葬儀場を利用する際の費用相場は?葬儀場に宿泊料金があるのかも解説

皆様、葬儀場を利用する際の費用相場はご存じでしょうか?葬儀場と言っても民営のものから公営のものまでその種類は様々です。本ページでは、葬儀場の費用相場に関してわかりやすくご説明しています。葬儀場に宿泊ができるのかどうかまでとりあげています。どうぞご覧ください。

目次

  1. 葬儀場の費用について
  2. 葬儀全体にかかる費用はいくら?
  3. 葬儀場の種類と費用相場をご紹介
  4. 葬儀場に宿泊はできる?
  5. 葬儀にかかる費用を安く抑えるには?
  6. 葬儀場の費用に関するまとめ

葬儀場の費用について

葬儀

皆様、葬儀場を利用する際はいくらくらいかかるのかご存知でしょうか?
葬儀に関して不安に思う方は少なくありません。
葬儀費用に関しては、誰もがいつかはぶつかる問題だと言えます。
葬儀費用の相場等を知っておくことで、葬儀に関する不安が少しでも解消されれば幸いです。

今回、終活ねっとでは以下の項目に沿って葬儀場の費用の相場をご紹介致します。

  • 葬儀全体にかかる費用はいくら?
  • 葬儀場の種類とその相場とは?
  • 葬儀場に宿泊はできるの?
  • 葬儀にかかる費用を安くおさえるには?

一言に葬儀場と言っても公営のものから民営のものまでありますので細かく解説致します。
どうぞ最後までお読み下さい。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀全体にかかる費用はいくら?

お金

そもそも葬儀全体にかかる費用はいくらくらいなのでしょう?
葬儀の形式によって葬儀費用は大きく異なります。

葬儀にかかる金額相場は全国平均で196万円程となっています。
この数字には火葬のみを行う直葬(ちょくそう)から家族葬まで全ての形式を含みます。

200万円近い出費となると、香典で賄えるものなのか不安になる方も多いでしょう。
葬儀費用を安く抑える方法はいくらでもございますので、それらを事前に知っておくことが大切です。

以下に葬儀費用に関してまとめた記事がございますので、どうぞご覧ください。
葬儀費用の細かい内訳もご紹介しています。
葬儀費用を抑える方法にも触れていますので、どうぞご参考下さい。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀場の種類と費用相場をご紹介

葬儀

葬儀場と言うとどこをイメージされますか?
日常生活でも目に入りやすいセレモニーホールなどをイメージされる方が多いでしょう。
実は、葬儀場にはいくつかの種類が挙げられます。
民営のもの、公営のもの、葬儀形式によっては自宅が葬儀場となることもあります。

葬儀場の費用というのは、見積もりの際に返礼品や食事代もセットになったところが多く、場所代として適当な価格なのか判断がつきにくいものです。
全体的な相場で言うと、葬儀場の場所代に飲食代、火葬料が一緒を含めて45万円くらいが一般的です。

葬儀場の種類や相場を解説していきますので、どうぞご参考下さい。

民営の葬儀場

民営の葬儀場とは、よくあるセレモニーホール等のことです。
中には葬儀場には見えないほど豪華な建物もあります。
セレモニーホールは、国道線沿いや町中でもよく目にするでしょう。

民営の葬儀場の場合、葬儀場の場所代の相場が20万円以上となります。
高価なプランだと50万円をこえるものもあります。

民営の葬儀場は費用こそ高いものの、公営よりも質の高いサービスを受けることが出来ます。
個人や家族にこんな葬儀にしたいという思いがあるのなら、民営の葬儀場がおすすめです。

民営の葬儀場は、こだわりの演出も引き受けてくれるところが多いです。
音楽葬や、個人の思い出の詰まったビデオの上映もできるところもあるようです。
演出に関しては、専属のプランナーさんが一緒に考えてくれるところがほとんどです。

また民営の葬儀場は、立地が良いことが多く、利便性に長けています。
公営よりは、費用が高くなってしまうものの、質にこだわった葬儀を行えるのは民営の葬儀場ということです。

公営の葬儀場

公営の葬儀場は民営の葬儀場よりも費用が安くなっています。
葬儀場の場所代としての費用の相場は5万円から10万円くらいです。
そのため、すぐに予約が取れないとこもしばしばです。

また、公営の葬儀場は火葬場が併設されているところが多いという特徴があります。
公営の葬儀場の場合、葬儀場がある市町村の住人でなければ利用できなかったり、かなり割高になってしまうこともあるので注意が必要です。

公営の葬儀場は、場所によっては施設が古いこともあります。
また、ある程度葬儀形式が決まっているため、演出にこだわった葬儀を行うのは難しいでしょう。
ただし、民営よりも確実に価格が抑えられます。
葬儀費用に頭を抱えている方には、間違いなく公営の葬儀場をおすすめ致します。

火葬場が併設されている葬儀場

基本的に、公営の葬儀場には火葬場が併設されています。

民営の場合は、火葬場が併設してところとそうでないところがあるので、注意が必要です。
民営の火葬場併設の葬儀場はだいたい20万円から30万円を場所代として支払うことになります。
元々火葬場の併設されている公営の葬儀場と比べると、火葬場を併設した民営の葬儀場の費用は約3倍にもなります。

火葬場が併設されている葬儀場の場合、火葬場までの交通費や霊柩車の費用がかかりません。
しかしその分割高になることも多いのが現実です。

その為、火葬のみ公営の葬儀場で行い、価格を抑えるというケースを選ぶ方が多いです。
葬儀場と火葬場が別の場所である場合は、霊柩車やマイクロバスなどの料金がかかることも忘れないようにしましょう。

お寺などの宗教施設

お寺などを借りて葬儀を行う場合は場所代として、15万円から30万円ほどかかります。
この価格はその寺院の檀家かどうかによっても変わります。
宗教に熱心な家や菩提寺がある場合等は、お世話になっているお寺で葬儀を行うことも少なくありません。

格式高い場所で葬儀を行うことができるというのが、寺院葬のメリットでしょう。
お布施の金額が葬儀場よりも少なくてよいというメリットもあります。

寺院葬の場合、お寺側のルールや方針に沿う必要があります。
葬儀社を指定される場合も少なくないので、事前に確認が必要です。

自宅

家族葬を選ぶ場合等、自宅が葬儀場になることもあります。
もちろんこの場合、葬儀場所にかかる費用はありません
6畳ほどのスペースさえあれば、自宅葬は可能です。

自宅葬は、故人とゆっくり最期の時間を過ごすことが出来、参列者に気を使わなくて良いので、近年人気の傾向にあります。
故人にとっても住み慣れた自宅で葬儀を行うことができるのは幸せなことでしょう。

葬儀場に宿泊はできる?

困った人々

葬儀場に宿泊ができることはご存知でしょうか?
遠方の葬儀に参加した経験がない限り、知らないという方も多いはずです。

親戚の中には遠方から通夜や葬儀に来る方もいると思います。
葬儀場の近くにホテルがなかったり、なかなか予約がとれない時期だと宿泊場所に困るものです。
特に高齢者やお子さん連れの方にとって、葬儀場に宿泊できるならとても便利でしょう。

以下で葬儀場での宿泊に関して細かくご紹介致します。

親族の方は宿泊ができる場所が多い

基本的には親族であれば宿泊できる葬儀場が多いです。
しかし、絶対ではありませんし、人数制限をしているところもあります。
必ず事前に確認しましょう。

最近ではキッチンやお風呂も綺麗で充実しており、マンションのようだったと言う声も少なくありません。
あくまで仮眠スペースといったところもあるので下調べが必要です。

親族が遠方から通夜、葬儀に来る場合、ホテルへの宿泊となるとどうしても体力面や費用面での負担が大きくなってしまいます。
移動がなく、費用面でも優しい葬儀場の宿泊施設はなるべく利用したいものです。

宿泊する場合に料金はかかる?

葬儀場に宿泊施設がある場合、料金は普通のホテル等よりも安いことがほとんどです。
安い分、設備は簡素なものになります。

葬儀場にある宿泊施設に宿泊する場合、費用は基本的に参列者が自分で負担します。
宿泊費用は施設にもよりますが、3000円から1万円くらいです。
大部屋なのか少人数用の部屋なのかによっても大きく異なります。

葬儀にかかる費用を安く抑えるには?

お金

葬儀の形式や相場について知れば知るほど、葬儀費用に関する悩みは尽きないものです。
故人の思いや葬儀の演出ももちろん大切ですが、遺された方々の経済的な負担を減らすことを考える必要があります。
誰しも費用はあまりかけたくないでしょう。

実は、葬儀費用を賢く抑える方法がいくつかあります。
葬儀形式やオプションを見直すことも1つです。
さらに、葬儀費用には利用できる給付金制度などもあります。
支払い方法を工夫することで、経済的な負担を軽減するといった方法もあります。

葬儀費用を抑える方法を知らなくて損をしたという声も少なくありません。
以下の記事で詳しくご紹介しておりますので、どうぞご参照ください。

こちらも読まれています

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!

いざ葬儀を執り行うことになったとき、どのくらいの費用がかかるのか、安くする方法はないのか、気になる方も多いでしょう。 今回終活ねっとでは、葬儀費用をより安くする方法についてご紹介していきます。 あわせて、葬儀の種類ごとに必要となる費用やポイントも解説していきます。

葬儀場の費用に関するまとめ

葬儀

葬儀場の費用に関していかがでしたでしょうか?
以下に今回終活ねっとでお伝えしたかったことをまとめさせて頂きました。

  • 葬儀費用の相場は196万円
  • 民営の葬儀場は場所代が20万円以上
  • 公営の葬儀場は場所代が5万円から10万円
  • 公営の葬儀場には火葬場が併設されていることが多い
  • 葬儀場には宿泊ができるところが多い

人が亡くなるのは基本的に突然のことなので、事前にある程度の知識がなければ、いざという時に慌ててしまうものです。
今回ご紹介したことを、ぜひ心の隅に留めておいてください。

葬儀に関する見積もりをとる際は、場所代としていくらが適切なのか相場を知っておくと便利です。
葬儀の形式や宗教面、経済面等も考慮して葬儀の場所を決めましょう。
葬儀に関する故人の希望があれば、事前に聞いておくと遺された側も困りません。

終活ねっとでは葬儀に関する情報を多数、発信しております。
皆様の葬儀に関する不安が少しでも解消できれば幸いです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

シェアする

「葬儀場・費用」に関連する記事

  • 二世帯住宅の費用の相場とリフォームについて!徹底解説!のサムネイル画像

    二世帯住宅の費用の相場とリフォームについて!徹底解説!

    近年、親の介護や経済的不安、共働きの子育てなどにより、二世帯住宅の建築を考える方達が増えているそうです。二世帯住宅の建築費用はどのくらいかかるものなのか?また、家をリフォームして二世帯住宅にしたいと考えている方へ、リフォーム費用などをまとめてみました。

  • 地鎮祭の形式(神式・仏式)!地鎮祭にかかる費用!!のサムネイル画像

    地鎮祭の形式(神式・仏式)!地鎮祭にかかる費用!!

    地鎮祭は、古代より土木・建築に伴う重要な儀式として行われてきました、今でもそれは変わらず伝承されております。そこで、地鎮祭をを行うにあたって「地鎮祭の形式」、「準備・手配する事」、「費用」(神職様への謝礼・準備費用等)に関してご紹介したいと思います。

  • 今、増えてきている散骨と費用についてのまとめのサムネイル画像

    今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

    ドラマや映画で亡き人の埋葬シーンで海の散骨シーンを見たことはありませんか?日本ではまだ散骨は浸透していないようですが、費用が安くなる事や自然志向の方などを中心に広がっているようです。今回はそんな散骨と費用についてご紹介いたします。

  • 共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?のサムネイル画像

    共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?

    共同墓地の利用が広まりつつあります。少子高齢化や費用の問題から、共同墓地が求められていることはもう珍しいことではないようです。共同墓地の申し込み、永代供養、管理費用などについて調べてみましょう。

  • 家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのかのサムネイル画像

    家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのか

    相続はしたものの、誰も住んでいない老朽化した家はいずれ解体を考えることになります。その解体費用については、相場をはじめ分からないことも多いと思います。今回は費用の内訳や注意点そして現在の相場について調べてみました。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

    ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

    あなたの家族の一員でもある最愛のペットがもし亡くなってしまったら、どうしたらいいのでしょう?ペットの事は、いったいどこに相談したらいい?火葬をするなら、火葬費用はいくらかかる?また、その他にかかる費用はある?そのような疑問にお答えします。

  • 一度あるかないかのお墓づくり、その手順や費用の相場は?のサムネイル画像

    一度あるかないかのお墓づくり、その手順や費用の相場は?

    一生のうちでそうそうあるものではないお墓づくり、それだけにしっかりした知識を持って後悔しないようにしたいものです。初めてのお墓づくりのために、お墓の基礎知識、お墓づくりの手順やその費用の相場、更には費用の相続対策にも触れてみました。

  • 納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!のサムネイル画像

    納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!

    納骨の種類、手順、費用について説明します。お墓の場合、納骨堂を利用する場合、また樹木葬など自然葬を選択する場合、それぞれにかかる費用と納骨法要のに必要な物を解説していきます。

  • お葬式の費用はどのくらいかかる?内訳や相場・安くする方法を解説!のサムネイル画像

    お葬式の費用はどのくらいかかる?内訳や相場・安くする方法を解説!

    お葬式は突然にやってくるものですが、自分が遺族となったときにまず気になってしまうのは費用の面だと思います。今回終活ねっとでは、そんなお葬式に費用について、その内訳を解説したうえで、相場や安くする方法、またお葬式の費用の保険について解説していきます!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀場・費用」についてさらに知りたい方へ

二世帯住宅の費用の相場とリフォームについて!徹底解説!のサムネイル画像

二世帯住宅の費用の相場とリフォームについて!徹底解説!

地鎮祭の形式(神式・仏式)!地鎮祭にかかる費用!!のサムネイル画像

地鎮祭の形式(神式・仏式)!地鎮祭にかかる費用!!

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめのサムネイル画像

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?のサムネイル画像

共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのかのサムネイル画像

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのか

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

一度あるかないかのお墓づくり、その手順や費用の相場は?のサムネイル画像

一度あるかないかのお墓づくり、その手順や費用の相場は?

納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!のサムネイル画像

納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!

お葬式の費用はどのくらいかかる?内訳や相場・安くする方法を解説!のサムネイル画像

お葬式の費用はどのくらいかかる?内訳や相場・安くする方法を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀場・費用」についてさらに知りたい方へ

二世帯住宅の費用の相場とリフォームについて!徹底解説!のサムネイル画像

二世帯住宅の費用の相場とリフォームについて!徹底解説!

地鎮祭の形式(神式・仏式)!地鎮祭にかかる費用!!のサムネイル画像

地鎮祭の形式(神式・仏式)!地鎮祭にかかる費用!!

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめのサムネイル画像

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?のサムネイル画像

共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのかのサムネイル画像

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのか

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと