初七日法要では何をお供えする?のしの書き方やお返しについても解説

初七日法要は故人の葬儀のすぐ後に行われる法事のことで、盛大にとり行うという場合も多く見られます。そして、参列する側にとって気になるのがどのようなお供えをすればよいかという点です。今回は初七日法要にお供えするものや、その際に守るべき作法について見ていきましょう。

目次

  1. 初七日法要のお供えについて
  2. 初七日法要はいつ行われるの?
  3. 初七日には何をお供えすればいいの?
  4. 初七日法要のお返しはどうするの?
  5. 初七日に持参するお供え物のポイント
  6. ペットの初七日は何をお供えすればいいの?
  7. 初七日法要には香典を持参すべき?
  8. 初七日法要のお供えに関するまとめ

初七日法要のお供えについて

葬儀

葬儀を主に行う側にとっても、参列する側にとっても、故人とのお別れは非常に悲しいものです。
そして、葬儀が終わった後、すぐに行われるのが初七日法要です。
葬儀から間もないタイミングで行われることから、主催側も参列側もしかるべき準備をして参列することになります。

その際に気になることの1つが、お供えをどうすれば良いのかという問題です。
品物を持参するのか、お金という形に代えるのか、お寺(宗派)によって気を付けるべき点はあるのかなど、初七日法要の際のお供えにまつわる疑問は尽きないでしょう。

今回終活ねっとでは、故人の初七日法要でのお供えについていろいろと見ていきます。

  • 初七日法要はいつ行われるのか?

    最近では葬儀と同じ日に行われることもある初七日法要について、実際にいつ行われるのかを見ていきます。

  • 初七日法要ではどのようなものをお供えすれば良いのか?

    初七日法要の際にお供えするのにふさわしいものについてご紹介します。
    あわせて、初七日でお供えする食べ物についても詳しく見ていきましょう。

  • 初七日法要のお返しについて

    初七日法要でお供えを受け取ったご遺族側がどのようにお返しをすれば良いのかについて解説していきます。

  • 初七日法要で持参するお供え物のポイントとは?

    初七日法要でお供え物を持参する際に注目すべきポイントについて、詳しくご紹介します。

  • ペットの初七日の場合にお供えすべきものとは?

    愛するペットの初七日法要の際にお供えすべきものについてご説明します。

  • 初七日法要で香典を持参すべき?

    初七日法要で香典を持参すべきかどうかについてや、持参すべきである場合に守るべき作法などについて見ていきます。

特に葬儀や初七日法要に参列する予定のある方にとって非常に役立つ情報をまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

初七日法要はいつ行われるの?

葬儀

最初に初七日法要がいつ行われるのかについて簡単に見ていきましょう。
「初七日」とは、故人が亡くなった日(命日)から7日目とされており、通常はその頃に法要が営まれます。
ただし、最近では葬儀2日目のお葬式や告別式と同じ日に行うケースも多いです。

なお、初七日の数え方ですが関東と関西の場合とで若干異なります。
関東の場合は故人の命日を1日目として数えることから、初七日法要は6日後に行いますが、関西では故人の命日の前日を1日目として数えることから法要が行われるのは5日後です。
つまり、関西の方が関東に比べて1日早めのものとして扱う慣習といえます。

浄土宗などの初七日は意味合いが違う?

仏教のほとんどの宗派の場合、初七日法要とは故人の冥福を祈って供養をするために行われます。
しかし、浄土宗や浄土真宗の場合は他の宗派に比べて少し意味合いが違ってくるという点が大切です。

特に浄土真宗では、亡くなった方は仏様の力によってすぐに成仏し、極楽浄土で生まれ変わると説かれています。
そのため、他の宗派のように故人の冥福を祈って供養する必要がなく、むしろ信心を深め仏様に感謝するためのひと時が初七日法要であるといえるでしょう。

初七日には何をお供えすればいいの?

葬儀

葬儀のすぐ後にとり行われる初七日法要ではいったいどのようなものをお供えすれば良いのでしょうか?

ここでは主にとり行う立場から初七日でお供えするうえでふさわしいものをご紹介します。

繰り上げ・繰り下げ初七日法要の場合

初七日法要を行うタイミングのパターンはいくつか挙げられます。
このうち葬儀と同日に行う場合が繰り上げ初七日法要、四十九日法要など本来の初七日法要を行う日程よりも後に行う場合を繰り下げ初七日法要といいます。

繰り上げで初七日法要を行う場合は、特に準備する必要はありません。
一方の繰り下げ初七日法要の場合も四十九日法要などと一緒に行うため、繰り上げ初七日法要と同じパターンであるため、こちらもあらためてお供えを準備する必要はないといえます。

別日に初七日法要を行う場合

別日、つまり従来通り故人没後7日目に行う場合は、7日目まで参列者の方からいただいたものをお供えするのが一般的です。

もちろん、当日に参列者が持参したものをお供えしても特に問題はありません。

お供えするお膳の内容

初七日法要では故人の霊に味わっていただくためのお膳もお供えします。
具体的には精進料理(仏教の教えに基づいた料理)で、白飯・お吸い物・漬物・和え物・煮物の5種類で構成される献立です。

なお、肉や魚の料理を避けるほか、香りの強いものはお供えしないようにしましょう。

お団子やご飯をお供えするのはなぜ?

曹洞宗や真言宗では、お膳をお供えする際にお団子やご飯を用意します。
お団子の場合は、お釈迦様が亡くなる前に弟子たちが食事をとりやすいようにと食べ物をすりつぶしてお団子状にして食べさせようとした故事にちなんでいるためです。

またご飯をお供えする場合は、故人が飢えないようにご飯(できれば炊きたてが望ましい)をお供えすることで成仏するまでの間の助けとするためとされています。
なお、ご飯やお団子をお供えする際には専用の器(仏飯器)に盛り付けるのが一般的ですが、最近では通販で注文することも可能です。

どこにお供えすればいいの?

初七日でお膳などをお供えする際に、多くの方は仏壇にお供えするのではと考える方も多いでしょう。
実は四十九日までの間は、仏壇とは別に後飾り祭壇(中陰壇)というものを用意するのが一般的です。

後飾り祭壇はいわば仮の祭壇で、ここに故人のご遺骨や位牌、遺影が安置されるとともに、故人のためのお供えも行われます。
故人が四十九日明けに成仏するまでの間、この祭壇に向けて供養を欠かさないようにするのが作法です。

初七日法要のお返しはどうするの?

葬儀

初七日法要でさまざまなお供えを持参するなどした参列者の方に対し、ご遺族側はお返しをするのが一般的なマナーとされています。
ここでは、ご遺族側による初七日法要のお供えに対するお返しについて見ていきましょう。

お返しの品物の金額相場

初七日法要でのお返しで選ばれる品物の金額については悩む方も多いでしょう。
一般的には3千円から5千円相当の品物を選ぶものとされています。

なお、人により商品券という形でお返しする方もいますが、逆に金額がわかりやすく心象を下げる可能性もあるためおすすめできません。

お返しに向いている品物を紹介

具体的にお供えに対するお返しに向いている品物についてもどれを選べば良いかがわからない方もいるでしょう。
おすすめなのは以下のリストに挙げる品々です。
なお、ポイントとして消費できてかさばらない飲食物や日用品が挙げられます。

  • 菓子折り
  • お茶やコーヒーのセット
  • 海苔の詰め合わせ
  • 洗剤
  • タオルセット
  • カタログギフト

お返しにつける熨斗(のし)の書き方

お返しにはのしも欠かせません。
のしの表書きには「志」や「粗供養」などが一般的です。
さらに下半分には喪主の名前や法要を行った家の名前を記しましょう。

なお、表書きで「寸志」というのは目上の人から目下の人に対して使われるため、使わない方が無難です。

初七日に持参するお供え物のポイント

葬儀

ここでは、初七日法要に参列者が持参すべきお供え物のポイントについて見ていきましょう。
なお、初七日法要を繰り上げ・繰り下げで行う場合は、初七日用のお供え物を別に用意する必要はありません。

お供え物の金額相場

初七日法要に持参するお供え物に掛ける金額の相場は2千円から5千円が一般的です。
逆にあまり高価なものを選ぶとご遺族側がお返しの際に困りますので、上記の相場の範囲内で収まるように心がけましょう。

選ぶ際のポイント

初七日法要にお供え物を持参する場合、消費しやすいものを用意することがポイントに挙げられます。
お供え物は基本的に後でお下げした後に、関係者などでおすそ分けするためです。
具体的には、おせんべいやクッキーといった個別包装で賞味期限の長いものがおすすめといえます。

また、故人が好きだったものを選ぶのもお供え物選びでの良いポイントの1つです。
例えば、お酒が好きだった人には生前好んでいたブランドのお酒をお供えしたり、好きなお花があればその種類のお花を持参するといったやり方が良いでしょう。

お供えに向いている品物

参列者が持参するお供えに向いている品物には、以下のようなものが挙げられます。

お花

五供(お供え物の基本とされている5つのもの)に含まれている代表的なお供え物の1つです。

特に故人が生前好んでいた種類のものをお供えすれば、故人の霊が喜ぶだけでなくご遺族にも誠実な気持ちが伝わるでしょう。
また、菊など白色のものを中心にして、アレンジメントという形で持参するというのも1つの手です。

個別包装のお菓子

個別包装されているお菓子はご遺族のことを考えても非常におすすめといえます。
お供え物は最後にはお下げしたうえ、参列者やご遺族でおすそ分けするためです。

単に分けやすいというだけでなく、参列者の方にとっても持ち帰りのしやすいものを選べばなおさら良いでしょう。
もちろん、故人が生前好んでいたものもおすすめです。

ただし、いくら個別包装でもあまりにも量が多いものは、逆にご遺族の方が扱いに困るため避けましょう。

果物

個別包装のお菓子と同じように小分けしやすいものであることからおすすめです。
特に果物の場合は、旬のものであればなおさらご遺族の方々から喜ばれます(夏の場合であればスイカや桃など)。

また、いくつかの種類の果物を詰め合わせにしたものを持参するというのもおすすめです。

ろうそくや線香

ろうそくや線香もお花と同じように「五供」のうちの1つに数えられるため、おすすめのお供え物といえるでしょう。
ろうそくや線香の場合はご先祖様や仏様のいる場所を明るくする意味があるためです。

加えて、消費すればなくなるものというお供え物に適した条件も満たしているため、ご遺族側にとっても喜ばれます。

ペットの初七日は何をお供えすればいいの?

dog

最近ではペットに対しても初七日法要を行い、お供えもするケースが多くなってきています。
ここではペットが犬の場合にお供えするものを見ていきましょう。

なお、心のこもったものを3種類ほどお供えするというように、種類を絞りつつ真心を込めてお供えすることが大切です。

  • 犬が好きだったドッグフードやおやつなど
  • お線香(ただし事前に適度な長さに折る)
  • お花

初七日法要には香典を持参すべき?

葬儀

初七日法要では香典も持っていくべきとされています。
ここでは、初七日法要の香典の相場とされる金額や渡すタイミング、香典袋の作法などを見ていきましょう。

封筒の選び方

香典を入れる袋は水引の色が黒白で、結び方も結び切りか淡路(あわじ)結びのものを選ぶのが作法です。
なお、水引の色については関西など一部地域では黄白のものを選びます。

また結び切りか淡路結びを選ぶ理由として、両方とも一度結ぶと簡単にほどけないことから「繰り返し不幸が来ないように」という意味があるためです。

表書きの書き方

一般的に初七日法要での香典袋に表書きを書くときは、四十九日より前であることから「御仏前」ではなく、「御霊前」と書きましょう。
故人が成仏する前で、あの世とこの世とをさまよっている状態であるためです。

ただし、浄土真宗の場合は四十九日より前でも「御仏前」と書きます。
浄土真宗では故人は死後すぐに成仏して生まれ変わると考えるためです。

相場金額

初七日法要の香典の金額相場は、故人との関係や包んだ方の年齢によって異なってきます。
たとえば、故人が実の親である場合、包んだ方の年齢が20代であれば1万円から5万円、30代の場合であれば3万円から5万円、40代以上であれば5万円以上という具合です。

さらに、沖縄の場合は国内の他地域に比べると比較的安く、親族の場合でも5千円から1万円が相場です。
ただし、地域によっては自治会などであらかじめ決まっていることもあるため、事前の確認は欠かせません。

渡す金額

初七日法要の香典として渡す金額は、葬儀と同日に行う場合と葬儀と別の日に行う場合とでは異なります。
葬儀と同日に行う場合は、葬儀で包んだ香典の半分の金額をお渡しするのが一般的です。

なお、葬儀と同日に行う場合は、初七日用と葬儀用とを区別できるように、初七日用の方の表書きには「初七日」も付け加えるようにしましょう。

初七日法要のお供えに関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、初七日法要の際のお供えについて見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 初七日法要は故人の没後7日目(関西の場合6日目)に行われるのが通常だが、最近では葬儀と同日に行う場合も増えている。
  • 初七日法要の際にお供えすべきものは、繰り上げ・繰り下げで行う場合は何もお供えしなくても良い。
    別日に行う場合は、7日目までにいただいたものやお膳をお供えする。
    なお、お供えは仏壇ではなく後飾り祭壇に対して行う。
  • 初七日法要のお返しは基本的にすべきものとされており、3千円から5千円程度の品物でお返しする。
    品物は菓子折りやお茶・コーヒーセット、洗剤などがおすすめである。
    のしの表書きは「志」や「粗供養」などが、名前は喪主や喪家を記す。
  • 初七日法要にお供えを持参する場合、2千円から5千円の金額のものが望ましい。
    おすすめのものとしてお花やお菓子、お酒などの故人が好きだったものや消費しやすいものが良い。
  • ペットの初七日法要の場合でも、ペットの好きだった食べ物や水、お花などをお供えする。
  • 初七日法要で香典を持参する場合は、封筒は黒白(または黄白)の色で、結び切りか淡路結びの水引を選ぶ。
    表書きは「御霊前」(浄土真宗の場合は「御仏前」)が一般的で、金額については故人との関係や包む方の年齢を考慮して包む。

葬儀のすぐ後に行う初七日法要の場合、どちらかといえばご遺族の方でお供えを用意する負担は大きくはないといえるでしょう。
葬儀などと同日に行う場合はお供えは準備しなくて良いうえ、別に行う場合でも7日目までいただいたものをお供えすれば良いためです。

一方、参列者がお供えを持参する場合は、消費しやすいものや故人が好んでいたものを持参するのがポイントといえます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「初七日・お供え」に関連する記事

「初七日・お供え」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初七日・お供え」についてさらに知りたい方へ

直葬で初七日法要は必要なの?服装などの注意すべきポイントも紹介!のサムネイル画像

直葬で初七日法要は必要なの?服装などの注意すべきポイントも紹介!

二七日法要のお供え物は何にする?のしの書き方についても解説しますのサムネイル画像

二七日法要のお供え物は何にする?のしの書き方についても解説します

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

七回忌のお供えで悩んだら?表書きの書き方や香典を解説!のサムネイル画像

七回忌のお供えで悩んだら?表書きの書き方や香典を解説!

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介のサムネイル画像

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介

納骨を伴った49日法要の流れと、押さえておきたいポイントのサムネイル画像

納骨を伴った49日法要の流れと、押さえておきたいポイント

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと