一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

家族の一周忌に集まってくださった皆様にお渡しする品物を「引き出物」といいます。節目となる法事・法要の引き出物にどんなものがよいのか悩む方も多いようです。そこで今回は一周忌の引き出物について詳しく解説します。ぜひ最後までお付き合いください。

目次

  1. 一周忌の引き出物には何を用意すればいい?
  2. 引き出物とは?
  3. 引き出物の金額の相場はいくら?
  4. 一周忌の引き出物は何を選べば良いの?
  5. 引き出物の正しい渡し方
  6. 引き出物ののし紙の書き方
  7. 引き出物の挨拶状の書き方
  8. 一周忌の引き出物まとめ

一周忌の引き出物には何を用意すればいい?

葬儀

故人が亡くなって1年目に行う、節目となる仏事の儀式が一周忌です。
お通夜や葬儀に駆け付けてくださった方々をお招きし、改めて故人の冥福を祈ります。

集まって下さった方々にお渡しする引き出物は、どんな品物がよいでしょうか。
いざとなると何をお渡ししたらよいか、戸惑う方も多いと思います。

喜ばれる品物であることはもちろんですが、マナーやしきたりも気になりますね。
そこで今回の終活ねっとでは、一周忌の引き出物について詳しく解説します。

  • 一周忌の引き出物を選ぶ際の注意点は?
  • 引き出物の意味やマナーについて知りたい
  • 好ましいもの・好ましくないものとは?
  • 熨斗(のし)は必要?書き方は?
  • 引き出物の渡し方にもマナーがある?
  • そもそも一周忌に引き出物は必要なの?

参列いただいた皆様に気持ちよくお帰りいただけるよう、お持ち帰りいただく品にも気を配りたいものです。
参考にしていただければ幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

引き出物とは?

困った人々

引き出物という言葉は「祝い事の来客に馬を送る」という習慣から来ています。
馬を庭に引き出してきて贈答していたことから引き出物という言葉が生まれたのだそうです。

長い年月を経て現代では、祝い事以外でも来客への感謝の品として引き出物という言葉が使われるようになりました。

弔事では香典・香典返しは四十九日までです。
四十九日以降の法事・法要では、お供えや引き出物と言います。

一周忌法要ではお供えをいただいた方へのお礼として、引き出物をお渡しします。
引き出物なしだと関係が悪化してしまいます。
親族だけの集まりであっても引き出物は用意しましょう。

引き出物の金額の相場はいくら?

お金

引き出物の金額の相場は地域によって異なります。

引き出物を「法要に来ていただいたお礼」と考えるか「御仏前やお供えに対するお返し」と捉えるか、これも地域ごとに違いがあるようです。
基本的には地域の慣習に従うべきですが、ここでは一般的な相場についてお話いたします。

一般的には、引出物は御仏前をいただいた方へのお返しにあたります。
ご供養に対するお礼の気持ちとして品物をお渡しします。
多すぎても少なすぎても相手に気を使わせてしまうので注意が必要です。

では一周忌の引き出物には、いくらぐらいのものを用意すればよいでしょうか。
相場はおおよそ、いただいた香典の1/3~半分と言われています。

御仏前の相場を1万円と考えた場合、引き出物の金額は3千円~5千円となります。

法要の後に会食を行う予定なら、多めに包んで来られる方もいらっしゃいます。
お一人当たりのお膳が5千円~7千円であれば、引き出物はやはり3千円~5千円の範囲で選ぶとよいでしょう。

一周忌の引き出物は何を選べば良いの?

葬儀

金額が決まったら、一周忌にお招きした方々の顔を思い浮かべながら品物を選びます。

多くの方に参列いただくお通夜や葬儀と異なり、一周忌はお招きする方の顔ぶれがあらかじめわかっています。
相手の年齢層や好みを考慮すれば、より一層お礼の気持ちが伝わるはずです。

どんなものを選ぶべきか、具体例を挙げながら詳しく解説します。

どんなものがいいか?

相場の金額の範囲であっても、引き出物に向いているもの・向いていないものがあります。
それには、日本の仏事として長年受け継がれてきた決まり事やマナーが関係しています。

適しているもの、いないものの理由は以下の通りです。

適しているもの

一周忌の引き出物はお祝い事ではないので、後に残らないものがよいとされています。
食べるものや消耗品など「消えもの」と呼ばれる品物が望ましいです。
完全に消耗する品物ではなく、普段の生活で頻繁に使って消耗が激しいものも引き出物に適しています。

お帰りいただいた後ご自宅で、故人を思いながら食べたり飲んだりしてただけるものがよいと考える地域も多いです。

また、お持ち帰りいただくことを考えて、持ち運びやすいものが好まれます。
かさばらず重すぎないものがよいでしょう。

小分けに包装されているものであれば、人数分買えて配れるので便利です。

適していないもの

法事・法要のお返しですので、置物など後に残るものは引き出物には向きません。
グラスや食器類も避けたほうがよいでしょう。

食べ物でも肉や魚、卵など動物性の生鮮食品は殺生を連想させるため、忌事では避けるべきです。
持ち帰りいただくことを考えると、生ものや日持ちしないものもふさわしくありません。
お祝い事の品という印象が強いかつお節や昆布も、法要の引き出物には不向きです。

また、赤や金など派手な色柄のものも避けたほうが無難です。
重いもの、かさばるものも引き出物に選ぶべきではありません。

おすすめの引き出物

では、一周忌の引き出物におすすめの品物を、具体例を交えながらご紹介します。

お茶

日本では古くから、法事・法要の場でお茶を飲みながら故人を偲ぶという習慣がありました。
お茶と仏事は昔から深い関わりがあるのです。

茶葉は消耗品ですので後に残ることもなく、一周忌の引き出物には最適です。
法事返礼用に控えめな色合いの茶筒に入ったものもありますが、持ち帰りのことを考えると、平たい紙包み入りの日本茶がよいでしょう。

日本茶なら100g入り、150g入りなど量を調節することもできます。
予算に合わせて選べるところもおすすめのポイントです。

日本茶をお飲みにならない方やお若い方には、スティックコーヒーや紅茶もよいです。
ご家族で飲んでいただけるものも大変喜ばれます。

お菓子

食べ物をお渡しするなら、お菓子がよいでしょう。
食べてしまえば後に残りませんし、日持ちするものも多いので引き出物に向いています。

クッキー・ラスク・カステラ・マドレーヌ・バームクーヘン・リーフパイなどの焼き菓子が軽くて持ち運びしやすいので引き出物に適しています。
饅頭や羊羹、最中などの和菓子もランキング上位の定番です。
切り分けなければならないものより、ひとつずつパウチ包装されているほうがよいでしょう。

ご親族に甘いものが苦手な方が多いなら、おかきや煎餅、豆菓子などがおすすめです。

お菓子は種類が豊富なので相手に合わせて品物を選ぶときも重宝します。
季節を取り入れたり、地元の銘菓や流行のお菓子を用意するのもよいでしょう。
故人が好きだったお菓子をお配りしてもよいかもしれません。

お菓子ではありませんが、食べ物としてかまぼこやさつま揚げも人気の品です。

日用品

食べ物以外では、日用品も一周忌の引き出物として人気があります。
洗濯洗剤・石鹸・ハンドソープ・食器用洗剤などは気兼ねなく使っていただけるものなので、食べ物や飲み物同様引き出物に向いています。
値段が手ごろなところも、引き出物に選ばれる大きな理由です。

ただ、液体洗剤は重くなりがちです。
持ち運びにくくならないよう、他の品と詰め合わせにするとよいでしょう。

消耗品以外では、タオルやハンカチなどがおすすめです。
「不幸を拭う」「悲しみを包み込む」という意味から、タオル類を引き出物に選ぶ地域もあるようです。


小さなものならかさばらず重くもならないので、お返しとして非常に重宝します。
色もサイズも素材も豊富なので、季節や送る相手に合わせて品物を選ぶことができます。

カタログギフトが人気?

最近では、後から好きな商品を選んで楽天などの通販サイトから買うことのできるカタログギフトも人気です。
慶事の引き出物というイメージがありますが、法事・法要の返礼品としてもよく利用されています。

カタログギフトの良さは、かさばらないことと選べる楽しさがあるというです。
荷物にならず、家でゆっくりと夫婦や家族で決めることもできます。
極端ですが北海道から沖縄までお住いの場所も選びません。

カタログギフトを快く思わない年配の方もいらっしゃるそうですが、遠方から来る方が多い場合はメリットのほうが大きいです。
選択肢のひとつに入れておくとよいかもしれません。

カタログギフトと同じような品物として商品券もあります。
カタログギフトのように通販とはなりませんが、伊勢丹・高島屋・三越などのデパートで使えるものだと喜ばれます。

引き菓子を添えると良い

引き菓子とは、引き出物に添えてお客様に配るお菓子のことです。

お帰りになってから、故人を偲んでご家族やご友人で分けて食べていただくためのものです。
地域によって引き菓子を配るところもあれば、特に用意しないところもあります。

カタログギフトを引き出物としてお渡しする場合は、別に引き菓子をご用意してはいかがでしょうか。
少量でも持ち帰る品物があると、年配の方にも喜ばれます。
また、タオルやシーツを引き出物にした場合にも、引き菓子を添えることがあります。

金額は千円前後が相場です。
小さめの箱に入った日持ちのする焼き菓子などがおすすめです。

引き出物の正しい渡し方

葬儀

一周忌法要の際、引き出物を渡すタイミングはいつのでしょうか。
地域によって違いがありますが、ここでは会食があるときとないときについて簡単に解説します。

会食があるとき

一般的には会食の終わりに施主が一人一人の席をまわり、挨拶をしながら配ります。
持ち帰りやすいよう紙袋などに入れてお渡しするのがよいでしょう。

ただし、各席にあらかじめセットしておく会場もあります。
ホテルや斎場で会食を行う場合は、事前に引き出物の渡し方について会場スタッフに確認しておきましょう。

会食がないとき

ご都合で会食を欠席する方には、お帰りになる際に引き出物を渡します。

会食を行わない場合は、法要の終了後お帰りの際に施主からお一人お一人に手渡しをします。
会食の代わりに折詰弁当など持ち帰り用の食事を用意する場合は、引き出物と一緒にお渡しします。

僧侶の方にも渡すの?

ご自宅や斎場で読経をする場合は、お寺でなくても住職の方にも引き出物をお渡しします。
引き出物は他の出席者の方々と同じもので問題ありません。

住職の方が会食を欠席されるときは、お布施やお車代と一緒に引き出物もお渡しします。

引き出物ののし紙の書き方

困った人々

一周忌の引き出物にはのし紙をかけます。
お身内だけの法要の引き出物でものしは必要です。

どのようなのしを用意すればよいか解説します。

表書き

一周忌の引き出物にかけるのし紙の表書きは「志」または「粗供養」とします。
地域によって異なる場合もありますが、一般的には「志」を用いることが多いようです。
また、浄土真宗などの宗派によっても変わりありません。

結び目の下には、施主の名前を書きます。
一周忌の場合、出席者のほとんどが親族で苗字が同じ可能性もあります。
名字だけでなくフルネームで記したほうがよいでしょう。
地域によっては戒名も入れます。

古くから不祝儀の表書きには薄墨が使われていました。
「突然の訃報で墨をする時間がなかった」という思いを表したものと言われています。

薄墨は弔意を示す習慣のひとつです。

現代では四十九日までは薄墨で書き、以降は普通の濃さの墨を用いることが多いようです。
一周忌の引き出物の表書きは、黒色の濃い墨で書きます。

水引

のしは黒白・銀白の水引で、結び切りのものを使います。
地域によっては、黄色白の水引を用いるところもあります。

引き出物の挨拶状の書き方

葬儀

法要の後や会食の会場で手渡しする場合は、挨拶状は必要ありません。
引き出物を後から配送するときは、挨拶状を添えます

白い紙に縦書きで、普通の濃さの墨を用いて書きます。
印刷する場合も、基本的には縦書きです。

書き出しの時節の挨拶は不要です。
拝啓で書きはじめ、敬具で締めくくるか、あるいは頭語も省略して本題から入ってもかまいません。
ただお礼状の手紙であることは意識した方がいいでしょう。

以下に簡単な例文を記します。
書き方の参考にしてください。

拝啓
この度の(故人の名前)儀 一周忌法要に際しましてお心遣いをいただき誠にありがたく存じます。
おかげさまをもちまして滞りなく済ませることができました。
ささやかではございますがお礼のしるしに心ばかりの品を送らせていただきました。
略式ではございますがお礼かたがたご挨拶申し上げます。敬具
(最後に日付と、喪主・ご遺族の名前、住所を記す)

一周忌の引き出物まとめ

お墓

今回の終活ねっとでは一周忌の引き出物について解説いたしました。

  • 一周忌の引き出物とは、いただいた御仏前のお返しにあたるもの
  • 親族だけの集まりでも引き出物は用意する
  • 金額の相場は3千円~5千円
  • お茶やお菓子、洗剤、タオルなどが好ましい
  • 後に残るものや生もの、かさばるものは避ける
  • 法要または会食の後に、施主から手渡しでお配りするのが基本
  • 結び切りの水引を使ったのしをかけ、表書きは「志」と書く
  • 引き出物を後日配送する場合は挨拶状を添える

いかがでしたでしょうか。
一周忌は四十九日の後に行う最初の大きな法要です。

節目となる大切な法要だからこそ、参列いただいた方々に失礼のないよう引き出物にも気を配りたいものですね。
よいご供養となりますよう、この記事がお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
一周忌のお供え物について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

一周忌のお供え物は何が適切?果物・お花・香典・線香など解説

人が死んで1年を迎えると、一周忌の法要が営まれるのが日本の仏教の伝統的な行事ですが、その一周忌にお供えする、お供え物にはどんなものがあるのでしょう。また、法要が終わったあとのお供え物の処分方法は?

「一周忌・引き出物」に関連する記事

  • 四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

    四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

    四十九日法要の引き出物には、どんな品物を選んだらよいのでしょう。故人を偲んでお供えをしてくださった皆様に、感謝の気持ちが伝わる品物を選びたいものです。今回の終活ねっとでは、四十九日法要の引き出物について詳しく解説します。

  • 3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

    3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

    3回忌においては、故人にゆかりのある人もたくさんいらっしゃいます。そんな3回忌における引き出物として、何を用意すべきでしょうか?終活ねっとでは今回、3回忌の引き出物についてどのようなものを用意すればよいのか、そして、のしの書き方についても解説していきます。

  • 17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

    17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

    17回忌の引き出物をどうしようか悩んでいませか?17回忌ともなれば、ほぼ身内だけの小さな法要になります。だからこそ難しいのが引き出物ではないでしょうか?17回忌の引き出物に使う金額の相場や、地域によって違う熨斗の書き方を解説します。

  • 一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

    一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

    一周忌には、親族だけではなく生前交友関係のあった友人なども参列していただくのが一般的です。事前準備や引き出物・引き菓子の準備に不安はありますよね。今回は、一周忌のマナーとして、事前準備やオススメの引き出物・引き菓子についてご紹介しますので、ぜひお読みください。

  • お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

    お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

    お葬式の際には、参列してくださった方々に対してお礼の品、いわば引き出物を渡す事になりますが、これらについての細かいマナー等は調べないと分からない事が多く有ります。そこで、これらに関する効率的な理解の促進の為、本記事ではお葬式の引き出物についてまとめていきます。

  • 一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!のサムネイル画像

    一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!

    法要は誰もが経験することでありながら、分からないことが多いですよね。一周忌への参列の際にはお供えを持っていきますが、法要を行う側の場合、どのようにお返しすればよいのでしょうか。本記事をお読みいただき、一周忌でのお供えのお返しに関する疑問を解消していきましょう!

  • 一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説しますのサムネイル画像

    一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説します

    故人が亡くなって1年経つ頃に行われる一周忌の法要は、親族にとっては節目の行事ですね。けれども、一周忌の準備を進めとお返しの品物やマナーについて、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?そこで、今回は一周忌法要に用意すべきお返しの品物について解説します。

  • 3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

    3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

    3回忌には、お供えのお礼として引き出物をお返しする必要がありますよね。では、3回忌の引き出物に用いるのしはどのように準備すればいいのでしょうか?今回は、引き出物に用いるのしについて、表書きや水引きなどご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説のサムネイル画像

    一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説

    一周忌は、家族・親族のほか、故人と縁の深かった友人・知人をお招きし、法要を営むとともに、故人を偲びます。一周忌にご列席の方々へのお礼として御膳のおもてなしと品物をお返しします。こちらでは、お返しの品物の選択から金額相場、渡すタイミングやマナーなどを解説します。

  • 一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!のサムネイル画像

    一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!

    身内の方が亡くなってから丸1年経った節目の命日を一周忌といいます。亡くなってからちょうど1年という節目であるため、お墓参りに出かけて法要を営むのが一般的です。一周忌のお墓参りの際のマナーや服装はどのような点に気をつければよいのでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「一周忌・引き出物」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!のサムネイル画像

一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説しますのサムネイル画像

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説します

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説のサムネイル画像

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!のサムネイル画像

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「一周忌・引き出物」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと