墓じまいのお供え物は何がいいの?お供えの方法や後片付けを解説

墓じまいや改葬の際にもお供え物をするのが一般的とされています。しかし、基本的なお供え物として何が必要なのか分からない方も多いのではないでしょうか?また墓じまいや改葬などの法要を済ませたのち、必要となります後片付けについても合わせて解説します。

目次

  1. 墓じまいにお供え物は必要なの?
  2. 墓じまいのお供え物は何がいいの?
  3. お供えにやり方はあるの?
  4. お供え物の後片付けについて
  5. 墓じまいにお供え物は必要なまとめ

墓じまいにお供え物は必要なの?

困った人々

お墓参りの際にはお供え物をするのが一般的ですが、墓じまいや改葬の場合においても世間的にほとんどの方がお供え物をされているようです。
しかし、墓じまいに必要なお供え物にはどのようなものがあるのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、墓じまいなどの法要が済んだ後のお供え物はどうしたらいいか知っておかなければ、のちに問題になることも考えられます。
今回終活ねっとでは、墓じまいに必要なお供え物や、飲食物などの処分方法について解説します。

  • 墓じまいのお供え物は何がいいか?
  • お供え物の準備や注意点とは?
  • お供え物の後片付けについて
  • 墓じまいでお供え物をする際の注意点

以上のことについて詳しく見ていくことで、墓じまいのお供え物に関する知識を深めることができると思います。
ぜひ最後までお読みください。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいのお供え物は何がいいの?

お墓

墓じまいの際に必要なお供え物は地域や宗派によって変わる場合がありますので、一部ではありますが、どのようなものがあるのか見ていきましょう。
さらに基本的なお供え物として五供と呼ばれる、香・花・灯燭・浄水・飲食が必要とされますので、それぞれの意味についても解説いたします。

地域や宗派によってお供え物は変わってくる

墓じまいや改葬の際に、お墓へのお供え物は地域や宗派によって変わる場合があります。
もしお墓のある地域の中で、必要なお供え物などのルールが決まっているのであれば、あらかじめ調べておきましょう。

とくに決まりがない場合、ジュースや旬の果物、お菓子などがおすすめですが、日持ちの長い物や個包装タイプの物が良いかもしれません。
墓じまいや改葬が済んだ後に、ご参拝に訪れたご親族や関係者の方々に、分けてお持ち帰り頂けるのが理由です。

また宗派によってもお供え物が変わりますので、一例としてご紹介します。
たとえば浄土真宗では基本的に水は供えず、ご飯を山盛りにお供えするのが一般的ですが、曹洞宗では季節の野菜や果物、団子や水の子などを用意するのが基本とされます。
このほかにも、ご先祖様の宗派によってお供え物が異なりますので注意が必要です。

このほか、丁寧にお供えする際には海・山などの産物をお供えするところもあるようです。
たとえば海の物としてするめや昆布、山の物としてきのこや山菜をお供え物とするのが一般的とされていますので覚えておきましょう。

五供

お墓参りはもちろんのこと、墓じまいや改葬の際に基本とされるお供え物として、香・花・灯燭・浄水・飲食を用意する必要があり、これらの総称を五供といいます。
この五供の読みかたとして「ごくう」と呼ぶのが一般的ですが、「ごく」と呼ばれる場合もあるようです。

ここではそれぞれの、五供についての意味や注意事項のほか、マナーにはいったいどのようなものがあるのか一つ一つ詳しく解説していきます。

香とはお線香や抹香のことをいい、抹香とは粉末の香料でおもにご焼香などに用いられます。
香の役割としてその場に限らず、お供えした人や周りの方の身や心を浄化してくれるほか、亡くなった方の食べ物になるともいわれています。

またご家庭の仏壇にお供えする場合、臭いや煙の少ないお線香がおすすめですが、墓じまいや改葬であれば屋外ということもあり、それほど気にする必要はありません。

しかし仏様のご供養の意もあるため、安価で香りが少ないお線香ではなく少量でも構いませんので高価で、かつ香りが良いものを選ぶようにしましょう。

墓じまいや改葬の際にお供えする花は、仏さまやご先祖様に香りを召し上がっていただくためにお供えするものとされています。
花は特に高価なものである必要はありませんが、一年中緑の葉を付ける生花を用いるのが一般的です。

ここで注意しておきたいのは、花の中でもお供え物に適さないものがありますので知っておきましょう。
たとえばトゲのあるバラのほか、スズラン・彼岸花・ダリアなどには毒があることや、さらに花粉が飛びやすく香りが強すぎるユリなどは避けた方がよいかもしれません。

灯燭

とうしょくといい、ろうそくに明かりを灯すためのほか、お線香に火をつける場合にも用いられるともし火のことを指します。
また、これらの役割以外にも、暗い闇を照らし明るい悟りの道へ導いてくれるという意味も込められています。

墓じまいや改葬などで礼拝が終わった後、火をそのままにしておくことは、火災の原因となり危険ですので、火の後始末をきちんと済ませてからその場を離れましょう。

さらに注意点として、口でろうそくやお線香の火を吹き消すことは、ご先祖様に対して失礼に当たるといわれています。
一般的な消し方として手で仰ぐか、又は仏壇用のろうそく消し等を利用されることをおすすめします。

浄水

お水やお茶を墓前や仏前にお供えすることを浄水といいます。
浄水を供える理由として、仏様のように清い心を自分たちも持ちたいと願うために捧げられるといわれています。
本来は自然水が最適とされていましたが、現在では水道水でも構わないようです。

しかし、浄土真宗の場合亡くなった方への追善は必要ないとされているため浄水を必要としません。
この理由として浄土には八功徳水(はっくどすい)という、清らかな水が備えられていると言われているためです。

また故人がお酒が好きだったとして墓じまいや改葬の際に、墓石に直接お酒をかけることは止めておきましょう。
このような行為は、墓石を傷める原因にもつながりかねませんので、どうしてもお酒を使用したいのであれば、墓前に器などを用意してそこにお供えすることがおすすめです。

飲食

飲食と書いておんじきといいます。
基本的には私たちが普段から食べている主食をお供えするのが一般的とされており、炊き立てのご飯などをお供えすることで仏様やご先祖様との繋がりを確認します。

墓じまいや改葬の際に飲食をお供えする場合、ご先祖様や故人が好んでいた食べ物や季節に応じた食材を用意するのが良いとされていますが、生ものや臭いがきついものは避けましょう。

最後に飲食を片付けるタイミングとして朝なら午前中、夕方なら食べ物が傷むまえに下げ、できれば飲食として供えた物はご自身でいただくほうが良いとされています。


終活ねっとでは、五供の他にもお供え物としてふさわしいものを紹介しています。
以下のリンクから合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お墓参りでは何をお供えしたら良いのか、迷ってしまうことが多いですよね。 お花もお供え物も、何を選べば良いのかタブーが気にかかるところです。 お墓参りをした後のお供え物の扱いも、悩んでしまいますね。 ここではお墓参りとお供え物の基本的なマナーをお伝えします。

お供えにやり方はあるの?

困った人々

墓じまいを行う前や改葬を済ませたのち、食べ物や飲み物などのお供え物を用意される方も多いのではないでしょうか。

またお供え物をする際の方法や、注意しておきたいマナーがあります。
まずはお墓へのお供えの作法として半紙や懐紙を敷いてお供えする方法がありますので、紹介していきます。
さらに缶飲料は長い期間放置してはいけないといわれていることについて、理由を詳しく解説いたします。

半紙や懐紙を敷いてお供えする

墓じまいや改葬時に食べ物などをお供えする場合に注意しておきたい点として、お墓の上に直接お供えするのではなく、半紙や懐紙を敷くようにしましょう。
マナーとしてふさわしくないことはもちろん、場合によっては墓石を傷めてしまう可能性もありますので、あらかじめ用意しておくことをおすすめします。

お墓参りやお彼岸のほか墓じまいや改葬などを行う場合、半紙や懐紙の折る方法として右の角を手前に折り、90度もしくは少し右に回せば完成となります。
反対に葬儀や四十九日などの中陰の際には、左の角を手前に折るのが一般的とされています。

また、これらの方法以外にも地域や宗教によって異なる場合もあるようです。
きちんとマナーを知った上で、お供えしたいとお考えであれば、あらかじめ調べてみた方が良いかもしれません。

缶飲料は長い期間放置しない

故人が好きだった飲み物で、ビールや炭酸ジュースなどの缶飲料を墓石にお供えする場合、帰宅する際は放置せずに必ず持ち帰るようにしましょう。

特に缶の炭酸飲料などは日中の暑い中に長時間放置したままにすることで、二酸化炭素が熱で膨張し、缶が破裂するなどの危険も考えられます。
また缶飲料を長い期間放置することで、墓石に飲料が付着してサビやシミのほか、色あせなどの劣化の原因にも繋がりかねません。

大切な墓石を末永く後世に伝えていくためにも、缶飲料は長時間放置しないことをおすすめします。

お供え物の後片付けについて

お墓

故人のお墓に飲食物をお供え物として持ち込む場合、墓じまいや改葬が終わったのち、残さないようにするのがマナーとされています。
具体的な後片付けの方法として、お供えした飲食物はその場でいただくか持ち帰るかのいずれかが挙げられます。
ここではお供え物を持ち帰る理由や、お墓の前で食べるのは失礼に当たらないのかについても合わせて見ていきましょう。

墓前でいただく

まずはお墓にお供えした食べ物は、その場でいただいてしまうことをおすすめします。
お墓で食べ物をいただくのはマナー違反では?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、一つの作法とされていますのでご安心ください。
お供え物をお墓の前でいただくことは、故人やご先祖様と分け合って頂くことになり供養になるともいわれています。

もしお墓の前でお供え物を頂く場所を確保するのが難しいのであれば、墓地内にある休憩所などでも構いません。
ご先祖様に感謝し故人を偲びながら、お供え物をいただいてみてはいかがでしょうか。

持ち帰る

墓地やお墓の前でいただく場所がない場合や、どうしてもその場でいただくのが苦手な方は、お供え物を持ち帰ることがおすすめです。

この理由として墓じまいや改葬を終えたあと、供えた食べ物を放置したままにすることで鳥や動物などに食べ散らかされる可能性があるからです。
また寺院や墓地の管理者のほか、お墓参りに来られる方にも迷惑をかけてしまうことにも繋がりかねません。

近年では、ご自身が管理するお墓に食べ物などをお供えした後は、持ち帰ることがマナーとされていますので覚えておきましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいにお供え物は必要なまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、墓じまいや改葬に関する必要なお供え物や注意事項についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
以下にこれまでご説明した記事をまとめました。

  • 地域や宗派によってお供え物が変わる場合がある。また、きまりがなければお菓子や旬な果物でも構わないが、日持ちの長い個包装タイプの物がおすすめ。
  • 墓じまいやお墓参りで基本となるお供え物を五供といい、香・花・灯燭・浄水・飲食のそれぞれの物を準備する必要がある。
  • お供え物は直に置くのではなく、半紙や懐紙を敷いてからお供えする。また缶飲料などを長期間お墓に放置することで、サビやシミなど劣化の原因にもなる。
  • 飲食物などのお供え物の後片付けのマナーやルールとして墓前や墓地にある休憩所でいただくか、持ち帰るなどして飲食物をお墓に残さないようにしておく。

お供え物を準備する際にはどのようなものが必要で、また飲食物などの後片付けの方法や注意点についてお分かり頂けましたでしょうか?

また五供の一つ一つにはそれぞれ意味合いがあり、とても重要ですので忘れないよう、しっかりと覚えておきましょう。

このほか、お墓に供えた飲食物はその場に残さずいただくか持ち帰るようにしなければなりません。
お墓のある墓地は個人のみが使用するのではなく、他にもたくさんの方が利用されますので、きちんとマナーを守ることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、墓じまいに関して他にも多数記事を掲載しております。
ぜひ合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこう

少子化や地方の過疎化が進む現代で、墓じまいや永代供養という言葉を聞くようになりました。先祖代々、そしていつかは自分たちが眠るであろうお墓の未来に少しでも不安があるようでしたら、ぜひ墓じまいや永代供養について知っておきましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・お供え」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・お供え」についてさらに知りたい方へ

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこうのサムネイル画像

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこう

墓じまい後に粉骨するとどんなメリットがある?費用や注意点を紹介!のサムネイル画像

墓じまい後に粉骨するとどんなメリットがある?費用や注意点を紹介!

墓じまい・改葬は弁護士が代行してくれる?手順と費用も解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は弁護士が代行してくれる?手順と費用も解説!

墓じまいに必要な経費は?費用相場や費用を支払う際の注意点を紹介!のサムネイル画像

墓じまいに必要な経費は?費用相場や費用を支払う際の注意点を紹介!

墓じまいとは一体何のこと?墓じまいの流れや必要な費用について紹介のサムネイル画像

墓じまいとは一体何のこと?墓じまいの流れや必要な費用について紹介

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

墓じまいを親族に反対されたら?説得の方法やよくあるトラブルも紹介のサムネイル画像

墓じまいを親族に反対されたら?説得の方法やよくあるトラブルも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・お供え」についてさらに知りたい方へ

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説します

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?のサムネイル画像

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまい・改葬の離檀料とは?気になる費用相場について解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の離檀料とは?気になる費用相場について解説します!

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと