嫁の祖母に包む香典のマナーをご紹介!法事ごとの相場や書き方を解説

嫁の祖母に包む香典のマナーをご紹介!法事ごとの相場や書き方を解説

葬儀や一周忌などの法要には香典を包むのがマナーです。故人が嫁の祖母の場合の香典の相場はどれくらいでしょうか?今回終活ねっとでは、嫁の祖母の法要毎の香典相場や香典袋の書き方、渡し方のマナーについて詳しく説明します。ぜひ最後までお読みください。

最終更新日: 2020年12月18日

嫁の祖母に包む香典について

葬儀

お通夜や告別式、各種の法要には香典を包むのがマナーです。
嫁の祖母が亡くなった場合、香典はいくら包めば良いのか、夫婦連名で出した方が良いのか、など悩んでしまう方は多いです。

今回「終活ねっと」では、嫁の祖母への香典について説明します。

  • 嫁の祖母に包む香典の法要毎の相場はどれくらい?

  • 嫁の祖母に包む香典の書き方のマナー

  • 嫁の祖母への香典の包み方や渡し方のマナー

  • 嫁の祖母への香典のまとめ

以上の内容について説明します。

嫁の祖母に関する香典の相場やマナーについて悩んだことのある方や、興味がある方はぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

嫁の祖母に包む香典の相場はいくら?

お金

香典に関する悩みの中で、一番多いのがいくら包めばよいかという金額に関するものです。
香典の金額相場は、包む側の年齢によっても変わりますし、葬儀や一周忌などの法要の種類によっても変わります。

香典の相場は、友人・知人よりも親族、さらに親族の中でも関係の深い、親等の近い方ほど相場は高くなります。
そして、嫁の祖母の場合は、自分の祖母と同じ金額を包むのがマナーです。

香典が現在のように金銭で包むようになったのは明治ごろからと最近で、それ以前は米などの食料を持ち寄っていました。
これは、葬儀や法要にかかる主催者側の経済的支援が目的です。

葬儀や法要では、参列者をもてなすために会食を開くケースが多いです。
これは今も昔も変わらず、主催者側の経済的負担は軽くありません。
少しでも主催者側の負担を軽くするために、親族や知人、ご近所が食べ物を持って集まり、また法要や会食の準備を手伝う事が一般的でした。

親族でも近い関係の方では、会食の準備など喪家と一緒になって参列者をもてなす準備を手伝いました。
現在、親族の香典相場が高額になるのはこの名残で、貨幣経済の発展に従い、食料から金銭へと香典は変わっていきました。
親族はこれまで多くの食べ物や法要の手伝いをしていた代わりに、多くの金銭を包む様になったわけです。

嫁の祖母は身内ですから、親族の中でもしっかりと香典を包む必要があります。
また、葬儀だけでなく、法要ごとに香典を包む必要がある事を理解しておきましょう。

法事の種類ごとの違い

お通夜・告別式から五十回忌まで、法要にはたくさんの種類があります。
法要ごとに意味があり、香典の相場やマナーが決まっています。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

故人が亡くなって、最初の法要はお通夜・告別式であり、最後のお別れを告げる大切な儀式です。
参列者も一番多く、生前交流のあった様々な方が訪れます。
香典も、これ以降の法要に比べると一番相場も高くなります。

相場は、香典を包む側の年代によって変わります。
20代で10,000円~、30代で10,000円~30,000円、40代以降で30,000円以上が相場です。
嫁の祖母の場合は、遠方で生前あまり交流がなかったりする場合もあれば、とてもお世話になっているケースもあるでしょう。

嫁や親族ともよく相談して、具体的な金額は生前の関係によって決めるのが良いでしょう。

初七日

初七日とは、故人が亡くなった後の七日目に行われる法要です。
仏教では、故人はなくなって七日ごとに裁きを受けるとされていますので、最初の裁きの七日目に故人の冥福を祈って行われる法要です。

近年では、初七日の法要を行う事は少なく、葬儀と同じ日に行われる事が多くなっています。
初七日のみで法要を行う場合は、僧侶を呼んで読経を行います。

香典の相場は、初七日が葬儀と同じ日に行われる場合は、葬儀の際の香典の半額が目安です。
また、初七日のみで法要を行う場合の相場は20代で5,000円、30代で5,000円~10,000円、40代で10,000円程度です。

四十九日

仏教では、故人は七日ごとに裁きを受け、7回目の四十九日に極楽浄土へと旅立つと考えられています。
そんな節目の日に、故人の成仏を祈って行われるのが四十九日の法要です。

四十九日は忌明けの区切りとも考えられており、親族だけでなく友人や知人なども集まって行われます。
嫁の祖母の四十九日であれば、参列して香典を包むケースが多いでしょう。

四十九日での香典の相場は、20代で3,000円~10,000円、30代・40代以降でで3,000円~30,000円となっています。

一周忌

嫁の祖母が亡くなって、ちょうど一年目に行われるのが一周忌の法要です。
一周忌の法要では、親族だけでなく友人や知人などを呼んで行います。
節目の法要ですから、きちんと参列して香典を包むのがマナーです。

香典の相場は、20代で3,000円~10,000円、30代・40代以降で3,000円~30,000円となっています。

三回忌

一年目に一周忌の法要を行った後は、2年目に三回忌を行います。
不思議な気はしますが、一周忌が終わった後は数え年での数え方となるため、2年目の法要が三回忌となります。

三回忌以降の法要では、友人などは呼ばず親族など身内だけで行う事も多くなります。
しかし、身内だけであっても法要を行うには経済的負担が発生するため、香典を包むのがマナーです。

嫁の祖母の三回忌の香典相場は、年代にもよりますが3,000円~30,000円が相場です。
法要では、儀式が終わった後に会食を行う事も多いです。
会食に参列する場合は、5,000円~10,000円程度を会食費用として上乗せするようにしましょう。

七回忌

七回忌は故人が亡くなって満6年の年に、冥福を祈って行う法要です。
七回忌になると親族の中でも近い関係者のみが集まり、また命日が平日の場合は近くの土日で行います。

嫁の祖母の七回忌であれば、よほどの遠方でもない限り参列するの一般的です。
香典の相場は、3,000円~30,000円程度です。

十三回忌

故人が亡くなって満12年目に行うのが十三回忌の法要です。
近年では、省略するケースも増えてきましたが、故人の冥福を祈って行われてきた法要です。

十三回忌は、基本的に近親者のみで行われますが、嫁の祖母であれば参列するケースも多いでしょう。
香典は、地域などの特性によりますが3,000円~3,0000円が相場です。
会食に参加する場合は、会食費用を上乗せするのも忘れないようにしましょう。

三十三回忌

三十三回忌の法要は、故人が亡くなって満32年目に行う法要です。
宗派や地域にもよりますが、三十三回忌の法要を弔い上げといって、最後の法要とする事も多いです。
こちらも、これまでの法要と同じく親族のみで行われる事が多いです。

香典の相場は、10,000円~30,000円です。
三十三回忌になるころには、香典を包む側の年代も上がっているはずですので、年代に応じた香典を包む様にしましょう。

五十回忌

故人が亡くなって満49年目に行う法要です。
五十回忌は地域によっては、弔い上げの法要として盛大に行われるケースも多いです。
参列する場合は、これまで同様に香典が必要です。

五十回忌ともなると孫も相応の年齢になっていますので、香典の相場としては30,000円~50,000円程度が一般的な水準です。

新盆・初盆

故人が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆と言い、親戚や身内が集まり、お坊さんを呼んで供養を行います。
地域によっては初盆とも言います。

新盆での香典は5,000円~10,000円程度です。
葬儀や法要と違って、故人との関係性や年代による違いはありません。
また、お金だけでなくお菓子などのお供え物を一緒に贈る事もあります。

夫婦連名で香典は包んでいいの?

香典を包む相手が嫁の祖母であっても、香典袋への名前は夫の名前を書きます。
香典は家単位で包むとされているものですから、家を代表して夫の名前を書くのが一般的です。
よほど夫婦ともに故人にお世話になった場合などを除き、名前は夫の名前を書きます。
ちなみに、夫婦連名であっても、一人の名前であっても香典の金額は同じです。

香典を連名で出す場合の書き方や金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

嫁の祖父・旦那の祖父母の場合に違いは?

これまで嫁の祖母への香典について説明してきましたが、嫁の祖父や旦那の祖父母の場合も同じように悩むケースも多いでしょう。
香典を包む際の相場では、血族と姻族による金額の違いはありません。

つまり、実の親と義理の親による香典の金額に違いがないように、嫁の祖父や旦那の祖父母も同じ水準になります。
嫁の祖母と嫁の祖父、旦那の祖父母は香典を包む金額は同じ水準で問題ありません。

下記の記事では、配偶者の祖父母の葬儀には参列するのかどうかについて詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

家族葬の場合は香典を包むべき?

最近では、親族や親しい身内のみで行う家族葬の形態も増えています。
一般の葬儀に比べると、身内だけですから規模も小さくなる事も多く、参列する人数も限られていることから、ゆっくりと故人とお別れをする事が出来ます。

一方で家族葬の場合、香典を包むべきかどうか悩むところです。
原則は、家族葬であっても香典は通常通り包むのがマナーです。
規模が小さくても、葬儀を催すには経済的負担がかかるのは変わりませんから、参列する場合は香典を準備しましょう。

ただ、家族葬の場合は、故人の遺志で香典を辞退するケースもあります。
香典辞退の意思表示を明確にしているにも関わらず、香典を包む事は故人の意思を尊重しない事になりますから、このような場合は香典は不要です。

嫁の祖母に包む香典の書き方

葬儀

香典袋には、書き方にもマナーがあります。
嫁の祖母の宗教・宗派を確認して、マナーを守って香典袋を書くことが大切です。
表書きや中袋の書き方などについて説明します。

表書き

香典袋の表書きは、故人の宗教や宗派によって違いがあります。
嫁の祖母の宗教が分からない場合は、嫁や家族から宗教を確認するようにしましょう。

ここでは、宗教ごとの表書きについてポイントを紹介しています。
宗教・宗派ごとの詳しい表書きの書き方について知りたい方は、下記の関連記事で詳しく紹介していますので、合わせてお読み下さい。

仏式の場合

日本で一番多く行われているのが仏式での宗教です。
仏式での葬儀の場合の香典袋には、御霊前・御香典・御香料などと書きます。

ここで気をつけたいのは、御霊前は四十九日以降からは御仏前と書きます。
仏教では、故人は四十九日で最後の裁きを受け、成仏すると考えられている為、四十九日以降は御仏前と書くのが正しいです。

浄土真宗の場合

日本での最大宗派である浄土真宗では、御霊前は使わず葬儀でも御仏前と書きます。
浄土真宗では、故人は死後すぐに成仏すると考えられているためです。

神式の場合

神式の場合は、御玉串料・御榊料と書きます。
神式の葬儀の場合で気を付けたいのは、香典袋は無地の物を使いましょう。

仏式で使う蓮の花は描かれた香典袋や、キリスト教で使う百合の花が描かれた物は使えませんので注意しましょう。

キリスト教の場合

キリスト教の葬儀ではお香は使いませんので、表書きには御霊前・献花料と書きます。
同じキリスト教でも宗派によっても違いがあり、プロテスタントでは弔慰料、カトリックでは御ミサ料と書きます。

名前

表書きの下には名前をフルネームで書きます。
香典は家から出すものです。
ですので、嫁の祖母への香典であっても代表して夫の名前を書くのが一般的です。

嫁の祖母に包む場合は、場合によっては「孫一同」として連名で出す場合もあるので、親族内でよく相談して対応するようにしましょう。

一般的には、3名までの連名で出す場合は、名前はそれぞれの名前を書き、4人以上で包む場合は「○○一同」という書き方をします。

内袋(金額・住所氏名)

香典袋には、上包みと内袋があります。
内袋にお金を入れ、お金を入れた内袋を上包みに入れます。

この際、内袋には包んだ金額と名前・住所を書いておくのがマナーです。
これは、遺族が誰からいくらもらったかを記録する時に分かりやすくするための気配りです。

ここで気を付けたいのが、金額を書く時は旧字体で書く事です。
30,000円を包んだのであれば、「金参萬円也」と書きます。
旧字体は数字の改竄を防ぐ目的があり、小切手や手形などでも使用されます。

また、お札の入れ方や袱紗(ふくさ)にも注意すべき点もあります。
詳しい内容はこちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせてお読み下さい。

注意点

香典袋は四十九日までは、薄墨を使って書くのがマナーとされています。
これには、故人を亡くした悲しみの涙によって墨が薄くなってしまったという意味が込められています。

ご自宅に薄墨のペンなどがない場合は、コンビニなどでも売っていますのでお手軽に購入する事ができます。

嫁の祖母に包む香典の包み方・渡し方

葬儀

香典を包む際はマナーを守って渡す必要があります。
香典の包み方、渡し方についてのマナーについて説明します。

包み方

香典袋は、上包みと中包み(中袋)があります。
中袋は市販されている香典袋に付属していますので、それを使用して問題ありません。

中袋にお金を入れて、上包みに入れますが、この際に水引をはずしてしまわないようにしましょう。
水引や袋に傷がついてしまうためです。
上包みの下折を引っ張って、その隙間から中袋を入れます。

詳しい香典袋の包み方については、こちらの記事で詳しく紹介をしています。
興味のある方は合わせてお読み下さい。

渡し方

香典袋は袱紗(ふくさ)に入れて持参するのがマナーです。
受付など、香典を渡す直前まで袱紗に入れておきます。

香典を渡す直前に、袱紗から出して渡します。
誤って袱紗のまま渡してしまわないように気を付けましょう。
袱紗のまま香典を渡すのは、不幸を渡す事と同じであり、マナー違反とされています。

袱紗から出した香典袋は、相手から見た正面の向きにして渡します。
この際、「ご愁傷様でした。
」などお悔みの言葉をかけるようにしましょう。

香典の渡し方やタイミングについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、興味のある方はぜひお読みください。

嫁の祖母に包む香典についてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、嫁の祖母への香典について以下の内容を中心に説明しました。

  • 嫁の祖母に対する法要ごとの香典は自身の祖母と同じ金額を包むのが一般的である。

  • 連名で香典を渡す場合は夫の名前を書く。

  • 嫁の祖母への香典袋の書き方は、宗教や宗派によって違いがある。

  • 香典袋には包み方や渡し方にも様々なマナーがある。

嫁の祖母であっても、実の祖母と同じように対応するのが原則であり、各種の法要ごとにマナーを守って香典を包みましょう。

「終活ねっと」では、他にも香典に関する記事を多数掲載しています。
興味がある方は合わせてお読みください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事