家族葬に嫁の親は参列する?香典相場や服装マナー、弔問について解説

最近、家族葬を行う方が増えてきています。家族葬は身内だけで行うことが多いですが、家族葬に嫁の親は参列をするのでしょうか?今回は家族葬の際に嫁の親は参列するのか、香典の相場や服装のマナー、弔問に関してもあわせて紹介していきます。

目次

  1. 家族葬に嫁の親は参列するのか?
  2. 家族葬とは
  3. 家族葬に嫁の親は参列するべき?
  4. 家族葬参列のマナー
  5. 家族葬に嫁の親は参列するのかまとめ

家族葬に嫁の親は参列するのか?

葬儀

近年、家族葬で故人を見送る方が増えてきています。
家族葬は、故人と親しい方だけで行うことが一般的ですが、家族葬の際に嫁の親は参列するものなのでしょうか?

今回終活ねっとでは、嫁の親も参列をすべきなのかを中心に、服装や持ち物のマナーなどについても以下のポイントで解説をしていきます。

  • 家族葬ってそもそもなに?
  • 家族葬にはどれくらいの範囲の人が参列するの?
  • 家族葬に嫁の親は参列をするの?
  • 嫁の親が参列をする場合、香典は持っていくの?
  • 嫁の親の場合、香典の相場はいくらくらいなの?
  • 家族葬の際の服装や持ち物のマナーとは?
  • 家族葬に嫁の親は参加するのかに関するまとめ

家族葬はまだあまり浸透しておらず、明確なルールがないので迷われる方も多いと思います。
ここでは家族葬の参列判断以外にも家族葬についての基本的な情報も紹介しています。

家族葬に嫁の親は参加していいのかについてお悩みの方はもちろん、家族葬について知りたい方もぜひ最後までお読みいただき、ご参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とは

葬儀

家族葬と一般葬の違いは何でしょうか?

一般的な葬儀だと、故人の身内の方だけではなく、友人や知人、会社の方も参列されます。
しかし、家族葬の場合は一般葬と違い、故人との縁の深い近親者のみで執り行います。

ここでは、家族葬が選ばれる理由や家族葬の参列の範囲について紹介していきます。

家族葬が選ばれる理由

一般葬でなく家族葬が選ばれる理由として、故人が生前に家族葬を希望しているからという場合があります。
しかし、家族葬が選ばれる多くの理由は、葬儀費用が抑えられるからである場合が多いです。

葬儀には、以下の3点で費用が発生します。

  • 葬儀一式にかかる費用

    葬儀の際の祭壇や棺、葬儀場の設備などにかかる費用です。

  • 飲食接待にかかる費用

    通夜・告別式などでの飲食接待にかかる費用です。

  • 寺院関連にかかる費用

    読経や戒名などにかかる費用です。

家族葬では一般葬に比べ参列者の人数が少ないです。
そのため、葬儀の式場の費用や飲食接待にかかる費用を抑えることが出来ます。

葬儀の費用については以下の記事で詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

家族葬の参列の範囲は?

家族葬の参列の範囲は、規模によって異なります。
一般的には10人~30人程度の人数が参列をされます。

参列の範囲は故人の三親等の親族までを呼ぶ事が多いです。
家族葬の参列人数に明確な決まりはないので、親しかった友人を呼ぶなど故人や遺族の希望する人数や会場の規模などにより自由に変動させる事が可能です。

後のトラブルを避けるためには、参列者の範囲をあらかじめしっかりと決め、連絡をする事が大切になります。

家族葬に嫁の親は参列するべき?

困った人々

家族葬の場合は、故人と親しい間柄であっても、どこまでの人が参列すべきかを判断するのは難しいですよね。
嫁の親という立場であると、故人とはある程度の付き合いがある場合も多いですが、血のつながりはないため、参列すべきなのか判断しづらいかと思います。

では、そもそも家族葬の場合、参列者を決める判断はどのようにされているのでしょうか?

ここでは家族葬に嫁の親は参列するべきなのか、参列する際の香典や、弔問する際に気を付けるべきことについて解説していきます。

喪主の判断により異なる

家族葬に嫁の親が参列すべきかどうかというのは、実は、はっきりとこうすべきだということは決まっていません。

家族葬は、故人と縁の深い間柄の方で執り行うことは上記で説明してきました。

ただ、家族葬の場合、どこまでの人が参列するかの範囲は喪主の判断によって異なるのです。
喪主が故人との縁の深い人や親族のみで執り行うことを希望する場合や、葬儀の規模によっても異なります。
また、故人が生前に、家族葬での参列者について意向を示している場合にも異なってきます。

そのため、基本的に、喪主から参列を希望する旨の連絡を受けた場合にのみ参列をしましょう。
葬儀に招待されなかったり辞退をしてほしい旨の知らせがあった場合は、参列は控えるのが無難です。
もし、参列について案内がない場合は確認をとるのもいいかもしれません。

参列する場合の香典は?

参列する場合の香典の金額は、地域や風習、宗派によって異なります。

一般的には、香典の金額は3万円~5万円が相場とされています。

ただし、家族葬の場合はご遺族が香典を辞退する場合が多いです。
万一、香典について、事前に辞退の連絡がきていない場合は、準備して持って行っておくのが無難です。

参列しない場合は後日弔問する

参列をしなかった場合は、後日弔問をします。
ただし、弔問をお断りされる場合もありますので、弔問する場合はご遺族に事前に確認をしましょう
また、次の点についても気を付けておきましょう。

  • 弔問をする場合、葬儀が終わって数日後から49日以内に行うのが無難

    葬儀直後はご遺族は手続きなどで忙しい場合があります。
    また、故人が亡くなったことについて、心の整理をするために時間が必要な場合が多いです。
    葬儀後すぐに弔問をするのは避けましょう。

  • 弔問をする日にちや時間帯の確認

    日にちや時間帯を相談しておかなければご迷惑となる場合があります。

  • 香典や供物

    家族葬の場合、香典や供物を辞退される場合が多いです。
    弔問する旨を連絡した際に、ご遺族が特に香典や供物について辞退する意向を伝えられなかった場合は、準備しておくのが無難です。

  • 供物を渡す場合は形に残らないものを選ぶ

    お供え物ですので、お菓子や線香などの、使用してなくなるものを選びましょう。

また、その他にも家族葬の参列判断についてに記事も掲載しております。
ぜひこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

自分はその家族葬にお参りすべき?参列判断の仕方や参列マナーを解説

葬儀の際、家族葬を選ばれる方が増えています。家族葬には一般葬にないマナーがあると言いますが、知人の葬儀が家族葬だと知った時にはお参りしても良いのでしょうか。この記事では家族葬にお参りするべきかどうか、参列判断の仕方や参列マナーを解説していきます。

家族葬参列のマナー

葬儀

身内だけで行う家族葬であっても、故人を見送る大切な儀式ですので、参列のマナーはあります。
ここでは、参列する際の服装や持ち物、マナーについて解説していきます。

服装

服装は宗派によって違いがありますが、家族葬の場合、準喪服で参列するのが一般的です。

男性の場合は下記の服装が一般的です。

  • シングルかダブルのブラックスーツ
  • ベストを着用する場合も黒色のものを選ぶ
  • ワイシャツは白で無地のものを選ぶ
  • ネクタイは黒で無地のものや織り柄のものを選び、ネクタイピンは着用しない

女性の場合は下記の服装が一般的です。

  • 基本的に黒のアンサンブルやワンピース、スーツを選ぶ
  • 女性は白シャツではなく黒シャツを着用する
  • 光沢のある生地や透けている生地は避ける
  • スカートはひざが隠れるくらいの長さのものを選ぶ

なお、男女ともに靴や靴下、ストッキングは光沢のない、無地で黒のものを着用します。

持ち物

持ち物に関しても、服装と同様に光沢のない無地で黒色のものを選びましょう。

  • バッグ

    派手な飾りがついているものは避けましょう。
    一般的には小さい布製のものを持ちますが、家族葬の場合は革製のものでも基本は良いとされています。

  • ハンカチ

    色物や柄物はさけましょう。
    白無地や黒いものを選ぶのが無難です。

  • アクセサリー類

    基本的には結婚指輪のみ着用します。
    ネックレスなどを付ける場合はパールのものや光沢のないものにしましょう。

  • 香典

    家族葬の場合、香典を辞退されることが多いです。

  • 袱紗

    弔辞の場合の袱紗は、無地で寒色系の物を使用します。

  • 数珠

    数珠は仏式の葬儀でひとりひとつ必ず必要になります。

また、以下の記事では家族葬におけるルールについて解説しています。
喪主側、参列者側と立場を分けて家族葬のルールについて説明しておりますのでぜひこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説します

最近は、家族葬を選ぶ方が増えています。葬儀の内容を比較的自由に決めることができるメリットがある家族葬ですが、家族葬ならではのルールもあります。今回は、家族葬におけるルールについて、喪主側と参列者側に分けて徹底解説します。

家族葬に嫁の親は参列するのかまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、家族葬の際に嫁の親は参列するのかについて、以下のことを解説してきました。

  • 家族葬とは、故人と縁の深い近親者のみで行う葬儀である。
  • 一般的に家族葬に参列する人数は10人~30人程度である。
  • 家族葬に嫁の親が参列するかどうかは、喪主の判断によって異なる。
  • 参列する場合香典は用意するが、一般的に家族葬だと、ご遺族が香典を辞退することが多い。
  • 嫁の親の場合、香典の相場は3万円~5万円が相場である。
  • 参列しない場合、後日弔問をするが、弔問についてはご遺族に相談の上で行う。
  • 葬儀に参列する際は準喪服で参列する。
  • 服装や持ち物は光沢のないものを選び基本的に黒色無地のものが良い。

家族葬は、身内であってもどのくらいの関係性の方が参列していいのか判断が難しいものです。
嫁の親が参列をするかどうかは、喪主の判断によるため、家族葬を行うことが決まったら、早めに確認をとっておくほうがいいのかもしれませんね。

家族葬は高齢化が進む今後ますます需要が高まると言えます。
急な葬儀に備えて事前に知識を得ることは大切です。

終活ねっとでは、ほかにも家族葬に関して役に立つ記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以下の記事では友達の家族葬に参列できるかについて紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

友達が亡くなった際の家族葬には参列できる?判断方法や対応をご紹介

友達の葬儀には参列するという方がほとんどだと思いますが、その葬儀が家族葬で行われた場合は参列できるのでしょうか?連絡が来た際にどのように判断すべきなのでしょうか。今回は、友達が亡くなった際の家族葬には参列できるのか、判断方法や対応をご紹介していきます。

シェアする

「家族葬・嫁の親」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・嫁の親」についてさらに知りたい方へ

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介のサムネイル画像

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説のサムネイル画像

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

義父の家族葬には参列するべき?香典や供花についても解説!のサムネイル画像

義父の家族葬には参列するべき?香典や供花についても解説!

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介のサムネイル画像

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説しますのサムネイル画像

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説します

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・嫁の親」についてさらに知りたい方へ

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介のサムネイル画像

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説のサムネイル画像

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと