます。
そこで、移動がなく費用面でも優しい葬儀場での宿泊施設の利用は、様々な面で魅力的です。

宿泊する場合に料金はかかる?

葬儀場に宿泊施設がある場合、料金は普通のホテル等よりも安いことがほとんどです。
安い分、設備は簡素なものになります。

葬儀場にある宿泊施設に宿泊する場合、費用は基本的に参列者が自分で負担します。
宿泊費用は施設にもよりますが、約3000円~1万円です。
この値段は、大部屋なのか少人数用の部屋なのかによっても大きく異なります。

葬儀にかかる費用を安く抑えるには?

お金

葬儀の形式や相場について知れば知るほど、葬儀費用に関する悩みは尽きないものです。
故人の思いや葬儀の演出ももちろん大切ですが、遺された方々の経済的な負担を減らすことを考える必要があります。
誰しも費用はあまりかけたくないでしょう。

実は、葬儀費用を賢く抑える方法がいくつかあります。

それは葬儀形式やオプションを見直すことだったり、葬儀費用に利用できる給付金制度を利用することだったり、支払い方法を工夫することだったり、思っているより多岐にわたります

そのため、葬儀費用を抑える方法を知らなかったがために損をしたという声も少なくありません。
以下の記事でまとめてご紹介しておりますので、どうぞご参照ください。

葬儀場の費用に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、葬儀場の費用について以下の点を中心にして解説してきました。

  • 葬儀全体を通してかかる葬儀費用の相場は約196万円である。
    その内訳は、葬儀を行うために必要な物一式の費用と、参列者への飲食接待に必要な費用と、寺院へのお布施として支払らう費用である。

  • 葬儀場にはおもに民営葬儀場・公営葬儀場・寺院・自宅が利用できる。
    民営の葬儀場は場所代が20万円以上かかるが、公営の葬儀場は場所代が5万円から10万円と比較的費用を抑えられる。
    また、公営の葬儀場には火葬場が併設されていることが多い。

  • 葬儀場を選ぶ際、葬儀形式に合わせて葬儀場を選ぶことができれば、総合的に優れたお葬式にすることができる。

  • 葬儀場に宿泊することは、親族であればできることが多いが、確認は必要。
    またその際、料金は3千円~1万円ほどかかる。

  • 葬儀に掛かる費用を抑えるには、葬儀形式やオプションを見直すことが一つの手になる。
    また、葬儀費用に利用できる給付金制度などもあるため、適宜利用するのがよい。

人が亡くなるのは基本的に突然のことなので、事前にある程度の知識がなければ、いざという時に慌ててしまうものです。
今回ご紹介したことを、ぜひ心の隅に留めておいてください。

葬儀に関する見積もりをとる際は、場所代としていくらが適切なのか、相場を知っておくと便利です。
葬儀の形式や宗教面、経済面等も考慮して葬儀の場所を決めましょう。
葬儀に関する故人の希望があれば、事前に聞いておくと遺された側も困りません。

終活ねっとでは葬儀に関する情報を多数、発信しております。
皆様の葬儀に関する不安が少しでも解消できれば幸いです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀場・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料