無宗派の家族葬をするのは可能?葬儀の流れ・内容や費用を紹介します

無宗派の家族葬をするのは可能?葬儀の流れ・内容や費用を紹介します

近年では無宗派の葬儀を行う人が増えています。また、費用を抑えるために葬儀を家族だけで行う家族葬をする人も増えています。では、無宗派の家族葬をすることは可能なのでしょうか?今回はその疑問に加え、実際にかかる費用や流れについても解説します。

2020-02-16

無宗派での家族葬について

葬儀

仏式の葬儀は広く行われていますが、一方で無宗派の葬儀も増えています。
無宗派の葬儀には仏式の葬儀にはないメリットがたくさんあるのです。
また、葬儀には身内だけで葬儀を行う家族葬という形態もありますが、無宗派の家族葬を行うことは可能なのかと疑問に思う方もいると思います。

そこで今回終活ねっとでは、無宗派の家族葬をするのは可能かどうかということに加え、実際の葬儀の流れ・内容や費用に触れながら、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 無宗派の葬儀とはどのような葬儀?

  • 無宗派で家族葬をすることは可能?

  • 無宗派の葬儀を行うメリットとデメリットは?

  • 無宗派の葬儀にかかる費用はいくらくらい?

  • 葬儀後の法要などはどうすればいい?

無宗派での家族葬をお考えの方の参考になれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

無宗派で家族葬をすることは可能?

困った人々

まずは無宗派の葬儀が一体どのようなものなのかについて簡単に説明した上で、無宗派で家族葬を行うことは可能なのかどうかを解説します。
近年は無宗派の葬儀も人気が出てきているので、無宗派の葬儀について簡単に理解しておくといいでしょう。

無宗派の葬儀とは?

無宗派の葬儀とは、その名の通り特定の宗派の葬儀のように作法や流れが決まっておらず、自分たちで自由に葬儀の流れを決めることができる葬儀です。
仏教では読経をしたりお焼香をしたりしますが、無宗教の葬儀にはそのような作法はありません。

もちろん、自分たちでやりたい演出があればそれを葬儀に取り入れることもできます。
特定の宗派に属しているとできないような演出を葬儀で行うこともできます。
自分たちだけでなく、外部の業者に依頼して演出してほしいことがあれば、外部業者に依頼して葬儀で実際にやってもらうことも可能です。
このように、ご遺族などが希望するかたちで葬儀の流れを決定できるのが無宗派の葬儀です。

無宗派の家族葬も可能

無宗派でも家族葬を行うことは可能です。
家族葬では10人~20人程度の小規模で行う葬儀で、ご家族やご親族の方のみで行われる葬儀です。
ご家族が希望すれば、親しかった友人などを葬儀に呼ぶことも可能です。

また、無宗派の葬儀では流れを自由に決めることができると説明しましたが、家族葬のような小規模の葬儀だと周りの人に流れを理解してもらいやすかったり、より流れを細かく説明できます。

また、その規模の小ささから葬儀の費用を通常よりも抑えることもできます
無宗派でも家族葬は可能な上、家族葬ならではのメリットもあるのです。

無宗派の家族葬の流れ

実際に無宗派の家族葬を行う場合の流れについて解説します。
以下の流れは無宗派ではある程度決まりきった流れになっていますが、途中で自分たちの希望する演出を入れることも可能なので、あくまで参考程度にご覧下さい。

  • 開式の辞

    司会者が開式の辞を読み上げ、無宗教の家族葬が始まります。
    開式の際に故人の好きな音楽を流したりすることもできます。

  • 黙祷

    仏式の葬儀では読経を行いますが、無宗派ではそのような作法がないため、代わりに黙祷を捧げます。
    無宗派の葬儀で行われる黙祷は、仏式の葬儀の読経と同じような意味があり、大切な作法です。

  • 弔電の紹介

    ご親族等から送られた弔電をいくつか紹介します。
    たいていの場合は3個程度読み上げられ、他は省略されます。

  • 献花

    故人の棺の中にお花を添えます。
    添えるお花の色や種類も自由に選択することができるほか、故人が好きだったお茶菓子などを一緒に添えることもできます。

  • お別れ

    喪主やご遺族からの簡単な挨拶が行われます。

  • 閉会の辞

    司会者が閉会の辞を読み上げ、葬儀が終了となります。

  • 出棺

    故人の棺が霊柩車に乗せられ、火葬場に向かいます。
    火葬後には会食が行われることもあります。

無宗派の家族葬で行う内容の例

無宗派の家族葬で行うことができる演出の例を挙げていきます。
無宗派でご遺族のご意向としてよく行われる演出は、献奏と呼ばれるものです。
故人との思い出や生前の姿をビデオなどを放映し、同時に音楽を流すという演出です。
音楽は映像の中にBGMとして入れることができるほか、生演奏という形で行うことも可能です。

また、読経は通常の無宗派の葬儀にはありませんが、僧侶に頼んで読経を行ってもらうことも可能です。
ただし、その場合は別途お布施代などが必要になります。

無宗派の家族葬のメリット・デメリット

葬儀

一見メリットがたくさんあるように見える無宗派の家族葬ですが、もちろんデメリットもあります。
デメリットを理解せずに無宗派の家族葬を行ってしまうと、トラブルになりかねないので、事前に理解しておきましょう。
ここからは、無宗派の家族葬のメリット・デメリットについて解説します。

無宗派の家族葬のメリット

無宗派の家族葬のメリットは以下のとおりです。

  • 故人・遺族の希望のスタイルで葬儀ができる

    特定の宗派に属していると流れや作法が決まっていますが、無宗派の葬儀ならご遺族の希望する形で葬儀を行うことができます。
    前述の通り、ご遺族などが考える最高の形で故人を送ることができるので、葬儀に取り入れたい演出を比較的容易に実現することができます。

    また、生前故人からの希望があれば、その方法で葬儀を行うこともできます。
    自由度がかなり高いという点が無宗派の葬儀の最大のメリットと言えるでしょう。

  • 宗教者へのお礼のお金が不必要なため、費用を抑えられる

    仏式の葬儀では僧侶にお布施を払ったり、戒名料を払う必要がありますが、無宗派の葬儀ではそういったことがないため、費用を抑えやすいというメリットがあります。
    葬儀後に行う法要もないため、ここでも費用が抑えられます。
    仏式の葬儀と比べると、費用はかなり抑えられると言うことができるでしょう。

無宗派の家族葬のデメリット

逆にデメリットもいくつかあります。
無宗派の家族葬のデメリットは以下のとおりです。

  • 菩提寺がある場合は相談が必要

    葬儀後はどのお墓に決めるかを決めますが、無宗派の葬儀を行ってしまった場合、その菩提寺のお墓に入れなくなってしまう可能性があります。
    菩提寺側としては葬儀に呼ばれなかったのにお墓にだけ入るとあると納得できないといったことになってしまい、宗派の関係上先祖代々のお墓にはいれなくなってしまう可能性があります。
    同じく、その後の法要も行ってもらえないこともあります。

  • 周囲の方の理解を得られにくい

    家族葬というのは比較的新しい葬儀形式なので、周囲の人の理解を得にくいというデメリットがあります。
    周囲の人からしても今までとは全く違う形式で葬儀を行うよりも、慣れている仏式などのやり方で葬儀を行いたいという気持ちがある人もいます。
    この点については周囲の人とよく相談する必要があるでしょう。

家族葬に反対された時については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

無宗派の家族葬にかかる費用

お金

無宗派の家族葬にかかる費用について解説します。
無宗派の家族葬の葬儀は、葬儀に取り入れる演出などによって費用が変わってきますが、平均的に30万円~70万円程度と考えていいでしょう。

地域によってはもう少し値段が上下する場合があります。
演出を多く取り入れると、それだけ費用は上乗せされます。
無宗教の家族葬を行う際は、費用の面も考えて流れを組むようにするといいでしょう。

家族葬の費用について詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。
是非合わせてご覧下さい。

無宗派の家族葬の後は?

困った人々

無宗派の家族葬を行ったはいいものの、その後はどうなるのか気になりますよね。
先程も述べた通り、菩提寺との関係も悪くなってしまう可能性など、不安要素がいくつかあるので確認していきましょう。

無宗派の葬儀の後の四十九日法要は?

無宗教の葬儀後の法要に関してですが、これも特に決まりはありません
そのため、四十九日ではなく、みんなの都合のいい日に行うこともできます
法要の仕方も基本的に自由で、故人の好きだった音楽を流したり、会食をするといったことができます。
法要に関しても、ご遺族の方々が最高だと思う方法で行うことができるのです。

無宗派の葬儀の後のお墓はどうしたらいい?

無宗派の葬儀ではお墓が建てられないのでは?と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、心配いりません。
無宗派の葬儀を行った場合でもお墓を建てることはできます
民営や公営の霊園・墓地に事前に連絡を取れば、そこにお墓を建てることができます。

しかし、中には宗派による制限がある霊園・墓地もあります
無宗派で霊園・墓地に入りたい場合は、事前に必ず確認を取るようにしましょう。

無宗派での家族葬についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、無宗派の家族葬をについて、葬儀の流れ・内容や費用まで含めて解説しました。
今回の記事の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 無宗派の葬儀は、自分たちが考える最高の方法で故人を弔うことができる。

  • 無宗派でも家族葬を行うことは可能。

  • 無宗派の葬儀では、自分たちで演出を作ることができたり、葬儀の費用が抑えられるというメリットがある。

  • 逆に菩提寺との関係悪化の原因になったり、先祖代々のお墓に入れない可能性があるというデメリットもある。

  • 無宗派の葬儀に必要は費用は30万円~70万円程度である。

  • 葬儀後の法要の日時や内容も自由に決めることができ、墓地・霊園によっては無宗派でも入ることができる。

また、以下の記事では家族葬は一人でも行うことはできるのか、またその注意点や直葬に関して解説しています。
よかったら合わせてお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「家族葬・無宗派」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料