神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

目次

  1. 神社のおみくじについて
  2. おみくじとは
  3. 神社に行ったらおみくじを引こう!
  4. おみくじを引く時のマナー
  5. おみくじが当たる東京の神社・お寺を紹介
  6. 神社以外でのおみくじの楽しみ方
  7. 神社のおみくじに関するまとめ

神社のおみくじについて

人々

おみくじは、日本人にとっては身近なものです。
皆さん、一度は引いた経験があるでしょう。
しかし、いざおみくじを引いてみたら内容がわからないといった経験はありませんか?
またおみくじを連続で引いて良いかなど分からないこともあるのではないでしょうか?

このように、身近なおみくじでも疑問に思うことがたくさんあると思います。
そこで今回終活ねっとではおみくじの歴史やマナーについて解説します。

  • おみくじの歴史とは?
  • 神社に行って引くおみくじの順番や意味について
  • おみくじを引くときのマナーについて
  • おみくじが当たると評判の神社について
  • 神社以外でもおみくじは楽しめるの?

気になるおみくじの見方についてや、神社以外でも引けるおみくじやおみくじの夢についても解説します。
多角的におみくじについて解説していますので、どうぞ最後までお読みください。

おみくじとは

神棚

おみくじとは、神社やお寺で吉凶を占うために引く「くじ」のことです。
正式には神社のおみくじを神籤(みくじ)、お寺のおみくじを仏籤(みくじ)と書きます。

日本の古代においては重要事項を決める際、神の意思を占う習わしがありました。
くじ引きだけでなく、粥占や亀甲占いも代表的な占いです。
今ではあまり考えられませんが、国の政治や後継者を選ぶ際には、くじ引きをしていたのです。
これがおみくじの起源と考えられています。

昔は、政治家や富豪などの要人が重要事項を決めるときのみ、くじ引きの習わしがありました。
しかし、鎌倉時代に入ると一般の人々が個人の運勢を占うために神社・お寺でくじ引きをするようになりました。
この流れが現代でも受け継がれています。

神社に行ったらおみくじを引こう!

人々

それでは、本題のおみくじの順番や見方について見ていきましょう。
おみくじ何が書いてあるかわからないという人もどうぞご参考になさってください。

おみくじの順番

おみくじの順番ですが、神社本庁によると大吉が一番良いです。
その次に吉、中吉、小吉、末吉となり一番悪いのが凶です。
神社により、凶の下に大凶がある場合や、吉と中吉の順番が逆のこともあります。

一般的なのは大吉から大凶の7種類ですが、神社により12種類や17種類の区分をしているところもあります。

おみくじの意味

続いておみくじの意味について解説いたします。
待人や恋愛・縁談などが何を指しているのかや漢字の読みかたをご説明します。

  • 願望(ねがいごと)

    個人の願い事が叶うかどうかです。じきに叶うということや、すぐにではないが後々叶うということが書かれています。

  • 待人・待ち人(まちびと)

    自分の運勢を開く人と出会えるかどうかが書かれています。

  • 抱人(かかえびと)

    どのような人を雇うべきか書かれています。
    部下を持つ方や、経営者の方は要チェック項目です。

  • 失物・失せ物(うせもの)

    失くなったものが見つかるかどうかです。

  • 旅立・旅立ち(たびだち)

    旅行に行っても良いかどうかです。
    旅行に行くのにはふさわしい時期か見送ったほうが良いかなどが書かれています。

  • 商売(あきない)

    今現在、商売が上手くいくかどうかの項目です。
    商売運がじきに上昇する、停滞した後大きく運気が上がるなどが書かれています。

  • 学問(がくもん)

    どのように学問に励むべきかが書かれています。
    積み重ねてきた努力が実を結ぶ時期なのかや、もう少し辛抱すると結果が出るなどが書かれています。

  • 相場(そうば)

    株式相場のことです。
    勝負に出るべきか今は見守るべきかが書かれています。

  • 争事(あらそいごと)

    争いが起こるかどうか、起こった場合争いをどのように解決すべきかが書かれています。

  • 障り(さわり)

    ぶつかる問題や障害が起きるか、起きたときの対応法についてです。

  • 恋愛(れんあい)

    恋愛についての運勢が書かれています。
    時期に成就するかどうかや思い人が現れるかどうかについて書かれています。

  • 転居(てんきょ)

    引っ越しに向いているか時期かどうかが書かれています。

  • 土木(どぼく)・造作(ぞうさく)

    家の新築や改修に今向いているかどうかが書かれています。
    建設中はどのように過ごすべきかも書かれることもあります。

  • 出産(おさん)

    出産までどのように過ごすべきか書かれています。
    出産を控えた人は節度ある暮らしをするようにアドバイスされます。
    また男の子に恵まれるか女の子に恵まれるか書いてあるおみくじもあります。

  • 病気(やまい)

    今後病気にかかりか、どのように体調管理をしていったら良いかが書かれています。
    療養中の方へは過ごし方が書かれています。

  • 縁談(えんだん)

    次に来る縁談がまとまるか、今は縁談がまとまる時期ではないなどが書かれています。
    縁談がまとまらないと書かれていても、マイナスの意味ではなく、時期を待ったほうがより良い縁談が来るという意味です。

このほか和歌や短歌などで全体の運勢をあらわしているおみくじもあります。
また神社やお寺によってはオリジナルのイラストが印刷されているおみくじを扱っています。

神社でのおみくじの販売時間

参拝者が通年ある神社やお寺では、おみくじも一年中、販売されています。
しかし、神社によっては年末~元旦、三が日のみ、松の内のみにおみくじを販売することもあります。
料金は200円~500円のおみくじが一般的です。
500円のおみくじとなると打ち出の小づちや招き猫をかたどった小さなお守りが入っていることもあります。
ご自身が神社やお寺にお参りする際は、おみくじが通年あるかどうか確認するのがおすすめです。

またおみくじの販売時間ですが、ほとんどの神社やお寺では社務所が開いている時間内となります。
おみくじの自販機もありますが、24時間体制ではありません。
社務所の開所時間に合わせている神社やお寺がほとんどです。
社務所ではおみくじの他に、御朱印やお守りの授与をしていただけます。

多くの神社やお寺の社務所は午後6時くらいまで開いていることが多いようです。
神社やお寺によってはもう少し早く閉まってしまうこともあります。
おみくじが欲しい場合は、夕方までには神社やお寺にお参りするようにしましょう。

おみくじを引く時のマナー

人々

こちらではおみくじを引くときのマナーをご紹介します。
せっかくおみくじを引くのであれば、マナーを守り気持ちよくおみくじを引きましょう。

おみくじを引く前に参拝をするべき

おみくじを引く前には必ず仏様や神様に手を合わしましょう。
おみくじは神仏に自分の運勢を伺うものです。
このため、まず神仏への挨拶であるお参りが最優先です。

おみくじを引いたら結ぶ?持ち帰る?

引いたおみくじの扱いについてもマナーがあります。
神社仏閣ではおみくじがくくってある光景をよく見ますが、結ぶタイミングもポイントがあります。

基本的には持ち帰るのがマナー

おみくじは基本的には持ち帰るのが良いです。
おみくじは神仏からの言葉です。
お財布や手帳などに入れ、いつでも見返しができるようにしておくのが良いでしょう。

大切なのは、吉凶ではなくどのようなメッセージが書いてあるかです。
メッセージを見直し、おみくじを行動の指針とします。

古いおみくじは結ぶのがマナー

新しくおみくじを引くと、運勢は切り替わるとされています。
いつまで古いおみくじを持っておくかですが、次のおみくじを引いた時に手放すのが良いです。
新しいおみくじを指針とするため、去年のおみくじは神社やお寺にくくって帰ります

またおみくじを引いた神社やお寺に必ず結ばないといけない決まりはありません。
別の神社やお寺でもかまわないので、役目の終わったおみくじは結ばせてもらいましょう。
ただし、木の成長を妨げる・スペースが確保できないなどで、おみくじをくくるのを禁じている神社やお寺もあります。
そういった神社やお寺ではおみくじを結ばないようにしましょう。

くれぐれも古いおみくじをごみとして無造作に処分するのは避けましょう。
古いおみくじを処分したいけどどうしても神社に行けない時は塩でおみくじを清めます。
ビニール袋などにおみくじと塩を入れてからごみとして出しましょう。

おみくじの結び方

凶が出た場合は、利き手とは逆の手でおみくじを木に結ぶと良いとされています。
こうすることで、凶を吉に転じるといわれています。
大吉や吉の場合は、利き手で結びましょう。

凶などを引いた時はどうすればよい?

凶が出た場合、あまりいい気分はしないと思います。
しかし、吉凶より一緒に書いてあるメッセージを重視しましょう。
凶の運気の間、どのように過ごすべきかが示されています。
また凶や大凶は裏を返せば、今以上運気は悪くならないということでもあります。

吉凶にこだわらず、メッセージを真摯に受け止め日々安寧に過ごしましょう。

おみくじは何回引いてもいいの?

ついついおみくじを連続で引いてしまいたくなることはあると思います。
しかし、おみくじの引き直しはタブーとされています。
おみくじは最低でも1ヶ月は空けて引くようにします。

また、おみくじを引いた直後に違う神社でお参りした際も、なるべくおみくじを引くのは控えましょう。

おみくじの効果については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社のおみくじはいつまで効果がある?おみくじは引いた後はどうする

神社に参拝される際におみくじを引く方も多いのではないでしょうか?それでは、このおみくじはいつまで効果があるかご存知ですか?今回は、神社のおみくじはいつまで効果があるのか?おみくじは引いた後はどうしたらいいのかについて解説します。

おみくじが当たる東京の神社・お寺を紹介

null

全国にはおみくじが良く当たることで有名な神社やお寺があります。
一部ですがご紹介します。
今回ご紹介するのは、東京大神宮・浅草寺・高尾山薬王院です。
こちらのおみくじは実際に当たったと個人のブログなどでも取り扱われています。

東京大神宮

東京大神宮は伊勢神宮の分社として明治13年に建立された神社です。
東京のお伊勢様として日々多くの参拝者が訪れています。

近年、東京大神宮は縁結びのご利益が強いとして女性を中心に人気が集まっています。
こちらのおみくじの大吉を引くと、意中の人と仲良くなれた・結婚できたという評判です。
このため、こちらのおみくじを恋愛成就・祈願成就のお守りとして持ち歩く方も多いようです。

浅草寺

日本一、凶が出やすいお寺として浅草寺は有名です。
建設は西暦645年と東京都内最古のお寺です。

本来神社仏閣のおみくじは吉が7、凶が3の割合だったと言われています。
しかし、凶が出やすいと参拝者がおみくじを引かなくなるため多くの神社仏閣では吉の割合を増やしました。
ところが浅草寺ではこの割合を変えずにおみくじを継続しているのです。
このため他の神社仏閣よりは凶が出やすいようです。
現在では浅草寺のおみくじの「凶」は「強運のきょう」に転じるとして人気を呼んでいます。

高尾山薬王院

高尾山薬王院は天狗をご本尊様を守る随身としていることで有名なお寺です。
このためおみくじには、天狗の落とし文というおみくじもあります。
天狗の落とし文には天狗のお守りも入っています。

また高尾山薬王院のおみくじも凶が出やすく大凶も入っていることで有名です。
しかし、大凶・凶の中から大吉を引いてみたいという人が多く、大人気です。

神社以外でのおみくじの楽しみ方

困った人々

最近ではインターネットでもおみくじを引けるようになりました。
そちらについて詳しく見ていきましょう。
またおみくじにまつわる夢の意味もあわせて解説します。

最近はネット上でもおみくじが引ける

最近ではオンラインやスマホのアプリでもおみくじを引くことができます。
初詣に行けなかった、大切な行事の前に運試しをしたいという人にネットおみくじは人気です。

ネットおみくじには神社公式サイトや占いサイトが運営しているものがほとんどです。
神社公式サイトでいえば、東京都の愛宕神社のネットおみくじは有名です。

おみくじを引いてみたいと思ってもなかなか神社やお寺にお参りできないこともあります。
そんな時は、ネットおみくじを引いてみるのもおすすめです。

またおみくじをストラップにした製品も多く市販されています。

神社のおみくじに関するまとめ

人々

いかがでしたか?
神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説してきました。
今回終活ねっとがご案内した内容を以下にまとめます。

  • おみくじとは個人が運勢を占うために神社やお寺で引くくじのことである。
  • おみくじの起源は古代とされ、古代では政治や後継者など重要事項を決める際におみくじを用いた。
  • おみくじが一般の運勢占いとして広まったのは鎌倉時代である。
  • おみくじの順番は神社本庁によると大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶の7種類である。
  • 神社やお寺によっては大吉から凶の7種類以外にも大凶や半吉などの吉凶区分がある。
  • ほとんどの神社やお寺で通年おみくじは販売されているが期間を限定しているところもある。
  • おみくじを引く前は参拝し神仏に手を合わせるのがマナーである。
  • 新しいおみくじは持ち帰り、古いおみくじを結ぶのがマナーである。
  • 凶を引いた時であっても、大切なのは吉凶ではなく書いてあるメッセージであり、そのメッセージを指針とすればよい。
  • 凶のおみくじは利き手とは逆の手で結ぶと凶を吉に転じると言われている。
  • おみくじは立て続けに引かず、最低でも1ヵ月以上開けて引くのがマナーである。
  • 東京大神宮・浅草寺・高尾山薬王院はおみくじでも有名な神社仏閣である。
  • 近年ではインターネットでもおみくじが引ける。
  • おみくじの夢を見たときは今現在の自分の心模様を見直してみよう。

以上のことが中心です。
日本人にはとてもなじみの深いおみくじという文化。
しかし、古い文化だからこそ言葉やマナーが分かりにくいということもありますよね。
この記事が、おみくじに関する疑問の解決の手立てとなれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社と寺の違いについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

シェアする

「神社・おみくじ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・おみくじ」についてさらに知りたい方へ

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介のサムネイル画像

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!のサムネイル画像

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!

年賀状のくじの引き換え方法は?2019年の賞品や抽選日も紹介!のサムネイル画像

年賀状のくじの引き換え方法は?2019年の賞品や抽選日も紹介!

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!のサムネイル画像

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!

神社にまつわる雑学をご紹介!お寺との違いや正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

神社にまつわる雑学をご紹介!お寺との違いや正しい参拝方法も解説

神社のおみくじで大吉が出たらどうするの?結ぶ?持ち帰る?のサムネイル画像

神社のおみくじで大吉が出たらどうするの?結ぶ?持ち帰る?

神社のおみくじはいつまで効果がある?おみくじは引いた後はどうするのサムネイル画像

神社のおみくじはいつまで効果がある?おみくじは引いた後はどうする

富山県の有名な神社10選!お祓いや初詣で有名な鳥取の神社を紹介!のサムネイル画像

富山県の有名な神社10選!お祓いや初詣で有名な鳥取の神社を紹介!

神社で引くおみくじの種類とその順番は?意味や保管方法も解説!のサムネイル画像

神社で引くおみくじの種類とその順番は?意味や保管方法も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・おみくじ」についてさらに知りたい方へ

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介のサムネイル画像

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!のサムネイル画像

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!

年賀状のくじの引き換え方法は?2019年の賞品や抽選日も紹介!のサムネイル画像

年賀状のくじの引き換え方法は?2019年の賞品や抽選日も紹介!

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!のサムネイル画像

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと