葬儀での例文について解説!喪主の例文や参列者の例文までご紹介!

葬儀では喪主としてあるいは参列者として立場ごとに挨拶の例文が変わってきます。今回は葬儀でのさまざまな挨拶について具体的な例文を挙げながらご説明いたします。例文を参考にして立場にそった丁寧な挨拶が可能となります。喪主の例文や参列者の例文についての解説です。

目次

  1. 葬儀での例文について
  2. 葬儀での喪主の挨拶例文
  3. 葬儀の参列者の挨拶例文
  4. 葬儀に送る電報・弔電の例文
  5. 葬儀後に送るお礼状の例文
  6. 葬儀での例文についてまとめ

葬儀での例文について

葬儀

葬儀では、喪主側の立場として、また参列者側の立場として、マナーにそった挨拶をする必要があります。
しかし、いざその場面になってみると、滑らかな口調で挨拶するのは難しいものです。
特に喪主の方は、大勢の参列者の前である程度の長さの挨拶をきちんと行わなければなりません。
前もって挨拶の言葉を準備しておけば、葬儀の当日に大いに役立ちます。

そこで今回の終活ねっとは、葬儀で行う挨拶の例文について詳しく解説いたします。
今回の記事は次の項目にそってご説明いたします。

  • 葬儀での喪主の挨拶例文
    開式の挨拶・出棺の挨拶・献杯の挨拶・僧侶への挨拶
  • 葬儀の参列者の挨拶例文
    受付での挨拶・ご遺族への挨拶
  • 葬儀に送る電報と弔電の例文
    親族の場合・友人知人の場合・会社関係者の場合
  • 葬儀後に送るお礼状の例文
    香典返しの場合・会葬御礼状の場合・宗教ごとの例文・英語での例文
    メールでお礼をしてよいのか?

葬儀での挨拶には、使ってはいけない言葉など、さまざまなしきたりがあります。
少し長い記事ですが、ぜひ最後まで目を通していただければと思います。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀での喪主の挨拶例文

葬儀

喪主の方は、準備の段階から葬儀当日の流れの把握、挨拶などを行い、葬儀のすべてを取りしきります。
葬儀は全部で約1時間から2時間ほどですが、流れごとに喪主の方の挨拶が重要な節目となります。
葬儀当日に喪主の方が行う挨拶は、次のとおりです。

開式の挨拶

葬儀では喪主席が決まっており、喪主の方は葬儀の開始から喪主席に座っています。
葬儀の開始時刻を迎えると、開式の挨拶があって葬儀が始まりますが、ほとんどの葬儀の始まりは司会者の挨拶によって行われます。

司会者はマイクを使って、次のような例文の挨拶を行います。

本日はご多忙中のところを、ご臨席いただきましてありがとうございます。
ただいまより、故〇〇○○殿の葬儀ならびに告別式を執り行います

出棺の挨拶

喪主の方がマイクの前で挨拶するのは、出棺のタイミングです。
喪主の方はご遺族の代表として、参列者の方々への感謝の気持ちを挨拶します。

挨拶では故人の思い出や生前のエピソードなどを織り交ぜながら、最後には「今後もよろしくお願いします」という言葉で締めくくります。
闘病の末に亡くなった場合や大往生だった場合など、故人の思い出に関する部分の挨拶はケースバイケースで考えるとよいでしょう。

出棺の挨拶は、次のような例文となります。

本日はお忙しい中、父〇〇の葬儀にご会葬くださり、誠にありがとうございます。
大勢の方々にお見送りいただき、皆様から心のこもったお別れの挨拶を賜り、故人もさぞ喜んでいることと存じます。

父は二年前に病に倒れ、その後は入退院を繰り返す闘病生活が続きました。
その間お見舞いに来てくださった方々にも深く感謝申し上げます。
〇月〇日、父は家族が見守る中で〇〇歳の生涯を終えました。
長年の闘病生活ではありましたが、安らかな最期だったことは、せめてもの救いだと感じています。

今後は遺された家族全員で支え合って生きていく所存です。
故人同様、変わらぬご指導をくださいますようお願い申し上げます。
簡単ではございますが、以上で御礼のご挨拶とさせていただきます。
本日は誠にありがとうございました。

大往生だった場合は、挨拶の前半を次のような例文にするとよいでしょう。

父は退職後悠々自適の生活を送っておりましたが、先日〇〇病院にて〇〇歳で息を引き取りました。
家族が見守る中で大往生ともいえる安らかな最期でありました。

献杯の挨拶

葬儀では、火葬を終えた後に精進落としと呼ばれる会食の席が設けられます。
喪主の方は、この精進落としの始まりに献杯(けんぱい)の挨拶を行います。
献杯の挨拶は、故人をしのぶ思い出を入れながら長くなりすぎないように行うのがポイントです。

本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。
葬儀もおかげ様で無事に終えることができ、故人も安心してくれていることかと思います。

今日は父の思い出を皆様と語らいながら、父が好きだったお酒を味わって冥福を祈りたいと思っております。
それでは、これより献杯させていただきます。献杯

なお、精進落としの会食では、喪主の挨拶の後にご遺族を代表する方が献杯の挨拶をする場合もあります。
いずれの場合でも、喪主の方の挨拶には大切な意味があります。

僧侶への挨拶

葬儀に来てくださったお坊さんに挨拶をすることも喪主の方の務めです。
お坊さんが葬儀会場に到着した時と、葬儀を終えて帰る時の両方のタイミングで挨拶をするようにします。

僧侶への挨拶の具体的な例文は次のとおりです。

お忙しいところお越しいただきましてありがとうございます。
予定どおりの時刻に葬儀を始めたいと思います。
◯◯のためにお勤めよろしくお願いいたします。

葬儀を終えた後は、お坊さんに挨拶をしてお布施をお渡しします。
感謝の気持ちを伝えて、お見送りをしましょう。

本日はたいへんご丁寧なおつとめを賜り、本当にありがとうございました。
おかげさまで、無事葬儀をとりおこなうことができました。
些少(さしょう)ではございますが、どうぞお納めください。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

葬儀の参列者の挨拶例文

葬儀

葬儀に参列する際は、ご遺族の方にお悔やみの挨拶を行います。
お悔やみの挨拶は、葬儀の会場に到着した時にまず受付で行い、その後に喪主とご遺族の方に対面して行います。
具体的な葬儀の参列者の挨拶の例文は次のとおりです。

受付での挨拶

受付では、会葬者名簿に記帳して受付係の方にお悔やみの挨拶を述べます。
受付係の方は何名もの参列者の対応をしなければなりません。

受付でのお悔やみの挨拶は、簡潔に述べるのがマナーです。

このたびはご愁傷様でございます。
心よりお悔やみ申し上げます。

挨拶をしてから、ご香典を受付係の方に向けて差し出します。
「どうぞお供えください」「お納めください」といった言葉と共にご香典を渡すと丁寧です。

遺族への挨拶

葬儀の当日は、喪主の方はやらなければならないことが多く、何かと慌ただしいものです。
参列者の立場として喪主とご遺族の方に行う挨拶は、手短に行うのがマナーです。
遺族への挨拶の具体的な例文は次のとおりです。

この度はお悔やみ申し上げます。
この度はご愁傷様です
ご訃報に際し哀悼の意を表します

亡くなった原因などをご遺族の方に訊ねるのはマナー違反です。
簡潔にお悔やみの言葉を述べて、挨拶とします。

また、お悔やみの挨拶では、不幸を連想させる忌み言葉を使わないという大原則があります。
「続く」「重ね重ね」「再び」「またまた」といった繰り返しの言葉が忌み言葉です。
これらの忌み言葉を避けて、心のこもったお悔やみの挨拶をするようにします。

葬儀に送る電報・弔電の例文

葬儀

葬儀に参列できない場合、お悔やみの電報・弔電を送る方法があります。
弔電は、葬儀開始に間に合うように会場宛てに送ります。
ここではお悔やみの電報・弔電の例文について見ていきましょう。

親族の場合

弔電の文面は、故人との関係によって変わってきます。
親族としての立場で親しみを込めた内容にするとよいでしょう。
親族の場合の具体的な例文は次のとおりです。

〇〇叔父様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。
いつも優しい笑顔で迎えてくれた思い出などいつも胸の中にあります。
一目お別れに駆けつけることも出来ず、申し訳ない気持ちですが、どうぞ安らかにご永眠されますよう、ご冥福をお祈りしております。

友人・知人の場合

親しい友人・知人が亡くなった場合の弔電は、生前の思い出話を盛り込んだ文面を考えたいものです。

NTTをはじめ電報を扱う会社では、そのまま送ることができる定型の例文も用意しています。
それらの例文も活用しながら、一番しっくりと来る内容のお悔やみ電報を送るようにしましょう。
友人・知人の場合の例文は次のとおりです。

○○君のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
いつも良き相談相手となって私を支えてくれた優しさを思い返すと、寂しさに胸がつまります。
共に分かち合った輝かしい青春のあの日々、○○君の笑顔が私の心を温めてくれました。

いつかまた必ずお会い出来る世界があると信じて、今はただその眠りが安らかであることを心よりお祈り申し上げます。

会社関係者の場合

社員あるいは社員のご家族にご不幸があった場合、会社名で弔電を出すケースがあります。
多くの場合、社内規程にしたがって弔電を送ることとなります。
会社名で弔電を送る時は、定型文にそったシンプルな文面が望ましいと言えます。
一般的には次のような例文です。

〇〇様のご逝去の報を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。
急逝の報に接し、社員一同心より哀悼の意を表します。

取引先などの会社でご不幸が合った場合も、会社名で弔電を出します。
ビジネスでの取引先ということから、簡潔なお悔やみの言葉を選ぶとよいでしょう。

社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。

葬儀後に送るお礼状の例文

葬儀

葬儀を終えた後は、葬儀に参列してくださった方々やご香典・供花などを送ってくださった方々に喪主の方からお礼状を送るしきたりです。
お礼状の送付は喪主の方の大切な務めです。

葬儀の後のお礼状も、忌み言葉や重ね言葉を避けて、形式に則った文体で書くことがポイントです。

香典返しの場合

香典返しはいただいたご香典のお返しとして、忌明けにあたる四十九日の法要の後に贈るものです。
香典返しを贈る時は、品物と一緒に丁寧なお礼状を同封するのがマナーです。

お礼状の最後には、本来ならば直接お礼にうかがうところを書面で失礼いたしますという旨を書き添えるようにします。
例文は次のとおりです。

拝啓
先般亡父〇〇〇〇儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらずご会葬を賜り
且つご丁重なる御厚志を賜り有難く厚くお礼申し上げます
おかげをもちまして ○月○日に四十九日の法要をすませることができました
ご報告申し上げますとともに 生前賜りましたご厚誼に対し改めて御礼申し上げます
つきましては 供養のしるしまでに心ばかりの品をお届けいたします
何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます
敬具

会葬御礼状の場合

会葬御礼状は、葬儀を無事に終えたことを報告しお礼するものです。
ほとんどの葬儀では、葬儀当日の帰り際に返礼品と一緒に参列者の方々にお渡しします。
会葬御礼状の例文は次のとおりです。

拝啓 亡父○○○○儀 葬儀に際しましては
ご多忙中のところご会葬を賜り ご芳情のほど誠に有り難く厚くお礼申し上げます
早速拝趨(はいすう)の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます 敬具

宗教ごとの例文

キリスト教式や神式で葬儀を行った場合は、お礼状の例文を変える必要があります。
ここでは宗教別にどのようなお礼状を作成したらよいのかを見ていきましょう。

仏式

今日はほとんどの葬儀が仏式で行われています。
仏式では四十九日の法要でひと区切りとなり、忌明けとなります。

忌明けのタイミングのお礼状は、香典返しの品と一緒に送るのが一般的で、次のような例文です。

先般 亡父◯◯◯◯儀 葬儀に際しましては
ご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重なる御厚志を賜り 誠ににありがたく心より厚く御礼申し上げます
突然のこととて、一時は茫然自失いたしましたが、いまさら取り返しのつくものでもありません
お蔭をもちまして◯月◯日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
つきましては供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしました
何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
略儀ながら書中を持ちまして謹んでお礼かたがたご挨拶申し上げます

キリスト教式

キリスト教式の葬儀では、香典返しにあたる習慣はありません。
香典返しの代わりとして、葬儀の約一か月後にお礼の品物にお礼状を同封して贈るのが一般的となっています。
お礼状の例文は次のとおりです。

拝啓 益々ご清祥のことと拝察申し上げます
先般〇〇〇〇召天の際にはご多用中のところ遠路はるばるご会葬くださいまして
誠にありがとうございます

皆様より頂戴しました生前のご厚誼と此度の御弔慰に深く感謝しお礼申し上げます
本日心ばかりの品を贈らせていただきました
何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます 敬具

神式

神式での葬儀のことを葬場祭と呼びます。
神式の場合、仏式での四十九日にあたる五十日祭を終えた後に、参列者の方々にお礼状を送ります。
お礼状は返礼品に同封する形で送るのが一般的です。
例文は次のとおりです。

謹啓 御尊家御一同様におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます
過日 故父 〇〇儀帰幽の際は御懇篤なる御弔慰と過分なる御玉串料を賜わりまして誠ににありがたく心より厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして五十日祭を滞りなく相営みました

本来ですと早速拝眉の上御礼申し上げるところでございますが 略儀ながら書中をもって御礼かたがた御挨拶申し上げます 敬具

英語での例文

海外の方が葬儀に参列してくださった場合やご香典をくださった場合は、英語でお礼状を出すようにします。
定型の例文を参考にすることで、英語が得意でない方もお礼状を書くことができます。

Thank you for your coming to funeral ceremony and condolence payment.
(先日は告別式にてお香典をいただきありがとうございます。)
We are getting calm down after 49days from his death.
(49日を過ぎて、だんだん落ち着いてきました。)
I will take holiday for a while but I come back to office, I will work hard.Thank you for your support.
(仕事に戻るにはもう少しかかりますが、復帰できたらまた懸命に仕事に打ち込みます。どうぞよろしくお願いいたします。)

メールでお礼をしてもいいの?

葬儀の後のお礼を、取り急ぎのご連絡という形でメールで送ることも可能です。

しかし、メールでのお礼はあくまでお礼状を簡略化したものです。
メールでお礼をした後は、正式な書面でのお礼状を送るのが正しいマナーとなっています。

葬儀での例文についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは葬儀での挨拶について、具体的な例文を挙げてご説明してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 葬儀での喪主の挨拶は、お坊さんの出迎えと見送り・出棺・献杯のタイミングで行う
    葬儀の開式は司会者が挨拶する
    それぞれの挨拶に例文があるが、特に出棺の挨拶は遺族代表として参列者への感謝の気持ちを伝える
  • 葬儀に参列した際は、受付で挨拶をした後に遺族への挨拶を行う
    お悔やみの挨拶は「このたびはご愁傷様でございます。」「心よりお悔やみ申し上げます。」と簡潔に述べる
  • 葬儀に参列できない場合は、弔電を送る
    親族・友人知人・会社関係者と立場によって例文が異なる
  • 葬儀後は、香典返し・会葬御礼の形でお礼状を送る
    仏式・キリスト教式・神式と宗教別にお礼状の例文が異なる
    英語でのお礼状の例文もある
    メールでお礼をしてもよいが、後日正式に書面でのお礼状を送るのがマナーである

終活ねっとでは、今回の記事のほかにも葬儀に関するさまざまな解説を掲載しています。
ぜひそれらの記事もご参照いただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・例文」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・例文」についてさらに知りたい方へ

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀で喪主や遺族の挨拶例文をご紹介!弔辞の例文やNGな表現も解説のサムネイル画像

葬儀で喪主や遺族の挨拶例文をご紹介!弔辞の例文やNGな表現も解説

葬儀での出棺前の喪主の挨拶例文をご紹介!故人との関係性別に解説!のサムネイル画像

葬儀での出棺前の喪主の挨拶例文をご紹介!故人との関係性別に解説!

喪主の挨拶の例文をご紹介!場面ごとの例文や挨拶の際の注意点も解説のサムネイル画像

喪主の挨拶の例文をご紹介!場面ごとの例文や挨拶の際の注意点も解説

葬儀での親族の挨拶の例文って?喪主が配偶者、子供の場合別にご紹介のサムネイル画像

葬儀での親族の挨拶の例文って?喪主が配偶者、子供の場合別にご紹介

葬儀でのお礼の挨拶方法や例文って?挨拶回りのマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀でのお礼の挨拶方法や例文って?挨拶回りのマナーもご紹介!

葬儀における遺族の挨拶の例文って?場面ごとの例文や挨拶周りまで!のサムネイル画像

葬儀における遺族の挨拶の例文って?場面ごとの例文や挨拶周りまで!

葬儀明けの挨拶の方法とは?挨拶状の例文や会社への挨拶もご紹介!のサムネイル画像

葬儀明けの挨拶の方法とは?挨拶状の例文や会社への挨拶もご紹介!

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説のサムネイル画像

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・例文」についてさらに知りたい方へ

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀で喪主や遺族の挨拶例文をご紹介!弔辞の例文やNGな表現も解説のサムネイル画像

葬儀で喪主や遺族の挨拶例文をご紹介!弔辞の例文やNGな表現も解説

葬儀での出棺前の喪主の挨拶例文をご紹介!故人との関係性別に解説!のサムネイル画像

葬儀での出棺前の喪主の挨拶例文をご紹介!故人との関係性別に解説!

喪主の挨拶の例文をご紹介!場面ごとの例文や挨拶の際の注意点も解説のサムネイル画像

喪主の挨拶の例文をご紹介!場面ごとの例文や挨拶の際の注意点も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと