水彩画の筆の種類とおすすめの商品は?

水彩画は小学校や中学校でやったという方が多いのではないでしょうか。簡単なようで奥が深い水彩画は、筆や紙によって表情が変わります。今回は水彩画の筆や描き方など、水彩画について紹介していきます。

目次

  1. 水彩画とは
  2. 水彩画に必要な道具
  3. 水彩画筆の種類
  4. 水彩画筆のサイズ
  5. 水彩画筆の材質
  6. さぁ書いてみよう!!
  7. 水張りとは
  8. まとめ

水彩画とは

水彩画は小学校から教材で使われており、多くの人に親しまれています。簡単に使用することができ、色使いや紙の質感、白色をそのまま生かした光の加減、にじみや重ね塗りなど独特な発色表現があり、さまざまな世界観を表現することができます。

水彩画に必要な道具

画筆

画筆については下記で詳しく紹介します。

絵具

水彩の絵具には透明水彩と不透明水彩があります。不透明水彩はガナッシュとも呼ばれており、上から塗ると下の絵具が隠れてしまいます。購入する時は透明水彩か不透明水彩かきちんとチェックしてから購入するようにしましょう。また色の種類は12色程度で最初は十分です。欲しい色があれば徐々に買い足すようにしていきましょう。

水彩絵の具取り扱いメーカー

ホルベイン・クサカベ・ターナー・ラウニー・ペリカン・マイメリ
ウィンザー&ニュートン・シュミンケ ホラダム

パレット

絵具が混ざらないようにするために使用します。パレットは、紙タイプの使い捨てのものとプラスチック、金属のものとあります。一般的にプラスチック製のものを使用する方が多いようです。コンパクトなサイズのものが使いやすくおすすめです。

水彩画は紙が変わるだけで表情が変わります。水彩画は水彩絵具を使用するので薄い紙は使用しないようにしましょう。厚さ230g以上のものだと反り返ることなく描きやすいです。

鉛筆、練りゴム

鉛筆はH~Bの芯が柔らかいものがおすすめです。練りゴムは鉛筆で描いた線のに強弱をつけるために使用します。

筆洗い

筆を洗う洗うために使用します。専用のものでなくても紙コップやペットボトルを半分に切ったものなどさまざまなもので代用することができます。

木製ボード

絵を描く時に下敷きとして使用します。立てかけて絵を描きたい時に便利です。

水張りテープ

水張りテープは、水張りの時に使用します。

水彩画筆の種類

丸筆

最も使用されているタイプの筆です。穂先を円形に丸めているためラウンドとも呼ばれます。線画を描きやすいです。

平筆

平たい形であるためフラットとも呼ばれます。広い面の塗り込みやボカシを描く時に便利です。

平刷毛

羊毛のものが使用しやすいです。水彩紙の水張りや広い面の下塗りにかかせません。

水彩画筆のサイズ

水彩画の筆のサイズは「〇号」で表します。0から20まであります。

丸筆の場合

一般の塗り重ねには18号前後のものがよいでしょう。細部を書き込む時は12号、8号、4号くらいの細かなサイズがあると便利です。

平筆の場合

平筆は面の広い部分を塗ることが多いので、16号~6号の間くらいで2本程度持っておくと便利です。

水彩画筆の材質

筆の材質はナイロンから動物毛までさまざまなものがあります。穂先の種類によって、水の含み方と筆の硬さが違ってきます。また描きたいタッチの絵に合わせて選ぶと良いでしょう。柔らかいタッチの良い絵を描きたい場合は、水含みが良く、柔らかい動物の毛がよいとされています。一方、じっくりと書き込みたい場合はナイロンがおすすめです。

さぁ書いてみよう!!

水彩画

まずはモチーフを選ぼう

まずはなにを書くのか決めましょう。漠然と描くより、モチーフがあった方が描きやすいですよ。まずは家の中にあるリンゴやバナナ、外では木や花など身近なものをモチーフにするとよいでしょう。

鉛筆でスケッチ

モチーフを決めたら、全体を捉えながら紙にスケッチしていきます。

下塗り

スケッチできたら色を塗っていきます。水彩画はまず暗いと感じたところから塗っていきます。絵具はチューブの色をそのまま使うのではなく、感じた色を作り塗っていくことにしていきましょう。いきなり塗るのではなく、他の紙で試し塗りをしてから塗ると失敗せずにすみますよ。

描き込み

濃いと感じる部分を大雑把に書き、明るいと感じる部分は手を加えず用紙の白で明るさを表現するようにしましょう。そして細かな部分の濃い影をつけていきます。水彩画は光の加減が重要となって

仕上げ

全体を見ながら細部に色をのせて、仕上げていきます。

水張りとは

水彩画を描く場合、画用紙にそのまま水を付けて描くと、紙が乾いた時に紙が波打ってしまいます。これを防ぐために水張りという作業を行います。水張りを行うと、画用紙が波打つことはありません。

水張りのやり方

テーブルの上にテーブルクロス(ない場合はビニール袋を広げたものでも構いません)を広げます。まず紙の裏に水を霧吹きで水をたっぷり含ませます。そして表にも霧吹きで水をたっぷり含ませます。そのままの状態で15分~20分待ちます。濡らした紙を木製ボードに乗せ、水張りテープで紙をピーンと貼っておきます。一昼夜はそのまま放置して下さい。この作業をすると、画用紙が波打つことなく気持ちよく絵を描くことができます。

まとめ

水彩画

いかがでしたか?水彩画は道具も比較的安くそろえることができるので、ぜひ老後の趣味として挑戦してみてはいかがでしょうか?絵を描くようになると、世界が変わってみえますよ。

「水彩画・筆」に関連する記事

「水彩画・筆」についてさらに知りたい方へ

  • 油絵の描き方とは?初心者でもできるコツを紹介!のサムネイル画像

    油絵の描き方とは?初心者でもできるコツを紹介!

    油絵は美術展をはじめ、教科書などにもよくのっていて目にする機会が多いと思います。しかし、実際に油絵を描く機会はなかなか無く、描き方が分からないという人も多いのではないでしょうか?簡単な油絵の描き方をご紹介するので是非挑戦してみてください。

  • 技法を知って水墨画の世界を楽しんでみませんか?のサムネイル画像

    技法を知って水墨画の世界を楽しんでみませんか?

    皆さん水墨画はご存知ですか?見たことはありますでしょうか?描かれたことはありますか?鑑賞だけにせよ、描かれていたとしても技法について知ってみませんか?水墨画の技法について知ればもっと違う視点でも楽しめると思います!

  • 初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!のサムネイル画像

    初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

    水墨画とは墨だけで描かれた絵のことです。よく見かける水墨画では竹が描かれていることが多いかと思います。水墨画をやるにあたって竹は基本的な技術がつまっています。竹が上手に描けるようになる方法をご紹介するので是非挑戦してみてください。

  • 【初心者必見】鉛筆画の描き方やテクニックとは?のサムネイル画像

    【初心者必見】鉛筆画の描き方やテクニックとは?

    誰でも一度は鉛筆画に触れてみたことがあるのではないでしょうか?そんな鉛筆画も一見簡単そうに見えて様々なテクニックがあり大変奥が深いものです。道具も揃えやすく簡単にはじめやすいので鉛筆画のテクニックをご紹介したいと思います!

  • 習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!のサムネイル画像

    習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!

    字が奇麗に書ける人って素敵ですよね。習字は何歳からでも始めることができます。今では通信講座でも習字を習うことができる時代です。習字には筆が必要で、筆には種類があるんです。今回は習字で使用する筆について学んでいきましょう。

  • 初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!のサムネイル画像

    初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!

    子どもの頃から慣れ親しんだ鉛筆と消しゴムを使って鉛筆画に挑戦してみませんか?鉛筆画の初心者でもこれさえあれば大丈夫!初心者だからこそ揃えたい道具もご紹介いたします。

  • 習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!のサムネイル画像

    習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!

    字が奇麗に書ける人って素敵ですよね。習字は何歳からでも始めることができます。今では通信講座でも習字を習うことができる時代です。習字には筆が必要で、筆には種類があるんです。今回は習字で使用する筆について学んでいきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「水彩画・筆」についてさらに知りたい方へ

油絵の描き方とは?初心者でもできるコツを紹介!のサムネイル画像

油絵の描き方とは?初心者でもできるコツを紹介!

技法を知って水墨画の世界を楽しんでみませんか?のサムネイル画像

技法を知って水墨画の世界を楽しんでみませんか?

初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!のサムネイル画像

初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

【初心者必見】鉛筆画の描き方やテクニックとは?のサムネイル画像

【初心者必見】鉛筆画の描き方やテクニックとは?

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!のサムネイル画像

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!

初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!のサムネイル画像

初心者のための鉛筆画に必要な道具はこちら!

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!のサムネイル画像

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと