群馬県でおすすめの神社をご利益別に紹介!正しい参拝の作法も紹介!

群馬県は都心からのアクセスが良好で、温泉の数が多いことから保養地として人気です。そんな群馬県には神社も多数鎮座しています。神社にはそれぞれ祀っている神様がいて、お参りの御利益が異なります。この記事では一度は訪れたい群馬のおすすめ神社をご紹介します。

目次

  1. 群馬県の神社について
  2. 神社とは
  3. ご利益別の群馬県でおすすめの神社
  4. 神社参拝の作法
  5. 群馬県の神社まとめ

群馬県の神社について

神社

群馬県は自然が豊かで、草津温泉をはじめとした四大温泉が人気です。
小麦粉、麺料理が有名な県としても知られており、水沢うどんやほうとうは全国的に知られています。

このように観光地として多くの人々が訪れる群馬県ですが、どのような神社があり、参拝にどのような御利益があるかは知らない方も多いのではないでしょうか?

今回終活ねっとでは、ぜひ一度足を運んでほしい群馬県のおすすめ神社について、御利益の分類別にご紹介していきます。

  • そもそも神社とは

  • ご利益別の群馬県でおすすめの神社10社

  • 神社参拝の作法・マナー

以上の項目を中心に詳しく解説していきます。
群馬県の神社ではどのうな神様を祀っているかや、神社のご利益についても詳しくご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

神社とは

神社

まずは、そもそも神社とはどういった場所なのか、というところから見ていきましょう。
神社は、神様を祀るための社であり一般的には特に神道の施設のことを指します。

神道は日本固有の宗教であり、八百万の神という言葉が指す通り、様々な神様を受容する多神教であることが大きな特徴となっています。
そのため神社にはそれぞれに多様な神様が祀られており、祀られている神さまによって御利益は異なります。

日本全国では、現在8万5000を超える神社が登録されており、登録外の神社を含めるとその数は10万を超えると言われています。
群馬県には1291の神社が登録されており、魅力ある神社がたくさん点在しています。
どのような神社があり、それぞれにどんな御利益があるのかを見ていきましょう。

以下の記事では神社の種類や神宮・大社などの名前の秘密について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社にはどんな種類がある?神宮や大社などの名前の秘密に迫ります

神社の名前が神社より神宮の方が格が高そうな気がしますが、本当なのでしょうか。神社の種類は名称や成り立ちなど分類方法も様々ですが、ご利益にも違いがあります。鳥居一つとっても全く異なる経緯や意味が隠されています。ここでは何千年と続く神社の種類を詳しく説明します。

ご利益別の群馬県でおすすめの神社

神社

ここでは、群馬県でおすすめの神社をご利益別にご紹介していきます。
自分が何をお祈りしたいのかはっきりと分かっている場合は、以下で紹介する神社を訪ねてみてはいかがでしょうか。

子宝・安産

まずは、子宝・安産に関するご利益で知られている神社を2社ご紹介します。

産泰神社(前橋市)

産泰神社は、木花佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメノミコト)を祭神とする前橋市の神社です。

木花佐久夜毘売命は安産と子育てを司る神さまとして知られており、産泰神社には関東一帯から参拝者が訪れます。
女性の守護神としての神性も有するので、特に女性からの信仰が篤い神社です。

年間行事として、4月に市指定重要無形文化財の産泰神社太々神楽が奉納される産泰神社例祭、7月には牛頭天王を奉り鎮めるために行われるお祭りである産泰神社八坂祭などが執り行われています。

赤城神社(前橋市)

赤城神社は関東を中心に300以上確認される赤城神社の本宮と考えられており、他と区別するために大洞赤城神社とも呼ばれています。

山に住む女神がたくさんの神を産み落としたという伝承から、古代では山は安産の祈願地と考えられていました。

このことから神山である赤城山を祭神としている赤城神社には子授けの御利益があるとされ、信仰を集めました。
年間を通して赤城神社での安産祈願のご祈祷を申し込むことができます。

観光地としても人気があり、近年では外国人観光客の姿も多く見られるようになりました。

金運

続いて、金運のご利益があると言われている神社を2社をご紹介します。

冠稲荷神社(太田市)

冠稲荷(かんむりいなり)神社は、宇迦之御魂(ウカノミタマ)大神ほか4柱の総称である稲荷大神を主祭神としています。
京都伏見大社・妻恋稲荷神社・信太森葛葉稲荷神社などと並べて日本七社のひとつに数えられています。

群馬県指定文化財である最上流算額や、群馬県指定天然記念物の「冠稲荷のボケ」を擁する文化的にも大変意義の深い神社です。

冠稲荷神社は、商売繁盛・金運向上・商売繁盛などのほか、縁結びなどのたくさんの御利益があると言われており、特に金運に関しては全国的に広く知られています。

また、諸事情で直接参拝に行くことができないという方のために、インターネット上で絵馬や御守りの通信販売も行っています。

以下の記事では、日本七社の神社について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

日本七社の神社とは?神社参拝の正しい流れやマナーも解説!

日本全国には数多くの神社が鎮座していますが、なかでも日本七社と呼ばれる由緒ある神社があることをご存知ですか?名前は知っていてもどんな神社かは知らないという方がほとんどかもしれません。今回終活ねっとでは日本七社の詳しい解説と神社参拝の作法についてご紹介します。

妙義神社(富岡市)

妙義神社は、上毛三山のひとつに数えられる妙義山の山麓に位置しています。
妙義山信仰の中心となっている神社であり、黒と金のコントラストが美しい本殿は国指定重要文化財にも指定されています。

日本武尊(ヤマトタケル)や豊受大神(トヨウケビメ)を主祭神としており、商売繁盛・出世運・仕事運向上などの御利益があると言われています。

境内に鎮座している巨木は特に金運の運気アップに効果があると言われており、多くの方が訪れる人気のスポットとなっています。

また、平成26年には小惑星にこの妙義神社の名前である「Myogizinzya」が登録され話題となりました。
小惑星に神社名が使われたのはこれが初めてのことです。

初詣

ここでは、初詣に人気の群馬の神社を2社ご紹介します。

榛名神社(高崎市)

榛名(はるな)神社は榛名山の山神を祀る神社で、火の神・火産霊神(カグツチ)と土の神・埴山姫神(ハニヤス)を主祭神とする創建1400年の由緒正しい神社です。
榛名神社の建造物6棟は国指定重要文化財に登録されています。

新年を迎える0時には天狗餅まきが始まり、榛名神社を訪れた多くの人々でにぎわいます。
境内は広く、山門から本殿は550m以上離れているので徒歩で移動するには15分ほどかかります。

大晦日には毎年多くの人々が集まり、周辺は混雑するので、訪れる際は余裕を持って行動するようにすると良いでしょう。

一之宮貫前神社(富岡市)

一之宮貫前神社は、経津主命(フツヌシニノカミ)・姫大神を主祭神とし、樹齢1200年の藤大杉・蛙の木・樹齢推定1000年のスダジイ・富岡の名木10選の1つである銀杏といった天然記念物が見られる神社です。

71の年間行事を行っており、1月7日の生弓矢生太刀神事や12月1日の御神酒醸り神事といった特殊な神事を催しているのが特徴的です。

初詣でのお守りなどの供与は12月31日~1月1日は19時まで、1月2日以降は8~17時までとなっていますのでご注意ください。
例年10~18時は特に込み合う時間帯となっているため注意が必要です。

結婚式

神社で神前婚を挙げるのに人気の神社を2社ご紹介します。

進雄神社(高崎市)

進雄(スサノオ)神社は、主祭神として速須佐之男命(スサノオノミコト)・稲田姫命(クシナダヒメノミコト)を奉じています。

家内安全・子育・家運隆盛のご利益があると言われており、結婚式の場として人気があります。

神前結婚式は550名まで参列可能で、挙式時間は約30分ほどです。

伊勢崎神社(伊勢崎市)

伊勢崎神社は、鎌倉時代初期の武将である三浦義澄によって飯福神社として創建され、いいふくさまの愛称で親しまれてきました。

大正15年に近郷の神社と合祀、伊勢崎神社に改名して現在に至ります。
主祭神は保食神(モケウチノカミ)、八衢比古命(ヤチヒコノミコト)、ほか二十八柱です。

伊勢崎神社では小規模な結婚式を行っており、新郎新婦お2人だけの式や、ご家族・親戚だけを招いての慎ましい式を挙げることができます。
古式ゆかしい伝統美ある神前結婚式は強く思い出に残るでしょう。

御朱印

御朱印が人気の群馬の神社を2社ご紹介します。

於菊稲荷神社(高崎市)

於菊稲荷神社は、お稲荷様をお祀りする神社です。

神社の名前に入っている於菊(おきく)というのは伝承に登場する村娘の名前です。
心優しく周囲から慕われていた於菊は、ある日病気にかかって住む家を失ってしまいます。

不憫に思った周囲の人々が稲荷神社の傍に小屋を立てて面倒見てあげていましたが、ある時稲荷の神様の声を聴き巫女として目覚め、以降神社のために尽力したというお話です。

この説話が広がって於菊稲荷神社と呼ばれるようになりました。
御朱印はこの於菊のイラストが描かれており、温かみのあるかわいらしい絵柄から大変人気があります。

八坂神社(太田市)

八坂神社は、生きた白蛇がみられることで有名です。
白蛇は大変希少な生き物で、全国的に縁起の良い生き物として信仰の対象となっています。
七福神の一柱として知られる弁財天の神使であり、開運と富の象徴とされています。

八坂神社の御朱印はカラフルで色彩の鮮やかさが人気となっています。
様々な色の御朱印が多数取り揃えられており、毎月デザインが変わるものや季節ごとにデザインが変わる御朱印もあり、蒐集している方もたくさんいらっしゃいます。

神社参拝の作法

null

せっかく神社にお参りをするのであれば、できるだけ丁寧に礼に則って参拝をしたいものです。
しかし、正式な作法についてご存知ないという方も、たくさんいるのではないのでしょうか。

礼法や作法と聞くと厳格なイメージで敬遠しがちになるものですが、実際にはそう難しいことはありません。

以下で神社での参拝の作法についてご紹介します。

  • 鳥居をくぐる

    鳥居は外界と神域とを隔てる結界としての役割があると言われています。
    鳥居をくぐるということは神さまの領域に入るということなので、その際には一礼しましょう。

  • 手水をとる

    次に入手水舎の水で心身を清めます。作法としては、まず右手で柄杓を持ち、左手に水をかけます。次に、同様に左手で柄杓を持ち、右手に水をかけます。続いて再び柄杓を右手に持ち直し、左手の平に水を注ぎ、その水で口をすすぎます。最後にもう一度左手に水をかけて柄杓を伏せて置きます。

  • 拝礼

    神前に立ったら賽銭箱にお賽銭を入れます。
    続いて二礼二拍手一礼の手順で拝礼し、最後に会釈をしてから一歩下がります。

神社によっては異なった作法がある場合もあります。
しかし、作法とは敬意を表現するために行うことですので、最も重要なのは心をこめてお祈りすることです。

あまり形式にとらわれる過ぎることなく、心の表し方の一例であるということを意識すると肩から力を抜いてリラックスして臨めることでしょう。

以下の記事では神社のマナーや注意点についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!

最近では神社での御朱印集めが趣味だという方も増え、旅先で神社に参拝する機会も増えているのではないでしょうか。しかし、神社の参拝方法やマナーがわからないという疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。今回は神社参拝の作法やマナーについて詳しくご紹介します。

群馬県の神社まとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、群馬県のおすすめの神社や参拝の作法について詳しくご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 神社ってなに?

    神社とは、神さまを祀るための社であり、主に神道の施設を指す。日本全国では現在8万5000の神社が登録されており、群馬には1291の神社が鎮座している。

  • ご利益別の群馬県でおすすめの神社をご紹介

    群馬県でのおすすめ神社を、子宝・金運・初詣・結婚式・御朱印のご利益・目的別にご紹介した。

  • 神社参拝の作法について

    作法の手順としては、①鳥居をくぐる際に一礼する②入手水舎で左右の手を清め、口をすすいで最後に再び左手を清める③神前に立ったらお賽銭を入れてから二礼二拍手一礼し、最後に会釈をしてから下がる。

この記事で紹介されている神社以外にも群馬県には魅力的な神社がたくさんあります。
群馬にお越しの際は、あまり知られていない神社も訪ねてみて、ご自分の目で魅力を発見することも有意義なのではないでしょうか。
この記事が神社の新たな魅力を見つけるための一助となれれば幸いです。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社とお寺の違いについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

「神社・群馬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・群馬」についてさらに知りたい方へ

神社の造りとそれぞれの名称をご紹介!お寺との違いについても解説のサムネイル画像

神社の造りとそれぞれの名称をご紹介!お寺との違いについても解説

神社とお墓に同じ日に「おまいり」してもいいの?のサムネイル画像

神社とお墓に同じ日に「おまいり」してもいいの?

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介のサムネイル画像

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介

神社の本殿と拝殿の違いって何?神社でのマナーもご紹介します!のサムネイル画像

神社の本殿と拝殿の違いって何?神社でのマナーもご紹介します!

初詣で有名な関西の神社10社を紹介!正しい参拝の作法も解説!のサムネイル画像

初詣で有名な関西の神社10社を紹介!正しい参拝の作法も解説!

神社の総代の役割とは?宮司・役員との関係や規則についても解説のサムネイル画像

神社の総代の役割とは?宮司・役員との関係や規則についても解説

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説しますのサムネイル画像

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説します

北海道で訪れてみたい神社をご紹介!縁結びで有名な神社も解説しますのサムネイル画像

北海道で訪れてみたい神社をご紹介!縁結びで有名な神社も解説します

神社と方角の関係性って?神棚やお札を祀る際の方角についても解説!のサムネイル画像

神社と方角の関係性って?神棚やお札を祀る際の方角についても解説!

富山県の有名な神社10選!お祓いや初詣で有名な鳥取の神社を紹介!のサムネイル画像

富山県の有名な神社10選!お祓いや初詣で有名な鳥取の神社を紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・群馬」についてさらに知りたい方へ

滋賀県のオススメの神社10選!初詣・御朱印で有名な神社ご紹介のサムネイル画像

滋賀県のオススメの神社10選!初詣・御朱印で有名な神社ご紹介

神社のお賽銭の意味や歴史は?縁起のいい金額や悪い金額も紹介!のサムネイル画像

神社のお賽銭の意味や歴史は?縁起のいい金額や悪い金額も紹介!

神社の鈴(鐘)を鳴らす意味は?鳴らし方について詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社の鈴(鐘)を鳴らす意味は?鳴らし方について詳しく紹介します!

神社で見かける幣束ってご存知ですか?読み方や由来や作り方を紹介!のサムネイル画像

神社で見かける幣束ってご存知ですか?読み方や由来や作り方を紹介!

関東最強の守護神、平将門を祀った神社のまとめのサムネイル画像

関東最強の守護神、平将門を祀った神社のまとめ

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと