お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説

お盆供養は、毎年行われているとても身近な仏事です。各地のお盆の様子が報道されるだけでなく、不特定多数の人が参加する盛大な行事として執り行われていることもあります。今回の記事ではお盆について、供養の方法からお布施に至るまで、法事の手順を徹底的に解説します。

目次

  1. お盆供養の仕方とは?
  2. お盆とは
  3. お盆供養の方法
  4. お盆供養のお布施のマナー
  5. お盆供養にふさわしい服装
  6. お盆供養のお返しは必要?
  7. お盆供養に関するまとめ

お盆供養の仕方とは?

仏壇

毎年夏の風物詩となっているお盆では、親族・親戚が集まって食事を共にし、先祖供養を行います。
施主や年配の方の指示にしたがっておくと特に滞りなく済ませることができますが、一から全ての段取りをできる方は多くはないのではないでしょうか。

年を取るほど施主となりやすい行事ですので、そのときまでに手順を覚えておくことは恥をかかないために必須といえます。
今回、終活ねっとではお盆供養の仕方について、以下を調べてみました。

  • そもそもお盆とは何か?また、初盆との違いは?
  • お盆を迎えるときに、具体的に準備するものについて。
  • お盆で行われる、様々な法事について。
  • お布施の書き方・包み方・渡し方について一通りの解説。
  • お布施以外に渡す、謝礼金について。
  • お盆供養に合った服装は?
  • お盆でのお返しは必要なのか?

お盆は一族の親睦を深め、絆を強くする法事でもあります。
そのためにも、ぜひこの記事でお盆供養の全容を学んでいってください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆とは

お墓

具体的な内容について入る前に、お盆自体の概要を復習しておきましょう。
有名な法事なのでそこまで間違った認識の方もそういらっしゃいませんが、前提情報の確認は大事です。

なお、浄土真宗ではご先祖様が帰ってくるという解釈はなく、仏教に触れる行事として行われます。

お盆はいつからいつまで?

お盆の期間は、7月か8月の13~16日となります。
東京周辺では旧暦に合わせて7月となることが多いですが、他の地域では新暦でほぼ8月に行っています。

この期間は帰省ラッシュも起こり、交通機関が大変混雑します。
遠方に出向く方は、余裕をもったスケジュールを組むようにしましょう。

初盆とお盆の違いとは?

初盆は、故人が亡くなって四十九日を経過した後に初めて迎えるお盆のことを指します。
仏様となった故人が初めて故郷に帰ってくる法事ですので、友人・知人も招いて盛大に行われることが多いです。

一方、通常のお盆は基本的に親族のみで行い、必ずしも全ての親族が同時に集まるとは限りません。
普通のお盆は毎年行う分、厳粛な法事となりやすい初盆とは違い、各家庭でも方針に幅があります。

お盆供養の方法

お墓

では、実際のお盆供養の内容を詳しくみていきましょう。
予定漏れのないよう、チェックしておいてください。

お盆を迎える準備

お盆では、普通の葬礼とは違うものの準備も必要となります。
それぞれをつぶさに挙げていきます。

精霊棚・お供え物の準備

お盆といえばこれを連想するというくらい印象に残るものが、精霊棚とお供え物です。
精霊棚は盆棚とも呼ばれ、先祖や精霊を迎えるために使われるもので、お盆の行事のメインの道具ともいえます。

風習・宗派によって細かい点は異なりますが、精霊棚にお供えする代表的なものを挙げていきます。
全ての飾りが必要ではありませんので、自分の属する宗派から確認を取っておいてください。

供え物理由
マコモの敷物お釈迦様が病人を寝かせて治療するのに使ったとされる。
縄と笹竹精霊をとどまらせる結界を作る。
ほおずき道案内の印となる、盆提灯の代わりともされる。
精霊馬ご先祖様が送迎に使う乗り物を象ったもの。 きゅうりとなすで作るのが一般的。
水の子蓮の葉の上に、きゅうりやなすを賽の目にして盛る。 ご先祖様や、施餓鬼に対して不足ないようにとの意味。
供養幡浄土宗、真言宗など各宗派のお経が書かれた五色ののぼりのこと。

これらのものを中心に、果物やお菓子などのお供え物を追加したりします。
最近では少なくなりましたが、和歌山では庭先に野菜や果物を供える水棚を設置したりします。

敷物やほおずきは、お盆用に作られた別素材のもので代用することもありますが、精霊馬は作成が簡単なので自前で用意する方が多いです。
水の子なども、準備は特別難しくないので自ら用意するのが丁寧でしょう。

盆提灯の準備

盆提灯も、お盆を行う上で欠かせない道具のひとつです。
ご先祖様を迷わず帰ってこれるように、目印として使うものです。

意匠に凝ったものや家紋を入れるものもあり、立派な見た目のものが多いですが、意外なことに宗派による違いはありません。
家で盆提灯を持っていない場合は、この際正式に購入を考えてもいいでしょう。

御所行灯などの吊るすタイプや、回転行灯や姫行灯などの置くタイプの2つに大別されます。
屋外の門などに飾る場合はスタンドつきの前者を、屋内に飾る場合は後者が使いやすいでしょう。
置く場所や個数も特に決まりはないので、場所の事情を考えて検討しましょう。

迎え団子

あの世から長い旅を経てきてくださったご先祖様の疲れを癒すために、迎え団子をお供えすることがあります。
タレやあんこなど、甘手のものを用意します。

数の規定はありませんが、仏教の六道にちなんで6個、もしくは十三仏になぞらえて13個とするところが見られます。
風習などもありますので、その地で売られている迎え団子の数も見ておくといいでしょう。

細かいものだと、14日に一緒に食べるためにお供えする「お供え団子(落ち着き団子)」、16日に何もつけていないものを持ち帰りに供える「送り団子」などもあります。

迎え火

お盆でご先祖様が帰ってくる13日の晩には、提灯を用意するだけでなく迎え火を焚いて迎えます。
繰り上げて、12日の晩に行う場合もあるようです。
日蓮宗では玄関先で迎え火を行いますが、墓前で行う宗派もあります。

焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの皿を用意し、オガラ(麻の茎)や乾燥した植物素材などをその上に置き、火を焚くことによってお迎えをします。

集合住宅や火を焚くほど場所に余裕がない場合は、盆提灯だけにとどめてもかまいません。
晩にするものですが、完全に暗くなる前に迎え終わるので、それまでの間に済ませましょう。
少なからず危険を伴うので、周囲の状況を十分確認してから行ってください。

法要

お盆は家族でのお祭りのような雰囲気を伴っていますが、法事として供養の意味も大きくあります。
それぞれの意義と手順を見ていきましょう。

棚経

お盆では僧の方をお呼びして、読経をあげて供養してもらいます
盆棚に対してあげることになるので、棚経と呼ばれます。

お盆の4日間は僧の方も大変忙しく、寺院の人数配分によっては回り切れない事態も起こります。
そのため、棚経のみ先にあげてもらうこともあります。

通常は御本尊を移動した精霊棚に向かって行いますが、最近では仏壇の前に精霊棚を置いて行うことが増えています。
僧の方を案内すればいいので、迷ったら直接どちらがいいか伺っておきましょう。

施餓鬼会

お盆では同時に、餓鬼界に堕ちた者に対する供養の施餓鬼会も行われることがよくあります。
曹洞宗では、「施すものと施されるものに上下ができてはいけない」という観点から「施食会」と呼んでいます。

施餓鬼会は、食事を供して喜びを分かち、餓鬼たちを往生させるという法事で、お盆の先祖供養の準備と大差がありません。
無縁仏もお盆の時期に一時的に帰ってくるので、戸外に無縁仏用の施餓鬼棚を置くこともあります。
同様の扱いとなりやすい水子供養も、同時に行われることがあります。

極楽浄土へ行けなかった衆生に対して施すことも、仏教では徳を積む善行とみなされています。
余裕のある方は、施餓鬼会も並行して行うといいでしょう。
費用の面でも、大抵普通のお盆より安くなります。

卒塔婆を立てる塔婆供養

お墓に卒塔婆を建てる塔婆供養というものもあります。
ご先祖様に対する追善供養であり、年忌法要でも行われることがありますが、親族の集まりやすいお盆でもよく見られます。

こちらは施餓鬼会とは違い、対象が自らの家系に限定されています。
古くなった卒塔婆の取り換えを考えて行う方もいらっしゃるようです。
ご先祖様の功績や恩恵を特に実感されている方は、先祖供養のひとつとして考えてみてください。

お墓参り

参列者の事情にもよりますが、お墓参りも基本的には欠かせないものとなります。
お墓参り自体年中気軽に行けるものでもありませんので、お盆や正月を節目として済ませる方も非常に多いです。

お盆の日程の意味から考えると、お墓参りには送迎となる13日と16日がもっとも適しています。
念を入れる方は、12日までにお墓周りの掃除をされたりしています。

風習や宗派によっては、お墓の前で迎え火を焚きますので、その場合もできれば事前に手入れを済ませておくといいでしょう。
ご先祖様が家に滞在している14・15日にも、関東では「留守参り」としてお墓参りすることがあるので、失礼とされる日程は特にないようです。

送り火

お盆の締めとなる送り火は、迎え火を行った同じ場所で夕方に行います。
暗くなりすぎる前に行うことができれば、時間帯はそこまで厳密に守らなくても大丈夫です。

焚くものの準備や手順は迎え火と変わりません。
各家庭で迎え火と送り火をセットで行うのが一般的ですが、京都の大文字や長崎の精霊流しのように、盛大な送り火の行事に参加して締めとするような場合もあります。
大阪の四天王寺では、万灯供養という1万本のろうそくを使った大規模な供養を行います。

精霊馬であの世へ戻るための乗り物を用意できたら、後はどちらでもかまいません。
共に過ごせたことに感謝しつつ、のどかに帰っていただきましょう。

お盆供養のお布施のマナー

仏壇

お盆で棚経をあげてもらった僧の方には、お気持ちとしてお布施を渡します
その書き方から渡し方まで、しっかり抑えておきましょう。

お布施の書き方

施主の方のみ供養料として渡すので、用意するのはひとつだけですが、万一に備えて書き方を覚えておきましょう。

表書きの書き方

お盆で渡すお布施は寺院、ひいては御本尊に対するもので、不幸に対してではないので「御仏前」や「御霊前」などは使いません。
中央上部には「お布施」「御布施」「御経料」などと書きます。

中央下部には、名前をフルネームで書きます。
親族を代表して出すこととなりますので、「〇〇家」というような記載でもかまいません。

実はこれらの表書きは、書かなくても出すことができます。
その場合は、裏に名前や住所だけ小さく書きます。

薄墨で書く必要はあるの?

上記の通り、お布施は不幸があった相手に対して渡すものではありません。
お盆は予定もわかっている行事ですから、普通に濃い墨を使いましょう。

筆がなければ、筆ペンを使いましょう。
万年筆でもかまいませんが、あまりに細い字になるようであれば表書きに合わないので、裏だけ書くようにするのが賢明かもしれません。

お布施の包み方

お布施のお札は、奉書紙で包むか真っ白な封筒に入れるかのどちらかになります。

奉書紙で包む場合、つるつるのほうが表、ざらざらのほうが裏となります。
まず半紙でお札を包んだ後、中袋に入れます。
最後に上袋となる奉書紙で、表裏に気をつけながら慶事用の包み方で包みます。

水引は地域によって異なります。
使われるものとしては双銀や白黒のものが多く、関西では黄白もありますが、なくてかまわないところも多いです。
水引には未開封や魔除けの意味合いがあるので、念のためでつけても大丈夫でしょう。

お布施の渡し方

僧の方へのお布施は、直接手渡ししてはいけません
わずかな作法ですが、大事なところなので注意しましょう。

お盆にのせて渡す

小さなお盆の上に乗せてお渡しするのが、もっとも丁寧な方法といえます。
僧の方が表書きをそのまま読める方向に置いて渡しましょう。

袱紗に包んで渡す

適切な台がないときは、袱紗を使って渡しましょう。
畳んだ袱紗の上に置いて差し出せば、失礼にならずにお渡しすることができます。

お寺に渡すお布施以外の謝礼金

お盆で僧の方に渡すのは、お布施だけではありません。
他の謝礼金も必要になりますので、別の袋に包んで渡しましょう。
表書きにはそのまま名称を表記すればOKです。

お車代

僧の方が直接出向いてこられた場合は、交通費としてお車代をお渡しします。
タクシーを手配された場合は、運転手に直接代金の支払いを行えば大丈夫です。
金額としては、5千円~1万円くらいが相場となります。

御膳料

僧の方が供養膳を共にしない場合は、御膳料もお渡しします。
お盆の時期の僧の方には時間がないので、ほとんどの場合用意することになるでしょう。
こちらも金額相場は5千円~1万円ほどとなります。

お盆供養にふさわしい服装

お墓

お盆供養に適した服装も考えておきましょう。
葬儀や葬礼に比べると、それほど構えなくても大丈夫です。

男性の服装

男性の場合、ダークスーツと呼ばれる黒ではない略喪服や、白いワイシャツに落ち着いたパンツなどでOKです。
明るいシャツとカジュアルすぎるジーンズですと、棚経やお墓参りのときに若干居心地が悪くなりますが、お盆では格式まで考えて畏まる必要はありません。

女性の服装

女性の場合も、寒色系で無地のワンピースやアンサンブル、ブラウスとスカートなどでも大丈夫です。
素足はダメなので黒か肌色のストッキング着用が必須ですが、喪服である必要はありません。
落ち着いた色の楽な格好でかまいませんが、光物やアクセサリー類は控えておきましょう。

子どもの服装

冠婚葬祭の場において子供は制服が基本ですが、お盆では制服まで着る必要はありません
節度のある格好であれば、何の問題もなく参加できます。
服装についてあまり心配なことはないので、失礼な振る舞いをしないよう注意しておきましょう。

お盆供養のお返しは必要?

困った人々

一般的には、お盆でもらったお供え物に対してもお返しが必要です。
渡されたものの3~5割の値段で、品物を考えて返すのが基本となります。

中には、その金額で考えるのが難しい低額のお供えをする方もいます。
その場合は、品物でのお返しは不要と暗に示されているので、お礼のお手紙を返しておきましょう。
毎年の行事でお供えも高額にはなりにくいので、その場でお返しを済ませることもあります。

お盆供養に関するまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとのお盆供養に関する記事について、内容をまとめると以下となります。

  • お盆は7月か8月の13~16日に行われる。
    初盆は、故人の四十九日が経過して初めてのお盆のことを指し、規模が変わる。
  • お盆の準備では、精霊棚・お供え物・盆提灯・迎え団子などを用意する。
    菩提寺の方針や風習に従い、迎え火や送り火を各家庭で行うこともある。
  • 法事としては、盆棚に棚経をあげる他に、施餓鬼会や塔婆供養を行ったりする。
    お墓参りを兼ねることも多く、盛大な送り火の行事に参加することもある。
  • お布施の表書きは、「お布施」「御経料」などでいい。
    名前を書くが、「〇〇家」としてもよい。
    表書きは書かなくてもいいが、その場合は裏に名前や住所など必要なものを書くこと。
  • お布施は、奉書紙か白い封筒に包む。
    渡すときは直接でなく、お盆に乗せるか袱紗の上にして渡すこと。
  • お布施の他に、お車代・御膳代が必要になることがある。
  • 服装は正式な喪服でなくてもいいが、寒色系の落ち着いたものを選ぶこと。
    アクセサリー類はしない、煩悩を煽るものは避けるなど仏教の基本に沿うこと。
    一般的にお返しはしておくもの、3~5割の価格で考えられるものを選ぶ。

準備しなければならないことは結構多いものの、お盆は4日間通して行われるので、実際のところはそれほど慌ただしくなく過ごすこととなります。
用意をしっかり整えて、ぜひ団らんとなるひとときをお過ごしください。

最後までよんでくださり、ありがとうございました。

「お盆・供養」に関連する記事

「お盆・供養」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・供養」についてさらに知りたい方へ

お盆の手土産にオススメの品物を紹介!手渡す際のマナーも解説しますのサムネイル画像

お盆の手土産にオススメの品物を紹介!手渡す際のマナーも解説します

お盆で渡す御仏前はどうする?品物や御仏前へのお返しについても解説のサムネイル画像

お盆で渡す御仏前はどうする?品物や御仏前へのお返しについても解説

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介のサムネイル画像

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

お盆の時期の混雑具合は?どれくらい混む?対処法まで解説します!のサムネイル画像

お盆の時期の混雑具合は?どれくらい混む?対処法まで解説します!

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

浄土宗のお盆には何をお供えするの?お供え物の飾り方も解説します!のサムネイル画像

浄土宗のお盆には何をお供えするの?お供え物の飾り方も解説します!

お盆で行う送り火とは?送り火の時間ややり方について徹底解説しますのサムネイル画像

お盆で行う送り火とは?送り火の時間ややり方について徹底解説します

仏式だけじゃない、神道にもあるお盆の行事を知ろう!のサムネイル画像

仏式だけじゃない、神道にもあるお盆の行事を知ろう!

お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。のサムネイル画像

お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。

浄土真宗のお盆の流れは?浄土真宗の教えやお布施ついても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の流れは?浄土真宗の教えやお布施ついても解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・供養」についてさらに知りたい方へ

お盆のお迎えには提灯を飾る!提灯の種類や飾り方を解説しますのサムネイル画像

お盆のお迎えには提灯を飾る!提灯の種類や飾り方を解説します

2018年のお盆休みはバンコクでバカンス!費用相場や観光地を紹介のサムネイル画像

2018年のお盆休みはバンコクでバカンス!費用相場や観光地を紹介

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説のサムネイル画像

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説

2018年のお盆にタイ旅行に行きましょう!観光地やグルメを紹介!のサムネイル画像

2018年のお盆にタイ旅行に行きましょう!観光地やグルメを紹介!

お盆は宗教行事?お盆の歴史や由来・宗教との関係についても解説!のサムネイル画像

お盆は宗教行事?お盆の歴史や由来・宗教との関係についても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと