神社を新しく作るには?家の中にも作れるの?作り方や費用も解説!

日本には数多くの神社があります。街中や近所にもいくつか神社はあるかと思いますが、新しく神社を作ることは出来るのでしょうか?今回は神社を新しく作れるのか、作る場合の費用や宗教法人について詳しくご紹介します。

目次

  1. 神社を新しく作るについて
  2. 神社を作ることは可能なの?
  3. 宗教法人の神社になるためには?
  4. 神社を作る時の総額の費用は?
  5. 神社を新しく作るまとめ

神社を新しく作るについて

神社

神社は、様々な場所にありますよね。
では、新しく神社を作ることはできるのでしょうか?

今回終活ねっとでは、神社を作ることは可能なのか、神社を作る際の費用に関しても合わせて以下のポイントを中心に解説をしていきます。

  • 神社を作ることは可能なの?
  • 宗教法人の神社になるための要件は?
  • 神社を作る際の費用は?

以上の内容について詳しくご紹介します。
また、宗教法人や分霊・歓請についてもご紹介します。

神社の作り方というのはなかなか目にしないものです。
もし、ご自身で神社を作りたいと思う方や、神社の作り方について興味をお持ちの方は、この記事を参考にしていただければ幸いです。
わかりにくい宗教法人についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

神社を作ることは可能なの?

神社

現在神社は全国にどれくらいあるのかご存知ですか?
実は、その数なんと、8万社以上あるとされています。

神社といっても、有名な場所にある大きな神社や、家の近くや町中にある小さな神社など様々ありますよね。
違う土地にあるにも関わらず、同じ名前の神社があったりと、よくわからない点も多数あるかと思います。

ただ、新しい神社が出来た、というのはあまり聞くことはないかと思います。
では、新しく神社を作ることは可能なのでしょうか?
作ることが出来るのかや、作る際に必要なこと、宗教法人、分霊・勧請ついても解説していきます。

法人とは

まず、法人とは何なのでしょうか?
法人とは、人間ではないものを法律上人としてみなすことです。
たとえば、企業などの団体そのものを一人の人間としてみなします。

法人と聞くと会社だけのことだととらえる方が多いですがそれは少し違っていて、社団法人や財団法人、宗教法人と種類は様々です。
法人となると、権利能力を認められ権利や義務が発生します。

宗教法人とは

宗教法人とは、法人格をもった宗教団体のことです。
宗教法人にならなくても、宗教団体として宗教活動を行うことは可能です。

ただし、法人になると不動産等の権利の所有などすることが出来ます。
また、法人の場合は課税対象が収益事業のみとなっていて、一般事業より低い税率で課税がされます。

分霊・歓請とは

分霊や勧請(かんじょう)という言葉を聞いたことはありますか?
分霊・勧請とは、新しい神社に神様を祀るために必要なことです。

分霊とは、本社の神様を他所で祀る際に神様の神霊をわけることを指し、神道の用語です。
わけた神霊に新しく作った神社に来ていただき迎え入れ、これから先ずっと人々を救っていただくようにお願いをすること、これが勧請を指します。

なお、神霊を分けるといっても、神様の力が半減したりといったことはないとされています。
まったく違う土地にある神社でも、同じ名前の神社はありますよね。
それらは、分霊・勧請を行っているため同じ名前になっているのです。

自分の家の中に作れるの?

自分の家の中に神社を作ることは可能です。
なぜなら、日本では、信仰の自由が認められているからです。

ただし、他人の土地へは無断に作ることはできません。
神社を作るのであれば、自分の土地に作りましょう。

なお、神社を作ることに対しては特に役所への届け出は必要ないとさています。
しかし、神社を建てることに関しては建築基準法を守らなければいけません。
建築許可は必要となりますので注意しましょう。

また、個人で神社をたてる場合には、信者が集まるかどうかはわかりません。
個人の場合、宗教法人になるのは難しいかもしれません。

宗教法人の神社になるためには?

困った人々

神社を作ることについては解説してきましたが、神社を作るだけでは宗教法人の神社になることは出来ません。

宗教法人になるためには、満たさなければならないはどんな内容なのでしょうか?
宗教法人になるために必要な要件や登録費用、宗教法人の神社の購入や譲り受けについても解説していきます。

宗教法人神社になるための要件

宗教法人として認められるには、クリアしなければいけない条件があります。
条件は複数ありますが、宗教法人神社になるために、最低限クリアしなければならない条件は以下の条件です。

  • 宗教団体として布教活動や儀式等の宗教活動をおこなっているか

    大前提として、宗教団体としての活動をしているかどうかということが必要です。
    活動している場合、活動実態の証明をしなければいけません。
    証明するために3年分の収支報告書の用意が必要です。

  • 信者数は十分か

    宗教法人として活動できるほどの信者数がなければ継続して活動ができないため、宗教法人として認められません。信者数について証明するには、信者名簿が必要となります。

  • 礼拝施設はあるか

    礼拝施設はなくてはならないものです。
    礼拝施設として、土地や建物を所有している必要があります。
    しかし、賃貸は原則認められていないため、自己所有である必要があります。

神社本庁包括下の神社の場合の要件

神社本庁とは、日本各地の神社を包括する民間の宗教法人です。
伊勢神宮を本宗とし、神社を包括しています。
神社本庁包括下の神社となるには、宗教法人である必要があります。

また、神社本庁包括下の神社の神主になるためには、以下のいずれかの要件を満たす必要があります。

  • 皇學館大學か國學院大學を卒業し実務経験をつむ
  • 神社庁で行われる講習会(神職養成講習会)に出席し知識を得る
  • 神社庁から推薦をもらい神職養成所に通う

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社の神主と宮司の違いについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社の宮司ってどんな役職?神主との違いは?神職の役職や階級を解説

神社の宮司ってご存知ですか?神社の神職にはいろんな役職があり、宮司もその一つなのですが知らない方も多いかと思います。今回は、神社の宮司ってどんな役職なのか?さらに、宮司と神主の違いについても徹底的に解説します。

宗教法人神社を買う・譲り受ける

宗教法人は、会社や私立学校と同じように法人ですので、買ったり譲り受けることが出来ます
ただし、なかなか取り扱っているところは多くありません。
金額としても価格は高いため実際に買ったり譲り受けたりというのはまれな事例かもしれません。

登録費用はいくらかかるの?

宗教法人として登録するには、行政書士や司法書士に依頼することが出来ます。
その際には約50万円~100万円はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

神社を作る時の総額の費用は?

お金

神社を作る時の費用はどれくらいかかるものでしょうか?
神社には鳥居や賽銭箱、灯篭など必要なものが多数あります。
神社に必要なものは神具店や鳥居などを作る専門の業者がいますのでそちらから仕入れられます。

神具の大きさなどによって値段が異なるため、実際にどれくらいのものを作りたいのかを業者と相談をしていかないといけないようです。

また、ある業者の鳥居の値段は、一番小さいものでも30万円ほどはするとのことなので、神社を作るにはかなり金額がかかるものと思われます。
神社を作る場合には、建築費や土地代のほかに、鳥居などの運搬代、設置代などもかかってきます。

神社を新しく作るまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、新しく作る神社についてご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 神社を作ることは可能である。宗教法人にならなくても宗教団体として活動できる。
    ただし、宗教法人になると、企業などの団体も法律上ひとりの人として認められるため権利能力が認めれる。
  • 法人は課税対象が収益事業のみ。一般事業よりも低い税率で課税される。
  • 新しい神社を作ったら、神様を祀るため分霊・勧請を行う。新しい神社で神様を祀るために神様の神霊を分けていただき、迎え入れ、この先ずっと人々を救っていただくようお願いをする。
  • 自分の家の中に神社を作ることも可能である。神社を作ることに対して申請は不要だが、建物を建てる場合には、建築基準法に則り建築許可が必要。信仰が集まるかは不透明なので、宗教法人となるのは難しい可能性がある。
  • 宗教法人の神社となるには、複数の条件がある。宗教活動を行っているか、信者数は十分か、礼拝施設はあるか、の3つは最低限クリアしなければいけない。それぞれ、3年間の収支報告書、信者名簿、自己所有の土地や建物にある礼拝施設が必要となる。
  • 宗教法人を買ったり譲り受けることも可能だが、金額は高くなると思われます。
    また、宗教法人の神社になるための登録が必要で、登録するための手続きは行政書士等に依頼できる。行政書士への依頼の金額は、約50万円~100万円が相場である。
  • 神社を作る場合、建設費・土地代・鳥居・賽銭箱などの神具、物の運搬代、設置費などがかかる。ある業者の一番安い鳥居の値段は30万円である。
  • 土地の広さや物の大きさ、型によって費用は変わってくるため、どれくらいの規模の神社を作りたいのか、業者と相談が必要である。

神社を作るのには、お金もたくさんかかりますし、条件もなかなか厳しいものです。
しっかりとした計画をたてなければ、神社を作ることが出来ないようですね。
今後は参拝をするときにも違った見方ができるのではないかと思います。

終活ねっとでは、神社や葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

シェアする

「神社・作る」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・作る」についてさらに知りたい方へ

神社にはどんな種類がある?神宮や大社などの名前の秘密に迫りますのサムネイル画像

神社にはどんな種類がある?神宮や大社などの名前の秘密に迫ります

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介しますのサムネイル画像

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介します

神社本庁とは?神社本庁に属していない有名な神社までご紹介のサムネイル画像

神社本庁とは?神社本庁に属していない有名な神社までご紹介

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

神社の境内って何があるの?マナーについても徹底的に解説します!のサムネイル画像

神社の境内って何があるの?マナーについても徹底的に解説します!

2018年は千葉の神社に行きましょう!おすすめの神社をご紹介!のサムネイル画像

2018年は千葉の神社に行きましょう!おすすめの神社をご紹介!

都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!のサムネイル画像

都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!

神社の名前の由来とは?子供の名前をつけてもらえるかも解説しますのサムネイル画像

神社の名前の由来とは?子供の名前をつけてもらえるかも解説します

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社でのサムネイル画像

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社で

神社を建てることは建立?創建?家に建てる際の費用や方法も解説のサムネイル画像

神社を建てることは建立?創建?家に建てる際の費用や方法も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・作る」についてさらに知りたい方へ

神社にはどんな種類がある?神宮や大社などの名前の秘密に迫りますのサムネイル画像

神社にはどんな種類がある?神宮や大社などの名前の秘密に迫ります

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介しますのサムネイル画像

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介します

神社本庁とは?神社本庁に属していない有名な神社までご紹介のサムネイル画像

神社本庁とは?神社本庁に属していない有名な神社までご紹介

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

神社の境内って何があるの?マナーについても徹底的に解説します!のサムネイル画像

神社の境内って何があるの?マナーについても徹底的に解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと