神社参拝で行う二礼二拍手一礼の正しい作法・意味を知っていますか?

神社参拝で行う二礼二拍手一礼の正しい作法・意味を知っていますか?

神社参拝をする際に私たちは必ず二礼二拍手一礼を行いますが、その由来や意味、正しい作法についてご存知ですか?今回は、神社で行う二礼二拍手一礼の正しい作法や意味を中心に、神社参拝にまつわるマナーや注意点をご紹介します。

最終更新日: 2020年03月07日

神社の二礼二拍手一礼について

神社

私たちは普段から神社への参拝の時に必ず二礼二拍手一礼を行っています。
しかし、そもそもなぜ二礼二拍手一礼を行うのかの由来や意味、そして正しい作法をご存知でしょうか?

あまり深く考えず、周りの参拝者の方々に合わせてなんとなく行っているという方も多くいらっしゃると思います。
しかしその一つ一つの動作には意味が込められており、正しい順序というものが存在しています。

そこで今回、「終活ねっと」では神社での二礼二拍手一礼について以下の点を中心に紹介いたします。

  • 神社とは?

  • 二礼二拍手一礼の由来や意味とは?

  • 二礼二拍手一礼の作法について

  • 神社参拝の方法について

  • 神社参拝時の服装マナーについて

  • 神社のお参りに適した時間帯とは?

二礼二拍手一礼の正しい作法だけではなく、神社への参拝方法や適した服装、時間帯について詳しく紹介させていただきます。
ぜひ最後までご覧ください。

神社とは?

神社

まず初めに神社とはいったい何かを学んでいきましょう。

神社とは、神道の神様たちを祀るための建物や施設のことです。
神道の神様は「八百万」と呼ばれるほど様々であり、偉人や国家の功労者などの霊から自然、動物を崇拝対象としています。

崇拝対象が多彩であったため、以前は決まった建物が存在していませんでした。
しかし時代が移り変わるに連れ、神様を祀るための神殿が建てられるようになり、現在の神社のような形になったとされています。

神社は拝殿、幣殿、本殿の3つの建物が中心となっています。

拝殿は私たちが参拝をするために訪れる場所であり、一般的には境内で一番大きな建物です。
厄除けやご祈祷の際にあがるのも拝殿であり、私たちにとって一番馴染み深い存在であると言えます。

幣殿は拝殿と本殿の中間に位置し、その2つを繋ぐ役割を持っています。
しかし、拝殿と一体となっていたり、そもそも建物自体がない神社も多くあります。

本殿はご神体が安置されている場所です。
神職の方々でも本殿に入ることがほとんどないほど神聖な場所であり、一般の参拝者が足を踏み入れることはほとんどありません。

また、神社を構成する上で非常に重要となるのが鳥居です。
鳥居の内側は神域とされており、神域とは神様の宿る場所のことを指します。
いわば、鳥居とは私たちの住む世界と神様の住む世界の境界線のようなものです。

神社とは一体どんな場所なのかについて、以下の記事でさらに詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

神社での二礼二拍手一礼について

神社

次に、神社参拝時に行う二礼二拍手一礼の由来や意味について解説していきます。
拍手を打つ回数など独自に参拝方法を定めている神社もありますので、そちらも合わせて紹介いたします。

二礼二拍手一礼の由来

現在の参拝方法として有名な二礼二拍手一礼のルーツは戦前から存在するといわれています。

以前の日本では、参拝には決まった作法や形式というものが特に存在せず、参拝者は神職の方々に合わせて拍手やお辞儀を行っていました。

明治8年に頒布された祈年祭の要綱の中で統一化の兆しが見え、昭和17年には二礼二拍手一礼の素を貴族院が法制化しました。

その後、戦後の統制下の中で「二礼二拍手一礼」が定着していき、現在まで伝わっているとされています。

二礼二拍手一礼の意味

二礼二拍手一礼の意味について、それぞれの動作をもとに考えてみましょう。

まず最初の二礼ですが、これは深いお辞儀をすることで神様への敬意と感謝の気持ちを表しています。

次に二拍手は、神様に自分が来たことを伝えるという役割を持ちます。
これは、鈴を鳴らすことと同じような意味を持つと言われています。
また拍手は柏の葉のように手をそろえて行うことから柏手(かしわで)とも呼ばれています。

最後に行う一礼は、話を聞いてくださった神様への感謝の気持ちを込めて行います。

二礼二拍手一礼のさらに詳しい意味については、後ほど作法と一緒にご紹介いたします。

拍手は独自の回数を定める神社もある

ほとんどの神社では二礼二拍手一礼の参拝方法が行われていますが、拍手の回数や方法を独自に定めている神社もあります。
その中でも特に有名な神社である出雲大社と伊勢神宮の参拝方法についてみてみましょう。

  • 二礼四拍手一礼(出雲大社)

    出雲大社で行われている通常の参拝方法です。
    四回拍手を打つことで人と神様の魂である一霊四魂を表していると言われています。
    その考えから出雲大社では四という数字は幸せを呼ぶ縁起の良い数字とされています。

  • 二礼八拍手一礼(出雲大社)

    こちらも出雲大社で行われている参拝方法ですが、5月に行われる例大祭の時のみの特別なものとなります。
    八という末広がりの数字は無限を連想させ、無限の拍手と祈りを神様にささげるという意味を込めて行われています。

  • 八度拝八開手(伊勢神宮)

    八度の深いお辞儀の後に、八回拍手を打つ伊勢神宮特有の参拝方法です。
    8回という数字には「八方に向けて礼をする」という意味が込められています。
    この方法は伝統的な礼拝方法であり、神職・神主が祭祀などで深い祈りをささげるときに行われてきました。

伊勢神宮の参拝方法は神職・神主のみが行う特別なものとされているため、一般の参拝者は二礼二拍手一礼を行うようにしましょう。

また、このほかにも独自の参拝方法を定めている神社が少なからず存在しています。
不安な方は拝殿の近くに注意書きや立て看板がないか探すか、事前にその神社の神職の方々に確認するようにしましょう。

神社での二礼二拍手一礼の作法

神社

それでは二礼二拍手一礼の正しい作法について、一つ一つの動作に込められた意味や願いなどと併せて詳しく説明させていただきます。

正しい作法を学ぶことでその中にある心を学び、神様へのお祈りと敬意、そして感謝の気持ちをしっかりと伝えられるようになりたいですね。

一礼

礼拝での作法は二礼二拍手一礼のみではなく、その前後にも大事な動作があります。
しっかりと確認しておきましょう。

まず最初に、一礼をして社の前へ進みます。
神様のいる社へお邪魔させていただく挨拶をするという気持ちで行いましょう。

角度は40度ぐらいで行うのが良いとされています。
また、手荷物を持ったままだと神様に対し失礼になってしまうので、足元に置いてから行うようにしましょう。

鈴を鳴らす

続いて、賽銭箱の上にある鈴を揺り動かして鳴らします。
この鈴を鳴らす行為には、神様に自分が来たことを伝えるだけでなく、自身を祓い清めるという意味が込められています。

祭祀の時に神楽を舞う巫女が鈴を鳴らしながら舞うのも、同じように自らを清めるためだそうです。
神社で聞く鈴の音に心安らぐのはこういった意味があるからかもしれませんね。

また、参拝が混雑する時期には鈴を鳴らすことを省略している神社もあります。
その際は、作法に従い無理に鈴を鳴らす必要はありません。

お賽銭を入れる

鈴を鳴らし自らを祓い清めた後は、お賽銭を入れましょう。

お賽銭は、海の幸や山の幸、あるいは農作物など私たちが神様から与えられたものをお供えするところから始まりました。
それが貨幣の普及に伴い、金銭をお供えする現在の形に変化していきました。

上記の通り神様へのお供え物が由来となっているお賽銭ですので、勢いよく投げず丁寧に置くようにして入れるようにしましょう。

ちなみに、お賽銭には5円玉を使用するべきという言い伝えを聞いたことがある方は非常に多くいらっしゃると思います。
5円玉が縁起が良いとされているのは確かですが、実はお賽銭の金額に決まりはありません。

お賽銭の金額相場については以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

二礼

ここからが二礼二拍手一礼の動作となります。

まず最初に、神様への敬意と感謝の気持ちを込めた深いお辞儀を二回行います。
このときの角度は90度ぐらいで行うことが望ましいとされています。

普段から感謝を伝えたり感動の表現として行われるお辞儀ですが、いつも以上に気持ちを込めて行うのが大切であると言われています。

二拍手・お祈り

続いて拍手を2回行い、神様へのお祈りを捧げます。

このとき行う拍手はぴったりと両手を合わせるのではなく、右手を少し下へずらして打ちましょう。
手をずらすという行為には「神様と人はまだ一体となっていない」という意味があります。
右手を自分自身、左手を神様として例え、自分自身(右手)が神様(左手)よりも下がることで神様を敬う気持ちを表しているのではないかといわれています。

2回の拍手で神様に自分が来たことを伝え、その後初めて神様へのお祈りを捧げることができると考えられているそうです。

お祈りの際にも注意が必要です。
まずはお礼と自己紹介を行い、普段から見守ってもらっていることに対しての感謝を伝えます。
そして、その後のお祈りですが、神様に願い事が叶うよう頼むというのは実は正しくありません。
「自分はこの目標を必ず達成する」ということを神様に誓う・約束する、というのがお祈りの正しい作法になります。

自分の目標を口に出し、達成を神様に誓うことで自分自身を奮い立たせる、ということなのですね。

一礼

最後に、先ほどと同じように90度のお辞儀を今度は一回だけ行います。
しっかりと深いお辞儀をすることで、私たちのお祈りや願いを聞いてくださった神様に対する感謝の気持ちを伝えましょう。

神社参拝の方法

神社

ここまで、礼拝時の二礼二拍手一礼の作法について解説してきました。
それでは、神社参拝そのものに作法はあるのでしょうか?

参拝は鳥居をくぐる前から始まり、最後に鳥居を出るところまでで一セットです。
それでは神社参拝の方法について簡単に説明していきます。

鳥居をくぐる

前述の通り、鳥居の内側からは神域とされています。
神様のいる地に足を踏み入れる前に、身だしなみをしっかりと整え、一礼をしてからくぐりましょう
帽子をかぶっている場合は外し、コートも可能な限り脱ぐようにしましょう。

神域では、道の中心は神様が通る場所であると考えられています。
そのため、参道は中心を避け端を歩くようにしましょう。

手水舎で手を清める

次に、手水舎で手と口を清めます。
順序は以下のようになります。

  • 柄杓を右手に持ち、左手を清めます。

  • 柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。

  • 再び柄杓を持ち替えて、左手に水をため口を清めます。

  • 再度、左手に水をかけて清めます。

  • 柄杓を傾けて柄の部分を洗い流し、触った場所を清めます。

注意点として、一連の動作を柄杓一杯の水で行うという点が挙げられます。
水が足りなくなってしまわないように注意しましょう。

また、柄杓に直接口をつけることも厳禁とされています。
必ず左手に水をためてから口を清めるようにしましょう。

礼拝を行う

先ほどご説明した二礼二拍手一礼の正しい作法で、神様へのお祈りを行います。
落ち着いた気持ちで礼拝を行い、神様への敬意と感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

鳥居をくぐる

帰路につく際に再び鳥居をくぐりますが、くぐる前に一度本殿の方を向いて一礼しましょう。
神域という神様の居場所に居させてもらったことに対し、お礼を言って帰路につきたいですね。
もし御朱印をお願いしている場合にはこの前に取りに行きましょう。

神社参拝の方法やマナーについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

神社参拝時の服装マナー

人々

神社参拝時の服装はどのようなものが良いとされているのでしょうか。

ここでは、通常参拝の場合と、昇殿参拝の場合に分けて神社参拝時の服装のマナーについて解説していきます。

通常の参拝

通常参拝の時の服装については、特に決まりはありません
スーツなどのフォーマルな格好ではなく、比較的カジュアルな服装でも良いとされています。

しかし、あまりにも派手な色の服は控えるのが好ましいです。
なるべく原色の服は避けるようにしましょう。

また、肌の露出もできるだけ控えましょう。
特に女性のスカートは、一般的にはひざが隠れるくらいの丈のものが良いとされています。

昇殿参拝

昇殿参拝とは、社殿に上がり神職の方々に祝詞をあげてもらう参拝のことです。
そのため、通常の参拝の時のようなカジュアルな服装は避けた方が良いでしょう。

男性の方であればスーツなどのフォーマルな恰好、女性であれば色付きのスーツかワンピースを着用するようにしましょう。

神社参拝時の服装マナーについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

神社のお参りに適した時間帯って?

神社

神社参拝を行う際に気になるのが、その時間帯です。
参拝に最も適した時間帯は何時ごろなのでしょうか?

ここでは神社参拝に適した時間帯について簡単に紹介いたします。

神社参拝に適した時間帯

一般的に神社参拝に良いとされている時間帯は、早朝から午前中の間です。
その理由は非常に多岐にわたります。

有力な説として、朝の時間帯は空気が澄んでおり気持ちが晴れ、落ち着いた気分でお祈りができるからというものがあります。

また他にも、その日に届く祈りの少ない時間帯である早朝から午前中の間に祈りをささげることで、神様により早く届きやすいとも言われています。

しかし、これらの説は神社側が明確に定めたルールや決まりではなく、あくまで言い伝えに過ぎません。

夕方や夜の参拝は大丈夫?

「神様のための時間である」「神様がいない時間である」といった理由から、夕方や夜の参拝は避けるべきであるという言い伝えを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
果たして、夕方や夜の参拝は好ましくないのでしょうか?

結論から行ってしまえば、夕方や夜に参拝すること自体は可能です。
こちらも早朝から午前中の間の参拝と同じく、神社が明確に定めたルールや決まりではなく、あくまで言い伝えに過ぎません。
実際に、24時間の立ち入りを許可している神社も多く存在します。

しかし、夜に参拝をする際には注意が必要です。
まず、神社が十分な照明設備を擁していない場合があり、暗い中で歩き回ると転倒などの事故に繋がる恐れがあります。
また、24時間立ち入ることができても社務所が早くに閉まってしまうこともあり、お守りや絵馬をいただくことが叶わないこともあります。

以上の注意点があることから、夕方や夜の参拝は可能ではあるが、やはり早朝から午前中の間の参拝がベターであると言えます。

神社参拝に適した時間帯については以下の記事でさらに詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

神社の二礼二拍手一礼についてのまとめ

神社

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では二礼二拍手一礼の作法や意味などについて紹介いたしました。

  • 神社とは神様たちを祀るための建物や施設のことであり、鳥居の内側は神域であるとされている。

  • 二礼二拍手一礼のルーツは戦前からある。

  • 二礼二拍手一礼は、最初の二礼で神様への敬意と感謝を伝え、二拍手で自分が来たことを伝える。
    その後神様へのお祈りを行い、最後に聞いてくださったことへの感謝の気持ちを込め一礼する。

  • 神社参拝はまず鳥居をくぐって参道を歩いてから手水舎で身を清める。
    その後礼拝を行い、また参道を歩いて鳥居をくぐる。

  • 通常参拝時の服装に特別な決まりはないが、原色や露出が多いものは控える。
    昇殿参拝の時は男性の方であればスーツなどのフォーマルな恰好、女性であれば色付きのスーツかワンピースを着用するのが望ましい。

  • 夕方や夜の時間帯の神社参拝は可能だが、様々な注意点があることから早朝から午前中の間の参拝がベター。

私たちが神社参拝の時に行う二礼二拍手一礼とは、神様への敬意と感謝を込めて行う大切な作法だったのですね。
これまでなんとなく行っていた方々も、今回の記事で改めてその重要さを知ることができたのではないでしょうか。
ぜひ、次回からの神社参拝にいかしてくださいね。

「終活ねっと」では他にも神社に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事