葬儀にリュックを持っていくのはNG?葬儀に適したバッグを解説!

初めての葬儀参列の時、身だしなみ、特にバッグはどうすればいいか分からないですよね。いつも使っているようなリュックでも大丈夫でしょうか?ここでは葬儀に適したバッグとは、一体どういったものか、リュックはどうしてNGなのかをご紹介します。

目次

  1. 葬儀でのリュックについて
  2. 通夜・葬儀にリュックはNG?
  3. 葬儀に持っていくバッグの選び方
  4. 葬儀への持ち物
  5. 葬儀でのリュックについてまとめ

葬儀でのリュックについて

葬儀

突然の訃報で行われる葬儀への参列、身だしなみには気を付けないといけません。
故人への敬意を示すためにも、きちんとした恰好で送り出してあげたいものです。

洋服もそうですが、バッグは重要なアイテムです。
葬儀に持っていくバッグは、いつも背負っているリュックで本当に大丈夫でしょうか?
黒でしっかりしたタイプのリュックだったら、参列することができるでしょうか。

今回、終活ねっとでは葬儀でのリュックについて、葬儀に参列する際にリュックは大丈夫なのか、また葬儀に適したバッグはどういうものなのかご紹介していきます。

  • リュックは葬儀にはふさわしくない?
  • 葬儀に適したバッグとは、どうやって選べばいいの?
  • 葬儀に何をもっていくの?
  • 葬儀のリュックまとめ

以上の項目について説明していきます。
葬儀に参列する際の身だしなみや持ち物でお悩み方は、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜・葬儀にリュックはNG?

困った人々

基本的には、葬儀の場でのリュックはNGです。
いくら地味で、しっかりとした素材のフォーマルに見えるリュックでも、葬儀の場には適していません。

リュックは元々カジュアルなものであるため、葬儀の場にはふさわしくありません。
喪服を着ていたとしても、どうしてもちぐはぐな印象になってしまい、失礼にあたります。

中高生や若い方などは普段リュックを使っていて、黒ならそのまま葬儀に参列できると思われるかもしれませんが、残念ながらマナー違反にあたるでしょう。

もし、誤って持って行ってしまった場合でも、受付に預けて、リュックは会場内に持ち込まないようにしましょう。

男性の場合はバッグを持つ必要はありません。
リュックしかバッグを持っていない場合は、持たない方がベターです。
荷物はすべてポケットに入れましょう。
荷物が多く、バッグが必要な場合は条件を満たしたものを選択しましょう。

通夜で訃報を聞いて駆け付ける場合には、洋服は地味なものであれば構わないとされていますが、やはりカジュアルすぎるリュックは避けたほうが無難でしょう。

葬儀に持っていくバッグの選び方

葬儀

葬儀にはどういったバッグを持っていけば、失礼にあたらないのでしょうか。

急な葬儀に慌てないように、一つは葬儀用のバッグを大人のマナーとして持っておきたいものです。
葬儀に参列する機会は、そう多くないかと思いますが、葬儀は突然参列することになってしまうものなので、そのときに慌てないように用意しておくのも大人のたしなみです。

年齢を重ねれば重ねるほど、葬儀に参列する機会が増えていくものです。
一度しっかりと用意しておけば、急な訃報にも落ち着いて対処できるでしょう。

男性の場合はスーツのポケットに荷物を入れ手ぶらで参列する方が多くなっています。

女性の方や、バッグを持ちたい男性の方には、専用の葬儀用バッグが販売されているので、それを買うのが最善の方法です。
葬儀用バッグを買いに行く時間がない、手持ちのもので何とかしたいという場合は、下の条件さえクリアしていれば失礼にはあたらないでしょう。

では、葬儀に持って行くのに適したバッグとはどういったものでしょうか。
いつも使っているリュックとはどこが違うのでしょうか。
マナー違反にならない葬儀へ持っていくバッグの選び方を見ていきましょう。

バッグの色は黒?

喪服の色と同じく、バッグの色は黒です。
グレーや茶色のような地味な色でも色物は禁物です。

バッグの裏地は、やはり黒であることが基本ですが、茶色や紺色、紫色などでも問題ありません。
多少の模様が裏地であれば入っていても大丈夫です。

バッグの素材

バッグの素材は光沢のない布製のものが理想的です。

革や合皮のものは殺生を連想させるのでNGとされてきましたが、殺生を連想させない地味な見た目のものならマナー違反ではないとも言われています。
ただし、爬虫類素材や型押しのものは避けたほうがよいでしょう。

バッグの形

バッグの形としては小さめの形のバッグが適しています。

女性の場合、小さめのハンドバッグがよいでしょう。
腕からかけられるタイプなら、お焼香の時にも邪魔になることはありません。
シンプルなもので、装飾がついていないものを選びます。

男性の場合、バッグを持つのであれば小さめのセカンドバッグが理想的です。
ビジネスバッグの手持ちタイプなら、問題がないことが多いです。
片手で持てて、そばに置いておきやすいので便利です。

サブバッグは必要?

葬儀用のバッグは小さいものです。
中身が入りきらないなと感じたらサブバッグを持ちましょう。

サブバッグは葬儀用バッグと同じく、黒で無地の光沢がないものが理想的です。
B5、A4サイズのものが主流となっており、マチがあるものを選ぶといいでしょう。
持ち物が多い方でも、安心して葬儀に参列できます。

葬儀への持ち物

葬儀

では、葬儀用バッグには何を入れて行くのでしょうか。
葬儀への持ち物を簡単にご説明します。

以下の物をバッグに入れて、財布や携帯電話を入れてみて、入りきらないようならサブバッグの準備をしましょう。

数珠

数珠はお焼香の時に必要です。

自分の宗派があれば宗派の本式数珠、宗派を問わないものだと、略式数珠というものがあります。
数珠は持ち主のお守りとしての役割も果たすので、貸し借りすることはマナー違反とされています。
仏教徒の方は1本は持っておきましょう。

キリスト教や神道の方は持つ必要はありません。

ハンカチ

ハンカチは、白色か黒色の無地が基本となっています。

同色の地味なものであれば刺繍やレースの縁取りのものでも大丈夫です。
原色や派手な色のものはマナー違反とされています。
ただし、袱紗と同系色の地味なグレーや淡い紫、白に近いピンクや水色などのハンカチなら問題ないとも言われています。

もし、袱紗を忘れてしまった場合、ハンカチで代用することもできると言われているので、ハンカチは必ず葬儀用バッグに入れておきましょう。

袱紗(ふくさ)

香典袋は袱紗に包んで先方に持参します。
一般的に弔事の袱紗は寒色のものを使用します。

暖色の袱紗は慶事で使うものになるので、間違わないようにしましょう。
紫色の袱紗は弔事用、慶事用共に使うことができるとされていますので、1枚持つとしたらおすすめです。

右、下、上とたたみ、最後に「左開き」となるようにして使います。

香典

香典は、線香や花の代わりに故人の霊前に供える金品のことで、香料とも言います。

一般的に、香典を入れる不祝儀袋の表書きは薄墨で「御霊前」として水引より上に書き、下には自分の氏名を記入します。
ただ、表書きは宗派によって異なってくるので、参列前に故人の宗派を確認しましょう。

宗派が分からない場合は「御霊前」とします。
不祝儀袋の種類は白無地で黒白または双銀の結び切りの水引になります。

不祝儀袋に入れるお金は、新札は使用せずに、お札の向きをそろえて裏向きにして入れます。
もし、新札しかない場合は一折してから入れるようにしましょう。

香典を入れる不祝儀袋はいろいろな種類がありますが、包む金額により種類が変わります。
また、金額も故人との関係によって、相場が決まっているので注意が必要です。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

葬儀でのリュックについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
葬儀でのリュックについて、また葬儀に適したバッグについてもう一度確認しましょう。

また、今回終活ねっとでは、あわせてバッグに入れる持ち物についても解説しました。

  • 葬儀でのリュックはカジュアルすぎるので、形、色を問わずマナー違反になり、葬儀には持っていくことはできない。
  • 葬儀用のバッグを一つは準備しておくべき。
    色は黒で光沢のないもの、殺生を連想させる革や合皮は避ける。
    女性の場合は小さめのハンドバッグがよい。
  • 男性の場合は、手ぶらでも問題はない。
    バッグを持つなら、黒で布地のセカンドバッグがおすすめ。
  • 葬儀に持っていく物の内容は、数珠、ハンカチ、袱紗、香典。香典は宗派、故人との関係によって内容が変わってくるので要注意。

終活ねっとでは「葬儀でのバッグ」に関する記事以外にも、葬儀での身だしなみやマナー、持ち物について詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・リュック」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・リュック」についてさらに知りたい方へ

葬儀で使うバッグの選び方って?注意点や葬儀に必要な持ち物もご紹介のサムネイル画像

葬儀で使うバッグの選び方って?注意点や葬儀に必要な持ち物もご紹介

葬儀用のバッグって?バッグの選び方や手入れの方法・オススメを紹介のサムネイル画像

葬儀用のバッグって?バッグの選び方や手入れの方法・オススメを紹介

葬儀用のバッグの選び方とは?色や素材のマナーから男性用のも解説のサムネイル画像

葬儀用のバッグの選び方とは?色や素材のマナーから男性用のも解説

法事に持参するバッグを選ぶポイントとは?マナーとともに解説しますのサムネイル画像

法事に持参するバッグを選ぶポイントとは?マナーとともに解説します

葬儀で使うサブバッグの選び方とは?マナーやオススメのサブバッグ!のサムネイル画像

葬儀で使うサブバッグの選び方とは?マナーやオススメのサブバッグ!

礼服に合わせるバッグは?人気のものを厳選してご紹介します!のサムネイル画像

礼服に合わせるバッグは?人気のものを厳選してご紹介します!

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説

葬儀に参列する際のマナーとは?服装や香典・焼香のマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀に参列する際のマナーとは?服装や香典・焼香のマナーを解説!

葬儀での正しい身だしなみとは?男性・女性別や葬儀屋ついてもご紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい身だしなみとは?男性・女性別や葬儀屋ついてもご紹介

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装までのサムネイル画像

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装まで

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・リュック」についてさらに知りたい方へ

葬儀で使うバッグの選び方って?注意点や葬儀に必要な持ち物もご紹介のサムネイル画像

葬儀で使うバッグの選び方って?注意点や葬儀に必要な持ち物もご紹介

葬儀用のバッグって?バッグの選び方や手入れの方法・オススメを紹介のサムネイル画像

葬儀用のバッグって?バッグの選び方や手入れの方法・オススメを紹介

葬儀用のバッグの選び方とは?色や素材のマナーから男性用のも解説のサムネイル画像

葬儀用のバッグの選び方とは?色や素材のマナーから男性用のも解説

法事に持参するバッグを選ぶポイントとは?マナーとともに解説しますのサムネイル画像

法事に持参するバッグを選ぶポイントとは?マナーとともに解説します

葬儀で使うサブバッグの選び方とは?マナーやオススメのサブバッグ!のサムネイル画像

葬儀で使うサブバッグの選び方とは?マナーやオススメのサブバッグ!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと