神社と方角の関係性って?神棚やお札を祀る際の方角についても解説!

日本には古くから「鬼門」など、方角に関する思想が存在します。生活の中で身近になっている神社ですが、神社と方角にも関係性はあるのでしょうか?今回は、神社と方角の関係性を解説するとともに、家庭で神棚やお札を祀る際の方角についても詳しく紹介していきます。

目次

  1. 神社と方角について
  2. 神社とは?
  3. 神社と方角の関係性
  4. 家で神棚を祀る方角はどうすれば?
  5. 神社と方角についてのまとめ

神社と方角について

神社

初詣や七五三、お宮参りなど、生活の中で身近となっている神社ですが、神社と方角の関係性について考えてみたことはありますか?

「鬼門」という言葉があるように、日本には古くから方角に関する思想が存在します。
果たして、神様を祀っている神社にもそのような思想は反映されているのでしょうか?

今回終活ねっとでは、神社と方角の関係性についてご紹介したうえで、家庭で神棚やお札を祀る際の方角についても解説していきます。

  • そもそも神社とはどんなもの?
  • 神社と方角に関係性はあるのか?
  • 家で神棚を祀る場合、どの方角がいいのか?

以上の項目について解説していきます。
神社と方角について気になったことがある方も、そうでない方も、ぜひ最後までお読みください。

神社とは?

神社

神社とは、簡単に言えば日本の神様を祀っている場所です。
もともとは、山や海、滝や森などに神様が宿っているとして、自然そのものを信仰の対象としてきたため、常設された建物はありませんでした。

時代の流れとともに、神様を祀った祭殿を建てるようになり、神の世界と俗世界の境界としての鳥居が作られるようになったといわれています。
現代でも鳥居の内側は神の聖域とされ、神様が降りてくる場所、神様が宿る場所と考えられています。

終活ねっとでは、終活に限らず神社についても様々な記事を紹介しています。
もっと詳しく神社について知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

神社にはどんな種類がある?神宮や大社などの名前の秘密に迫ります

神社の名前が神社より神宮の方が格が高そうな気がしますが、本当なのでしょうか。神社の種類は名称や成り立ちなど分類方法も様々ですが、ご利益にも違いがあります。鳥居一つとっても全く異なる経緯や意味が隠されています。ここでは何千年と続く神社の種類を詳しく説明します。

神社と方角の関係性

神社

それでは、神様を祀っている神社と方角の関係性について解説していきます。

神社と鬼門の関係

こちらでは、神社と鬼門の関係について解説していきます。
まずは鬼門とは何かについてからご説明していきましょう。

鬼門とは

鬼門には何をするにも避けなければならない方角という意味があり、北東の方位にあたります。
もともとは、中国から来た考えのようです。

昔から鬼門は、鬼が出入りする方角といわれていて、陰陽道では不吉な方角とされてきました。
全ての事柄に関して忌む方角であるとされています。

また、鬼門である北東とは正反対の方角である南西は「裏鬼門」と呼ばれ、鬼門と同じように不吉な方角として忌み嫌われています。

鬼門と神社の関係

その昔、都市計画においても鬼門思想は重視されてきたようです。
江戸時代には、江戸城を中心に四方向に結界を張り巡らせ、江戸城から見て鬼門の方角に寛永寺を、裏鬼門の方角に増上寺が置かれたといわれています。

特に増上寺は江戸の守り神といわれていて、増上寺から鬼門の北東方向に向けた直線上に神社や寺院を作り、鬼門封じをしたと考えられています。

また、江戸の三大祭りである神田神社の神田祭や、浅草寺の三社祭、日枝神社の山王祭などは、江戸城からみての鬼門と裏鬼門を清めるという意味合いがあったようです。

不吉な方角と忌み嫌われていた鬼門から悪霊(鬼)が入ってこないよう防ぐために神社は建てられたといっても過言ではありません。
鬼門と神社には深い関係があったのです。

神社そのものの方角

神社と鬼門の関係について理解できたところで、神社そのものの方角はどうなのでしょうか?
建てる際の方角に特別な決まりなどがあるのかどうか解説していきましょう。

神社の本殿は南か東を向いているって本当?

日本に数多くある神社ですが、その本殿はほとんどが南か東を向いて作られています
西向きや北向きの神社が全く存在しないわけではありませんが、そのも数はとても少ないようです。
なぜ神社の本殿は南向きや東向きが多いのでしょうか?

  • 神社の本殿は南向きが多い理由

    「天子は南に面す」という、古代中国の思想からきているといわれています。
    天子とは皇帝のことで、日本でいえば天皇陛下にあたります。
    昔から位の高い人は、南を向いて座っていたという言い伝えです。

    神社に祀られている神様も、いわば私たちよりも位が高い存在です。
    そんな神様が降りてくる場所・宿っている場所と考えられている神社の本殿を南向きに作ることで、神様に敬意を示すという意味合いがあるようです。

  • 神社の本殿は東向きが多い理由

    太陽は東から昇り西へ沈みます。
    一日のスタートともいえる清々しい朝日がみられるのも東の方角です。
    そのため、東という方角は明るさの象徴といわれています。

    東は太陽が昇ってくる方角のため、一日をスタートする方向としてとても勢いがある方角と考えられているのです。
    このような理由から、本殿は東を向いて作られたという説もあるようです。

神社の本殿は南や東を向いていることが多いのには、れっきとした理由があることがわかりました。
しかし、その理由にあてはまらない考え方もあるようです。
以下で説明していきましょう。

崇拝対象の位置によって決まる

神様に敬意を示す意味で南向き、太陽が昇ってくる勢いがある方角という説で東向きなど、神社の本殿は南や東を向いていることが多いようですが、それとは少し違う考え方が存在します。

それは、崇拝対象の位置によって方角が決まるという説です。

例えば、山の神様は山に向かって拝みますし、海の神様は海に向かって拝むことが多いはずです。
このような場合、拝む方角というのは、山の位置や海の位置によって変わってきます。

山が東側にあれば東を向いて拝むため、本殿はその逆の西側を向いていることになります。
また、海が南側にあれば南を向いて拝むので、本殿はその逆の北側を向いていることになります。

いわば、崇拝する神様(山や海など)がどの方角にあるのかによって、本殿の向きが決まるということです。

家で神棚を祀る方角はどうすれば?

神棚

では、家で神棚を祀る場合の方角に決まりはあるのでしょうか?
詳しく解説していきましょう。

神棚を祀る方角

神棚は神様の分身であり、私たちよりも位が高い存在と考えられています。
神様に敬意を示すためにも、神棚を祀る方角は神社の本殿の向き同様、南向きか東向きがよいといわれています。

この場合、家の中の南側や東側に神棚を祀るという意味ではないので注意してください。
神様が南を向くように(あるいは東を向くように)祀るという意味です。

お札の正面が南や東の方角を向くようにお祀りします。
逆に説明すると、神棚は北や西の方角に背を向けるということになり、家の中心から見て北側や西側に神棚を祀るのがよいということです。

家の構造によっては、北側や西側に祀ることが難しい場合もあると思います。
北や西に祀らなければ運気が下がるのではと、心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、一番大切なのは神様を大切に思う心や神様への感謝の気持ちです。
そのような心配は不要ですので、安心してください。

神棚を祀る場所

神棚を祀る場所は、家の中でも清らかで明るい場所がよいとされています。
神棚に汚れが付かないように、清潔な場所を選ぶのがとても大切です。

いくら方角が北や西だったとしても、汚れを落とす場所であるお風呂場やトイレなどに祀るのは絶対にNGです。
台所も調理の際の汚れが飛び散る可能性があるため、避けた方がいいでしょう。
人が往来する出入り口のドアの上などは騒がしい場所となり、神棚を祀る場所として最適とはいえません。
また、神棚と仏壇を向かい合わせて祀ることも避けた方がいいといわれています。

厄除け・厄払いのお札は?

神社で頂いた厄除けや厄払いのお札も、神棚に祀ることが一般的とされています。
しかし、現代の住宅事情として神棚がないご家庭も多いと思います。
そのような場合は、次の3つのポイントに注意して祀るようにしましょう。

  • 立った状態で目線より高い場所に祀る。
  • 明るく清潔な場所に祀る。
  • 仏壇の中に祀るのはNG。

目線よりも高い場所にあるタンスや棚の上に祀るのがいいでしょう。
お札の上に白い紙やハンカチなどを置くことで、神棚の代わりになるようです。
この場合も、お札の正面が南(あるいは東)を向くのが望ましいですね。

立てかけることが難しい場合は、壁に貼り付けて祀ることもOKですが、お札を画びょうで刺すことはよくないとされています。
できるだけテープなどで貼るようにしてください。

どうしても画びょうを使用する場合は、お札をひと回り大きい厚紙に貼り、厚紙の方に画びょうを刺すようにしましょう。

厄払いについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説します

ついていないと感じるときは厄払いしてもらいたい気分にもなりますよね。 でも厄年や神社の厄払いとはどいうことなのか、いつ、どのようにしたらよいのか、費用も気になりますね。 この記事では神社の厄払いについて、厄払いの流れ、料金相場や服装を含めて分かりやすく説明します。

神社と方角についてのまとめ

神社

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、神社と方角の関係性や、家庭で神棚やお札を祀る際の方角についてご紹介してきました。
神社についてより深く知るきっかけになったのではないでしょうか?

今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 神社とは、神様が降りてくる場所・神様が宿る場所である。
  • 神社の本殿の向きに決まりはないが、南や東の方角を向いていることが多い。
    また、崇拝対象の位置によってその方角が変わる場合もある。
  • 神棚は神様の分身。正面が南や東を向くように、家の北側や西側に祀るのがよい。
  • 神棚を祀る場所は、清らかで明るい場所にする。
  • 厄除けや厄払いのお札を直接画びょうで刺すのはNG。

終活ねっとでは神社に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。
ぜひそちらの方もご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

神社のマークって何?どんな形?由来や意味、種類を徹底解説します!

神社へ初詣に行った時や地図を確認する時によく描かれているマークを見かけます。しかしそのマークがどのような由来や意味があるのかを知らないという方も少なくありません。今回はそんな神社のマークの由来や意味、どんな種類があるのか解説していきたいと思います。

「神社・方角」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・方角」についてさらに知りたい方へ

高知県のおすすめ神社8選!坂本龍馬に縁のある神社をご存知ですか?のサムネイル画像

高知県のおすすめ神社8選!坂本龍馬に縁のある神社をご存知ですか?

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!のサムネイル画像

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!

神社で授与される矢とは?矢の置き場所など詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社で授与される矢とは?矢の置き場所など詳しく紹介します!

神社の本殿の向きや方角に意味はあるの?家で祀る神棚の向きも紹介のサムネイル画像

神社の本殿の向きや方角に意味はあるの?家で祀る神棚の向きも紹介

なぜ神社のお札を大麻と呼ぶの?伊勢神宮の神宮大麻についても解説!のサムネイル画像

なぜ神社のお札を大麻と呼ぶの?伊勢神宮の神宮大麻についても解説!

神社にお礼参りに行こう!必要なものや作法・マナーについてを解説!のサムネイル画像

神社にお礼参りに行こう!必要なものや作法・マナーについてを解説!

滋賀県のオススメの神社10選!初詣・御朱印で有名な神社ご紹介のサムネイル画像

滋賀県のオススメの神社10選!初詣・御朱印で有名な神社ご紹介

神社のお賽銭で5円玉がないときは?5円玉以外で縁起の良い額とは?のサムネイル画像

神社のお賽銭で5円玉がないときは?5円玉以外で縁起の良い額とは?

ご利益を得る神社参拝の方法とは?神社ごとのご利益の種類もご紹介!のサムネイル画像

ご利益を得る神社参拝の方法とは?神社ごとのご利益の種類もご紹介!

東京で有名な厄除け神社は?厄除けの際の作法・方法についても解説!のサムネイル画像

東京で有名な厄除け神社は?厄除けの際の作法・方法についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・方角」についてさらに知りたい方へ

神社にあるガラガラの名前は?鳴らすタイミングはいつ?鳴らす意味はのサムネイル画像

神社にあるガラガラの名前は?鳴らすタイミングはいつ?鳴らす意味は

神社でよく見る垂れ幕の正式名称とは?飾られている意味や価格を解説のサムネイル画像

神社でよく見る垂れ幕の正式名称とは?飾られている意味や価格を解説

日本発、ちょっと変わったおすすめ神社をご紹介致しますのサムネイル画像

日本発、ちょっと変わったおすすめ神社をご紹介致します

魅力満載!群馬県の有名な神社とオリジナル御朱印帳をご紹介のサムネイル画像

魅力満載!群馬県の有名な神社とオリジナル御朱印帳をご紹介

神社で除霊やお祓いはできる?効果や料金相場、オススメの神社を紹介のサムネイル画像

神社で除霊やお祓いはできる?効果や料金相場、オススメの神社を紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと