宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

みなさんは宗派により仏壇の飾り方が違うのをご存知ですか?各宗派にご本尊さんがいるのと同じように、宗派によっても仏壇の飾り方が違います。今回は、宗派の中で最も多くの門徒さんがいらっしゃる「浄土真宗本願寺派」と「浄土真宗大谷派」の仏壇の飾り方を紹介します。

最終更新日: 2020年02月28日

数ある日本の仏教

仏壇

浄土真宗の仏壇の飾り方を紹介する前に、仏教について簡単に説明します。
日本の仏教は6世紀ころインドから伝わり、その後聖徳太子により日本国内に広まったと言われています。
日本の仏教には、奈良仏教系(法相宗・華厳宗・律宗)、密教(天台宗・真言宗)、浄土教(浄土真宗・浄土宗・時宗・融通念仏宗)、禅宗(臨済宗・曹洞宗・黄檗宗)日蓮宗があります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、浄土真宗の仏壇の飾り方について以下の点を軸にして解説します。

  • 浄土真宗について
  • 仏壇の種類と置く方角は?
  • 浄土真宗本願寺派の仏壇の飾り方
  • 浄土真宗 真宗大谷派の仏壇の飾り方

知りたい情報や興味のある項目をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までご覧ください。

浄土真宗について

日本の数ある中で最も門徒さんが多いのが「浄土真宗」で、浄土宗開祖の法然の弟子・親鸞が開祖し、ご本尊は、阿弥陀如来です。
浄土真宗は、「門徒ものしらず」とよく言われ、一般的には、門徒=浄土真宗信徒が、ものを知らないと解釈されていますが、本来は全く違った意味を持ちます。

門徒ものしらずの本来の意味

もともとの言葉は「門徒物忌み知らず」だったのが、段々と人から人へ伝わるうちに「門徒ものしらず」と変化をしていきました。
本来の意味は、物忌み=迷信や俗信で、迷信や俗信にとらわれない門徒の生活や態度を表した言葉です。

親鸞の教えというのは本願を信じ、念仏により仏となれるというものです。
「他力本願」とは浄土真宗の教えからきた言葉で、「他力」とは一般的に言われている他人の力ではなく、阿弥陀様の力という意味です。

浄土真宗の宗派

いわゆる東本願寺、西本願寺と呼ばれるふたつの本願寺がありますが、本山は元々、本願寺一つでした。
しかし1570年から1580年の10年間の石山戦争で、分裂が生じたことにより、現在にもみられるような浄土真宗本願寺派(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)の二派になりました。
この他にも宗派があり、全10派に分かれています。

東本願寺は、京都の土地を教如が家康から授かったことにより建設されました。
また、明治14年に東派から名称変更し現在の大谷派を名乗っています。

浄土真宗の葬儀について

浄土真宗は他の宗派と違う点がありますので、ポイントを押さえて説明します。
1. 亡くなった人間は阿弥陀仏により極楽浄土に迎えられているので供養はしない(往生即身仏)
2. 礼拝の対象は阿弥陀仏であり、故人ではない。
3. 葬儀の清め塩や死装束しない。
4. 戒名ではなく、法名であり、女性も男性も 釋 ○○ と付けます。
5. 位牌ではなく、過去帖に法名を記します。
近年は、位牌を希望される方もいらっしゃいます。
6. お線香は立てずに横にします。
※本願寺はと大谷派では、葬儀作法や仏壇、仏具についたも若干の違いがあります。

仏壇の種類と置く方角は?

仏壇には、金箔仏壇・唐木仏壇・家具調仏壇・上置き型仏壇・家具調上置き型仏壇などがあり、大きさや高さも種類がありますので、選ぶ時には設置する場所の広さや高さに合うように選んでください。
仏壇の高さは、お線香をあげる時に、ご本尊様を見上げるのが基本で、決して見下す高さにはしない様にしましょう。

また、仏壇の向きは特に決まりはありませんが、直射日光があたったり、湿度の高い場所などには置かないようしましょう。

浄土真宗本願寺派の仏壇の飾り方

浄土真宗の仏壇は他の宗派に比べると煌びやかな金仏壇が基本でしたが、現在は、モダン仏壇や唐木仏壇でも選べます。
ただし、浄土真宗本願寺派の金仏壇にする場合は、西用の仏壇を選びます。

浄土真宗 本願寺派のご本尊の飾り方

ご本尊の阿弥陀如来は、上段の中央に祀ります。
仏像は白木や柘植・白檀などで作られた木仏像、鋳造仏像、掛軸がありますが、浄土真宗本願寺派の仏像を祀る時は頭光と光背が付いている西立弥陀を、掛け軸を祀る時は、阿弥陀如来の後光が「8本」ある掛軸にします。

本願寺派仏壇の脇掛の飾り方

脇掛の飾り方は仏壇に向かって、右側に位の高い方を祀りますので、右側に親鸞聖人、左側に蓮如上人を祀ります。
ご本尊様より少し低めに祀りましょう。
蓮如上人は、43歳の時(1457年)に浄土真宗の8代目となり、京都大谷の地にあって衰退していた本願寺の再建に尽力し、全国各地に浄土真宗を広げた上人です。

本願寺派仏具の飾り方

色々なお飾りがありますが、ここでは基本の仏具の飾り方を説明します。
浄土真宗本願寺派は、焼き色のついた仏具を一般的に用います。

上段のご本尊阿弥陀如来の前に、仏飯器。
仏壇中段の両脇に六角供花、中段の中央に打敷を敷いた上に、右寄りから火立・玉香炉・花立と順に飾ります。
下段には、右寄りから過去帖・おりん・火消し・線香差しを飾ります。

浄土真宗の場合、一般的には仏前椀や水、酒などはお供えはしません。

浄土真宗 真宗大谷派の仏壇の飾り方

西本願寺派と同じようにどの仏壇でも選べますが、金仏壇の時は、東用の仏壇を選びます。

浄土真宗 真宗大谷派のご本尊の飾り方

浄土真宗本願寺派と同じく、ご本尊阿弥陀如来の仏壇の飾り方は、上段の中央に祀ります。
仏像は白木や柘植・白檀などで作られた木仏像、鋳造仏像、掛軸がありますが、ご本尊を仏像で祀る時は、頭光が付いている東立弥陀、掛け軸の時は阿弥陀如来の後光が「6本」ある掛け軸にします。

真宗大谷派の脇軸の飾り方

仏壇に向かい右側に十字名号(=帰命盡十方無碍光如来)、左側には九字名号(=南無不可思議光如来)を祀ります。
しかし、本願寺派と真宗大谷派とも掛軸は絵柄でも名号でも良いとされております。

大谷派仏具の飾り方

浄土真宗真宗大谷派の仏具は、透かし香炉で、仏飯器・玉香炉・火立・花立などの仏具は金色を使用します。
本願寺派と同様に仏前椀や水、酒などはお供えしません。

浄土真宗の仏壇の飾り方のまとめ

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、浄土真宗の仏壇の飾り方を紹介しました。
宗派により焼香が1回だったり3回だったりと葬式の作法なども違い、参列した時に迷ってしまうことがあります。
今回は仏壇の飾り方を紹介しましたが、日本人に生れた私たちにとって密接な関係のある仏教。
そして先祖代々から伝えられている仏教の教えや色々な宗派のことを知ることは大切なことです。
たまには心静かに、ご先祖様に手を合わせてみましょう。

「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
臨済宗の仏壇の飾り方について知りたい方は以下の記事もぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事