姉の義父に包む香典はいくら?|金額相場・法要別・マナー

姉の義父に包む香典はいくら?|金額相場・法要別・マナー

葬儀には様々なマナーがありますが、その中でも特に頭を悩ませるのが香典です。姉の義父への香典となれば、より一層悩んでしまいますよね。今回終活ねっとでは、姉の義父への香典に関して、金額相場や包み方、マナーなどを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

最終更新日: 2020年12月18日

姉の義父に包む香典はいくらが相場?

葬儀

お葬式があると必ず包まなければいけないのが香典です。
ですが、香典には様々なマナーがあり一体いくら包めばいいのか分からない方も多くいらっしゃると思います。
ましてや姉の義父への香典となると、金額相場も想像しにくい方も多いと思います。

そこで、今回「終活ねっと」では、姉の義父の香典について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 法事ごとの金額相場について

  • 姉の義父に包む香典のマナー

  • 姉の義父の通夜・葬儀の参列マナー

姉の義父への香典に関して詳しく解説していきます。
この記事を読んで、姉の義父の香典について理解を深めていただけると幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

姉の義父に包む香典の金額相場

困った人々

姉の義父への香典はどれくらい包めばよいのでしょうか?
また、そもそも姉の義父に香典を渡す必要があるのでしょうか?

結論から言いますと、どれだけ関係が薄くても姉の義父であれば香典を渡すのがマナーです。
香典は、立場や年齢、生前での関係の深さによって金額が大きく変動します。
また、同居していたかどうかによっても変動します。

香典の金額は多ければ多いほど良いわけでは決してありません。
遺族や親族内のマナーであったり、地方独自の風習があったりすることも多いです。

ここでは、法事別に姉の義父への香典相場を見ていこうと思います。

法要ごとの金額相場

以下が法要ごとの金額相場となります。
あくまで目安ですので親族や遺族と相談することも重要です。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

故人が亡くなると、まず初めに執り行われるのがお通夜です。
お通夜とは、葬儀の前に行われる最後の儀式です。
一晩中明かりを灯し続け、故人を見送ります。
その翌日に葬儀と告別式を行うのが一般的です。

お通夜での金額相場として、自身が20代であれば30,000〜100,000円、30代は50,000〜100,000円、40代では100,000円となっています。

四十九日などの忌日法要

従来は七日ごとに行う忌日法要ですが、現在は初七日法要と四十九日法要のみ行われることが一般的です。
初七日は故人がお亡くなりになられてから七日後のことを指します。
仏教では七日ごとに、極楽浄土に行けるかどうかの裁判が行われるとされています。
そのため、最後の裁判の日である四十九日にも法要を執り行うのです。

四十九日などの忌日法要での金額相場は20代であれば10,000〜50,000円、30代は10,000〜50,000円、40代は10,000〜100,000円となっています。

新盆・初盆

新盆・初盆とは忌引き明け、つまりは四十九日が終わり初めて迎えるお盆のことです。
この新盆・初盆では、遺族や親族以外にも生前の友人や職場関係者が参列することも多いです。

金額相場は、20代であれば10,000〜50,000円、30代は10,000〜50,000円、40代は10,000〜100,000円となっています。

一周忌

故人がお亡くなりになってから、一年がたった日を一周忌と呼びます。
一周忌は親族に限らず、故人と親交の深かった友人や知人も招いて、法要を執り行います。
では一周忌の香典相場はいくらなのでしょうか。

姉の義父への香典相場は20代であれば5,000〜20,000円、30代は5,000〜50,000円、40代は5,000〜50,000円、50代以上は5,000〜50,000円となっています。

三回忌以降の年忌法要

三回忌法要の場合は20代であれば10,000円〜50,000円、30代は10,000円〜100,000円、40代は10,000円〜100,000円となっています。
ですが、会食に参加する場合はその費用を上乗せして渡しましょう。

妹や義母の場合で相場は変わる?

香典相場は主に、同居しているかどうかや、生前の親交の深さなどで決まります。
妹や義母であっても相場は変わりません。

以下の記事で香典の金額相場について故人との関係や法要別に紹介していますので、併せてご覧下さい。

姉の義父に包む香典のマナー

葬儀

香典は金額以外にも気を付けなければいけないポイントがいくつかあります。
ここでは、要点を説明いたしますので、詳細に関してはそれぞれの詳細記事をご参照ください。

書き方

香典は香典袋に入れて持参しなくてはいけません。
香典袋の表書きは故人の宗派に合わせて書くのが基本です。
故人の宗派によっては、マナー違反となってしまう可能性もありますので遺族に確認することも重要です。

仏教であれば、基本的に御霊前か御仏前と書きます。
ですが、仏教の中でも浄土真宗だけは表書きが異なります。
浄土真宗の考えとして、人は亡くなるとすぐに仏になると考えられています。
そのため、御霊前と書くことはマナー違反とされています。
浄土真宗の場合は、御仏前と書くようにしましょう。
他にもキリスト教や神式(神道)にも固有の表書きがあります。

こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

包み方

香典袋は袱紗(ふくさ)に入れて持参するのがマナーです。
香典袋をそのまま持参するのはマナー違反に当たるため、袱紗に包みましょう。
また、ハンカチで代用することもできます。

袱紗の色は寒色系を用います。
紫は慶事にも使用することができますので、袱紗を新しく購入する際は紫を選ぶことをおすすめします。
袱紗は主に3種類あり、金額によって使い分けます。
金封袱紗は1~3万円、爪付き袱紗と台付き袱紗は3万円以上となっています。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

渡し方

香典を渡す際にもマナーがあります。
香典は受付で渡すのが一般的です。
まずは一礼し、その後にお悔やみの言葉を述べます。
お悔やみの言葉は長々と話すのではなく、「このたびはご愁傷さまでございます。
」など短い文章にまとめるのがマナーです。


香典は袱紗から取り出して渡しましょう。
袱紗に包んだまま香典を渡すのは、不幸を渡すこととされておりタブーとなっています。
香典を取り出したら、まずは自分の正面の向きにし、袱紗の上におきます。
その後、相手に正面になるように香典を渡します。

詳しくは下記のリンクで解説していますので、興味のある方はぜひお読みください。

姉の義父の通夜・葬儀の参列マナー

葬儀

通夜に参列する際にも、多くのマナーが存在します。
男性は黒のブラックフォーマルスーツ、女性は黒のアンサンブルか黒のワンピースを着用します。
子どもは学校の制服があれば制服を着用します。

お通夜の参列マナーについては、こちらの記事でより詳しくご紹介しています。
挨拶や焼香の際にも様々なマナーがありますので、興味のある方はぜひお読みください。

姉の義父に包む香典についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、姉の義父に包む香典について様々なポイントから解説いたしました。
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 香典の金額相場は関係の深さや、しきたりによって変動する。

  • 妹や義母の場合でも香典金額は変わらない。

  • 香典には書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがある。

  • お通夜に参列する際は、服装に気を配る。

香典の金額は様々な判断基準がありますので、親族と相談することも重要です。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、香典について様々な記事を掲載しています。
興味のある方は、ぜひお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事