葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!

葬儀の際に香典だけでなく生花を頂くことがあります。香典返しをする際には頂いた金額の半額程度の商品などをお返しすると良いといわれています。では生花を頂いた場合のお礼はどうすればいいのでしょうか。今回は葬儀で生花を頂いた際のお礼について詳しく解説していきます。

目次

  1. 葬儀の生花へのお礼について
  2. 葬儀での生花の種類
  3. 生花へのお礼品の選び方
  4. 葬儀の生花へのお礼状
  5. 弔電を頂いた人にもお礼状を送る?
  6. 葬儀の生花へのお礼まとめ

葬儀の生花へのお礼について

葬儀

葬儀の際には故人の霊を慰める意味等を込めて生花を頂くことがあります。
生花を頂いた場合にはお礼状を贈る事は基本的なマナーとなっており、併せてお返しをする場合もあります。

実際に生花を頂いた際にはお礼状はどの様に書けばいいのか、お返しの金額や品物はどうすればいいのか等、疑問点が多く出てくると思います。

今回終活ねっとでは葬儀で生花を頂いた際のお礼について以下の内容で解説していきます。

  • 葬儀での生花の種類
  • 生花へのお礼品の選び方
  • 葬儀の生花へのお礼状
  • 弔電を頂いた人にもお礼状を送る?

ぜひ最後まで記事を読んで頂き、生花のお礼をする際の参考にしてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀での生花の種類

葬儀

葬儀の際に頂く生花には枕花、供花、献花、花輪の四種類があります。
それぞれ使用するお花や、飾られる場所など違いがあります。
ここでは四種類の生花がどの様なものなのか詳しく解説していきます。

枕花

枕花は故人の枕元に飾られるお花になります。
訃報を受けてからすぐに贈られるお花で、故人と親しかった人、近親者の方が贈ります。
お通夜から葬儀の間も飾られるお花で、故人への弔意を表しています。

枕花には菊やカーネーション、胡蝶蘭などが使用されます。
白をベースに淡い色を使用し落ち着いた色調にします。

枕花は花篭にアレンジメントされているものが一般的です。
キリスト教の場合には白い菊を使用することが少なく、ユリや小菊が使用されます。

供花

供花は故人の霊を慰める意味が込められたお花になります。
供花は故人と仕事上で関係のあった方、友人、親族が贈るお花となっています。

仏式、神式の場合には菊やユリといったお花を使用します。
白い花をベースに派手にならないように落ち着いた色調に構成されます。

キリスト教の場合にはカーネーションやユリが使用されます。
キリスト教の場合、菊を供花に使用することはほとんどありません。

献花

献花は霊前にお花をお供えすることです。
キリスト教の葬儀や無宗教の葬儀で行われることがあります。
参列者が祭壇にお花を1本お供えし、焼香や玉串奉奠と同じ儀式であるといわれています。

献花に用いられるお花はユリやカーネーションが使用されることが多く、色は白などの淡い色が選ばれます。
また故人が生前好きだったお花を使用することもあり、棘があるため葬儀では使用されないバラを献花として使用する場合もあります。

花輪

開店祝いなどで使用する花輪と同じなのですが色合いが白をベースとしているという違いがあります。
供花と同じ意味合いで贈られるお花になります。

故人と仕事上の関係があった企業等が贈る事が多いです。
花輪のデザインは地域によって違うことがあり、贈る際には花輪のデザイン等を良く確認しておく必要があります。

葬儀の際の花輪は白い菊を中心に構成されており、棘のあるバラや派手なお花は使用されません。
花輪はお通夜が始まる前に会場に届くように贈る必要があります。

生花へのお礼品の選び方

葬儀

葬儀で生花を頂いた際には一般的にはお礼品を贈ることがマナーとなっています。
返礼不要の明記がある場合を除いて、お礼状と併せてお礼品を贈ることで感謝の気持ちが伝わりやすくなりますのでお礼品は贈る様にしましょう。

ここではお礼品を贈る際にはどの様な品物を送ればいいのか、金額の相場はいくらなのかということを詳しく解説していきます。
お礼品を検討されている方は参考にしてみてください。

品物の選び方

生花を頂いた際に贈るお礼品は香典返し等で贈るお礼品と同じで良いといわれています。
贈り物として一般的に選ばれるものにはどの様なものがあるのか以下にご紹介していきます。

  • お茶、海苔
  • お菓子
  • うどん、そうめん
  • コーヒー
  • 石鹸

一般的には上記のような、すぐになくなる物や実用品をお礼品として贈ります。
すぐになくなる物が選ばれる理由としては、不祝儀を後に残さないという意味があります。
悲しみを拭い去るという意味を込めてハンカチやタオルをお礼品として贈ることもあります。
最近ではカタログギフトを贈り相手の方に品物を選んでもらうという事も増えてきました。

お菓子等を選ぶ際には贈り先が個人ではなく、会社などから連名で頂いていた場合には皆様で分けやすいように小分けになっている品物を選ぶようにしましょう。
注意点として連名であってもバラバラの場所に住んでいる、違う部署に在籍されている場合には個別にお礼品を贈るようにしましょう。

お礼品を送る際の掛け紙には「志」と書く事が一般的です。
志には気持ちという意味がこめられています。
また一部の地域では「粗供養」とする場合もあります。
迷った場合には葬儀社などに相談をするようにしましょう。

お礼の金額相場は?

生花を頂いた際のお礼の金額相場は一般的には頂いた生花の金額の1/3から半額程度でお礼ををすると良いといわれています。

葬儀場で用意した生花であれば金額を確認することもできるのですが、お花屋で用意していただいて贈ってもらった場合などは金額が分かりません。
そういった場合はおおよその金額でお礼品を選ぶようにしましょう。

生花を頂いてお礼品を送る場合に金額に関しては厳密な決まりはありません。
お礼品を受け取った方が恐縮してしまわない程度の金額で品物を選ぶ様にしましょう。

香典と生花の両方を頂いた場合には別々にお礼品を選ぶことはありません。
この場合には香典と生花の金額を合算した金額でお礼品を一つ選べば問題ありません。

葬儀の生花へのお礼状

葬儀

葬儀の際に生花を頂いた際にはお礼状を送る事はマナーとなっています。
ここでは生花を頂いた際のお礼状を送るタイミングや文例などを解説していきます。

送るタイミング

葬儀の際に生花を頂いてお礼状を送るタイミングは、お礼状のみ送る場合とお礼品と併せて送る場合ですこし変わってきます。
もしお礼状のみ送るのであれば四十九日の前に送っても問題はありません。
葬儀が終わり、少し落ち着いたタイミングでお礼状を送るといいでしょう。

お礼品と併せてお礼状を送るのであれば四十九日後、忌明けに送るようにしましょう。
生花のお礼品を送るタイミングは香典返し等と同じなのでこの様になります。

お礼品と併せてお礼状を送る場合には生花を頂いてから少し時間が空いてしまうことになります。
生花を贈ったものの葬儀には出席できていない方はちゃんと生花が届いているのか気にされている事もありますのでお礼状を送る前に電話等でお礼を伝えておくといいでしょう。

お礼状の文例

生花を頂いた際にお礼状を送る際にはマナーがあります。
お礼状の文章中では繰り返しの言葉を使用してはいけません
「しばしば」等の繰り返す言葉は不幸が繰り返してしまう事を連想させてしまうということからお礼状には使用してはいけないと言われています。

また、お礼状の文章は基本的に縦書きになりますので句読点は使用しないようにしましょう。

以下に生花を頂いた際に送るお礼状の例文を親族に送る場合と会社関係者に送る場合の二通りご紹介しています。
お礼状の内容に困っている方は是非参考にしてみてください。

親族の場合

拝啓 ○○の葬儀の折りには ご供花を賜わり厚く御礼申し上げます
美しい花に囲まれ 故人も喜んでいる事と存じます
お蔭様で 葬儀も滞りなく終えることが出来ました
お伺いし 御礼申し上げさせていただくべきなのですが 略儀ながら書中をもって御挨拶申し上げます
敬具

会社関係者の場合

拝啓 ○○の葬儀の折りには ご供花を賜わり厚くお礼申し上げます
謹んで霊前に飾らせていただき 美しい花に囲まれ故人も感謝している事と存じます
当日は立て込んでおり 会場にてお礼申し上げることができず申し訳ございませんでした
生前のご厚誼に御礼申し上げます
失礼ではありますが 書中をもって御礼の御挨拶を申し上げます

敬具

メールでお礼をしてもいい?

普段メールを送っている方等の場合にはお礼状を郵送するよりメールのほうが便利で良いのではと考えるかもしれません。
しかし葬儀で生花などを頂いた際等に送るお礼状をメールで作成することは一般的にはマナー違反となります。

生花や香典を送っていただいた方にはお礼状を郵送することが正しいマナーとなっています。
お礼状を郵送する際には基本的には手書きが好ましいともいわれています。
メールでのお礼は、略式のお礼になってしまうということを知っておきましょう。

もし親しいご友人等にメールにてお礼を伝える場合には略式のお礼になってしまったお詫びの文を添えるようにしましょう。

弔電を頂いた人にもお礼状を送る?

葬儀

葬儀の際に弔電を頂く場合があります。
弔電を頂いた場合には感謝の気持ちを伝える為にもお礼状は送るといいでしょう。

弔電を頂いた人に送るお礼状も生花の時と同じく郵送する必要があります。
親しい人であればメールでも問題はありませんが、一般的なマナーとしてお礼状は郵送するということを覚えておきましょう。

文例

弔電を頂いた際に送るお礼状はどの様に作成すればいいのでしょうか。
ここでは文例をご紹介しますので参考にしてください。

拝啓 この度は○○の葬儀に際しまして
ご多忙のなか ご丁寧に弔電を賜わり厚くお礼申し上げます
お蔭様にて葬儀も滞りなく終える事ができました
生前のご厚情に深謝しますと共に 変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
本来であればお伺いし御礼申し上げるべきなのですが 略儀ながら書中にて御礼を申し上げます
敬具

送るタイミング

弔電を頂いた際のお礼状を送るタイミングに明確な決まりはありません。
しかし、あまり遅くなりすぎると相手の方に失礼ですので葬儀が終わってからなるべく早めに送る必要があります。

一般的には葬儀が終わってから一週間以内にお礼状を送ることがマナーとなっています。
葬儀後も忙しいためお礼状を送る事を忘れがちでですが、早めに送るようにしましょう。

葬儀の生花へのお礼まとめ

葬儀

今回、終活ねっとでは葬儀の際に頂いた生花のお礼について詳しく解説してきました。
記事の内容を以下にまとめていきます。

  • 葬儀での生花には様々な種類があり、飾られる場所、送るタイミング、使用する花に違いがある。
  • 葬儀の際に生花を頂いた場合には、てお礼品を贈ることがマナーである。
    お礼品にはお菓子などのすぐ無くなる物や、実用品を選ぶようにする。
    お礼品の金額相場は頂いた生花の価格の1/3~半額程度とし、受け取った相手が恐縮するような高価なものは控える。
  • 生花を頂いた際にはお礼状を送ることがマナーである。
    お礼状だけ送る場合は四十九日前に送っても問題は無い。
    お礼品と併せてお礼状を送る場合には四十九日が終わってから送る必要がある。
    四十九日後にお礼状を送る場合には電話等で先にお礼を伝えておく。
    メールは基本的にマナー違反となるので、お礼状は郵送する。
  • 弔電を頂いた場合もお礼状は送る必要がある。
    弔電を頂いた際のお礼状は葬儀が終わってから一週間以内に送るようにする。
    基本的にはお礼状は郵送する。
  • 生花を頂いた際や弔電を頂いた際のお礼状は親しい人であればメールで伝えることができる。
    略式のお礼となってしまうので、メール内に略式のお礼になってしまったお詫びの文を添える必要がある。

葬儀の際に生花は頂く事はよくあります。
生花を頂いた際のお礼状の書き方やお礼品の選び方を知っておくことで、いざという時も正しい対応を行うことができます。
今回の記事の内容を覚えておき活用してみましょう。

終活ねっとではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では葬儀の際に皆様が気になる葬儀費用について詳しく解説しております。
こちらも併せてご覧ください。

最後まで読んでいただき有難うございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・生花・お礼」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・生花・お礼」についてさらに知りたい方へ

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説

葬儀後のお礼の方法や期限って?の例文や会社への挨拶も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお礼の方法や期限って?の例文や会社への挨拶も解説!

葬儀で送る生花の送り方のマナーとは?選び方やお花代の書き方も解説のサムネイル画像

葬儀で送る生花の送り方のマナーとは?選び方やお花代の書き方も解説

葬儀で喪主・遺族が述べるお礼の言葉の例文は?タイミング別に解説!のサムネイル画像

葬儀で喪主・遺族が述べるお礼の言葉の例文は?タイミング別に解説!

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

葬儀のお花へのお礼の仕方とは?品物の選び方からお礼の注意点までのサムネイル画像

葬儀のお花へのお礼の仕方とは?品物の選び方からお礼の注意点まで

葬儀でのお礼の挨拶方法や例文って?挨拶回りのマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀でのお礼の挨拶方法や例文って?挨拶回りのマナーもご紹介!

葬儀の供花へのお礼品の選び方や金額相場って?お礼状の例文もご紹介のサムネイル画像

葬儀の供花へのお礼品の選び方や金額相場って?お礼状の例文もご紹介

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!

葬儀の生花の注文方法とは?金額相場や送るタイミングについても解説のサムネイル画像

葬儀の生花の注文方法とは?金額相場や送るタイミングについても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・生花・お礼」についてさらに知りたい方へ

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説

葬儀後のお礼の方法や期限って?の例文や会社への挨拶も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお礼の方法や期限って?の例文や会社への挨拶も解説!

葬儀で送る生花の送り方のマナーとは?選び方やお花代の書き方も解説のサムネイル画像

葬儀で送る生花の送り方のマナーとは?選び方やお花代の書き方も解説

葬儀で喪主・遺族が述べるお礼の言葉の例文は?タイミング別に解説!のサムネイル画像

葬儀で喪主・遺族が述べるお礼の言葉の例文は?タイミング別に解説!

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと