香典返しに関するマナー|相場・贈る品物・のし・時期・挨拶状

香典返しに関するマナー|相場・贈る品物・のし・時期・挨拶状

葬儀に関するマナーは数多くありますが、今回は香典返しにまつわるマナーに的を絞って一挙にご紹介します。香典返しは地域によって異なる点もあるので、その点もしっかり押さえて、香典返しの金額相場や人気の品物もあわせて解説します。

最終更新日: 2020年01月13日

香典返しにはどんなマナーがある?

葬儀

葬儀に関するマナーは数多くあります。
どのマナーも大切ですが、香典返しはお世話になった方がへのお礼の気持ちのあらわれなので、マナーを抑えて失礼がないように贈りたいものです。

今回「終活ねっと」では、香典返しのマナーについて下記の点を中心にご紹介します。

  • そもそも香典返しとは?

  • 香典返しの金額相場について

  • 香典返しに人気の品物とは?

  • 香典返しの熨斗(のし)のマナーについて

  • 香典返しを送る時期は?即日返しってなに?

  • 香典返しに添える挨拶状について

以上の内容についてご紹介します。

この記事では、香典返しのマナーをすべてご紹介します。
この記事さえ読めば、香典返しのマナーで悩むことが無いように詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典返しに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典返しの基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典返しとは?

葬儀

香典返しとは、お通夜や葬儀・告別式の香典や参列に対してのお礼として返礼品を贈ることやその品物を意味します。
もしも、葬儀後に四十九日の法要前までの法要でお供え物や香典をいただいた場合は、香典返しとして返礼品を贈ります。

また、香典返しには四十九日の法要後に法要が滞りなく済んだことをお世話になった方に報告する役割もあります。

もともとは、喪主やご遺族が返礼品を持ってお世話になった方へ直接お伺いするのが一般的でしたが、現在では香典返しを郵送するのが一般的になっています。

香典返しの金額相場

お金

香典返しを考える際に、いくらぐらいのどんな品物を贈ったらいいか悩まれるのではないでしょうか。
ここでは、香典返しの金額相場の目安をお話しします。

香典返しの金額相場は、香典の3分の1~半返しが目安と言われています。
例えば、香典が5,000円の場合の香典返しは2,500円前後となります。
もし、ご親戚から高額の香典をいただいた場合は、相互扶助の意味合いがありますので半返しにこだわらず、4分の1~3分の1の香典返しでも失礼にはなりません。

お通夜や葬儀・告別式の当日に香典返しを一律で即日返しを行った場合で、明らかにいただいた香典に対してお返しが不足した方には、忌明け後に追加で返礼品を贈るといいでしょう。
その際は、即日返しした分と忌明け後に贈る返礼品をあわせて、半返しになるようにしましょう。

下記の記事では、葬儀後の香典返しの金額について、挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説しています。
より詳しい内容の記事になっていますので、ぜひあわせてご覧ください。

香典返しに人気の品物とは?

人々

先程は香典返しの金額相場についてお話ししましたが、金額が決まったら次は贈る品物について悩まれると思います。
ここでは、香典返しに人気の品物と贈るべきではないタブーの品物をご紹介します。

贈る相手方の好みも分からないし、商品券を贈りたいけど、香典返しに商品券はどうなのだろうかと悩まれる方もいると思いますので、香典返しに贈る商品券についてもお話します。

人気の品物・タブー

香典返しに人気の品物は以下の通りです。

  • お茶・海苔・お菓子などの食べ物や飲み物

    不幸を後に残さないために消え物である食べ物・飲み物は人気です。
    どのご家庭でも消費しやすい食べ物・飲み物、日持ちがするものが望ましいでしょう。

  • 洗剤やタオルなどの日用品

    日用品はいくつあっても困らない・どのご家庭でも消費しやすいという点で人気の品物です。

  • 陶磁器や漆器

    陶磁器は土にかえるという埋葬の名残で人気の品物です。
    漆器は二度と不幸がおこらないようにという願いが込められたものになります。

  • カタログギフト

    カタログギフトは相手が好きなものを選べるという点で人気の商品です。
    また、価格帯も豊富なのでいただいた香典にあわせて選びやすいです。

人気の品物とは逆にタブーとされている商品もあります。
香典返しにタブーとされている商品は以下になります。

  • 肉や魚などの四つ足生臭いもの

    宗教や地域の風習で昔からタブーとされている品物です。
    肉や魚以外の生ものもタブーです。

  • お酒

    お酒は祝い事を連想させるのでタブーとされる品物です。

  • 鰹節・昆布

    鰹節や昆布はお祝い事に使われることが多いので避けた方が無難です。
    食べて消費できる消えものでも適さないものがありますので注意してください。

下記の記事では、香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介しています。
より詳しい内容の記事になっていますので、ぜひあわせてご覧ください。

商品券を贈るのは失礼?

相手の好みがわからないため、香典返しに商品券を贈りたいと考える方もいると思います。
香典返しに商品券を贈るのはマナー違反なのでしょうか?
結論をお話すると、香典返しに商品券を贈るのは失礼にはなりません。

しかし、香典返しに商品券を贈るのはメリット・デメリットがあります。
また、地域によってはタブーとされている場合や、受け取る方によっては不快に思う可能性がありますので、しっかりと考えてから贈るべきです。

下記の記事では、香典返しに商品券を贈るのは失礼かについて、送り方やオススメの商品券をご紹介しています。
より詳しい内容の記事になっていますので、ぜひあわせてご覧ください。

香典返しの熨斗(のし)のマナー

困った人々

香典返しの熨斗のマナーについてご紹介します。
まず、香典返しを贈る際には熨斗ではなく掛け紙をつけます。

そもそも、熨斗とはあわび熨斗を模したもので祝い事に使います。
香典返しのような弔事には、あわび熨斗のない黒白の結び切りの水引きが印刷された掛け紙をつけます。

掛け紙の表書きについては、水引き上部の中央に志と書きます。
地域によっては満中陰志と書く地域もあります。
水引き下部の中央には喪主の姓を書きます。
姓のみを〇〇と書く場合と、○○家と書く場合やフルネームで書く場合があります。

下記の記事では、香典返しの熨斗(のし)について、表書きの書き方やマナーを解説しています。
より詳しい内容の記事になっていますので、ぜひあわせてご覧ください。

香典返しを送る時期は?即日返しって?

困った人々

香典返しを送る時期は決まっているのでしょうか?
ここでは、香典の送る時期について、地域による違いをご紹介します。

香典返しを送る時期

香典返しを送る時期は、四十九日の法要後が一般的です。
香典返しには、香典や会葬のお礼の他に四十九日の法要後に法要が滞りなく済んだことの報告の役割があるので、四十九日の法要後に送る方が多いです。

地域ごとの違い

香典返しの送る時期は、四十九日の法要後が一般的ではありますが、地域ごとに違いもあります。
地域ごとの違いを北海道・東京(東日本)・大阪(西日本)でご紹介します。

地域によっては、お通夜や葬儀・告別式の当日に香典の金額に関わらず一律でお返しをする即日返しをする地域があります。

北海道

北海道では、香典返し自体があまりありません。
その代わりに、葬儀に参列いただいた返礼品として1,000円程度の品物を即日返しするのが一般的です。

東京(東日本)

東京(東日本)の香典返しの時期は、即日返しが一般的です。
お通夜や葬儀・告別式の当日に2,000円~3,000円の香典返しをします
香典が高額の場合は、後日追加で送る場合もあるようです。

大阪(西日本)

大阪(西日本)では、香典を辞退するケースも多く、香典返しをしないという場合があるようです。
一般の弔問客からの香典は辞退しても、親族からの香典は受け取るケースが多いようです。

下記の記事では、香典返しをするのに望ましい時期について、宗教・地方ごとに解説しています。
より詳しい内容の記事になっていますので、ぜひあわせてご覧ください。

香典返しに添える挨拶状とは?

葬儀

香典返しは、喪主やご遺族が返礼品を持って直接お世話になった方にお伺いするのが一般的でしたが、最近では、郵送するのが一般的になっています。
郵送する際は、お礼の気持ちを挨拶状として添えるのがマナーです。

それでは、香典返しに添える挨拶状について見ていきましょう。

香典返しを送る場合、お礼の言葉を添える

香典返しには、香典や葬儀の参列へのお礼の気持ちがあります。
直接お伺いできない場合は、お礼の言葉を挨拶状として必ず添えるようにしましょう。

香典返しに添えるお礼の文例・例文

香典返しに添える挨拶状に書くべき内容は決まっています。
挨拶状に書くべき内容は以下の通りです。

  • 香典や参列へのお礼の気持ち

  • 忌明けの法要が滞りなく終わったことの報告

  • 香典返しの品を送ったこと

  • 略儀で済ませることへのお詫び

香典返しに添えるお礼状には以上の内容を書きます。

親戚・兄弟などの身内

香典返しを送る相手が、親戚・兄弟の場合の挨拶状の例文をご紹介します。

亡〇〇(喪主との関係) ▽▽(故人の下の名前)永眠の際はご丁重なるご厚志を賜り 謹んで御礼申し上げます

葬儀の際は 取り込み中にて万事不行き届きにて申し訳なく存じております

お陰をもちまして忌明けまでを無事に済ませましたので
ここにご報告いたします

つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので
ご芳志のお礼としてお納めいただきたくお願い申し上げます

本来なら直接お会いしてお礼申し上げるべきところですが
書中をもってご挨拶にかえさせていただきます

友人・友達

香典返しを送る相手が、友人・友達の場合の挨拶状の例文をご紹介します。

亡〇〇(喪主との関係) ▽▽(故人の下の名前) 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらずご会葬を賜り

且つご丁重なる御厚志を賜り有難く厚く御礼申し上げます

お陰をもちまして忌明けまでを無事に済ませましたので
ここにご報告いたします

つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので
ご芳志のお礼としてお納めいただきたくお願い申し上げます

本来なら直接お会いしてお礼申し上げるべきところですが
書中をもってご挨拶にかえさせていただきます

会社

香典返しを送る相手が、会社の場合の挨拶状の例文をご紹介します。

時下ますます御清祥のこととお喜び申し上げます

先般 亡〇〇(喪主との関係) ▽▽(故人の下の名前) 葬儀に際しましては

ご鄭重なるご弔詞並びにご厚志を賜り 有難く厚く御礼申し上げます

お陰をもちまして忌明けまでを無事に済ませましたので
ここにご報告いたします

つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので
ご芳志のお礼としてお納めいただきたくお願い申し上げます

略儀にて失礼とは存じますが
書中をもってご挨拶申し上げます

下記の記事では、香典返しに添える挨拶状について、挨拶状の文例や注意点を解説しています。
より詳しい内容の記事になっていますので、ぜひあわせてご覧ください。

香典返しのマナーについてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、香典返しのマナーについてご紹介してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 香典返しとはお通夜や葬儀・告別式の香典や参列に対してのお礼として返礼品を贈ることやその品物を意味している。
    また、四十九日の法要後に法要が滞りなく終わったことの報告の役割がある。

  • 香典返しの金額相場は、香典の3分の1~半返しが目安と言われている。

  • 香典返しに人気の品物は、飲み物や食べ物などの後に残らない消えもの。
    また、いくつあっても困らないような日用品も人気で、最近ではカタログギフトを送る方も増えている。

  • 香典返しにタブーな品物として、肉や魚などの生ものや、お酒や昆布など祝い事に用いられる品物がある。

  • 香典返しの熨斗(のし)のマナーとして、香典返しのような弔事にはのしではなく黒白の結び切りの水引きが印刷された掛け紙をつける。
    表書きには志が一般的ですが、地域によっては満中陰志と書く。

  • 香典返しを送る時期は、四十九日の法要後が一般的ですが地域によって違いがある。

  • 香典返しに添える挨拶状とは、最近は香典返しを郵送するのが一般的なのでお礼の気持ちや略儀でのお詫びなどを挨拶状として添えるのがマナー。

以上の内容についてご紹介してきました。

香典返しに関するマナーを一挙にご紹介してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
香典返しはお世話になった方へのお礼の気持ちになりますので、特にマナーに気を付けて失礼のないようにしましょう。

「終活ねっと」では終活・葬儀に関する様々な記事を掲載しています。
以下の記事では香典辞退について解説をしていますので合わせてご活用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 香典返しに適した時期はいつ?|宗教別・即日返し・マナーのサムネイル画像
    香典返しに適した時期はいつ?|宗教別・即日返し・マナー

    お葬式では参列者から香典をいただくことが一般的です。ご遺族はそのお礼として香典返しを相手に渡しますが、送る時期に関して悩む方も多くいらっしゃると思います。この記事では、香典返しに適した時期や即日返しなどについて解説しています。ぜひお読みください。

  • 香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!のサムネイル画像
    香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!

    葬儀の香典返しに添える礼状には、文例や一定のルールがあることはご存じでしょうか?礼状の書き方は、送る相手との関係性や故人の宗教の有無などによっても異なります。今回は、葬儀の香典返しに添える礼状の文例を文章構成や注意点と併せてご紹介いたします。

  • 香典返しの熨斗(のし)の書き方は?|選び方・水引・マナーのサムネイル画像
    香典返しの熨斗(のし)の書き方は?|選び方・水引・マナー

    香典を頂いた方には香典返しをしますが、香典返しにつける熨斗(のし)はどうすればよいのでしょうか?今回は沢山ある香典返しのマナーの中で、香典返しに使うのしの書き方や選び方、包み方などについて解説していきます。

  • 香典返しに添える挨拶状・お礼状の書き方|例文・注意点のサムネイル画像
    香典返しに添える挨拶状・お礼状の書き方|例文・注意点

    香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

  • キリスト教の香典返しの作法とは?のし紙やお礼状の書き方も解説!のサムネイル画像
    キリスト教の香典返しの作法とは?のし紙やお礼状の書き方も解説!

    チャペルでの結婚式やクリスマスのイメージの強いキリスト教でももちろん葬儀はあります。そして日本のキリスト教で行う葬儀の場合、香典返しが行われる場合もあります。もしキリスト教で香典返しを行う場合、どのような作法を心がければよいのでしょうか。

  • 香典返しが不要なケース|理由・辞退方法・対応・マナーのサムネイル画像
    香典返しが不要なケース|理由・辞退方法・対応・マナー

    葬儀では参列者が香典が包み、喪主は香典返しをするのがマナーです。しかし、遺族の負担を考えて香典返しを不要とする場合もあります。今回香典返しが不要な場合について、辞退の仕方や、辞退の申し出を受けた場合の喪主の対応について説明します。

  • 葬儀後の香典返しの金額相場は?送るタイミングやお礼状の文例も解説のサムネイル画像
    葬儀後の香典返しの金額相場は?送るタイミングやお礼状の文例も解説

    葬儀後の香典返しは、生前親しかった方に故人に代わって感謝を伝えることです。そのため失礼のないようにしたいですね。今回は葬儀後の香典返しの金額相場について解説します。また、香典返しにおすすめの品物や香典返しに活用できるマナーをご紹介します。

  • 香典返しは郵送してもいい?|送り方・お礼状・書き方・マナーのサムネイル画像
    香典返しは郵送してもいい?|送り方・お礼状・書き方・マナー

    香典返しをする際に、香典返しを郵送してもいいのかどうか不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回終活ねっとでは、香典返しの郵送について詳しく解説するとともに、香典返しに添えるお礼状・挨拶状についてもご紹介いたします。

  • 葬儀での香典返しはどうする?意味や時期、品物の選び方について解説のサムネイル画像
    葬儀での香典返しはどうする?意味や時期、品物の選び方について解説

    葬儀で喪主などご遺族がするべきことはいろいろとあります。するべきことの1つとして葬儀が終了してから行う香典返しがあります。葬儀の香典返しとは一体どのように行うものなのでしょうか。今回は葬儀の香典返しについて、意味や時期、品物の選び方にも触れながら見ていきます。

  • 香典返しを当日にしてもいい?|メリット・デメリット・相場のサムネイル画像
    香典返しを当日にしてもいい?|メリット・デメリット・相場

    お通夜や告別式などの際に頂く香典。香典を頂いた際には、香典返しを送る必要があります。通常であれば後日送る香典返しを当日にしても良いのでしょうか。今回終活ねっとでは、香典返しを当日にしても良いのか解説をしていきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事