香典と電報(弔電)はどっちを送るべき?文例や送り方・お礼を解説!

香典と電報(弔電)は両方共お葬式に送るものですが、全く別物です。ではいざ葬儀となった時どちらを送ればよいのでしょうか?またどんなタイミングでどのようにして送ればよいのでしょうか?今回終活ねっとでは香典と電報の違い、文例やお礼について詳しく解説します。

目次

  1. 香典と電報(弔電)について
  2. 香典と電報(弔電)の違いとは
  3. 香典と電報(弔電)はどっちを送るべき?
  4. 電報(弔電)の書き方・送り方
  5. 電報(弔電)を頂いた後のお礼
  6. 香典と電報(弔電)についてのまとめ

香典と電報(弔電)について

葬儀

葬儀の際につきものなのが、香典(こうでん)と弔電(ちょうでん)です。
この二つはちょっと耳にしただけではよく似ています。
また、ともに「送る」ものなので混乱してしまうこともあるかもしれません。
ですが、この二つは全くの別物です。

では葬儀の際、香典と弔電のどっちを送ればよいのでしょうか?
また送るタイミングや送り方はどうすればよいのでしょうか?

今回終活ねっとでは香典と弔電の違いについて以下のポイントを詳しく説明していきます。

  • 香典や弔電とはどのようなものなのか
  • 香典と弔電のどっちを送ればよいのか
  • 香典や弔電を送るタイミング
  • 弔電の書き方と送り方
  • 弔電へのお礼の仕方

弔電の具体的な文例のほか、弔電へのお礼についても解説しています。
いざという時の参考のため、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

香典と電報(弔電)の違いとは

葬儀

香典とは葬儀にあたって故人の霊前に供える金品で、弔電は故人の死を悼み悲しんでいる気持ちを表すために葬儀会場などに送る電報です。
もう少し詳しく見てみましょう。

香典

香典は葬儀にあたって死者を悼んで贈る金品です。
葬儀に香典として遺族に金品を渡すのは日本ではすっかり定着しています。
でも香典はもともとはお香を供えて死者を慰めることでした。
時代と共に香の供え物が現金に変わっていったのです。

香典は葬儀で突然の出費に見舞われた遺族を助ける意味合いもあります。
香典の金額は故人との関係によって大きく変わります。

電報(弔電)

弔電は葬儀にあたって故人を悼む思いを遺族に伝えるために送る電報です。

本来は通夜や告別式に参列しなくてはならないけれども、仕事や病気などといった事情でどうしても参列できない場合があります。
そんな時に打つ電報が弔電なのです。

香典と電報(弔電)はどっちを送るべき?

困った人々

葬儀に参列するなら、香典を持参するのがしきたりです。
しかし色々な事情で葬儀に参列できない場合はお悔やみの電報や香典を送ることができます。

では電報と香典ではどちらを優先的に送ればよいのでしょうか?
また電報と香典の両方を送ってもいいのでしょうか?

関係性によって変わる

弔電と香典を両方送るのかどうかは生前の故人とどのような関係にあったかによって変わります。
関係を考慮し、弔電を送るだけにするのか、弔電と香典を両方送るのかを判断しましょう。

故人と親しい関係であれば両方

通夜や告別式に参列できなかったからといって、香典と電報を両方送る必要はありません。

ですが、亡くなった人がお世話になった先生や子どもの頃からの友人など生前に親しく付き合いをしていた人の場合は弔電と香典の両方を送ってもいいでしょう。

また両方を送るかどうかは故人との関係だけでなく遺族とどのような関係であったかも、考慮する必要があります。

付き合いが少なければ電報(弔電)のみ

亡くなった方が遠い親戚のような普段からあまり付き合いのない人の場合は弔電を送ります。
このような場合、後から香典を送る必要はありません。

送るタイミングは?

弔電が葬儀の席で読み上げられたり送った人の名前が披露されたりすることは一般的です。
そのため、弔電が葬儀までには遺族の手元に届くことが大切です。
また香典を送る場合もタイミングは重要です。
思いがけない時に香典が届くと遺族の手間が増えてしまったりするからです。

ではどんなタイミングで送るのがマナーに適っているのでしょうか?

弔電は通夜に間に合わせるように送る

弔電は通夜が始まるまでに着いているのが理想的です。
ですが、訃報が届いてから通夜までに時間がない場合もあります。
そんな時は葬儀に参列できないと判断した時点ですぐに弔電を手配しましょう。
それでも通夜に間に合いそうにない場合は葬儀の前に届くように送りましょう。
弔電は葬儀中に読み上げられるので、最低でも葬儀の二、三時間前には届くように手配しましょう。

斎場で葬儀が行われる場合、弔電が葬儀中に届かないと受取人不在ということになってしまいます。
弔電はくれぐれも葬儀の時間を確かめて葬儀の時間内に届くように送りましょう。

弔電は通夜や葬儀が行われる会場宛てに送ります。
もし通夜が故人の自宅で行われる場合は自宅に送りますが、直前に弔電が着いてしまうとあわただしいので早めに着くように送りましょう。

香典は後から送る

葬儀に出席できない場合はまず弔電を送ります。
香典も送りたい場合はその後で現金書留で遺族宅に郵送するのが一般的です。
葬儀に出席できないなら葬儀場に香典を送りたいと思うかもしれませんが、現金書留は日時の配達指定ができないため、自宅あてに送ります。

香典をおくるタイミングとしては葬儀から一週間以内が理想的です。
もしそれ以降になるなら葬儀から一ヶ月以内には着くように送りましょう。
遺族によっては四十九日の法要を行った後に香典返しを行う場合もあります。
そのような場合香典が着くのが遅いと二度手間になってしまうからです。

香典を郵送する際は、お悔やみの言葉と葬儀に参列できなかったお詫びを記した手紙を同封するといいでしょう。
香典の渡し方や注意点についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

電報(弔電)の書き方・送り方

葬儀

では弔電はどのようにして送ればいいのでしょうか?
具体的に送る方法を見ていきましょう。

宛名・本文

弔電を送るためには宛名と内容が必要です。
宛先は誰にすればよいのか、どのような文章を送れば良いのか解説いたします。

宛名

いざ弔電を送ろうとする際に、宛名を故人にすればいいのかそれとも喪主にすればいいのか迷ってしまう人もいらっしゃると思います。
実は、弔電の宛名は弔電を受け取る喪主になります。

喪主の名前は葬儀のお知らせに書かれているため、瞬時に判断することができます。
ただ、何らかの事情で喪主がはっきりしない場合は「◯◯様(故人の名前) ご遺族様」のように故人の遺族宛にすればいいでしょう。

この場合複数の葬儀が行われていると取り違えが起こる可能性があります。
ですから個人の名前にはフルネームを使うようにしましょう。

本文の文例

弔電の内容は自分で思い通りに決めることができます。
ですが、弔電には忌み言葉や宗教によっては使わない言葉など独特のマナーがあります。
また、独特の敬称を使わなくてはならないので戸惑うこともあるかもしれません。
ぜひ、以下の文例を参考にしてお役立てください。
弔電の文章として次のようなものがあります。

例文
ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
例文
ご訃報に接し、惜別の念を禁じ得ません。
弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。

もし、もっと心のこもった弔電を送りたいと思うなら定型文に自分なりの文章を織り込むとよいでしょう。
特に自分しか知らない故人との思い出を一言書き添えるのがおすすめです。

例文
〇〇さんのご訃報に接し、惜別の念を禁じ得ません。
学生時代〇〇さんからは落ち込んでいた時よく慰めていただいたものでした。
その時の優しい笑顔が今も思い出されます。
弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。

送り先

弔電の送り先は通夜や葬式が行われている住所となります。
最近では通夜や葬儀はほとんどの場合斎場で行います。
ただ、場合によっては自宅やお寺で行われることもありますから気をつけましょう。

斎場に送る場合は、「(斎場の名前)斎場気付 (喪主の名前)様」のように斎場の名前と喪主の名前を明記するといいでしょう。

送り方

弔電を送る方法は主に3つあります。

  • 電話で申し込む
  • インターネットで申し込む
  • 郵便局から送る

どの方法にもメリットとデメリットがあります。
一つずつ特徴を見ていきましょう。

電話で送る

115に電話して弔電を送るのは一番オーソドックスな方法です。
ここに電話するとつながるのは加入している電話会社の電報サービスです。
NTTドコモ回線からは「D-MAIL」、au回線と契約している場合はKDDIの電報サービス「でんぽっぽ」、ソフトバンク回線からは「ほっと電報」に繋がります。

受付時間はサービスにもよりますがおおむね8時から20時までです。
決まった時間までに申し込むと当日に電報を配送してもらうこともできます。
ちなみにNTTの場合は午後7時までに申し込めば当日配送してもらえます。
ですが、これは契約している電話会社によって当日配送ができる時間が違うので注意が必要です。

電話で申し込む利点として挙げられるのは、気軽にオペレーターに相談したり質問したりできる点です。
弔電を送り慣れていない場合は電話で弔電を送るのもいいかもしれません。

Webサービスを使用する

弔電を送るサービスはたくさんあります。
申込みは簡単で、サイトにアクセスして指示にしたがって台紙や文例を選び、宛先を入力するだけです。
電話と違って24時間受け付けているため、いつでも申し込みができます。
またどんな台紙を選ぶかにもよりますが電話で申し込むよりも比較的低価格で弔電を送ることができます。

最近はインターネットで弔電サービスを提供する会社が増えているためサービスが充実し、文字制限がなかったり凝った台紙を提供したりしている会社もあります。
ただ、多くの選択肢がありすぎてどの会社を使うのか迷ってしまうかもしれません。

郵便局から送る

電報を郵便局から送るというのは馴染みがないかもしれませんが、レタックスという電報サービスを使って弔電を送ることができます。
レタックスの送り方はポストに投函する他、Webからも送れますし、郵便局の窓口からも送ることができます。

その場合は窓口でレタックス用の記入用紙を受け取り、メッセージを書き込んで提出し、料金を支払ってください。
料金は文字数ではなく台紙によって変わってきます。
台紙や例文はあらかじめ用意されている19種類の中から選ぶだけですので簡単です。
また台紙に手書きで文章を直接書き込めるのも大きな特徴です。
郵便局の窓口であれば台紙の実際の見本を見ることができる場合もあります。

窓口から出す場合は多少割高になりますが、わからないことがあれば直接係員に質問しながら送ることができるので安心です。
当日配送は15:30までに持っていけば大丈夫です。
ただ窓口がしまっている土日に弔電は送れません。
そのような場合はWebから申し込みましょう。

電報(弔電)を頂いた後のお礼

葬儀

弔電をいただいても御礼の品を送る必要はありません。
ただ失礼にならないよう無事に葬儀が終わった後お礼状を送るといいでしょう。
お礼状はよほど親しい人以外はメールや電話ではなく封書で送るのがマナーです。

お礼状を出すタイミングに決まりはありませんが、葬儀が終わったら一週間以内に送るのが理想的です。
弔電のお礼については下記の記事に詳しく解説されているので参考になさってください。

こちらも読まれています

葬儀に送られた弔電のお礼方法とは?お礼状の例文や品物も解説!

葬儀に送られた弔電へのお礼はどうすればよいのか知っていますか?そもそも弔電とは何かということから、お礼におすすめの品物やお礼状の例文などに至るまで、葬儀に送られた生花へのお礼についてと併せて詳しく解説します。

香典と電報(弔電)についてのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは香典と弔電について解説してきました。

今回の記事のポイントをまとめると次のようになります。

  • 香典は故人の霊前に供える金品で弔電は故人を悼んで送る電報のこと。
  • 弔電と香典を両方送るのは故人と親しい関係だった場合に限られる。
  • 弔電は通夜に間に合うように送り、香典は葬儀の後一週間以内にお悔やみの言葉とともに送るのが理想。
  • 弔電は喪主あてに通夜や葬儀の会場に送る。
  • 弔電は電話やWeb、郵便局から送る。
  • 弔電にはお返しの品を送るのではなくお礼状を出す。

訃報は思いがけない時に届くものです。
出席できない状況だとわかると焦ってしまうかもしれません。
ですが、弔電や香典の知識があれば落ち着いて対処できます。
この記事が突然の訃報に接した際の参考になれば幸いです。

以下の記事では香典袋の表書きについて詳しく解説しています。
興味のある方はぜひお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

ある程度の年齢になると香典袋を使う機会が増えるものです。しかし、香典袋の表書きは自分が思っている常識が、相手にとっては非常識に映る場合もあります。宗派や地域性も大きいので、一度表書きの書き方をチェックしておきましょう。

シェアする

「香典・電報」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・電報」についてさらに知りたい方へ

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方についてのサムネイル画像

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方のサムネイル画像

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説のサムネイル画像

葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜のサムネイル画像

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜

納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナーのサムネイル画像

納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナー

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典・電報」についてさらに知りたい方へ

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方についてのサムネイル画像

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方のサムネイル画像

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと