四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

「四十九日法要」は、葬儀などでよく耳にする言葉ではないでしょうか。だけど、実際に営む立場になった場合、いつ行えばいいのか迷ってしまいませんか? 今回終活ねっとでは、四十九日法要をいつ行うのか、そしてお返しを送るタイミングについて解説します。

目次

  1. 四十九日法要っていつするの?
  2. 四十九日の計算の仕方
  3. 四十九日法要はいつ執り行うのがベスト?
  4. お供え物はいつまでに送る?
  5. 香典のお返しはいつ送るべき?
  6. 浄土真宗では四十九日は必要?
  7. 四十九日法要をいつ行うかのまとめ

四十九日法要っていつするの?

仏壇

お葬式などに参列すると、「四十九日の法要」という言葉をよく耳にしませんか? 
でも、実際に執り行う側の立場になると、四十九日法要をいつ行えばいいのか迷ってしまいすよね。

そればかりか、

「四十九日って、どうやって計算すればいいの?」
「四十九日法要はいつ行うのがベストなの?」
「お供えものは、いつ送ればいいの?」
と、次々に疑問が湧いてきます。

そこで終活ねっとでは、四十九日法要をいつ行うべきかについて以下の点から説明したいと思います。

  • 四十九日の計算の仕方は?
  • 四十九日法要はいつ行うのがベスト?
  • お供え物はいつまでに送る?
  • 香典のお返しはいつ送るべき?

四十九日で忌が明けるとはいえ、まだ悲しみが癒えてない方が大勢いると思います。
あたかも故人がこの場にいるかのような感覚に陥る方もおられるでしょう。
大切な人を亡くすというのは、何事にも代えがたい辛さを伴います。

故人を偲びながらも、基本的な点をしっかりと押さえて、四十九日法要を執り行いましょう。

四十九日の計算の仕方

お墓

四十九日の数え方は、葬式の日からではなく、命日から数えるのが一般的です。
また、命日を1日目として計算します。
つまり、亡くなった日から48日目が四十九日になります。

終活ねっとでは、終活に関する用語を分かりやすく解説した用語集を用意しています。
四十九日の計算の仕方について、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語解説もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説

慌ただしいお通夜やお葬式が終わると、大きな法要として四十九日があります。 四十九日の計算方法や日程の決め方に不安があるという方には、今回の記事は必見です! 正しい計算方法などを把握して、スムーズに四十九日の日程確保などを行いましょう。

四十九日法要はいつ執り行うのがベスト?

葬儀

四十九日法要はいつ行うのがベストなのかと悩まれる方も多いでしょう。

仏教では、人が亡くなると閻魔大王から判決を受けるとされています。
そして、いよいよ49日目に無事に極楽浄土にいけるかどうかの判決が言い渡されるのです。
このため判決の前である四十九日に、どうか故人が極楽浄土に行けますようにと法要が行われるのです。

したがって、皆さんが集まりやすい土、日曜日に行う場合は、四十九日を超えない日を選択する必要があります。

月末が命日の場合、四十九日法要までに三つの月をまたぐことから、たまに、「始終苦がついて縁起が悪いから、三十五日法要にするべきだと」と主張される方がおられます。
しかし、四十九日法要の本来の主旨を鑑みれば、なるべく四十九日に近い日程で執り行うことが望ましいといえるでしょう。

日程が決定したらお寺に連絡を

日程が決定したらお寺に連絡をしましょう。

法要を菩提寺で行う場合は、施主が直接寺に出向いて僧侶に依頼します。
日程の心づもりが決まっていても、あたかも僧侶に相談を持ちかけるような話しぶりがいいでしょう。

お寺の事情もありますから、なるべく早い段階でお願いしましょう。

案内状はいつ送るべき?

案内状を送るタイミングは遅くとも法要の一ヶ月前までです。
施主には会食や引き物の手配がありますし、参列者の都合もありますから、できる限り余裕をもって発送してください。

案内状は、封筒に入れて郵送するのが一般的です。
出欠の確認をしたい場合は、返信用のはがきを同封してください。
かつては、往復はがきは礼を欠くという論調もありましたが、近年は容認されており、利用する方も増えているようです。

案内状の書き方としては、句読点の「。」「、」は使用しないということに注意する必要があります。

案内状の例文は以下のとおりです。

謹啓
○○の候 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと思います
さて このたび左記のとおり 亡き父○○○○の四十九日法要を営むことになりました
つきましては ご多用の折 まことに恐縮でございますが ご臨席賜りますようお願い申し上げます
敬具

○○年○○月○○日
施主 ○○○○


日時 ○○月○○日(○○曜日) 午前○○時より
場所 ○○市○○町○○番地  ○○寺本堂
電話 (○○○)○○○-○○○○
※なお 法要後は粗宴を用意しております

四十九日法要は何時から始まる?

四十九日法要はお昼に会食をすることから、一般的には午前中に行われることが多いようです。

しかし、法要を何時から行うかという決まりはありませんので、ご遺族や参列者の都合によっては、午後からの開始する場合もあります。

納骨はいつ行うべき?

納骨をいつ行うかについては、絶対的な決まりはありません。
ただ、四十九日法要とあわせて納骨式を行うのが一般的です。
墓がないなどの特別な事情がある場合は、一周期に納骨することもあります。

法要後の食事の予約はいつすればいい?

お寺で四十九日法要を行う場合は、法要後の食事の場所がひとつ課題となります。
法要後の食事予約はいつとるべきなのでしょうか。

近くに料亭やレストランがあれば、予め個室を予約しておきましょう。
予約はできる限り早い段階がよいでしょう。

法要の場合、通常のメニューと違う点がありますから、法要の集まりだと言うことを予約の際に告げる必要があります。
さらに念のために、前々日か前日に最終参加人数を店に伝えることで、確実に予約がとれていることを確認しておけば安心です。
近くに適当な店がない場合は、お寺の一室を借りて、仕出し料理を頼む方法もあります。

近年では、初七日を葬儀当日に繰り上げて行うことが多くなりました。
その場合、四十九日法要が、葬儀後に合う初めての機会となる方もいることでしょう。

死去からひと月以上が経過して、ようやく気持ちも落ち着いてきたことだと思います。
葬儀のときは、気が動転していて、十分なお礼が言えなかった方に、改めて謝意を示しましょう。

法要後の食事は、重要なおもてなしの機会ですから、故人が悲しむことのないよう、心を込めて接待をしましょう。
また食事に際しては、しっかりと挨拶をして感謝の意を示しましょう。
お礼の例文は以下のとおりです。

本日は、お忙しい中、亡き父○○○○の法要にお運びいだきまして、まことありがとうございます。
おかげさまで、忌明けの法要と埋骨の議を無事にすませることができました。
皆様には、先日の葬儀の折にも、皆様から様々なお力添えをいただきましたことに深く感謝を申し上げます。

父のいなくなった空白は、今も埋まらないままですが、なんとか残された家族で力を合わせて生き抜いていく所存でございますので、どうか暖かく見守っていただければ幸いです。
四十九日は、閻魔大王が死者に行き先の判決を下される日だと聞いております。

しかし、父は頑固なまでに生真面目な人間でございましたから、間違いなく極楽浄土にいけるものだと信じております。
たいしたおもてなしはできませんが、食事を召し上がりながら、父の思い出話でも聞かせていただけたらと存じます。

お供え物はいつまでに送る?

仏壇

故人への感謝、あるいはご遺族への弔意の気持ちを表すために、供物や供花を送られる方もおられるでしょう。
はたしてお供物はいつまでに届けるのが妥当なのでしょうか。

供物や供花は、四十九日の法要中、会場に飾られるものですから、当然法要開始までに余裕をもって届ける必要があります。
四十九日の法要は、午前中に行われることが多く、また納骨式などもあり、ご遺族は慌ただしくされています。
会場の飾り付けの都合がありますから、前日までに届くように手配した方がいいでしょう。

香典のお返しはいつ送るべき?

葬儀

通夜や葬儀の際にいただいた香典をいつお返しするか悩まれる方は多いでしょう。

仏式においては、一般的に忌明けに香典のお返しをするとされています。
命日から48日目が忌明けになりますから、その日以降一ヶ月以内を目処に、挨拶状を添えてお返しをするのがいいでしょう。

また近年では、「即日返し」といって、通夜や葬儀の日に、香典の金額にかかわらず3000円から5000円の程度の品を渡すケースも増えています。
この場合にも、香典の金額が2万円を超えるぐらい大きかった場合には、四十九日の法要後に、それに見合った品物を送ります。

香典返しの添え状の文例は、以下のとおりです。

謹啓
先般 父○○の葬儀の際には ご多用のところご会葬を賜り そのうえご丁寧なご芳志まで賜りまして まことにありがとうございます
本日 故人の四十九日の法要を営みましたので 供養のしるしに心ばかりの品をお送りさせていただきました
何とぞお納めくださいますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら 書中をもちましてご挨拶申し上げます
敬白

○○年○○月○○日
喪主 ○○○○

浄土真宗では四十九日は必要?

葬儀

四十九日法要は浄土真宗でも必要なのでしょうか。
結論から述べますと、浄土真宗でも四十九日法要は行われます。
ただし、他の宗派とは、法要の意味合いが違います。

一般的に、四十九日は、故人が極楽浄土に行けるように祈る儀式です。
ところが、浄土真宗では故人は亡くなってすぐに極楽浄土へ行くという教えになっています。
このため、故人を偲ぶ行事として執り行われます。

四十九日法要をいつ行うかのまとめ

お墓

いかがでしたか?
終活ねっとでは、四十九日法要はいつ行うべきなのかについて、以下のことを解説してきました。

  • 四十九日は、命日を一日目として計算する。
  • 土、日曜日に行いたい場合は、四十九日を超えない日を選択する。
  • 供物や供花は、法要の前日までに届くように手配する。
  • 香典のお返しは、忌明けである命日から48日目以降から一ヶ月以内の間で行う。

四十九日は、故人が無事極楽浄土にいけるよう祈る儀式です。
故人との交流を思い出しながら、ご冥福をお祈りしましょう。

命日から48日目にあたる四十九日。
まだまだ残された遺族の悲しみは癒えるはずもありません。
その悲しい気持ちを包み隠さず、厳かに四十九日法要を執り行いましょう。

終活ねっとでは、他にも法事・法要に関する記事を多数紹介しております。
関心のある方は、ぜひご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「四十九日・いつ」に関連する記事

「四十九日・いつ」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・いつ」についてさらに知りたい方へ

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説のサムネイル画像

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!のサムネイル画像

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説しますのサムネイル画像

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説します

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!のサムネイル画像

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!

四十九日法要にかかる時間はどれくらい?開式の時間についても解説!のサムネイル画像

四十九日法要にかかる時間はどれくらい?開式の時間についても解説!

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!のサムネイル画像

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・いつ」についてさらに知りたい方へ

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説のサムネイル画像

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!のサムネイル画像

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説しますのサムネイル画像

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと