新盆に飾る白提灯ってどんなもの?飾り方や処分方法を解説します!

お盆に盆提灯を飾る習慣はよく見られるものですが、新盆では普段のお盆とは違う、特別な意味を持った白提灯を飾らなくてはならないことはご存知でしょうか。この記事では新盆に飾る白提灯について、また普段のお盆で飾る盆提灯についても解説いたします。

目次

  1. 新盆に飾る提灯について
  2. 盆提灯とは?
  3. 新盆に飾る盆提灯はどんなもの?
  4. 盆提灯はいつから飾る?
  5. 盆提灯の値段を紹介
  6. 新盆の白提灯は使い回しても大丈夫?
  7. 盆提灯に宗派ごとで違いはある?
  8. 新盆に飾る提灯のまとめ

新盆に飾る提灯について

仏壇

提灯はお盆に欠かすことのできないものです。

普段のお盆ではあまりその意味も考えず習慣として提灯を飾る人も多いのではないでしょうか。
身近に亡くなった人がいなければなおさらのことだと思います。

ですがお盆とは本来故人を偲ぶ大切な時間です。
特に亡くなった人が初めて迎えるお盆である新盆は特別なものであり、新盆に飾る提灯は特別な意味を持っているのです。

そこで今回終活ねっとでは新盆に飾る提灯について、

  • 盆提灯とは?
  • 新盆に飾る盆提灯はどんなもの?
  • 盆提灯はいつから飾る?
  • 盆提灯の値段を紹介
  • 新盆の白提灯は使い回しても大丈夫?
  • 盆提灯に宗派ごとで違いはある?

というようなことをまとめました。

もしこれから新盆を迎えるという人、あるいは盆提灯について知りたい人にとってはとても参考になるのではないかと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

盆提灯とは?

仏壇

新盆の盆提灯について紹介する前に、まずは通常の盆提灯についてご紹介します。
すっかりお盆でおなじみの光景となっている盆提灯ですが、実はお盆という行事の一部として大切な役割と決まりが存在しています。

お盆に提灯を飾る意味

お盆に飾る提灯には故人や祖先の霊が家に戻る際に、迷わず帰ってこられるようにする目印としての意味があります。
また故人の冥福を祈り、お盆への供養を示す意味も持っており盆提灯はお盆のお供えとして最高のものであるとされています。

昔は目印として、玄関先で「迎え火」や「送り火」を焚く習慣がありました。
迎え火の代わりに提灯を使う習慣が鎌倉時代のころから京都にあったのですが、全国的に定着したのは江戸時代のことと言われています。

江戸時代に入ると提灯が日用品として一般的になりました。
それに伴って迎え火を提灯に移すという形で盆提灯の習慣が全国へ普及しました。

誰が買うの?

盆提灯は親族や故人と親しかった知人が用意して贈るという習わしがあります。
昔は盆提灯の数が多ければ多いほど故人が多くの人に慕われていたと証としていいことだと考えられていました。

今日では盆提灯は誰が贈ってもいいことになっています。
ただ気にする方がいる場合もありますので、もし盆提灯を贈る際は相手方へ確認するようにします。

また現在では住宅環境も変化しており、仏前にあまり盆提灯を飾ることができない場合もあります。
そのときはできるだけ小さな提灯を選択するか、提灯の代わりに提灯代という名目で不祝儀袋にお金を包んで贈るようにします。

新盆に飾る盆提灯はどんなもの?

仏壇

故人の忌明けに初めて行うお盆は初盆と呼ばれ、通常のお盆よりも更に丁重に故人を供養します。
通常のお盆に加え、僧侶に読経してもらうなど準備することが増えます。

また初盆では盆提灯も普通の、柄付きのものではなく白木に白い無地の、白提灯と呼ばれるものを用意しなくてはなりません。

白提灯は亡くなって間もない故人を清浄無垢な気持ちで迎えるために用意するほか、通常のお盆と同じく故人が迷わず帰れるようにする目印としての意味もあります。

他にも新盆で飾る白提灯には決まりごとがありますので、細かく解説していきます。

白提灯は誰が買う?

通常の盆提灯は近年では誰が買ってもいいことになっていますが、白提灯は故人の家族が買うようにします。

また盆提灯はいくつ飾ってもいいものですが、白提灯は一つあれば大丈夫です。

戒名入りの盆提灯も新盆のみ使う

新盆で飾る提灯には無地の白提灯以外にも種類があります。

まず白紋天(しろもんてん)と呼ばれる、白い模様の入っている白提灯です。
紋とは提灯の表面にある透かし模様のことを指し、普段は模様が見えないのですが提灯を灯すと模様が浮かび上がる仕組みになっています。

地域によっては白地の提灯に戒名や家紋を入れたものを初盆の提灯として使うことがあります。
この提灯も新盆でのみ使うようにします。

戒名を入れる提灯を飾る場合には、提灯に戒名を入れるようお願いしたのち、手元に届くまでに時間がかかります。
お盆までに提灯が間に合わないという事態を避けるために、戒名や家紋を提灯に入れるときは日程に余裕を持って注文をし、手元に届くまでにどれくらい時間がかかるかをきちんと確認しておく必要があります。

白提灯の飾り方

普通の盆提灯は仏壇の前に一対になるように飾りますが、白提灯は故人が帰ってくる目印となるものなので、玄関先に飾るのが正式なマナーです。
玄関先に吊るせない場合は軒先に飾ります。

またマンションに住んでいたり、防犯上の理由などで外へ飾ることができないときは窓際や仏壇の前に飾っても問題はありません。

最近はビニール製の提灯も多いですが、和紙を使ったものだと玄関先へ飾ったときに雨が気になるのではないかと思います。
白提灯はたとえ濡れて破れたとしても失礼にはあたらないのですが、濡れたものを飾るのはみっともなく感じてしまいますよね。

もし雨が気になるようなら、最初から防水加工のされた提灯や専用の提灯カバーを購入することをおすすめします。
急な雨でカバーなどの備えがないときは少し大きなビニール袋で提灯を覆って、提灯の裏など見えないところでテープを使って止めることで簡易カバーとして機能します。

新盆後の白提灯の処分方法

新盆が終わった後、白提灯は速やかに処分するようにします。
処分方法としては、まず送り火で燃やしてしまうことが挙げられます。
しかし近年ではマンションやアパートに住んでいる方も多いですし、自治体の規則などもあって自宅でものを燃やすことが難しくなっています。

もし菩提寺が近くにある場合はお焚き上げを頼むのも一つの手です。
ただ最近ですと盆棚や供物などは持ち込みを断られることもありますので、事前に確認しておくと無用なトラブルを避けることにつながります。

自宅や菩提寺で燃やして処分ができないときは火袋と呼ばれる、提灯の布や紙の部分をほんの少しだけ燃やして形だけお焚き上げをし、残りを普通のゴミとして処分してください。
火を使えない場合は塩で清めて紙に包んで処分します。

提灯がどういったゴミに分類されるかは自治体に問い合わせください。

盆提灯はいつから飾る?

困った人々

お盆の期間は関東地方を中心とする一部地域では7月13日から16日、それ以外では全国的に8月13日から16日であることが多いです。
盆提灯は故人が迷わず帰るための目印として飾るものですから、お盆の始まる13日までには準備し、13日には必ず飾るようにします。

ただし早い分にはもっと早く飾っても問題はありません。
地域によってはお盆を月初めから行い、月全体でお盆を行うところもあります。
なので7月にお盆があるところは7月頭から、8月にあるところは8月頭から盆提灯を飾っても大丈夫です。
もし盆提灯を早く飾る場合はお盆の1週間から1か月前を目安にするといいでしょう。

初盆で白提灯を飾る際も盆提灯と同じように考えてかまいません。

盆提灯の値段を紹介

お金

盆提灯や白提灯を購入するとき気になるのは値段です。
今日では仏具店やデパートに行かずとも「お仏壇のはせがわ」のような仏具店のほか、「楽天市場」や「amazon」のような通販サイトでも盆提灯を購入できます。

しかし通信販売では気軽にかつ迅速に購入が可能な反面、ものの相場を掴むことが難しくなります。
もし相場より安いものを贈れば失礼に当たりかねませんし、逆に高すぎるものを贈っても遺族の方に気を使わせてしまいます。

盆提灯や白提灯を購入する際は自分の懐具合や自分と故人の関係を考えて金額を考えることが一番大切です。
そしてどれくらいの価格のものが適切かは価格の相場を把握することで理解できます。

そのためここでは白提灯と盆提灯の価格相場について細かく紹介します。

白提灯の価格相場

白提灯の価格相場としては1万円から2万円ほどが一般的です。
高いものであればきりはありませんが、白提灯は一度使えば処分してしまうものなので、そんなに高いものを買う人はいません。

また初盆では香典を渡すことになります。
相場としては5000円から1万円で、法要のあとの食事に参加する場合はそこへ3000円から1万円ほどを足してキリのいい数字にします。

初盆であっても盆提灯は用意するので、もし自身が盆提灯を用意するような立場である場合には、盆提灯か提灯代を持参するようにします。

盆提灯の価格相場

盆提灯の価格は火袋や口輪(火袋を留める上下の部分)の素材や、火袋に描かれる絵によって決まります。
火袋は和紙や絹、ビニールでできているものがあるのですが、やはりビニールよりは和紙、和紙よりは絹でできているものが高価になります。
口輪もプラスチックでできたものよりは、木材や紙でできているもののほうが高価になる傾向があります。
また火袋に描かれる絵も印刷よりは、手描きのほうが値段が高くなります。

盆提灯の価格相場は1つ1万円からが一般的なようです。
盆提灯は2つを一対として飾りますので、およそ2万円からということになります。
ただ一対1万円からでも充分に豪華なものはありますし、住宅の事情もあります。
価格はもちろん、大きさや提灯の種類をよく確認しておくとよいでしょう。

家紋入り盆提灯の価格相場

盆提灯には家紋を入れる場合があります。
家紋は文字通り家の印ですので、非常に格調の高いデザインです。
なので一年限りの白提灯ではなく毎年飾る盆提灯に家紋をあしらうことをおすすめします。

ただし関西地方では贈答する盆提灯でもよく家紋を入れますが、関東地方では施主のみが家紋を入れた提灯を買う決まりがあるところもあるので注意が必要です。

盆提灯に家紋を入れるのは、今ではサービスとして無料でやってくれるお店も多いです。
仮に別料金だったとしても5000円かからない場合がほとんどですので、家紋入り盆提灯を検討する際には安心して買うことができます。

盆提灯はレンタルできる?

盆提灯は一年に数日飾るだけなので、レンタルで済ませたいと思うこともあるかと思います。
盆棚をレンタルするサービスの一部として盆提灯を借りることができる場合はあるようです。
しかし盆提灯のみをレンタルするサービスは地域限定の対応が多く、全国的なものはまだないようです。

ただし盆提灯は数年間使い回すことができますし、白提灯もそう高価なものではありません。
レンタル代を毎年払うよりも、購入したほうが安く上がります。
デザインに流行り廃りがあるわけでもありませんし、最近では小型の盆提灯も増え、収納スペースにも困りません。

ですので盆提灯は購入することをおすすめします。

新盆の白提灯は使い回しても大丈夫?

葬儀

新盆の白提灯は基本的に使い回さないようにして、新盆が終わったら処分します。
白提灯と言っても正式には家紋や戒名を入れて使うもので、亡くなった人ひとりひとりへ対応しているので、そもそも使い回すようにできていないのです。
白提灯はしまっておくと黄ばんでしまうので見た目にもよくありません。

ただし地域によっては初めに白提灯に家紋を入れてそれを毎年使うところもありますので、確認してください。

またお葬式で使う白い提灯を新盆で使い回したいと思うこともあるかもしれません。
両者は同じく死者の霊を慰めるもので、使い回すこと自体に問題はありません。
ですがお葬式で使う提灯を初盆で使うことで、また誰か亡くなったのではないかと勘違いされる恐れがあります。
なので使えますが、使わないほうが無難だと言えるでしょう。

盆提灯に宗派ごとで違いはある?

仏壇

どのような盆提灯を飾ればについて、宗派による違いはありません。
むしろ盆提灯の違いは地域の慣習によって表れるので、盆提灯を用意する際はよく確認しておくことをおすすめします。

また浄土真宗ではお盆に対する考え方が他の宗派と違います。
浄土真宗には先祖の霊が帰ってくるという考え方がありません。
浄土真宗のお盆は「歓喜会」と呼ばれ、先祖に感謝する日という位置づけになっています。
他の宗派のお盆にある迎え火や盆棚のような特別なことはしません。

そのため浄土真宗のお盆で盆提灯を飾ることはありません
ただし地域として盆提灯を飾ることはあります。
もし浄土真宗のお盆で盆提灯を飾る場合は、死者の霊が帰ってくるための目印としてではなく、単なる灯篭として飾ります。

新盆に飾る提灯のまとめ

人々

いかがでしたか?

今回は新盆に飾る提灯について以下のことを解説してきました。

  • 盆提灯は故人の親戚や親しい知人が買うもので、祖先の霊が帰ってくるときの目印や、供養を示す意味を持つ。
  • 新盆では白提灯という白地や、戒名の入った提灯を故人の家族が購入して飾る。
  • 白提灯は初盆の月の13日までに玄関先や、玄関先に飾れない場合は窓際や仏壇の前に飾る。初盆が終わったらすぐに処分する。
  • 白提灯の価格の相場は1万円から2万円ほどが、盆提灯の価格の相場は一対で2万円ほどが一般的である。レンタルのサービスはあまり充実しておらず、購入するのがおすすめである。
  • 新盆の白提灯は使い回さず処分するが、地域によっては家紋入りの白提灯を使い回すところもある。
  • 盆提灯は宗派によって違いはでないが、浄土真宗ではお盆は先祖へ感謝するための日であるため盆提灯を飾る必要がない。

お盆は祖先の霊が帰る特別な日であり、やはりつつがなく過ごしたい日です。
盆提灯一つを取って見ても、祖先の霊を思うがために、様々な決まりごとが存在します。

もちろん最も大切なことは気持ちですが、気持ちを表すために形が存在します。
失礼に当たらないよう、準備を進めたいですね。

終活ねっとでは他にも法事・法要に関する記事を数多く掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「新盆・提灯」に関連する記事

「新盆・提灯」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「新盆・提灯」についてさらに知りたい方へ

新盆のお返しにはなにを用意するの?のしやお礼状まで詳しく解説のサムネイル画像

新盆のお返しにはなにを用意するの?のしやお礼状まで詳しく解説

新盆見舞いの挨拶の仕方とは?挨拶のタイミングや例文について解説のサムネイル画像

新盆見舞いの挨拶の仕方とは?挨拶のタイミングや例文について解説

新盆の御仏前はいくら包む?金額相場や表書きの書き方についても解説のサムネイル画像

新盆の御仏前はいくら包む?金額相場や表書きの書き方についても解説

新盆と旧盆はいつからいつ?地域ごとに違うの?詳しく解説します!のサムネイル画像

新盆と旧盆はいつからいつ?地域ごとに違うの?詳しく解説します!

新盆の提灯はいつから飾るべき?提灯の飾り方や処分方法も解説しますのサムネイル画像

新盆の提灯はいつから飾るべき?提灯の飾り方や処分方法も解説します

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスしますのサムネイル画像

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスします

新盆法要の場所や流れとは?お布施や服装についてのマナーも解説!のサムネイル画像

新盆法要の場所や流れとは?お布施や服装についてのマナーも解説!

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!のサムネイル画像

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!

親族で行う新盆の服装はどうする?適した服装や注意点を解説します!のサムネイル画像

親族で行う新盆の服装はどうする?適した服装や注意点を解説します!

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介しますのサムネイル画像

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと