法事に包むお金の相場はどのくらい?金額相場や香典袋の書き方紹介!

多い時では年に数回は法事に参加をしないといけないことがあります。そんなとき法事のために香典袋を用意し、お香典をお包みしますが一体どの程度のお金を包むのが相場なのでしょうか。今回は法事の香典袋の書き方から包むお金の金額まで、解説をさせていただきたいと思います。

目次

  1. 法事に包むお金について
  2. 法事とは
  3. 法事に包むお金の相場はどのくらい?
  4. 法事におけるお金の包み方・袋への入れ方
  5. 法事でお金をお渡しするのはいつ?
  6. 香典袋の書き方
  7. 法事で包むお金に関するまとめ

法事に包むお金について

葬儀

私たちが生活をしていく中で、法事に参加をしないといけない機会というものは結構あるものです。
故人のためにしっかりと冥福を祈ることができ、さらにこちらの近況を報告することもできるので、法事は故人と思いを通わせることもできるなくてはならない儀式と言えるでしょう。

そんな法事につきものなのが「お金」です。
法事があれば必ず香典袋にお金をお包みして、故人の家族にお渡しすることになるかと思います。
みなさんは一体どれくらいのお金をお包みするのが相場だとお考えでしょうか。

今回終活ねっとでは、そんな法事のお金にまつわる疑問を解消させていただきたいと思います。

香典のお金の金額の相場から、香典袋の表書きの書き方までしっかりとご説明いたします。
意外と香典袋の書き方は忘れがちですから、これを機に覚えていただければ幸いです。

  • 法事とは何か

  • 法事に包むお金の金額相場について

  • 法事に包むお金の包み方や香典袋への入れ方について

  • 法事でお香典をお渡しするタイミングについて

  • 香典袋の表書きの書き方について

以上の点を中心に、解説をさせていただきたいと思います。
法事の香典袋の表書きの書き方や金額の相場というものは、覚えておけば一生ものになる知識です。
地域によって多少差はありますが、基本として覚えておけば応用が効くものです。

年齢を重ねれば重ねるほど法事に足を運ぶ機会は増えますし、マナーを知っていないと恥ずかしいと感じてしまうかもしれません。
ぜひ最後まで読んでいただいて、知識として身につけていただければと思います。

また、お坊さん便を利用して安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

法事とは

葬儀

本題に入る前に、法事とは具体的に何を表すのかについてご説明させていただきたいと思います。
法事とは故人を供養するために読経をしたり祈りを捧げたりする儀式のことを指します。
しかし単純にお坊さんに読経をあげてもらったり、仏壇の前で手を合わせたりする行為のことは法要と呼びます。

法事にはそれ以降の会食も含みます。
つまり会食がない供養のために行う儀式のことを法要と呼び、その後に会食が控えている場合はそれも含めて法事と呼ぶわけですね。

法事は葬儀以降の供養の場において用いる言葉となっています。
葬儀自体も供養をするわけですから法事と呼べなくもないのですが、葬儀は法事ではなく葬儀と呼ばれるのが通例です。

ですから会食のある回忌の供養に出かけるときは法事に行ってくると言い、会食がない回忌の供養にでかけるときは法要に行ってくると言う風に使い分けると良いでしょう。

法事に包むお金の相場はどのくらい?

葬儀

ここから本題に入りたいと思います。
法事の際にお香典を包みますが、その金額の相場は一体どのくらいになるのでしょうか。

故人との関係性によって異なる

基本的に回忌法要の回数によってお香典の金額が変わることはありません。
どんなときにお金の額が変わるかと言いますと、あなたが故人とどのような関係性にあったかが重要となります。

早速故人との関係性別に、お香典のお金の金額の相場について解説をさせていただきたいと思います。

故人と親戚の場合

あなたが故人と血縁関係があったり、親戚である場合からご説明します。
故人と親戚で合った場合は、最低でも1万円以上お包みするのが相場となっています。
あなたの年齢が高ければ高いほど、お包みすべき金額も高額となります。

例えばあなたが成人はしているけれど学生であったり、社会人になりたての頃でしたら1万円程度が相場と言われています。
これが30代、40代と年を重ねるうちに3万円が相場になっていきます。

法事も無料で行われるわけではありませんから、親族として故人の家族を助ける意味も込めて、親族は多めにお包みするのがマナーとされています。

友人関係の場合

あなたが故人と友人関係に合った場合のお香典の相場は5千円から1万円程度と言われています。
友人関係にある場合は自分の年齢が高くなったとしても、相場の金額に変動はありません。

これはあまりにも高額なお金をお包みしてしまった場合、かえって故人の親族の方に気を遣わせてしまうためです。

しかし親友であったり、とてもお世話になった関係であれば心の限りを尽くしたいものですよね。
そういうときはお香典を少し多めにお包みしても良いです。

また、お香典のほかにお供え物として故人の好物や、故人の家族に活用していただけそうなものをお渡しすると良いでしょう。

会食に参加する場合

法事に会食はつきものです。
お誘いいただいた場合は参加をすることになると思いますが、御馳走していただくわけではありませんので注意が必要です。

会食に参加をする場合は、おおよそその会食にかかるであろう金額をお香典の金額にプラスしてお包みします。
あらかじめ会食の会場を聞くことになると思いますから、その会場のメニューなどを調べてみていくらが妥当か検討しておきましょう。

もしもレストランやホテルでの会食ではなく、自宅などで行う会食であった場合は判断が難しいものですよね。
そういった場合はお香典の金額に、親族なら1万円程度、友人関係なら5千円を上乗せしておきましょう。

避けたほうがよい金額

お香典でお包みする金額には避けた方がよい金額というものが存在しています。
忌み数字と呼ばれておるもので、4や9がそれに該当します。

4千円や4万円、9千円や9万円といった金額をお包みすることはないかと思いますが、忌み数字の金額にならないよう気を付けましょう。

個人でお包みする場合はしっかりと注意することができると思いますが、連名でお香典をお包みする場合は、合計すると忌み数字になることがあったりもします。
それ以外にもお札の枚数が4枚や9枚になるのも避けておいた方が無難です。

知らず知らずのうちにマナー違反をしていると、せっかくの供養の気持ちがあだとなってしまいます。
お香典をお包みする際は、細心の注意を払うように心がけましょう。

法事におけるお金の包み方・袋への入れ方

お金

お香典のお金の相場についてご理解いただけたかと思います。
今度はそのお金を包むための香典袋の包み方について解説をさせていただきます。

法事におけるお金の包み方

まず法事におけるお金の包み方ですが、大きくわけて2種類存在します。
まずは市販の香典袋を用いる包み方が1つです。
簡単手軽であり、大体数の方が香典袋を法事に用いています。

香典袋には中袋として封筒がついていますので、その封筒にお金を入れます。
そして表に包んだお金の金額を書き、香典袋の裏には名前と住所を書きます。

そしてそれを香典袋で包みますが、上下を折り返してたたむタイプのものの場合は、必ず下を先に折り畳み、上側が外になるようにお包みしましょう。

2種類目は奉書紙で包む方法です。
奉書紙とは和紙の一種のことで大切な文章を書き留めておくときに用いられており、お香典やご祝儀など心を込めて贈る場合に用いるのにも最適な紙とされています。

奉書紙さえあれば中袋も不要で、すべて奉書紙で賄うことが可能です。
奉書紙でお金を包んで中袋の代わりとし、それをさらに奉書紙で包んでおしまいです。
市販の香典袋と同じように、上下を折り返してたたむ場合は必ず上側が外面に来るように包みます。

法事におけるお金の入れ方

続いてお金の入れ方の説明に入りたいと思います。
細かいようですが、香典袋に包むお金には入れ方というものが存在します。

あまり気にされない方もいらっしゃいますが、どのように入れてあるかチェックをしている方もいらっしゃるのでマナーとして知っておくと良いでしょう。

まず当たり前のマナーとなりますが、お札が複数枚ある場合は必ず向きを揃えて入れるようにしましょう。
上下がバラバラのまま入れることはマナー違反となりますので注意します。

そして大切なのが、お札の表面が香典袋の裏を向かせなければいけないという点です。
つまりお札の人物が描かれている面が、香典袋の表書きを書いていない方に面するように入れるということになります。

ついついお札の表が表書きを書く方向に入れてしまいそうになりますが、それは結婚式などのめでたい場で用いるマナーとなります。

法事や葬儀などの弔事の場合は、お札の表側が香典袋の裏を見るように入れると覚えておきましょう。

法事のお金は新札でも大丈夫!

葬儀で渡すお香典は新札、未使用のお札を使用するのはご法度と言われています。
しかし回忌法要でのお香典になるとそこまで気にする必要はありません

未使用のお札であっても、一度使用されて折り目がついたお札でも、どちらを使用してもかまいません。

しかし古くからの習慣を大切にする人にとっては、法事であっても未使用のお札を使用するのはマナー違反だと考える場合があります。
そんな方が故人の家族にいらっしゃった場合は、あまり良い思いをされないかもしれません。

あまり深く考える必要はありませんが、なるべく未使用のお札を使用は避けておいた方が無難ということになります。
未使用のお札というものはわざわざ用意しないといけないものですから、祝い事でもありませんしそこまでする必要もないでしょう。

法事でお金をお渡しするのはいつ?

困った人々

法事でお香典をお渡しするのはいつが最適だろうと悩んだことはありませんか。
葬儀であれば受付がありますから、そこでお渡しすることができるので迷いませんが、ある程度回忌の進んだ法要であれば受付を設けないことも多々あります。

法事の場合は来訪した時点でまず挨拶をするかと思いますが、その時挨拶を済ませたらお香典をお渡ししてしまいましょう。

いつまでも持っていても不自然ですし、故人の家族も忙しいですからすぐに渡すことを心がけましょう。

香典袋の書き方

葬儀

香典袋には表書きが必要です。
どのように書けば良いのかをご説明させていただきたいと思います。

香典袋の表書き

まずはお香典において重要となる表書きの部分についてご説明させていただきたいと思います。
どのように書けばよいかどうかは、宗教によっても違いがあります。

あなたが赴く法事が何教のものであるかどうかを確認しておきましょう。

仏教の場合

まずは仏教の法事に行く場合の、お香典の表書きです。
日本で一番多いのが仏教ですから、仏教の表書きについて知っておいて損はないでしょう。
仏教の法事のお香典の表書きは「御仏前」が一般的です。

よく似た表書きに「御霊前」というものがありますが、四十九日法要後の法事の場合は仏様の扱いになりますから霊という言葉は使用しません。
よって、法事で使用するお香典の表書きは御仏前となります。

キリスト教の場合

キリスト教の場合でも、故人を供養する機会が存在します。
しかし仏教と違ってお坊さんを呼んで読経をあげてもらったりするわけではなく、教会にいって神父さんや牧師さんと一緒に祈りを捧げるといったものになります。

仏教よりも細かく法事の日にちなどが設定されないのが特徴なのがキリスト教ですが、日本のキリスト教の場合だと仏教と同じように法事をこまめに行う場合があります。

そんなときのために、キリスト教の場合のお香典の表書きの書き方について覚えておいてもらえると幸いです。

プロテスタント

プロテスタントの方の法事にお渡しするお香典の表書きは「御花料」「弔慰金」「献花料」が一般的とされています。
気になるキリスト教の場合の香典袋ですが、白地の封筒を用いて結構です。

キリスト教用に十字架の描かれた香典袋も販売されています。
用意できる余裕があれば、キリスト教用の香典袋を用いると、故人もその家族も喜んでくださるでしょう。

カトリック

カトリックの方が法事を行う場合、お香典としてもっていくお金に書く表書きは「御ミサ料」とする良いでしょう。
ミサはカトリックが行うものですので、プロテスタントの場合は使用しないように気を付けましょう。

「御花料」であれば、プロテスタントやカトリックなど関係なく、キリスト教の方の法事のお香典に使用することが可能です。

神式の場合

神式で行う法事の場合のお香典の表書きは「御玉串料」もしくは「御神前」となります。
神式の場合、故人は神となりますから御神前となるわけですね。

玉串とは神前に供える榊のことであり、その榊にご使用くださいという意味で御玉串料という言葉を用いる場合もあります。

迷った場合はその地域に神式の方に尋ねてみても良いでしょう。

名前の部分の書き方

お香典には名前を書く必要があります。
ここでは名前をどのように書けばよいかについて解説をさせていただきたいと思います。

個人で渡す場合

個人でお香典をお渡しする場合は、あなたの名前を表側の下部の中心に書きます。
このとき「御仏前」などと書いた字より名前の字が小さくなるようにしましょう。
メインは上部の表書きとなりますので注意しましょう。

名前はもちろんフルネームでしっかりと書きましょう。
葬儀のお香典ではありませんので、濃い墨の色で結構です。

夫婦で渡す場合

夫婦でひとつのお香典にする場合は、夫婦二人の名前を書きましょう。
この場合は夫となる人の名前を左側に書き、その隣に妻となる人の名前を書きます。

名前がふたつになるとついつい大きく書いてしまいがちですが、名前がメインとなってしまわないよう控えめに書くことが重要です。

未成年の子供がいる場合は、名前は夫婦のみで結構です。

連名で出す場合

会社の同僚であったり、友人同士であったりと、連名でお香典を出す機会も多くあるかと思います。
そんな場合の名前の書き方はどうすれば良いのでしょうか。

まず名前の数ですが、どんなに多くても表に書くのは3名までにしましょう。
残りの方の名前は、別紙に記載してお金と一緒にお包みします。
4名だと4という数字を用いることになりますので避けましょう。

そして一番最初にくる名前は位の高い人にします。
会社関係でだす香典であれば、課長や主任などの肩書を持った方となります。
友人の場合であれば、代表の方が左になるようにします。

会社の場合でしたら、選抜して名前を書くのも大変かもしれません。
そういった場合は「〇〇会社××課一同」と書き、中に名前を書いた別紙をいれておけば問題ありません。

お寺に包むお金の表書きは?

さて法事といえば、読経をあげてくださったお坊さんに御礼をお包みする必要があります。
この場合はどのような表書きが最適なのでしょうか。
法事を開く側になることも今後あると思いますので、予備知識として覚えておいてもらえれば幸いです。

法事の場合の御礼は「御布施」が一般的です。
金額としては3万円から5万円となり、白封筒を用いてお渡ししましょう。
御礼となりますから水引などは不要です。

その他家までお越しいただいた場合は「御車代」、会食にご参加いただけない場合は「御膳料」が必要となりますのでそれぞれ個々の封筒に入れ、表書きをしてお渡しするようにします。

法事で包むお金に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、法事で包むお香典のお金の相場から香典袋の書き方まで解説をさせていただきました。

法事というものは生きていれば必ず参加をする機会があるものであり、悲しいことに年を重ねるにつれその機会は増えます。

マナーとして知っておかないと恥ずかしい目に合うかもしれませんし、何より故人の追悼のためにも覚えておきたいものです。

ここで総括です。

  • 法事とは会食までを含めた故人を追悼の儀式のことである

  • 法事で包むお香典のお金の相場は回忌法要の回数に関係なく、その故人とどのような関係にあったかで金額が変わる

  • 故人と親戚関係に合った場合は1万円以上、友人関係であった場合は最高でも1万円までを相場と覚えておくと良い

  • 法事の香典袋の包み方で注意したいのが、上下で折り返してたたむタイプの香典袋の場合は必ず上が外側になるように包むことと、中のお札の表側が香典袋の裏側になるようにすることである

  • お香典は受付があれば受付でお渡しし、ない場合は挨拶をしたときにお渡しをする

  • お香典の表書きは宗教によって違うので参加する法事の宗教を確認しておく必要がある

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

法事の料理は何にする?会食を行う場所から席でのマナーまでご紹介

法事の料理の準備も施主の大事な役割の一つです。しかし、いざ準備しようとするとどのような料理を用意したらよいか、わからない方も多いのではないでしょうか?そこで、今回の記事では法事の料理についての解説や、法事の席順などのマナーについて詳しくご説明します。

「法事・お金・袋」に関連する記事

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

    法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

    法事の際に必ず持参していくことになるものの1つが香典ですが、その表書きの書き方にも「御霊前」や「御仏前」などいろいろあります。表書きが「御仏前」の場合の書き方やマナーの面などでどこに気を付ければいいのでしょうか?

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・お金・袋」についてさらに知りたい方へ

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・お金・袋」についてさらに知りたい方へ

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと