法事にはどのような靴が適してるの?男性と女性に分けて解説します!

法事の際は、その場に適した服装である礼服を着用するのが基本ですよね。同様に靴にも適した素材や色が存在するのをご存知でしょうか?服装だけでなく着用する靴にもマナーがあり、注意をしなければいけません。今回は、法事に適している靴について男性と女性の場合で解説します。

目次

  1. 法事の靴について
  2. 法事とは
  3. 法事の靴のマナー
  4. 法事の女性の靴
  5. 法事の男性の靴
  6. 法事の子どもの靴
  7. 法事の靴下の種類
  8. 法事の靴についてまとめ

法事の靴について

葬儀

故人を偲ぶ法事の場においては、やはり服装には特に気を付けなければいけませんよね。
しかし服装はもちろんのこと、実は靴にも法事の場に適するものとそうではないものが存在するのです。
もしかすれば、知らず知らずのうちに法事の場に適さない靴を着用してしまっている方も中にはいるかもしれません。
そうなってしまえば、場合によってはマナー違反となり周囲からも冷たい視線を浴びかねません。

では、法事の際の靴はどのようなものが適しているのでしょうか?
今回は、上記の疑問に対して以下のような事について詳しく解説して参ります。

  • そもそも法事とは?

  • 法事の靴にはどういったマナーがあるの?

  • 法事の女性の靴は?

  • 法事の男性の靴は?

  • 法事の子供の靴は?

  • 法事の靴下はどんなものがある?

法事の場では、服装や靴は特に目立ってしまいます。
そんな中でマナーに反した靴はやはり選びたくはないですよね?

そのためにもこちらの記事を通して、法事の際の靴のマナーをしっかりと知っておきましょう。

また、お坊さん便を利用して安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

法事とは

葬儀

法事とは、一般的に法要と同じ意味合いとされており故人の忌日、年忌に行う行事のことをいいます。
ただ厳密には、法要は故人を追善供養するための行事のことであり、法事はそれを含む会食までを指します。

また法事・法要には初七日を始めとする命日から7日ごとに行う忌日法要、命日から1年以降に行われる年忌法要があります。

法事の靴のマナー

葬儀

法事の際の礼服として男性の場合は白のシャツに黒のネクタイとスーツ、女性の場合は黒のワンピースなどといった服装が基本ですよね。

そのため、ほとんどの方は法事の靴も礼服に合わせた黒色のものを選ぶのではないでしょうか。
黒色の靴であれば、なんとなく問題は無いように思えますよね?

しかし法事の場では靴の色だけでなく、靴の素材にも注意しなければいけません。
では、靴の素材として適していないものは具体的に何が挙げられるのでしょうか。

また、黒色の靴を持ち合わせていない場合はどうすればよいのでしょうか?
ここでは靴の色は茶色でも良いのか、そして靴のNGな素材についてのマナーをご説明します。

茶色でもいいの?

もしかすれば、中には黒色の靴を持っていないという方もいるかもしれません。
では、その場合であれば茶色の靴でも良いのでしょうか?

上記の疑問の答えとしては、やはり法事の場において茶色の靴を着用するのは望ましい事ではありません

また法事の際の服装は基本的に黒色なので、茶色い靴であれば特に目立ってしまいます。
服装はその場に適したものでも、靴だけが悪目立ちしてしまい結果的には周囲の人たちには悪印象を与えてしまいます。

したがって、やはり黒色の靴を選ぶのが一番望ましいと言えます。
ただどうしても用意ができないという場合には、黒色に限りなく近い色の靴を着用するようにしましょう。

NGな素材

先述した通り法事の靴は色だけではなく、その素材にも適さないとされるものが存在するため注意が必要です。

では、具体的にどのような素材が挙げられるのか、またそれらの素材がなぜ法事の場では適さないのかについてを見ていきましょう。

エナメルは?

黒い靴であってもエナメルの素材のものは避けた方が良いとされています。
ご存知の通りエナメルには光沢があるのが特徴ですが、それこそが法事の場において良くは思われないのです。

結論として、エナメルの靴では黒色であっても光沢があり、周囲に派手な印象を与えてしまうので法事の際には選ばないようにしましょう。

また、靴だけでなくバッグなどでも素材としてエナメルが使用されていないものを選びましょう。

スエードは?

スエードの靴は見た目も美しく高級感があるのが特徴ですよね。
光沢感も無いので黒色のものであれば、法事で着用するのにも丁度良いのではと思う方もいるかもしれません。

しかし、実際にはスエードの靴はエナメルのものと同様に法事に適したものではないのです。

スエードの靴には動物の皮が使用されており、なめした革を起毛させて作られています。
一般的に法事では革製の靴でも良いとされておりますが、同じ革製でもスエードのものはその見た目から動物の殺生が連想されてしまいます。

そのため、着用するのはマナー違反となってしまうのです。
したがって、靴の色や形を問わずスエードのものは法事においては選ばないようにしましょう。

その他の注意点

その他色や素材以外の注意点として、特に金具のついた靴は着用しないようにしましょう。
金具部分に光沢があり、やはり目立ってしまうため法事には適していません。

他にも法事の場では蝶結びが良くないと思われることもあるため、紐がついている靴はできるだけ結び目を隠すようにするのが良いかもしれません。

ただ、男性の靴には紐がついているものがほとんどなので、さほど気にする必要はありません。
ただし、紐は必ず黒色のものを使用しましょう。

法事の女性の靴

葬儀

女性の靴には、派手な色のものや装飾のついたものが多いですよね。
普段は派手な靴を着用し、オシャレをするという方も多いのではないでしょうか。

しかし当然、法事の場においては女性でもオシャレは出来ません。
では、法事の際に適した女性の靴とは具体的にどういったものなのでしょうか?

また、法事の場において適している女性用の靴として、主にパンプスが挙げられます。
ただ、パンプスとは言ってもローヒールのものやハイヒールのものなど、様々な形のものがあり悩んでしまいますよね?

そこで、ここでは法事の際のパンプスの形、また靴の装飾は許されるのかなどについてご紹介します。

理想的な靴

法事の靴として、パンプスの素材には本革や合成皮革そして布製のものを選ぶのが一般的です。
そして、その上で靴の形やヒールの高さや大きさにも注意しなければいけません。

では、どのような靴が具体的に適しているのかを見ていきましょう。

つま先の形

つま先の形にはいくつか種類がありますが、法事に適しているとされているのがラウンドトゥ、アーモンドトゥそしてスクエアトゥといった丸みを帯びた形のものとなります。

つま先がとがった形のポインテッドトゥや、つま先が見えてしまうオープントゥは避けましょう。

ヒールの大きさ

ヒールの形には太いものや細いものがあり、高さもそれぞれ異なります。
ただ、それらの形の中にも法事にふさわしい形が存在します。

具体的に言えば、ヒールの太さに関してはできるだけ太いものが良いとされ、高さに関しては低すぎず高すぎない3~5cmが適しているとされております。

上記とは逆にヒールが細かったり、高さが高ければオシャレに見えてしまいますし、またヒールが低すぎればカジュアルな格好に見られてしまうのです。

したがって、法事の場では上記のような適度な形のヒールを選ぶようにしましょう。

ストラップやリボン

ストラップには金具が付いているため、できる限りストラップの無い物を選ぶのが無難かもしれません。

ただ、ストラップに関してはさほど注視されるものではありません。

そのため、ヒールを履き慣れていないなど不安があるという場合には、金具部分があまり目立たないものを選び着用するようにしましょう。

リボンは華やかさを出すための装飾であり何より目立ってしまうため、リボンの付いた靴は絶対に選ばないようにしましょう。
やはり法事の場では、オシャレは禁物ですので装飾のないシンプルな靴を選びましょう。

妊婦の場合は?

妊婦の場合では、ヒールの高いものは危険ですのでローヒールの靴やフラットなものを着用するのも良いでしょう。

ただし当然、装飾が無く黒色のパンプスが基本となります。
また、無理をして法事に参加するのも良くは思われません。

体調が優れないなど少しでも危険を感じた場合には、無理をせず欠席するのも一つの手段です。

法事の男性の靴

葬儀

男性の靴の場合は女性のものと比べ種類が少ないですが、やはり注意しなければいけない点がいくつか存在します。

基本的な靴の素材としては布やポリエステル、合成皮革や本革のものがありいずれも黒色で光沢のないものが良いとされております。

ただ、男性の靴の場合は細かな部分のデザインの違いによってマナーが問われてしまいます。
そのためもしかすれば、知らず知らずのうちに間違った靴を選んでしまっている方もいるかもしれません。

そうなってしまわぬよう、ここでしっかりと法事に適した靴を知っておきましょう。

理想的な靴

法事の男性の靴の注意点としては、羽根の形やつま先の形といった部分が挙げられ、それらの細かなデザインに注意をしなければいけません。

また、それらのデザインにはいくつか種類があるため、間違った形のものを選んでしまわないよう注意が必要です。

では、羽根の形やつま先の形はどのようなものが理想なのかを見ていきましょう。

羽根の形

男性の法事の靴はほとんどが紐の付いたものとなっています。
そして羽根とは、まさにその紐を通す鳩目の部分の事を指します。

羽根には、外羽根式と内羽根式のものがあり法事には内羽根式のものが適しているとされています。

外羽根式のものは、甲に鳩目部分が覆いかぶさるような形をしているのが特徴です。
その見た目からカジュアルなデザインの靴とされてしまうため、法事の場ではマナー違反となってしまいます。

一方、内羽根式のものは鳩目の部分が本体と一体化して閉じられているのが特徴です。
そのため、内羽根式のほうがよりスマートに見られ法事の場にはもちろん、ビジネスにおいても良いとされているのです。

つま先の形

男性の靴の場合つま先の形には主にプレーントゥ、ストレートチップ、Uチップ、ウィングチップといった種類があります。

プレーントゥはつま先部分に装飾が全くないデザインのもので、ストレートチップは横一文字にラインが入ったデザインになっています。

UチップはU字型の装飾がされたもので、ウィングチップは翼の形のようなデザインとなっていて飾り穴も施されているのが特徴です。

そして、法事に一番適しているつま先のデザインとしてはストレートチップのもので、その他プレーントゥのものでも良いとされております。

一般的に履かれている靴

法事の際に一般的に多く履かれる靴は、内羽根式のものでつま先はストレートチップやプレーントゥであり、素材は本革か合成皮革のものが多い傾向となっています。

また、ストレートチップの靴でも飾り穴が施されたものもありますが、飾り穴は無いものを選ぶのが良いとされております。

その他、もちろん色は黒で光沢のない物が基本となっています。

ローファーやウィングチップは?

ローファーも本革や合成皮革で作られたものが多く、靴紐が無く脱ぎ履きが簡単なのが特徴的です。
しかし、一般的には法事の場でローファーを履くのはマナー違反となっています。

靴紐が無いことや全体のデザインなどから、カジュアルな印象を受けるため法事には適していないとされております。
ただし、例外として学生の方であればローファーでも問題は無いとされています。

ウィングチップのデザインの靴は前にも述べた通り、つま先部分に飾り穴が施されているため華やかな印象を与えてしまいます。

そのため黒色で光沢も無く内羽根式のものであっても、法事の靴としては適していないため避けたほうが良いでしょう。

法事の子どもの靴

お墓

小さな子供の法事の靴に関しては、大人の場合にマナー違反とされてしまうローファーが最も良いとされています。

また、用意できない場合には黒に近いスニーカーでも問題はありません。

子供の場合の法事の服装は制服があれば制服を着用し、無い場合は落ち着いた色の普段着でも可能とされているので、服装に合わせた靴を選ぶようにすると良いかもしれません。

ただし、服装と靴ともにできるだけ光沢や装飾の無いものを選びましょう。

法事の靴下の種類

葬儀

法事の靴下は必ず無地の黒色のものを着用しましょう。
グレーや紺色など黒に近い色でも好ましく思われません。

また女性の場合は靴下ではなく、柄の入っていない黒のストッキングを着用するのがマナーとなっております。

黒色のものでもタイツはマナー違反となってしまうので注意しましょう。

小さな子供の場合でも黒色のものが最も望ましいですが、それに近い色であればさほど問題はありません。

法事の靴についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、主に法事に適した男性と女性の靴について以下のように解説しました。

  • 法事とは会食までを含む法要のことである。

  • 法事の靴には色や素材に関してもマナーが存在する。

  • 法事の女性の靴は装飾の無い黒色のパンプスが望ましく、つま先やヒールにも注意する必要がある。

  • 法事の男性の靴は、本革や合成皮革のもので内羽根式のストレートチップ又はプレーントゥが望ましい。

  • 法事の子供の靴はローファーが適しているが、黒色に近いスニーカーなどでも良い。

  • 法事の靴下は主に黒色の靴下を着用し、女性の場合は黒色のストッキングを着用するのがマナーである。

この様に法事では服装だけではなく、靴にも形や素材においてマナーが存在します。
ただ、あらかじめそれらのマナーさえ知っておけば、法事の場で恥をかいてしまうなどという事はありません。
またこの機会に、ご自身が法事の際に着用する靴は適しているものなのか今一度確認してみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、他にも法事・法要などに関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

法事の日取りと六曜に関係はある?友引は避けるべき?

法事を行う際には日取りが気になることもありますよね。では、法事の日取りと六曜に関係はあるのでしょうか?今回は、法事の日取りと六曜に関係はあるのかということと冠婚葬祭との関係についてもご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

「法事・靴」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・靴」についてさらに知りたい方へ

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!のサムネイル画像

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!

浄土真宗の法事はどんなものがある?準備の仕方やマナーなどを解説!のサムネイル画像

浄土真宗の法事はどんなものがある?準備の仕方やマナーなどを解説!

法事のお供えにおすすめの果物って?選び方や金額費用をご紹介!のサムネイル画像

法事のお供えにおすすめの果物って?選び方や金額費用をご紹介!

所沢聖地霊園での法事の申込時期や会食におすすめの店まで解説!のサムネイル画像

所沢聖地霊園での法事の申込時期や会食におすすめの店まで解説!

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説のサムネイル画像

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説

法事にベストを着て行ってもいいの?法事の際の服装について解説!のサムネイル画像

法事にベストを着て行ってもいいの?法事の際の服装について解説!

西多摩霊園での法事の申込時期や会食におすすめの店まで解説します!のサムネイル画像

西多摩霊園での法事の申込時期や会食におすすめの店まで解説します!

法事の際に包むお車代の金額相場は?お車代の包み方や書き方も解説!のサムネイル画像

法事の際に包むお車代の金額相場は?お車代の包み方や書き方も解説!

法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介のサムネイル画像

法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・靴」についてさらに知りたい方へ

法事にベストを着て行ってもいいの?法事の際の服装について解説!のサムネイル画像

法事にベストを着て行ってもいいの?法事の際の服装について解説!

法事とお葬式の違いとは?亡くなった後の流れについてまとめましたのサムネイル画像

法事とお葬式の違いとは?亡くなった後の流れについてまとめました

法事における新札の使用可能性について香典やお布施の見地から解説のサムネイル画像

法事における新札の使用可能性について香典やお布施の見地から解説

法事の際に身につけるアクセサリーとは?マナー・注意点を解説しますのサムネイル画像

法事の際に身につけるアクセサリーとは?マナー・注意点を解説します

法事に出すお食事って?費用相場から大まかな流れまでを紹介します!のサムネイル画像

法事に出すお食事って?費用相場から大まかな流れまでを紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと