家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介

家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介

家族と近親者のみで行う家族葬を選ぶ方が増えています。家族葬ではご香典の代わりにお線香代をお渡しすることがあります。渡してもよいケースと渡してはいけないケース、金額の相場や渡し方など、お線香代についてなど、お線香代について詳しく解説いたします。

最終更新日: 2021年01月12日

家族葬の場合に用意するお線香代について

葬儀

葬儀についてのさまざまなしきたりは、終活に欠かせない知識のひとつです。
時代の変化にともなって、最近は葬儀の形も大きく変わりつつあります。
少子高齢化や核家族化のなか、近親者だけで行う家族葬に注目が集まっています。

もし身近な方が、家族葬で見送られる場合には、葬儀には参列せず後日に弔問をします。
弔問の際には、ご香典の代わりにお線香代を持参するしきたりです。

このお線香代については、わからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、次の項目にそって、家族葬の場合のお線香代について解説いたします。

  • 家族葬とは?

  • 家族葬の際に用意するお線香代とは?

  • 香典を持っていくのは失礼か?

  • 渡してはいけない場合と渡しても良い場合

  • お線香代を渡す際のマナーについて

  • 家族葬後の弔問のマナーについて

家族葬を選ぶ方は、今後ますます増える傾向にあります。
今回の記事をぜひ皆様の終活に役立てていただければと思っております。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

家族葬は、家族だけあるいは家族を中心に近しい親族だけで行う葬儀です。
家族および近親者だけで小さな規模での葬儀を行い、そのまま火葬まで済ませます。
家族葬は、近親者以外の方の参列は辞退することとなります。

また、参列者を含め香典も辞退することが多いのが家族葬です。

なお家族葬と似た言葉に密葬があります。
密葬も家族だけで火葬までを済ませますが、後日に本葬・お別れ会を開くのが原則です。
本葬とセットになっている密葬に対して、家族葬はそれだけで完結する葬儀です。

家族葬を希望する方が増えるにつれて、各葬儀社では家族葬のプランを用意するようになっています。

以下の記事では家族葬の費用に関する情報をたくさん掲載しております。
あわせてご覧ください。

家族葬の際に用意するお線香代って?

葬儀

通常の葬儀では、参列の際に必ずご香典を持参するしきたりです。
しかし、家族葬の案内ではほとんどの場合、喪主の方から「ご香典は辞退します」という旨の連絡があります。

その時にご香典の代わりとなるのがお線香代です。
お線香代は、ご香典と比べてまだ聞き慣れない言葉かもしれません。
ここではお線香代について、詳しく説明していきます。

香典を持っていくのは失礼に当たる?

近しい親族または友人として家族葬の案内を受けた場合、香典は持って行く方がよいのでしょうか。

もし家族葬の案内に「ご香典は辞退します」と書かれている場合、香典を持参するのはマナー違反となります。
ご香典を辞退する目的は、ご香典を受け取る受付での事務作業や香典返しの準備といった遺族の方の負担を避けるためです。

また、家族葬は身内にあたる近親者だけが参列するので、儀礼的な形のご香典は辞退するという意味もあります。

辞退しているにもかかわらず、ご香典を持参するのはやはり失礼にあたります。
ご香典辞退の家族葬に参列する際は、ご香典を持って行く必要はありません。

お線香代とは

そこで、参列者の立場として用意するのがお線香代です。
お線香代は、亡くなった方への生前の感謝とお悔やみの気持ちを込めてお渡しします。
家族葬におけるお線香代とは、香典の代わりになります。

なお、家族葬でのお線香代は、5000円程度が相場となっています。

ここで気を付けておきたいのが、お線香代を受け取るご遺族の方の気持ちについてです。
お線香代は名前のとおりお供えするお線香のお代として包むものですが、受け取ったご遺族の方にとってはご香典を受け取ったのと同じ認識になりがちです。

もし喪主の方が、お線香代のお返しをしなければと思った場合は、新たな負担となってしまいます。
お線香代を渡す際は、こういったご遺族の気持ちにについても配慮が必要です。

渡してはいけない場合

お線香代が遺族の負担になってしまうことから、家族葬に参列する場合、原則的にはお線香代は渡さない方が良いということになります。

特に、「ご香典を辞退します」という案内を受け取っている場合、注意が必要です。
ご遺族から辞退の意思を明示されているときは、家族葬への参列をするしないにかかわらず、ご香典・お線香代のいずれも渡してはいけません。

渡しても良い場合

家族葬を行う場合、お通夜と葬儀の案内を広い範囲の方に知らせることはあまりありません。
したがって、日にちがたってから初めて訃報を知るケースも考えられます。

その場合、訃報を受け取った側としては、すでに家族葬の形での葬儀は済んでいても、何らかの形で弔意を示したいものです。
特に、生前の故人にお世話になった場合や特に親しくしていた場合などは、突然のご不幸を弔い、哀悼の気持ちを表わすのが自然な気持ちです。

そうした場合は、ご自宅に弔問に伺います。
ご自宅への弔問の際にはお線香代を持参するようにします。

お線香代を渡す際のマナー

葬儀

お線香代を渡す際のマナーがいくつかあります。
ご香典のしきたりと違って、お線香代のこまごまとしたしきたりは意外と知らないものです。
ここでは大切な3つのマナーをご説明していきます。

封筒について

お線香代は白い無地の封筒に入れてお渡しします。

ご香典の袋は、御霊前・御仏前・御香典といった文字が印刷されたものが市販されていますが、お線香代は表書きが印刷された袋はほとんどありません。
また、お線香代の袋には水引を付けずに、さりげない状態でお渡しするのがふさわしいと言えます。

これは、遺族にお返しをしなければという気持ちを持たせないための配慮です。
こういった理由から、お線香代を入れる袋は質素な白無地の封筒を使うのがマナーです。

表書きの書き方

白無地の封筒を用意したら、筆で表書きをします。

表書きには様々な書き方があり、御香料、御線香料、御供料などと書き入れます。
お供えのお花にお使いくださいという意味で、「御花代」と書くこともできます。

表書きの下段には、ご自分の名前をフルネームで書き入れます。
会社などの複数名でお線香代を渡す場合は、会社名・サークル名を書いて、ご遺族の方に故人との関係をわかるようにしましょう。

表書きは心を込めて筆で書き入れるのがマナーです。

お線香代の渡し方

お線香代は、故人の自宅に弔問に訪れた際に、ご遺族の方にお渡しします。
その時、持参した封筒はご遺族の方に直接手渡すのではなく、お仏壇または祭壇にお供えして渡すのがマナーです。
お仏壇・祭壇の真ん中を避けて、お線香代の封筒をお供え台の左側の隅の方に置くと良いでしょう。

「終活ねっと」では、家族葬についてさらに詳しい解説を掲載しています。
近年増えている家族葬について、ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

家族葬後の弔問のマナー

葬儀

家族葬は、故人の意思・生前の希望に沿う形で行われる場合がほとんどです。
家族葬に参列できるのは、原則としてご家族と近しい親族の方に限ります。

家族葬を行った場合、お悔やみの気持ちを伝えたい家族と近親者以外のかたは、後日あらためて弔問にうかがうことになります。
ここではご自宅に弔問するときのマナーについて、主なものを見ていきましょう。

必ず事前に確認を取る

ご自宅への弔問は短時間で済ませるのがマナーです。
しかし、短い時間にお悔やみの気持ちを述べるだけだからといって、突然に訪問することは迷惑がかかります。

家族葬の後にご自宅に弔問する際は、必ず前もってご遺族の方に連絡をして、訪問してもよい日時を調整しなければなりません。
事前の確認は電話がおすすめです。
電話では喪主の方に弔問させていただきたい意思を伝えて、無理のない日時を調整しましょう。

弔問してもいい時期

ご自宅への弔問は、家族葬を終えた後に行うのが一般的です。
小規模で行う家族葬ですが、ご遺族にとっては精神的にも体力的にも負担となります。
弔問は家族葬の直後を避けて行うようにします。

適切な時期としては、家族葬を終えて5日程度過ぎてから四十九日の間までに、弔問を行うのがマナーです。

小規模の家族葬をした場合でも、初七日と四十九日の法要は行うことがほとんどです。
ご自宅への弔問は、初七日と四十九日の法要当日を避けて行うようにしましょう。

なお、家族を行う前に訃報を知った場合でも、葬儀の前の弔問は避けるのがマナーです。
葬儀の準備で慌ただしい中、弔問に訪れるのは非常識とされますので気をつけましょう。

服装

ご自宅への弔問では、お仏壇・祭壇にお線香をあげて、ご遺族にお悔やみの気持ちを伝えます。
喪服で弔問をしても問題はありませんが、弔問の際に喪服を着なければならない決まりはありません。
派手な服装を避けて、地味な平服を着て弔問をするようにします。

具体的には、男性の場合はスーツ・地味な色のジャケット、女性の場合は華美な服装を避けて、黒・紺・グレーなどのワンピースやアンサンブルなどがふさわしいでしょう。

なお「終活ねっと」では、家族葬の後にご自宅への弔問を行う場合について、さらに詳しい記事を掲載しています。
弔問のマナーの詳細について、ぜひそちらの記事もご参照ください。

家族葬の際に渡すお線香代についてまとめ

葬儀

家族葬の場合のお線香代について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 家族葬とは、家族および近親者だけで火葬まで済ませる、小さな規模での葬儀である。

  • 家族葬での香典・お線香代は、亡くなった方への生前の感謝とお悔やみの気持ちを込めてご遺族の方に渡す。
    喪主の方から香典を辞退する連絡があった場合は渡さない。

  • 家族葬を終えた後日に自宅に弔問してお線香代を渡す方法があり、お線香代は5000円が相場である。

  • 白無地の封筒を使い、「御香料」「御線香料」または「御供料」のいずれかを表書きをする、また表書きの下段にはフルネームを書き入れる。

  • お線香代は手渡しを避けて、お仏壇・祭壇のお供え台の左隅に置く。

  • 弔問の前には必ず連絡を入れ、服装は地味な平服で訪問する。

  • 弔問は葬儀後約5日過ぎてから四十九日の間までが適している。

家族葬の際のお線香代は、通常の葬儀でのご香典にあたる大切な風習です。
お線香代に関するマナーを守ることで、故人へのお悔やみとご供養の気持ちをご遺族の方々に伝えることができます。

今回の記事をぜひ皆様の終活にお役立ていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では家族葬に関する記事を他にも多数掲載しております。
ぜひそちらも合わせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事