静岡県にあるおすすめ神社10選!徳川家康と関係の深い神社もご紹介

富士山や伊豆半島など観光名所がある静岡県には有名な神社も数多く存在します。旅行などで訪れる方も多いかと思いますが静岡県にはどのような神社があるかご存知でしょうか?古い歴史を持った神社や江戸幕府を開いた徳川家康ゆかりの神社など、ご利益や条件別に詳しく解説します。

目次

  1. 静岡県の神社について
  2. 静岡県に神社はどれぐらいある?
  3. ご利益のある静岡県のおすすめ神社一覧
  4. 条件別静岡県のおすすめ神社一覧
  5. 神社参拝の方法
  6. 神社参拝時の服装マナー
  7. 神社参拝に適した時間帯って?
  8. 静岡県の神社についてのまとめ

静岡県の神社について

神社

静岡県には富士山をはじめ伊豆や浜名湖など数多くの名所や観光地があります。
また、徳川家康をはじめとして数多くの戦国武将なども輩出している県です。

静岡県にはどんな神社があるかご存知ですか?
今回終活ねっとでは、静岡県の神社に関して以下のポイントで解説します。

  • 静岡県にある神社の数は?
  • ご利益別のおすすめ神社は?
  • 条件別のおすすめ神社は?

加えて神社参拝の際の作法やマナーなどに関してもご説明します。
ぜひ最後までお読みください。

静岡県に神社はどれぐらいある?

困った人々

文化庁の2017年宗教統計調査の集計では静岡県内には2846社の神社があり、全国で8番目の多さになります。
最も多い新潟県が4732社なのでおよそ半分の数になります。

静岡県は東海道が東西につながり東国から西国につながる交通の要所として発展をし、数多くの武将や偉人を輩出している土地柄で、有名な神社が多い県でもありあます。

それでは、静岡県のおすすめ神社をご利益や条件別にご紹介しましょう。
全国の神社の数については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

全国の神社の数は?参拝者数や寺の数を都道府県別のランキングで紹介

神社やお寺の数は日本にどれくらいあるのでしょうか?今回は神社やお寺の数を都道府県別にランキングにして紹介します。また、神社とお寺の違いとは一体何なのでしょうか?全国の初詣参拝ランキングで上位の神社仏閣もいくつか詳しくご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

ご利益のある静岡県のおすすめ神社一覧

神社

まずは、ご利益別におすすめ神社をご紹介します。

厄除け

災厄を取り除くためのお払いを受けることを厄除けといいます。
暦の中で男性、女性別に厄年が定められていて前後を含めた3年間は特に注意して厄払いを受けるようにしましょう。

厄除けでおすすめの神社を二社ご紹介します。

清水区興津・宗像神社

御祭神は、多紀理毘売命(たぎりひめの)・多岐津姫神(たぎつひめ)・市杵島姫神(いちきしまひめ)の宗像三女神です。

宗像三女神は、高天原に昇った須佐之男命(すさのおのみこと)と天照大御神(あまてらすのおおみかみ)の間で行なわれた誓約(うけい)でから生まれました。

福岡県に鎮座する総本山の宗像大社は玄界灘の海上に浮かぶ中津宮、沖津宮と合わせて宗像三社と呼ばれ、近年になって世界遺産にも認定されています。
興津の宗像神社は福岡の宗像大社の末社にあたります。

福岡県の宗像大社は日本と朝鮮を海上交通で結ぶ要衝であり、その海上交通の守護として航海安全や交通安全、また商売繁盛や国家守護のご利益があります。

三女神のなかで多紀理毘売命は別名を沖津姫神(おきつひめ)とも呼ばれ、地名である興津の起源です。
神仏習合から弁天様と同一視されている宗像三女神は航海をつかさどるご利益から、人生の道標にもたとえられ厄払いの神様として人気を集めています。

三女神が御祭神となっていることから御朱印には女体の森と記述され、この御朱印も人気があります。

宗像神社

所在地静岡市清水区興津中町554

車でのアクセスは東名高速道路 清水インターより10分
公共交通でのアクセスはJR東海道本線 興津駅より徒歩10分

牧之原市波津・飯津佐和乃神社

飯津佐和乃神社の御祭神は、須佐之男命です。
創建の年代は不明ですが、神功皇后による三韓征伐の際に三刃鉾壱竿が寄進されたという説話もあり、かなり古い神社といえます。

江戸時代には老中であり相良藩主の田沼意次が相良城本丸内に祀り現在に至ります。
毎年9月第三日曜日には、御船神事と呼ばれる例大祭が催されます。

長さが2mほどある精巧な造りの千石船の模型を、そろいの浴衣を着た船若(ふなわか)と呼ばれる若者が担ぎ古くから伝わる舟歌を詠いながら海の上を進むように船を操り街道を練り歩きます。
静岡県の無形文化財に指定されています。

国指定無形文化財である滋賀県の近江八幡宮の、御船神事から独立した祭礼で多くの参拝者を集めています。
航海安全や家内安全などにご利益がある飯津佐和乃神社は厄払いのご利益としても人気のある神社です。

飯津佐和乃神社

所在地静岡県牧之原市波津1000

車でのアクセスは東名高速道路 牧之原インターより20分
公共交通でのアクセスはJR東海道本線 菊川駅より
しずてつバス相良営業所下車徒歩10分

縁結び・恋愛運

続いて縁結び・恋愛成就にご利益がある神社です。

掛川市八坂・事任八幡宮

御祭神は、己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)および誉田別命(ほんだわけのみこと)です。

己等乃麻知比売命は、春日大社に祀られている天児屋根命(あめのこやねのみこと)の母神様にあたります。
誉田別命は、別名が八幡大神(はちまんおおかみ)と呼ばれ15代応神天皇と同一視されています。

八幡様は全国に7871社あり日本で最も多い神社です。
創建の年代は不明ですが807年(大同2年)に日本最初の征夷大将軍坂上田村麻呂が再興したと社殿には残されています。

御祭神の己等乃麻知比売命はその名の通り言葉(ことのは)で事を結ぶ神様であり、転じて縁結び・恋愛成就の神様として人気があります。

事任八幡宮はその名の通りことのままに(言葉のままに)願いがかなう神社として知られ、平安時代に清少納言によって書かれた枕草子には「ことのままの明神、いとたのもし」と記述されています。

拝殿でお参りをしたら社務所で「ふくのかみ」という紙をいただいて奥宮に向かいましょう。
奥宮までは271段の階段があり10分ほどで到着します。

奥宮の社殿の周りには白い石が敷かれていて、社務所でいただいた「ふくのかみ」でこの白い石を3つ願いを込めながら磨きます。
3つの石には以下の意味が込められています。

  • 1つ目の石は神様のために
  • 2つ目の石は皆様のために
  • 3つ目の石は御自分のために

ふくのかみという紙で磨くことで福を自分や周囲にもたらして頂くというご利益があります。
また、境内には伊勢神宮の五十鈴川を思わせる禊の川が流れていて、ことどひの里と呼ばれています。

ことどひとは語り合うという意味で社名の事任に通じ、この場で身を清めることにより神様とも通じ合えると言われています。

毎月第二日曜日には、むすびの会が開催されていて御掃除奉仕を行ったあと参加者でお結びをいただきながら縁を結ぶという催しです。

事任八幡宮

所在地静岡県掛川市八坂642

車でのアクセスは掛川バイパス 八坂インターより5分
公共交通でのアクセスはJR東海道本線 掛川駅より
バスに乗車 八幡宮前下車徒歩すぐ

熱海市伊豆山・伊豆山神社

御祭神は、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)、拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)です。

天忍穂耳尊とは、稲穂をあらわし耳は実をあらわします。
すなわち五穀豊穣をもたらす農業生産の神様で、高天原より降臨した天孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の父神にあたります。

以前は伊豆大権現や走湯大権現などと呼ばれ、境内に湧き出る名湯と言われる温泉の走り水が神格化されたものです。

伊豆山神社は鎌倉幕府を開いた源頼朝が再興を誓い北条政子と逢瀬を重ねた神社で、そのため縁結び、恋愛成就のご利益で人気があります。

境内に入って目を引くのは、赤白二龍(せきびゃくにりゅう)と称される赤・白二体の口から清水が流れ落ちる手水舎で、赤龍は火の力、白龍は水の力をあらわし温泉を守るシンボルです。
夫婦和合の象徴ともいわれています。

同じく境内には頼朝と政子が腰をかけて愛を語らったと伝承される、頼朝・政子腰掛け石がありますので二人で腰をかければ結ばれることでしょう。

本殿から奥宮の本宮にいたる途中に、結明神本社(むすぶみょうじんほんしゃ)という末社が鎮座しています。
日精、月精という男女の神様が御祭神で鳥居と祠だけの小さい神社ですが縁結びのご利益があるので訪れるカップルの多い神社です。

以前は一名恋祭りという名の神事が催され全国から男女がつどっていました。
本殿までの参道は837段の階段があるかなりきつい道のりになります。
参拝の際には本殿のすぐ近くまで車やバスで行けますのでそちらを利用するほうが無難でしょう。

伊豆山神社

所在地静岡県熱海市伊豆山708-1

車でのアクセスは熱海より15分
公共交通でのアクセスはJR東海道本線 熱海駅より
伊豆東海バス伊豆山神社行で終点下車すぐ

条件別静岡県のおすすめ神社一覧

神社

次に条件別におすすめ神社を紹介します。

徳川家康

やはり静岡県といえば徳川家康ですね。
家康ゆかりの神社を二社ご紹介します。

静岡市駿河区・久能山東照宮

御祭神は徳川家康公です。
相殿として織田信長公や豊臣秀吉公も久能山東照宮に祀られています。
全国に47社ある徳川家康公をお祀りした東照宮の創祀の神社です。

家康は生前に家臣に対して自らの死後の処置に関して本光国師日記より「駿河国の久能山に葬り、増上寺で葬儀をし、三河大樹寺に位牌を納め、日光山に勧請することにより関八州の鎮守になる」と遺言を残しています。

参道を歩いて最初に目にするのは楼門です。
この楼門には夢を食べるといわれる霊獣の獏(バク)が彫刻されています。

バクは夢を食べると同時に鉄を食べるとも言われています。
そのため戦が始まり鉄の武器を持ち出してしまうとバクの食べるものがなくなり死んでしまうことからバクは平和の象徴でもあります。
楼門には四体のバクが彫られていますので探してみてください。

楼門のすぐ下には家康公の手形が置いてあります。
身長155cmの家康の手形は少し小さめですね。
ご自分の手と比べてみてはいかがでしょうか。

久能山東照宮は創建されるはるか以前、奈良時代には久能寺という寺院が建立されていました。
その後武田信玄が城を築き、久能城の跡地に家康の遺訓によって東照宮が創建されました。

日光東照宮の創建は久能山東照宮開山の19年後になります。
権現造りの本殿は壮麗な彫刻で覆われ、2010年には本殿石の間は国宝に指定されています。
久能山東照宮の拝観には大人500円、子供300円の拝観料が必要です。

久能山東照宮

所在地静岡県静岡市駿河区根古屋390

車でのアクセスは東名高速道路 静岡清水インターより40分
公共交通でのアクセスはJR東海道本線 清水駅より
しずてつジャストラインバス久能山下行き終点下車
いずれも徒歩で楼門まで20分ほどですが1000段を超える石段が続きますので、日本平からのロープウウエィのご利用をおすすめします。

静岡市葵区・静岡浅間神社

神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社を総称して静岡浅間神社と称し、地元では、おせんげんさまとして親しまれています。
境内には他にも麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社の四社が鎮座しています。

三層二階建てで楼閣造りの大拝殿をはじめ26棟の社殿は国の重要文化財に指定されています。
境内社を含む七社を巡り御朱印をいただけます。
社務所で、七社巡り御朱印札をいただきそれぞれの社殿に設置された印を押して集めます。

七社のご利益は以下のとおりです。

神社 ご利益
神部神社 延命長寿・縁結び・除災招福
浅間神社 安産・子授け・婦徳円満
大歳御祖神社 商売繁盛、事業繁盛、諸産業繁盛
八千戈神社 開運、必勝、武運長久
少彦名神社 無病息災、病気平癒、技芸上達
玉鉾神社 学業成就・合格祈願
麓山神社 家内安全、心願成就

華麗な社殿を眺めながら広い境内を散策して、御朱印を集めてみてはいかがでしょうか。

静岡浅間神社

所在地静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

車でのアクセスは新東名高速道路 新静岡インターより15分
公共交通でのアクセスはJR東海道本線 静岡駅より
しずてつジャストラインバス赤鳥居 浅間神社入口下車すぐ

御朱印

最近では、御朱印ガールという言葉もあるほど神社で御朱印を集めることが人気となっています。
御朱印が有名な神社二社をご紹介します。

富士宮市宮町・富士山本宮浅間大社

御祭神は木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)で別名浅間大神(あさまおおかみ)とも呼ばれます。
紀元前27年(垂仁天皇3年)に創建された非常に古い歴史ある神社です。

御祭神の木花之佐久夜毘売命は日本の神様の中でも最も美しい神様といわれ、降臨した天孫の瓊瓊杵尊が一目ぼれをして結ばれた神様で現在の天皇家の始祖といもいえる母神様です。

木花之佐久夜毘売命には磐長姫(いわながひめ)という姉がいて父親の大山祇神(おおやまつみのかみ)は瓊瓊杵尊のもとに姉妹で嫁がせますが、磐長姫はあまりにも醜いため瓊瓊杵尊は返してしまいました。

岩ではなく花を選んだということから人間は花のように短命で死んでしまうようになったといわれています。
瓊瓊杵尊が磐長姫を選んでいれば人間は不死の存在となっていたのかも知れません。

木花之佐久夜毘売命はその名前から桜の木が象徴としてご神木となり、春には多くの桜が咲き乱れ花見をかねた参拝者でたいへん賑わいます。

また、水の神でもあり富士の伏流水が湧き出る、湧玉池の済んだ水に手や足を清めると心身が洗われた心地になります。

富士山本宮浅間大社

所在地静岡県富士宮市宮町1-1

車でのアクセスは新東名高速道路 新富士インターより20分
公共交通でのアクセスはJR身延線 富士宮駅より徒歩10分

富士宮市・久須志神社

御祭神は、大名牟遅命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなびこなのみこと)です。
大名牟遅命は一般的には大国主命(おおくにぬしのみこと)として知られ、少彦名命は大国主とともに国造りを行なった知恵の神様です。

あま知られてはいませんが富士山の八合目から頂上に至る地域は、浅間大社の保有する奥宮としての境内地になっています。

富士宮市街にある本宮浅間大社は現在の本殿は徳川家康によって造営されています。
また富士山頂の境内域も所有が幕府によって認められていました。

しかし、明治になって国の所有とされていましたが、2004年に裁判の判定で浅間大社に所有が返還されたという経緯があります。

春から秋にかけての登山可能な季節にはご来光を迎えた後に御朱印をいただく方が多く参拝されます。
日本で一番高い場所であり、霊峰富士山でいただける御朱印なので大変な人気です。

久須志神社

所在地静岡県富士宮市富士山山頂

利用料金アクセスは富士山五合目より登山にて山頂を目指します

初詣

初詣には必ずお参りに伺うという方も多いと思います。
一年の始まりには欠かせない行事ですね。
初詣でに人気の神社を二社ご紹介します。

三島市大宮町・三嶋大社

御祭神は、大山祇命(おおやまつみのみこと)および事代主命(ことしろぬしのみこと)です。
この二柱の神様を総称して三島大明神と呼びます。

大山祇命は、木花之佐久夜毘売命の父神にあたり全国の山を治めるいわゆる山の神様です。
事代主神は大国主命の子供にあたり、恵比寿紳と同一視されています。

創建の年代は不明ですが歴史は古く、奈良・平安時代の書物にはすでに神社の記載が見られます。
三嶋とは御島(みしま)であり、すなわち伊豆諸島をあらわしています。

伊豆諸島を含む伊豆国の総鎮守であり源頼朝からの庇護も厚かったために、鎌倉時代には日本の総鎮守と呼ばれていたこともあります。

三嶋大社の特徴の一つは大きな社殿にあります。
拝殿には下記のような見事な彫刻が施されています。

  • 拝殿中央

    天照大御神(あまてらすおおみかみ)がお隠れになった天岩屋戸(あめのいわと)からお出ましになる姿。

  • 拝殿の右側

    吉備真備(きびのまきび)が囲碁をしている姿。
    遣唐使として活躍した吉備真備は知恵を現しています。

  • 拝殿の左側

    源頼政が古代の妖怪ヌエを退治した姿。
    勇気と決断を表現しています。

三ヶ所の彫刻を解釈すると日本国の繁栄には知恵と勇気・決断が必要であると指し示しているのでしょう。

ちなみに、三嶋大社の神の使いは一般的な鹿ではなく鰻です。
初詣でに参拝した後に三嶋名物でもある鰻をいただく方も多いのではないでしょうか。

三嶋大社

所在地静岡県三島市大宮町2丁目1番5号

車でのアクセスは東名高速道路 沼津インターより20分
公共交通でのアクセスは伊豆箱根鉄道 三島田町駅より徒歩10分

熱海市西山町・來宮神社

御祭神は、次の三柱の神様になります。

神様 ご利益
大巳貴命 縁結びや営業繁栄の神様
五十猛命(いたけるのみこと) 日本にある気を植樹した生命の神様
日本武尊命 日本全国を平定した武勇の神様

境内には樹齢2000年を誇る大楠の御神木があり、本州では最も大きな楠木です。
周囲を一周すると寿命が一年延び、願い事をひそかに唱えながら1周すると願いが叶うといわれています。

また、大楠には龍が巻きついたように見える幹があり、猿に見える大きなコブが二つあります。
実際に大楠木の前に立つと龍と猿は見て取ることができます。
神様からのお使いではないかと言われています。

大楠は2000年に渡って虫を寄せ付けず繁栄をなしたことからお守りも、大楠虫除け守りといわれて、病気の虫や転じて伴侶の浮気の虫も退治するご利益で大変人気があります。
大きさや色などで30種類のお守りがありますのでご自分にあったものを頂いてください。

來宮神社

所在地静岡県熱海市西山町43-1

車でのアクセスは熱海から10分
公共交通でのアクセスはJR伊東線 來宮駅より徒歩7分

神社参拝の方法

神社

ここまで、静岡県内のおすすめ神社を紹介しました。
次に、実際に参拝する際の作法を簡潔にご説明します。

鳥居をくぐる

鳥居は現世と神様の世界を分ける境界線です。
いわば神様のご自宅の玄関ともいえます。

くぐる前に一旦立ち止まり深く一礼をしましょう。
参道を歩く際には、真ん中は正中といって神様の通り道なのでどちらかの端を歩くようにしましょう。

手水舎で身を清める

古くは神社に参拝する際には清流で体全体を清め禊を行ないました。
手水をいただくのは禊の簡易版と考えられています。

手水舎での流れは以下のようになります。

  • 柄杓を右手に取り左手を清めます。
  • 柄杓を持ち替えて右手を清めます。
  • 次に口をすすぎます。
  • 柄杓を持ち替えてもう一度左手を清めます。
  • 残った水で柄杓の柄を洗い流します。

神社の手洗いの作法と意味については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介します

あなたは幼い頃、神社の手洗い場で手を洗うと年配の方から教えられたことはありませんか?最近では神社の作法の仕方を詳しく紹介している雑誌やテレビが増えていますが、マナーについて知っている方は少ないです。今回は手洗いの由来から作法、マナーまでご紹介いたします!

礼拝を行う

拝殿に着いたら礼拝をします。
礼拝の作法は以下のようになります。

  • お賽銭をお納めします。投げ入れずに静かに納めましょう。
  • 本坪鈴を鳴らします。多くの方が参拝している場合は鳴らす必要はありません。
  • 二回深くお辞儀をします。(二礼)
  • 二回拍手を打ちます。(二拍手)
  • 再度深くお辞儀をします。(一礼)

礼拝の作法は神社によって違いがありますので事前に確認してください。

鳥居をくぐる

礼拝が終わって帰る際には、鳥居の前で一旦立ち止まり社殿のほうを向いて深く一礼してからくぐるようにしましょう。

以下の記事では、神社参拝の作法やマナーについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

神社参拝時の服装マナー

神社

続いて、参拝時の服装に関するマナーです。

通常の参拝

一般の参拝では服装に関する決まり事はありません
ただ、神様にお願い事に行くのですからあまり失礼のないように、サンダルや肌の露出が多いような服装は避けたほうが無難です。

昇殿参拝

拝殿に昇殿する際にはやはり正装を心がけましょう。
男性であればネクタイに背広、女性であれば上着の着用が望ましいといえます。

以下の記事では、神社参拝の服装のマナーについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の服装マナーは?通常の参拝と昇殿祈祷では違う?

神社参拝をするときの服装は、スーツがいいとか、露出がなければ大丈夫だとか色々いわれています。実際はどうなのでしょうか。実は、神社に行くときの服装は参拝のしかたで変わります。整理して説明したいと思います。

神社参拝に適した時間帯って?

神社

それでは、神社参拝には適した時間帯などはあるのでしょうか。

夕方や夜の参拝は大丈夫?

神社参拝には時間帯の決まり事はありません
夕方でも夜間でも問題はありませんが、あまり遅い時間では周囲が暗くなり足元が危なくなる場合があります。
また、神社によっては夕刻以降で閉門になる場合もありますので事前の確認が必要です。

適した時間帯

上記で紹介したように夜間での参拝は避けたほうが無難です。
以上より、午前中の参拝が適していると考えられます。

以下の記事では、神社参拝に適した時間についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

神社参拝の時間については様々な言い伝えが存在しています。その中で、「神社の参拝は朝に行くべき」または「神社の参拝は夜に行ってはいけない」という言い伝えは、果たして本当なのでしょうか?今回の記事では神社の参拝に一番適した時間帯がいつなのかを徹底的に解説します。

静岡県の神社についてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、静岡県のおすすめ神社に関して詳しく解説しました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 静岡県内には2846社の神社があり全国で8番目の多さです。
  • 厄除けにおすすめの神社は、静岡市清水区興津の宗像神社と牧之原市波津の飯津佐和乃神社です。
  • 縁結び・恋愛運におすすめの神社は、掛川市八坂の事任八幡宮と熱海市伊豆山の伊豆山神社です。
  • 徳川家康ゆかりの神社は、静岡市駿河区の久能山東照宮と静岡市葵区の静岡浅間神社です。
  • 御朱印で人気の神社は、富士宮市宮町の富士山本宮浅間大社と富士山頂の久須志神社です。
  • 初詣で人気の神社は、三島市大宮町の三嶋大社と熱海市西山町の來宮神社です。

さらに神社参拝の際の作法やマナーに関しても簡潔にご説明しました。
静岡には温泉や史跡などたくさんの観光地があります。
これを機に静岡の神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

シェアする

「神社・静岡」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・静岡」についてさらに知りたい方へ

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!のサムネイル画像

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!のサムネイル画像

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

神社の境内にある建物って?各々の名称や役割、配置、構造を紹介!のサムネイル画像

神社の境内にある建物って?各々の名称や役割、配置、構造を紹介!

日本で一番古い神社はどこ?日本全国の由緒ある神社を紹介します!のサムネイル画像

日本で一番古い神社はどこ?日本全国の由緒ある神社を紹介します!

日本全国の有名な子宝神社11選!正しい参拝方法やマナーも紹介!のサムネイル画像

日本全国の有名な子宝神社11選!正しい参拝方法やマナーも紹介!

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?のサムネイル画像

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?

福島県にあるおすすめ神社10選!縁結びや病気平癒、ご利益別に解説のサムネイル画像

福島県にあるおすすめ神社10選!縁結びや病気平癒、ご利益別に解説

鳥取県のおすすめ神社12選!御朱印・ご利益のある有名な神社を紹介のサムネイル画像

鳥取県のおすすめ神社12選!御朱印・ご利益のある有名な神社を紹介

新潟県のおすすめ神社10選!日本一神社が多い県の選り抜きをご紹介のサムネイル画像

新潟県のおすすめ神社10選!日本一神社が多い県の選り抜きをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・静岡」についてさらに知りたい方へ

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!のサムネイル画像

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!のサムネイル画像

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

神社の境内にある建物って?各々の名称や役割、配置、構造を紹介!のサムネイル画像

神社の境内にある建物って?各々の名称や役割、配置、構造を紹介!

日本で一番古い神社はどこ?日本全国の由緒ある神社を紹介します!のサムネイル画像

日本で一番古い神社はどこ?日本全国の由緒ある神社を紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと