家族葬のお布施費用の相場とは?渡し方・表書きのマナーも解説

家族葬のお布施費用の相場とは?渡し方・表書きのマナーも解説

親しい家族や友人のみで故人を見送り、葬儀費用を抑えることができるとして家族葬を選ぶ人が増えています。葬儀費用は家族葬より安いけれど、お布施の費用も一般葬と比べて違うのでしょうか?本記事では家族葬のお布施について一般葬と比較し、渡し方やマナーとともに解説します。

最終更新日: 2020年02月10日

家族葬のお布施費用はどのくらい?

葬儀

身近な人たちだけで故人を見送る方法として選ばれている家族葬ですが、一般葬と比較した場合の家族葬のお布施について聞かれて答えられる方はあまり多くありません。

そもそもお布施とは謝礼として差し上げるものであり、対価にあたるような料金とは違うため人や地域によって大きく差が出ます。
しかし葬儀について考える際、お布施もかなりの金額となるため平均額は知っておきたい部分です。

今回の「終活ねっと」では、家族葬のお布施費用について

  • お布施とはなにか、利用料金との違い

  • 家族葬のお布施の平均金額

  • お布施の金額の内訳とは

  • 家族葬のお布施に関するマナーや常識

  • 家族葬のお布施の費用に関するまとめ

以上の部分に焦点を当てて解説していきたいと思います。

家族葬にてお布施を準備する場合に限らず、一般葬のお布施を準備する際にも役立つ情報をまとめましたので、是非最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは

葬儀

家族葬とは、故人との最後の日となる葬儀をより大切にする葬儀方法です。
故人と親しかった友人や身内のみで静かに見送るため、落ち着いた空気感となります。

葬儀や告別式の内容は一般葬と変わりませんが葬儀場の規模や参列する人数などに違いがあり、一般葬よりも葬儀費用が安く済むというメリットがあります。

家族葬と一般葬の違いとして挙げられるのが弔問の仕方です。
一般葬と違い家族葬では親族が弔問をするのが基本的であるため、友人として参列する場合には注意が必要です。

「終活ねっと」では、家族葬の弔問に関する記事もまとめておりますので詳しくは是非こちらからご覧ください。

家族葬のお布施とは

葬儀

家族葬の場合に必要なお布施は読経の回数によって大きく変わります。
一般葬の場合も回数によって変わりますが、家族葬の場合は回数を自由に決めることが可能です。

そのため、葬儀費用にあまり余裕がないという場合には読経回数を減らすことで費用を抑えることができます。
後悔のない葬儀がしたい場合などには、6回の読経すべてを行うと良いでしょう。

それでは、家族葬のお布施と一般葬のお布施の違いはあるのでしょうか?

お布施の意味とは

そもそもお布施とは僧侶に読経や戒名などをいただいた謝礼、もしくは本尊にお供えするものとしてお渡しするものであり、葬儀費用などの料金とは意味が全く違っています。

読経料・戒名料などという表現は対価というような意味合いとなってしまうため適切ではありません。

基本的に一般葬と同じ

家族葬のお布施費用についてですが、一般葬と比べて大きな違いはなく、家族葬は読経回数を調節できるという部分のみの違いとなっています。

一般葬の場合も家族葬の場合も、読経のたびにお布施はお渡しするものであり、1回ごとの金額にも大きな違いはありませんでした。

よって、本記事で今後解説していく内容は一般葬の場合でも役立つ情報となっていますので、家族葬以外を検討中の方も是非参考にしてみてください。

家族葬のお布施の金額相場

お金

お布施の金額については過去にとある葬儀社がお布施の価格を記載した価格表を公表し、仏教関係者から異議を唱えられたという問題がありました。
このように、気持ちとして包むものであるお布施の金額を明確にするのはやはり気持ちがこもっていないと思われる方もいるようです。

しかし平均的な金額や、失礼に当たらない金額を知りたいというのもまた本音ですよね。
明確な金額については心つけなどで違いが出てしまいますが、家族葬のお布施の平均金額をまとめてみました。

家族葬のお布施の平均金額

調べてみたところ、お布施の平均費用は29~60万円と大きくばらつきが出ました。
このほか、自宅やお寺などに出向いていただいた場合にはお車代などもお布施としてお渡しします。

家族葬の場合、一般葬と違って読経回数の調節が可能ですのでばらつきが生じやすいようです。

お布施の金額は地域による

平均金額にばらつきが出たため、お布施の地域ごとの平均金額を表にまとめてみました。
お布施の金額は地域や宗派、読経回数により大きく変化するので平均費用とは誤差が生じる場合がありますが参考までにどうぞ。

地域 平均金額
北海道 33万円前後
東北地方 60万円前後
関東地方 52万円前後
中部地方 53万円前後
近畿地方 46万円前後
中国地方 42万円前後
四国地方 39万円前後
九州地方 29万円前後

こちらの表を見てみると東北地方が一番平均額が高く、九州地方が一番安いという結果になりました。
いわゆる戒名料の基準は各宗教によって異なるため、宗派が固まっている地域によって差がついているのかもしれません。

戒名料は葬儀時のお布施に既に含まれている場合もありますし、別に戒名料として渡す場合があるため注意するべきポイントです。

故人が生前に戒名を付けていただいている場合は戒名をいただいた時点でお布施をお渡ししていますので、葬儀時に戒名料が必要ない場合もあります。

家族葬のお布施費用の内訳

平均額が大きくばらつくお布施ですが、明確な内訳や費用の詳細も知っておきたいところです。
そこで、お布施の合計金額を仮に40万円とした場合の内訳を考えてみましょう。

内訳 平均額
読経 15~30万円
戒名 10万円~
お車代 5千~1万円
御膳代 5千~2万円

このようにお布施のほとんどの部分を読経への謝礼が占めています。
戒名に対しての謝礼は付けていただく戒名のランクにより変わるため注意が必要です。

お車代とは僧侶に葬儀場または自宅まで来ていただくための交通費ですので実際にかかるであろう金額を想定しておきましょう。

御膳代は僧侶がお食事を断った場合にお渡しするものです。
通夜の時など僧侶も食事をご一緒する場合もありますが、基本的にあまりお食事に参加される方はいらっしゃらないようです。

戒名を付けていただく場合の謝礼は最初の一度のみですが、読経は回数が多いため金額の割合も大きくなるということがわかりました。
家族葬の場合は回数を減らすなどして出費を抑えることが可能です。

家族葬のお布施を渡す際のマナー

困った人々

お布施の意味や平均額はわかったものの、渡すタイミングや書き方が分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
以下でお布施のマナーについて解説致しますので、いざというときに困ってしまわないようにしっかりと覚えておきましょう。

お布施を渡すタイミング

お布施を渡す場合は僧侶に直接お渡しするのが一般的なマナーとなっています。
葬儀費用と違い、繰り上げ法要の前後などにお渡ししましょう。

当日に接客などで席を離れることが出来ずお渡しできなかった場合には次の日にお寺に出向いてお渡しする場合もあります。
ルールになるような決まりは存在しないため、都合の良いタイミングを選ぶのが良いでしょう。

お布施のマナー

お布施の金額やタイミングについてはご理解いただけたでしょうか?
続いては表書きの書き方や渡し方について解説していきます。

表書きの書き方

一般的な法事で使用する場合、コンビニや書店などに売られている御布施と印刷された封筒でも構いません。

しかし手書き、手包みする場合には注意が必要で、袱紗を使用するか半紙・奉書で包むのが適切です。
封筒の上部に御布施・御膳代・御車代の中から適切なものを選び、記してください。

表書きが終わった後は、封筒下部にフルネーム、裏面下部に住所・電話番号・金額を任意で書きます。
金額を記入する際には必ず漢数字で書いてください。

強制ではありませんが記入しているほうが親切であるため、なるべく書くようにしましょう。

お布施の渡し方

お布施をお渡しする際、複数のお坊さんに来ていただいた場合は一番地位の高い方にお渡しするのが適切です。

直接手渡すのではなく切手盆などに乗せてお渡ししてください。
半紙・袱紗でお渡しする場合にはお盆を使う必要はなく、袱紗を外して広げた袱紗の上にお布施を置き、半紙の状態でお渡しします。

タイミングに決まりなどはないため法事前や翌日などでもかまいませんが、一般的には法事の最後にお渡しするのが主流です。

家族葬における香典の表書きについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬のお布施費用に関するまとめ

お金

いかがでしたか?
今回、「終活ねっと」では家族葬のお布施の費用について以下の通り解説させていただきました。

  • 家族葬と一般葬でお布施の平均額に違いはなく、読経回数を減らすことが出来る家族葬の方が総費用が安く済む場合がある。

  • お布施の平均金額は29~60万円と大きくバラつきがあり、地域によって違いが大きい。

  • お布施費用の内訳は読経・戒名・御膳代・御車代となるが大部分は読経していただいた謝礼である。

  • お布施をお渡しする場合には市販の御布施封筒もしくは袱紗や半紙、奉書などに入れてお渡しする。

  • 御布施は僧侶に直接手渡しするのではなくお盆に乗せるか袱紗に広げてお渡しする。

家族葬のお布施のマナーは基本的には一般葬と変わりはなく、費用にばらつきがでるということがお分りいただけたかと思います。
ここで紹介したお布施に関するマナーは家族葬だけでなく、一般的な葬儀の常識としても通用します。

今更人に聞くのが恥ずかしいお布施に関する費用やルールですが、いざという場面で困ることがないようにするため、前もって調べておくことが大事です。

この他にも「終活ねっと」では、お布施や葬儀に関する内容をまだまだ解説していますので他の記事もぜひとあわせてご覧ください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

家族葬の費用については以下の記事で解説しております。
ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事