葬儀前に行う湯灌の儀式とは?流れや費用、立ち会う際の服装を解説!

葬儀前に行う湯灌の儀式とは?流れや費用、立ち会う際の服装を解説!

葬儀前の儀式として行われる湯灌とはどのようなものなのでしょうか?故人を安らかに送り出すには湯灌ではどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか?葬儀の前に行う湯灌の内容や手順について、立ち会う際の服装や費用の相場とともに紹介していきます。

2019-11-01

葬儀前に行う湯灌について

葬儀

亡くなった方の遺体を棺に納める前に、お湯で遺体を洗い清める儀式を湯灌(ゆかん)といいます。

日本では古くから執り行われている葬儀前の儀式です。
地域によってその内容や手順が異なり、例えば、納棺(のうかん)までを含めて湯灌と呼ぶ場合もあります。

いざ、故人を送り出そうと葬儀の内容について葬儀社に相談した場合、湯灌を行うかについて確認されることがあります。
湯灌の内容やしきたりがわからなければ、その場で判断がつかず、回答に窮することにもなりかねません。

今回終活ねっとでは、葬儀前に執り行われる湯灌について、以下の項目を中心に説明します。

  • 湯灌とはどんなものか

  • 湯灌の意味や由来

  • 湯灌の流れ

  • 湯灌に立ち会う際の服装

  • 湯灌にかかる費用

  • 湯灌以外のエンゼルケア

湯灌をはじめ葬儀前の儀式についての基本的な事項を知っていれば安心です。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

湯灌とは?

葬儀

湯灌とは、故人が亡くなられてから納棺までの間に、遺体を洗い清めることを指します。

具体的な湯灌の儀式内容や手順は地域によって異なります。
例えば、浴槽を用意して入浴をするやり方、たらいや桶などに用意したお湯で拭き清めるやり方など清め方もさまざまです。

湯灌の儀式では、故人の遺体に直接触れることになるため、故人にごく近しい身内のみで執り行うことが通例です。
また、子どもさんの参列については子供さんの気持ちへの影響を考えて決めましょう。

昔は、自宅で看取ることが多かったことから、湯灌も自宅で行っていたそうです。
浴槽の準備やお湯の後始末などに関するしきたりの存在など、かなり大変な儀式でした。
そのため、湯灌の場所を提供するお寺もありました。

最近では、葬儀自体を斎場で執り行うことが増えてきています。
それにともない、湯灌も斎場で行い、儀式の進行は湯灌師と呼ばれる納棺の専門家にお願いすることが多くなっています。

湯灌は必要なの?

葬儀

病院でなくなった場合、遺体を整えるエンゼルケアをしてくれる場合がほとんどであるため、必ずしも湯灌を行う必要はありません

そのため、葬儀会社の葬儀プランには湯灌が含まれていないことがほとんどです。
ではなぜ、湯灌を行うのでしょうか?
湯灌を行う意味や、湯灌を行うようになった由来を解説していきます。

湯灌を行う意味

湯灌は以下のような意味を持つものです。

  • 故人を送り出すにあたっての宗教的な意味合い

    湯灌によって清めることで安らかに来世に向かうことを願います。
    最後の入浴を行うことで故人を癒し、さらには、遺体をきれいで安らかな姿とすることで遺族の悲しみを癒すために行います。

  • 衛生的な意味合い

    病気や事故などで亡くなった場合は、その影響が残っている場合もあります。
    そして、人間の身体は死亡の瞬間から腐敗という変化が始まります。
    納棺に際しては、遺体をできるだけきれいな状態に保つための処置です。

湯灌の由来

身を清める、あるいは、穢れを落とすために水で身を清める禊という儀式は古代の日本から行われていることで、日本書紀などにも記述があります。

仏教では、出家する時に水を頭にそそぐ灌頂(かんじょう)という儀式を行います。
そうした儀式を始まりとして仏教でも葬儀で湯灌が行われるようになりました。
仏教が日本に伝来し、その影響を受けて葬儀で湯灌が儀式化されたと考えられています。

儀式においては、直接に故人に触れることから、地域ごとにいろいろな風習を生み出しています。
水で身を清めるという儀式は日本人にはなじみ深いものです。

死者への湯浴みはあの世のへの旅立ちの準備です。
さらに、赤ん坊がこの世に生まれて産湯に入るように、故人の来世での生まれ変わりを願う儀式としても行われてきました。

葬儀前の湯灌の流れ

葬儀

湯灌は自宅でも行うことが可能ですが、最近では、斎場などで湯灌師と呼ばれる納棺の専門家が式の進行および実際の作業を行います。
もちろん、遺族も参列するだけではなく、儀式では手を動かします。

湯灌という儀式の手順を準備から納棺までを順を追ってご説明します。
基本的には、湯灌師が儀式を進めますが、ご遺族やご親族も手を動かすポイントも示します

  • 準備

    まず、浴槽の準備が必要です。
    自宅で行う場合には介護用の浴槽などを使います。
    斎場で行う場合は、斎場側で湯灌師が準備してくれます。

    そして、故人を湯浴みができるように衣服を脱がせます。
    故人の身体が露わにならないようにバスタオルや布などでくるみます。
    これも湯灌師が行ってくれます。

  • 口上

    湯灌師が開始の口上を述べで湯灌の儀式が始まります。

  • 逆さ水

    まず、浴槽に水を張って、その中にお湯をいれて温度を調節します。
    これはお風呂を沸かすのと逆の手順であり「逆さ水」と呼ばれます。

    遺族が故人の足元側から始めて胸元側へ向かってこのお湯をかけていきます。
    お湯をかけることを洒水(しゃすい)といいます。

    洒水は故人との関係が近い人から順に行います。
    湯灌師が適時指示してくれますので指示に従って行います。

  • 逆さ事

    故人のお身体を洗います。
    これも通常とは逆の順序となるように、左の足元から洗い始めて顔へと向かいます。

    このように、湯灌では生前とは逆の順序で儀式を進行します。
    これを「逆さ事」といいます。

    身体を洗い終えたら、洗髪や髭剃りも行います。

  • 身支度

    故人のお清めが完了したら、故人の身支度を行います。
    死化粧とよばれるお化粧などによりお顔を整え、脱脂綿を詰めるなどして身体が汚れないようにします。
    そして着替えを行って白い死装束に身支度します。

  • 納棺

    故人を棺に納めます。
    棺にはドライアイスも入れて故人の身体を守ります。
    また、副葬品があれば一緒に納めます。

湯灌にかかる時間は、おおむね1時間程度を考えておくとよいでしょう。
着替えや納棺などを含める場合には、さらに時間を要します。
余裕を見て、1時間半以上はかかると考えておきましょう。

湯灌に立ち会う際の服装

葬儀

湯灌には故人にごく近い遺族や親族のみで執り行うことが通例です。
したがって、自宅で湯灌を行う場合は平服でも問題ありません。
遺族や親族は納棺までは色々なことをこなす必要がありますので、喪服には納棺後の通夜までに着替えることになるでしょう。

斎場で湯灌を執り行う場合は喪服で立ち会うのが無難です。
平服でも問題はありませんが、納棺や通夜までの時間的な余裕を考えると、早めに喪服に着替えることになるでしょう。
また、斎場といういわば公共の場所では、納棺前後の時点でも、遺族や親族以外の方にも合う可能性があります。

葬儀の際の服装マナーについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

湯灌にかかる費用はいくら?

葬儀

湯灌の費用は、葬儀の費用には含まれないためオプション費用として別途支払うことが多いです。
葬儀社からは湯灌を行うかの問い合わせがあると思いますのでその場でよく確認しましょう。
湯灌にかかる費用は、湯灌として執り行う内容によっても異なります。
また、葬儀社によっても異なります。

相場としては、5万円から10万円といわれています。
葬祭場でお清めと身支度を行うのであれば5万円前後といわれています。
自宅に浴槽を持ち込んで行う場合はさらに費用が増えることになります。

それなりの費用がかかりますので、いろいろとやってあげたいと思うのは人情ですが、葬式全体のバランスも考えて内容を決めましょう。

葬儀全体にかかる費用については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

湯灌以外に葬儀前に行うエンゼルケア

葬儀

お湯を使う湯灌以外にも、故人をあの世へ送り出すための儀式があります。
病院で看護師などが行うこともあることからエンゼルケアとも呼びます。
以下では、例として、末期の水と死化粧をご紹介します。

末期の水

故人の臨終に立ち合った人が全員で故人の口に水を含ませる儀式を末期の水と言います。
故人との別れを確認するためとも言われています。
順番や道具などに決まりがありますので、医者や葬儀社の方の教えにしたがって執り行います。

死化粧

故人の顔や髪を整えてきれいにすることを死化粧(しにげしょう)といいます。
化粧道具や脱脂綿などを使って、お顔のやつれなどを隠して、穏やかなお顔となるように整えます。
また、最近では、男性の場合であっても化粧を施すこともあります。

死化粧については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀での湯灌のまとめ

葬儀

湯灌とはどんなものかをその意味や由来を含めて説明してきました。
これにより湯灌のイメージをお持ちいただけたと思います。

最後に葬儀前に執り行う湯灌のまとめを以下に示します。

  • 湯灌は故人をあの世へ気持ちよくお送りする気持ちから始められたお清めの儀式で、故人の身体を清潔な状態に保つという衛生上の意味もある。
    湯灌の儀式内容は地域のしきたりや風習によっても異なる。

  • 湯灌の儀式は湯灌師という専門家が進めるが、遺族も立ち会うのみではなく洒水(しゃすい)などを行う。

  • 湯灌に立ち会う際は、自宅で行う場合は平服、斎場で行う場合は喪服を着用する。

  • 湯灌は、葬儀プランには含まれていないことが多いため、追加料金を払うことが必要になる場合がある。
    費用は5万円から10万円ほどが相場である。

  • 湯灌以外にも、末期の水や死化粧といったエンゼルケアがある。

故人をなるべく安らかにあの世へお送りしたい、葬儀に際してそうした気持ちを表わす参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
下の記事では葬儀の準備について紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・湯灌」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像
    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像
    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料