初彼岸の御仏前について解説します!金額相場からお供え物までご紹介

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるお彼岸。その中でも特に「初彼岸」と呼ばれるものをご存知でしょうか。初彼岸って何?香典が必要なの?御仏前って何?という方は必見です。今回は初彼岸にまつわる知識やマナー、御仏前の相場について紹介します。

目次

  1. 初彼岸の御仏前について
  2. 初彼岸とは
  3. 初彼岸で御仏前を使用する機会
  4. 初彼岸の香典袋の書き方
  5. 初彼岸の香典金額
  6. 初彼岸のお供え物
  7. 初彼岸の御仏前についてまとめ

初彼岸の御仏前について

お墓

初彼岸とは、故人が亡くなって四十九日以降に来る、最初のお彼岸のことです。
私たちは春と秋のお彼岸に先祖を敬い、亡くなった人々をしのびますよね。

では、故人が亡くなってから初めて行う初彼岸は、普段のお彼岸とは違う何か特別なことをしなければならないのでしょうか。
また、自家ではなく他家の初彼岸に行く場合は、何を用意し、どんなことに気をつけるべきなのでしょうか。

「他所の家の初彼岸っていつ行けばいいの?」「訪問時のマナーは?」「香典は必要?」「御仏前って何?」「お供え物は何を持っていけばいいの?」など様々な疑問が浮かびますよね。

今回終活ねっとでは、初彼岸の御仏前に関する事柄を中心に解説します。

  • 初彼岸とは

    初めてだから何か特別なことをした方がいい?

  • 初彼岸の御仏前とは

    初彼岸の御仏前って何?どんな場合に用意するものなの?

  • 初彼岸の香典袋

    どんな香典袋を選び、どこに何を書いて、いくら包めばいいの?

  • 初彼岸のお供え物

    何をお供えすればいいの?

以上の項目を中心に解説いたします。

ぜひ最後までお読みください。

初彼岸とは

神社

初彼岸とは、故人が亡くなって四十九日を過ぎた後に迎える、初めてのお彼岸のことです。

お彼岸は3月と9月にありますが、故人が亡くなってから四十九日を待たずに来たお彼岸は、一般的には初彼岸とは言いません。
それは、故人は死後四十九日を迎えて初めて「悟りの世界」、つまり「極楽浄土」に到達すると言われているからなのです。

お彼岸は、春分の日と秋分の日を中心とした前後3日の計7日間です。
最初の日を「彼岸の入り」、中間を「中日」、彼岸の最後の日を「彼岸の明け」と呼びます。
彼岸のお参りは、中日までに済ませるのが良いとされています。

初彼岸で御仏前を使用する機会

葬儀

初彼岸だからと言って何か特別なことをしなければならないわけではありません。
家族や近しい人と一緒にお墓周りを綺麗にし、故人の好きだった食べ物や普段より豪華なものをお供えをして、手を合わせましょう。

ですが、自家ではなく他家の初彼岸に行く場合は話が異なることがあります。
あなたはその方の通夜や葬式に参列できたでしょうか?
もし都合が合わずに参列できず、ようやく目処が立って初彼岸をきっかけにお線香をあげに行くことになったのであれば、その時は香典を準備して行きましょう。

亡くなってから四十九日未満の故人は「霊」ですが、四十九日を過ぎると「仏」になります。
ですので、初彼岸で香典を包む場合の表書きは「御霊前」ではなく、御仏前となるのです。

  • 相手の都合を伺いましょう

    お彼岸は7日間ありますが、先方にとっても初彼岸は初めてで特別なものです。
    電話やメールで「○日の○時に伺いたいのですが、ご予定はいかがでしょうか」と相手の都合や予定を事前に確認しましょう。

  • 訪問時の服装は?

    一般的には普通の服装で大丈夫です。
    ですが、3月の春彼岸は春の陽気に誘われて服装が華やかにならないようにしましょう。
    9月の秋彼岸は、残暑が厳しいからといってTシャツや短パン、素足にサンダルなどの格好で行かないようにしましょう。

    初彼岸に法要を行うご家庭もあります。
    法要の場合は礼服を着用しましょう。

  • 挨拶はシンプルに

    初彼岸のお参りに来たこと、お線香をあげに来たことを告げ、持参した御仏前の香典やお供え物を仏壇にお供えします。
    先方との付き合いや親しさにもよりますが、お線香をあげた後は早めにおいとまするのがいいでしょう。

    初彼岸はたくさんの方がお線香をあげに来ます。
    長居をすると相手の方に迷惑になってしまうかもしれません。

初彼岸の香典袋の書き方

葬儀

御仏前を包む香典袋として、不祝儀袋を用意します。

香典袋の種類は様々ありますが、水引が印刷されているものは5千円前後用、豪華な水引が付いているものは1万円以上用とされているようです。
包む金額に相応の香典袋を選びましょう。

書き方は通夜や葬式の時に渡す香典と同じです。
表書きは宗教によって異なり、名前も連名の人数によって違ってきます。
以下で詳しく見ていきましょう。

表書きが御仏前

実は、表書きは宗教によって異なります。
一番身近な表書きは御仏前ですが、

宗教 書き方
仏教 「御仏前(御佛前)」
仏教の宗派が分からない時 「御香典」「御香料」
神教 「御玉串料」
キリスト教や無宗教 「御花料」

と様々です。

故人がどのような宗教で供養されているかで書き方が分かれます。
事前にご遺族に聞くなどして確認しておきましょう。

名前の書き方

個人、夫婦、連名でそれぞれ名前の書き方が異なりますので、注意が必要です。
以下で詳しく説明します。

連名で出す場合

夫婦でお香典を贈る時は世帯主の名前を書きます。
ですが、夫婦のどちらともが故人と交流があった場合は、夫婦連名でも構いません。

会社の関係者などが集まって香典を包む場合は、上司や目上の人を右側に置き、原則として3人以内の名前をフルネームで書いていきます。
3人より多くなった場合は、全員分の氏名と住所を書いた別紙を同封しましょう。

もし香典を包んだ全員が参列し、その数が3人より多くなる場合は、連名ではなく出席する個人個人がそれぞれ香典を包んだ方が相手にとって親切です。
連名で包んで個人が支払う金額を減らしてしまうと、ご遺族側の香典返しの負担が大きくなってしまうからです。

水引の種類

水引(みずひき)の種類は豊富です。
御祝儀では、鶴や亀などを表したおめでたい飾り紐を使用します。
しかし、初彼岸は不祝儀なので、「黒白」「双銀」「黄白」の結び切りのものを用意します。

「結び切り」とは、解くことが困難な結び方のことです。
「一度で終わるように」「二度とないように」という願いが込められています。

墨の種類

香典を書く際には、毛筆または黒の筆ペンを使います。

通夜や葬儀の時は「予期せぬ訃報に接し、墨を磨ることさえ覚束無い有様でした」「あまりの悲しみに涙で墨が薄くなってしまいました」という意味で薄墨を使います。

しかし、初彼岸はご逝去から四十九日以上経っているので、ようやく動揺と悲しみが落ち着きましたという意味で、黒墨を使用するのです。

初彼岸の香典金額

お金

初彼岸の香典金額は、一般的に、一人につき3千円~5千円とされています。
多少増減するにしても、2や6などの割り切れる数字(=故人とこの世の縁が切れる)、4や9といった死を想起させる数字は避けましょう。

中袋にお金を入れて、金額、自分の住所、名前を書きます。
数字の改ざんを防ぐため、金額は漢数字で書きましょう。
3千円なら「金参千円也」、5千円なら「金伍千円也」となります。

お札には旧札(使用感があるもの)を包みます。
旧札には、「急なことだったので新札を用意できなかった」という意味があります。
新札を包むと、弔事がくることが分かっていたのではないかということになり、失礼にあたってしまうのです。
手元に新札しかない場合は、一度折り目をつけてから包みましょう。

きちんと向きを揃えて入れると見栄えが良くなります。

故人と血縁関係にある場合

通常は3千円~5千円とされている香典金額ですが、初彼岸に法要を行う場合は、通夜や葬式に倣った金額を包みます。

故人と親戚の場合は1万円~3万円、個人と親戚であり夫婦で出席する場合は2万円~3万円が相場です。

故人と血縁関係にない場合

会社の同僚、友人、ご近所など、故人との血縁関係がない場合は、5千円~1万円ほどになります。

香典の金額は、親しさや付き合いの深度にもよります。
相場から逸脱しない、相手に負担をかけない、後になってから後悔しないような金額を包みましょう。

法要後に会食がある場合

法要後に会食がある場合は、さらに会食代を含めた金額を香典として包むことになります。

法要、会食の規模や地域性にもよりますが、先方が用意してくれている会食、土産の実費を勘案しましょう。

故人と親戚の場合は2万円~3万円、故人と血縁関係ではない場合は1万円~3万円ほどを包みます。
できるだけ相手の負担を減らすようにしましょう。

複数人で出す場合

職場やご近所でまとめて御仏前を包む場合は、総額をキリのいい数字にするのが望ましいです。

前述しましたが、2や6などの割り切れる数字、4や9といった数字は避けましょう。
三人で千円ずつ出し合って3千円、四人で1300円前後ずつ出し合って5千円などのようにするといいでしょう。

初彼岸のお供え物

葬儀

御祝儀袋や不祝儀袋のことを「のし袋」と言うように、お供え物に添える紙のことを「のし紙」と言います。
これは、それらの袋や紙に熨斗(のし)のマークが入っているからです。

本来、のし自体に吉凶の区別はありません。
ですが、御仏前へのお供え物にはのしのマークが入らないのし紙を使うのが一般的とされています。
お供え物には、結び切りの水引のみが印刷された「のし無し」の紙(「かけ紙」と言います)を添えましょう。

関東と関西では用いられる水引が違うとも言われています。
近場であれば親族やご近所間で馴染みのあるもの、遠方ならばできるだけ先方の地域性に合わせたものを用意します。
表書きは「お供え」「御供」とし、その下に自分の名前を書きましょう。

一般的にはぼたもちかおはぎ

ぼたもちとおはぎはどちらも同じものですが、季節によって名前が変わります。

春のお彼岸に供える牡丹餅(ぼたもち)は春の花である牡丹にちなんでおり、秋のお彼岸に供えるお萩は萩の花にちなんでいます。

小麦の収穫期との兼ね合いで、牡丹餅はこしあん、お萩は粒あんという差異もあります。
春と秋でそれぞれの季節に合った花を供えるように、昔の人はお供え物の名前も季節相応に変えてきたのですね。

ただし、ぼたもちやおはぎは生ものです。
自宅ならばともかく、他家に持っていくお供え物としては適しません。

おすすめの品物

あまり日持ちしないものは避けましょう。

和菓子なら饅頭や羊羹、スイーツならばゼリーなどが人気です。
後に残らないという観点から、そうめんなどの乾物や変わったろうそく、珍しい線香なども良いでしょう。

大切なのは供養の気持ちです。
故人とご遺族に喜ばれるものを選びたいですね。

初彼岸の御仏前についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、初彼岸と御仏前について以下のことを解説してきました。

  • 初彼岸とは、故人が亡くなってはじめて迎えるお彼岸のこと。
  • 通夜や葬式に参列できなかった他家の初彼岸に行く場合、香典袋に御仏前を包んで行く。
  • 御仏前の金額は3千円~5千円。
    ただし、血縁関係や法要、会食の有り無しで変動する。
  • お供え物は、日持ちしないものは避ける。

春と秋のお彼岸は、先祖の霊を敬うと同時に、都合が合わずに通夜や葬式に参列できなかった故人を改めて悼みに行く、大切な機会だったのですね。

終活ねっとでは法要に関する記事も多数掲載しています。
初彼岸で法要に参列することになった場合は、そちらも併せてご覧下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「初彼岸・御仏前」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初彼岸・御仏前」についてさらに知りたい方へ

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説します

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!のサムネイル画像

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説しますのサムネイル画像

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

初彼岸でのお供え物の種類は?金額相場やのしのマナーもご紹介!のサムネイル画像

初彼岸でのお供え物の種類は?金額相場やのしのマナーもご紹介!

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説しますのサムネイル画像

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説します

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説のサムネイル画像

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説

彼岸に渡す香典の表書きは御仏前?香典の金額相場なども解説します!のサムネイル画像

彼岸に渡す香典の表書きは御仏前?香典の金額相場なども解説します!

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説のサムネイル画像

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説しますのサムネイル画像

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説します

彼岸の由来や語源を知っていますか?ぼた餅を供える理由も解説しますのサムネイル画像

彼岸の由来や語源を知っていますか?ぼた餅を供える理由も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初彼岸・御仏前」についてさらに知りたい方へ

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説します

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!のサムネイル画像

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説しますのサムネイル画像

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

初彼岸でのお供え物の種類は?金額相場やのしのマナーもご紹介!のサムネイル画像

初彼岸でのお供え物の種類は?金額相場やのしのマナーもご紹介!

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説しますのサムネイル画像

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと