都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!

日本の中心ともいえる東京都内に観光で訪れる人はたくさんいます。観光がてら都内の神社をお参りし、神様の力を授かりたいものですよね。そこで今回は都内でおすすめな神社を、叶えたいお願い別にご紹介させていただきたいと思います。

目次

  1. 都内の神社について
  2. 都内に神社はどれぐらいある?
  3. 運気が上がる都内の有名神社一覧
  4. 条件別都内のおすすめ神社一覧
  5. 神社の参拝の仕方とは?
  6. 都内の神社についてのまとめ

都内の神社について

神社

東京都内にはたくさんの神社が存在します。
しかしその神社がどのようなご利益のある神社なのかを知っている方は少ないでしょう。

神社というものには得意な分野というものが存在し、例えば健康祈願をするのに向いた神社、仕事運を上げる手助けをしてくれる神社という風に住み分けがされています。
もちろん複数のご利益を得られる神社も存在します。

こうなってくるときちんと神社のご利益や神様についての知識をもっておかないと、お参りをして無駄なお願いをしてしまうことになりますし、何より神様に対して失礼なことをしてしまいます。
そこで今回終活ねっとでは、東京都内の神社の数とそのご利益について解説をさせていただきたいと思います。

  • 東京都内にはいくつくらい神社があるのか

  • 運気の上がる東京都内の神社のご紹介

  • 条件別にご紹介する東京都内の神社

  • 神社の参拝方法のおさらい

正しい知識をつけて、かしこく神社のお参りをしてみませんか。
この記事はきっと東京都内の神社参拝の際にお役にたてるかと思います。
ぜひ最後までご一読ください。

都内に神社はどれぐらいある?

困った人々

まずは東京都内に神社がどれくらいあるのかについて解説をさせていただきたいと思います。
日本全国には9万社近い神社があるとされていますが、小さい神社などは数えられていないこともあり、実際はこれ以上の神社が存在します。

そんな神社ですが、東京都内には約1500社の神社があると言われています。
全国の神社の数を見ても、特段多いわけでもなく少ないわけでもない数となっています。
ちなみに一番神社の数が多いのは新潟県の約4800社であり、一番少ないのは沖縄県の13社です。

この通り、1500社もあるとどの神社に行くべきなのか迷ってしまいますよね。
できれば自分の叶えたい願いにあった神社を訪ねたいものです。
そこで次項より、目的にあった都内の神社をご紹介します。

運気が上がる都内の有名神社一覧

神社

ここからは叶えたいお願い別に、運気が上がる神社をご紹介させていただきたいと思います。
ここで神社の存在を知っていただき、どのような神様がいてどのような歴史のある神社なのかを知っていただくきっかけにしていただければ幸いです。

仕事運

自分自身の仕事運を挙げたい、大切な人の仕事が上手くいきますように、など仕事関連の運気を上げたいと思っている方はたくさんいると思います。
そんな方のために、東京都内で有名な仕事運のお味方になってくれる神社をご紹介します。

出世稲荷神社

出世稲荷神社は江戸時代初期からある由緒正しい歴史のある神社なのですが、今はマンションの1階の部分に鎮座している神社であり、初見では必ず迷うとすら言われています。

中央区に存在している出世稲荷神社が何故出世すると言われているかというと、歌舞伎で有名な初代市川團十郎がお参りをして名を挙げたからです。
現在市川團十郎は12代目となっていますから、出世し成功をし続けていると言っても過言ではないでしょう。

道路に旗などが立っていますが、マンションの駐車場を経由して行かないといけないことから大変迷うようです。
まずは旗を目印にして、出世稲荷神社を探してみましょう。

愛宕神社

大都会東京の区内において、一番高い山である愛宕山にあるのが愛宕神社です。
愛宕神社は港区に存在し、仕事運アップはもちろんのことながら、火災防止の神様としても大変有名となっています。

愛宕神社の見どころは、神社に入る手前にある出世の石段です。
昔徳川将軍の命により、この石段を馬で駆け上がった武将がおり、その功績から出世街道にのったことが由来とされています。

出世は一筋縄ではいかないものであり、必ず努力が必要なものです。
ぜひこの出世の石段を登り、気持ちを引き締めてから神様にお参りをしてみてください。

縁結び・恋愛運

良い恋愛がしたい、今年こそは結婚したい、という願望をお持ちの方に最適なのが縁結びの神様です。
女性に人気なイメージがありますが、婚活に励む男性にも良いご縁が巡ってくるようお参りすることをおすすめします。

今戸神社

台東区にある今戸神社は縁結びの神様で有名ですが、七福神の福禄寿をお祀りしていることから、高福を求める方もお参りに訪れています。
この神社では、素敵な縁を結ぶためにある会に参加することができます。

それは縁結び会というもので、今戸神社が取り仕切って下さる男女の出会いの場となります。
今戸神社が縁となって結ばれるかもしれないと思うと、なんだかロマンチックですね。
しかし結婚相談所やお見合いサイトのようなサービスが受けられるわけではありませんのでご注意ください。

それ以外にも今戸神社は「東京下町八社参り」の1社になっておりますので、今戸神社に参拝した後は、残りの7社も参拝してみてはいかがでしょうか。

日枝神社

千代田区にあります日枝神社は、縁結びと共に出世運も上がる神社として人気があります。
場所が千代田区であり国会議事堂があり、日本の政治の中心にあることから、恩恵にあずかれそうだと評判が高くなっています。

ユニークなお守りがあることでも、有名です。
お猿さんをモチーフとしたお守りが販売されており、「魔がさる」「諸事にまさる」という言霊にあやかっているようです。

日枝と書いて「ひえ」と読みますのでお間違いないようになさってください。
縁結び祈願がてら、政治の勉強をしに出かけてみるのもよさそうですね。

健康運

年齢を重ねるごとに体力が低下し、病気になりやすくなるものです。
しかしできれば健康体で生きていきたいものです。
そんな方々に人気な、健康運を上げてくださる神社をご紹介させていただきたいと思います。

柴又帝釈天

柴又帝釈天(しばまたていしゃくてん)は、神社ではありません。
しかし病気平癒から厄除け、不老不死に効果があるお寺として有名です。
お寺なので参拝のマナーが神社とは異なりますが、治したい部分や気になる病気がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

柴又帝釈天は葛飾区にあり、大人気映画「男はつらいよ」の主人公とつながりが深いお寺として取り上げられており、役者のファンや映画のファンがおしかけるということもあったようです。
しかし本来は日蓮宗のお寺ですので、騒ぐことなく厳かにお参りをしに行くようにしましょう。

五条天神社

五条天神社は東京都台東区にあり、春にはお花見で混雑する上野公園の一角にあります。
病気平癒はもちろんのこと、ずっと健康でいられるように祈願するのに向いている神社です。
薬祖神(やくそじん)という医薬の神様をお祀りになられているので、通うことできっと願いを叶えていただくことができるでしょう。

五条天神社の境内には、実はもう一つの神社があります。
「花園稲荷神社」と呼ばれており、こちらは縁結びのご利益がある神社になっています。
五条天神社を訪れたのなら、花園稲荷神社にもお参りをしておきたいですね。

金運

お金持ちになりたい、お金に困らない人生を送りたい、そう願う方たちに最適なのが金運を上げてくださる神社です。
東京都内で人気の金運が上がる神社についてご紹介させていただきたいと思います。

小網神社

小網神社(こあみじんじゃ)は東京都中央区にある神社であり、金運が上がるとともに運気を強めてくれる神社として人気があります。
強運になれるといわれ始めたのは、出兵の際にお参りにきた兵隊さんが無事に戻って来られたり、神社が空襲の被害に合わなかったことから強運になれる神社として、あやかりたい方が訪れるようです。

肝心の金運の方ですが「東京銭洗い弁天」が祀られている神社であり、境内に小銭を洗う場所を設けており、そこで洗った小銭をお財布の中に入れておくと金運が上がると言われています。
特に難しいお参り方法ではありませんから、定期的に通って弁天様の加護にあやかりたいものですね。

黄梅院

横梅院も神社ではなく、江戸時代から続く曹洞宗のお寺になります。
神社の場合ですと弁財天様が金運アップの手助けをしてくださりますが、黄梅院に祀られているのは不動明王様であり、不動明王様の加護で金運が上がるとされています。

小網神社と同じく小銭を洗う場所があり、そこで洗った小銭をお財布に入れておくと金運が上がります。
小網神社と違うのは商売繁盛によって金運が上がるという部分であり、その理由から自営業の方に特に人気が高いです。

港区に位置する黄梅院は少し奥まった場所にあるようです。
大通りから建物と建物の間の道を通って参道に辿りつきます。
道に迷うようでしたら近隣のお店に尋ねてみると良いでしょう。

条件別都内のおすすめ神社一覧

神社

先ほどまではご利益別におすすめの神社をご紹介させていただきました。
ここからは、何をしたいか、何をするか、目的別におすすめの神社をご紹介させていただきたいと思います。

結婚式

近年神前式で挙式をされるカップルが増えているのをご存知でしょうか。
日本ならではの和装に角隠しが古風で良いと、再び注目を浴びているのです。
そこで東京都内で結婚式を挙げるのにおすすめな神社をご紹介させていただきたいと思います。

明治神宮

東京都渋谷区にある明治神宮は、日本で一、二を争うほどの有名な神社ですね。
明治天皇、皇后をお祀りするために建立された神社であり、一年を通して国内外より観光客、参拝客が訪れる神社です。

そんな明治神宮で挙式ができることをご存知でしたでしょうか。
挙式だけではなく、披露宴まで行うことができます。
洋式の挙式をあげるときはホテルで行いますが、それと同じくらいのサービスを受けることができますのでご安心ください。

もちろん神社を貸切にするわけではありませんから、広い境内を独り占めできるわけではありませんが、厳かな雰囲気の中を明治神宮の境内を参進できるなんて、一生の思い出になるに違いありません。

ただし、観光客が多いため注目を浴びることになったり、意図せず写真撮影を行われる可能性がありますので心得ておきましょう。

赤坂氷川神社

東京都港区にある赤坂氷川神社は、悪い縁から遠ざけて断ち、良い縁との巡り合わせをしてくださる神様のいらっしゃる神社です。
それだけではなく、商売繁盛のご利益もあるというので自営業の方には最適な神社と言えます。

そんな赤坂氷川神社は縁結びのご利益があることでも有名であり、結婚式を挙げることも可能となっています。
かなりリーズナブルに神前式での挙式が可能ですので、あまり挙式費用をかけたくない人にもおすすめです。

赤坂氷川神社が神前式でおすすめになっている理由のひとつに、友人を呼べるというものがあります。
基本的に神前式は神聖なものですので親族のみしか参列できないことがほとんどですが、赤坂氷川神社の場合は40名まで参列が可能となっており、たくさん参列者を呼びたい人には嬉しい限りとなっています。

御朱印

最近の和ブームと共にやってきたのが、御朱印集めです。
御朱印集めとは簡単に言うとその神社を参拝した証を帳面にいただくことを言います。
その御朱印が神社によって多種多様で、文字だけのところもあれば絵も描いてくれるところがあります。

今回はそんな御朱印がかわいい一押しの神社をご紹介させていただきたいと思います。

烏森神社

東京都港区にある烏森神社(からすもりじんじゃ)は、商売繁盛をはじめ芸の上達や必勝を祈願するのに最適な神社と言われています。
そんな烏森神社の御朱印は、普通の御朱印のイメージを覆してくれるくらいかわいいものとなっています。

恐らくみなさん、御朱印といえば黒色の墨と朱色の印でできていると思われているのでしょうか。
間違いではなく、ほとんどの御朱印が黒と朱の色でできています。
烏森神社の御朱印は、赤や黄といった印が押されるのです。

それだけではなく、季節によって御朱印に用いられる墨の色が変わります。
例えば大祭のときなら黄金色、ひなまつりの時期なら桃色と、御朱印とは思えない色展開を見せてくれます。

御朱印と一緒に「心願色みくじ」をお願いすると透かしの入った御朱印をいただけたり、授与品が豊富だったりと、人気の秘訣はたくさんあるようです。
また、御朱印帳も販売されておりカラフルな御朱印とは裏腹にシックな黒と紫の御朱印帳がとてもかっこいいのでおすすめです。

多摩川浅間神社

ここまでご紹介してきた神社はほぼ区内のものでしたが、多摩川浅間神社は田園調布志にある神社となっており、少し足を伸ばすのに遠いかもしれません。
安産祈願や家庭円満といった、女性に嬉しい願いを叶えてくれる神社となっています。

そんな多摩川浅間神社の御朱印は、毎月デザインが変わることで有名です。
例えば春であれば桜の絵や椿の絵、初夏のころになると菖蒲の絵がデザインされています。
御朱印はスタンプラリーになりがちですが、毎月魅力的なデザインに変えることによって、毎月参拝しようという気にさせてくれます。

烏森神社の御朱印がカラフルでしたが、こちらも色とりどりの墨を用いています。
しかし烏森神社が原色系なのに対し、多摩川浅間神社はパステルカラーのような柔らかな色合いをしています。

ぜひ御朱印を集めて、様々な神社の御朱印を見比べてみてくださいね。

お祭り

日本のお祭りは神社が主体でやっていることが多くあります。
今回は有名なお祭りを開催している神社について、ご紹介をさせていただきたいと思います。

靖国神社

東京都千代田区にある靖国神社は、他の神社と違い神様をお祀りしているわけではなく、日本の戦死者の霊をお祀りしている神社となります。
靖国神社の有名なお祭りはみたままつりとなります。

みたままつりは毎年夏に行われるお盆のお祭りのことで、関東圏内は新盆にお盆をやることから7月のお盆の時期に開催されます。
見どころは大小多数の提灯と、勢いのあるお神輿の行進です。

開催期間は4日と長いので、ぜひ1日でも参加をしてみてはいかがでしょうか。

神田明神

元々由緒ある古い神社ではありましたが人気アニメに登場したことにより、若い人にも大人気になったのが東京都千代田区にある神田明神です。
金運、仕事運、縁結びとマルチにご利益のある神社となっています。

神田明神で有名なお祭りといえば神田祭です。
毎年5月15日近辺に行われており、盛大な神輿担ぎに巫女の舞など、たくさんの見どころがあります。

近年では神田明神で行われる「納涼祭り」も人気を呼んでいます。
こちらは8月のお盆の時期に3日間開かれ、アニメの聖地となったことからアニメソングで盆踊りをするなど、若者も参加しやすいお祭りとなっています。

初詣

新年最初に訪れる場所といえば神社やお寺ですよね。
初詣にはほとんどの方が出かけるかと思います。
ここでは初詣におすすめな神社をご紹介させていただきたいと思います。

富岡八幡宮

東京都江東区にある富岡八幡宮は、今までの神社と違いご利益が明確化されていないのが特徴の神社です。
しかし日本一のお神輿があったり、深川八幡祭があったりと賑わいを見せています。

そんな富岡八幡宮ではもちろん初詣が可能です。
近年に起こった痛ましい事件のせいで参拝客が減ってしまったというニュースもありますが、例年であれば三が日で15万人以上の人が集まる人気の初詣神社となっています。

浅草寺

こちらは神社ではありませんが、初詣はお寺で、という方もいらっしゃることでしょう。
東京都台東区にある浅草寺は、海外からきた観光客にも大変人気のお寺になっていますね。
観音様のお力で、困っていることに対してお力を貸して下さるといわれています。

浅草寺の初詣には三が日で約300万人が訪れるといわれています。
やはり、新年から観音様にお参りをすることで1年を良い年にしようと考える人が多いようです。
あまりにも混雑するため、訪れるのに少し勇気がいりそうですが、ぜひ参拝してみてください。

神社の参拝の仕方とは?

null

ここまでおすすめの神社、目的別の神社をご紹介してきました。
ところで神社とは神の社と書く通り、神様の家、拠り所を意味します。
そんな神社に適当に参拝したり、マナーを守らないで神社に踏み入れても、神様は願いをきいてくださらないでしょう。

神社には正しい参拝の方法があります。
鳥居をくぐる前に必ずお辞儀をすること、参詣道の真ん中を歩かないこと、などなどたくさん存在しますが難しいことは何一つありません。

終活ねっとでは、神社の参拝マナー、作法について解説を行っております。
神社の参拝マナーを知っておけば初詣やお宮参りのときにも活用することができます。
既にご存知の方もおさらいの意味をこめて、下記リンクをご参考になさってみてください。

こちらも読まれています

神社に参拝するやり方・意味・作法を解説

神社に参拝する人のほとんどは、神様に願い事を伝える為に伺います。でも実は、叶える為にはそれだけでは少し足りない所があるのです。神社を参拝することで自分の希望を再確認し、それを成し遂げる力にすることに意味があるのです。

都内の神社についてのまとめ

御朱印

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、東京都内のおすすめの神社のご紹介をさせていただきました。
東京都内にはまだまだおすすめの神社がありますから、ぜひたくさんの神社へ参拝をしていただければ幸いです。

ここで総括です。

  • 東京都内には約1500社の神社があり、日本全国となると8万社以上の神社が存在する

  • 有名な神社は東京都の中でも23区内にあることが多いので、複数箇所を参拝するルートを決めておくと良い

  • 神社と一言でいってもご利益によって参拝すべき神社は異なるし、何をしたいかによっておすすめの神社は変わるので、まずは自分が何を願うのか、何をしたいのかを明確にする

神道と神社は切っても切れない関係です。
神社のことを深く知るならば、ぜひ神道についても理解を深めていただければと思います。
終活ねっとでは、神道についての解説も行っておりますので、ぜひ下記リンクをご参考になさってみてください。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

もっとも日本で有名な宗教は仏教だと思います。しかし、仏教はお寺の教え。実は日本には「神道」と呼ばれる神社の教えがあるのです。神社の教えである神道がどのようなものか紹介します。

シェアする

「神社・都内」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・都内」についてさらに知りたい方へ

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介しますのサムネイル画像

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介します

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!のサムネイル画像

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!のサムネイル画像

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!

ご利益のある神社ってどこ?日本全国のおすすめ神社をご紹介します!のサムネイル画像

ご利益のある神社ってどこ?日本全国のおすすめ神社をご紹介します!

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

神社の境内って何があるの?マナーについても徹底的に解説します!のサムネイル画像

神社の境内って何があるの?マナーについても徹底的に解説します!

東京の神社を巡ってみませんか?おすすめの神社を一挙ご紹介!のサムネイル画像

東京の神社を巡ってみませんか?おすすめの神社を一挙ご紹介!

2018年は千葉の神社に行きましょう!おすすめの神社をご紹介!のサムネイル画像

2018年は千葉の神社に行きましょう!おすすめの神社をご紹介!

2018年は広島で神社巡りをしよう!ジャンル別おすすめ神社を紹介のサムネイル画像

2018年は広島で神社巡りをしよう!ジャンル別おすすめ神社を紹介

関東の神社を巡ってみませんか?ジャンル別のおすすめ神社をご紹介!のサムネイル画像

関東の神社を巡ってみませんか?ジャンル別のおすすめ神社をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・都内」についてさらに知りたい方へ

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介しますのサムネイル画像

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介します

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!のサムネイル画像

全国の有名な神社へ訪れてみませんか?特徴やアクセスを解説します!

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!のサムネイル画像

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!

ご利益のある神社ってどこ?日本全国のおすすめ神社をご紹介します!のサムネイル画像

ご利益のある神社ってどこ?日本全国のおすすめ神社をご紹介します!

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと