エンディングノートって自作できるの?書く内容や注意点も解説!

終活の一つとして、エンディングノートに取り組む方が増えています。ここではエンディングノートを自作することについて、必要な内容や項目、市販品との違い、また、エンディングノートを自作する場合の注意点などを詳しくご説明します。

目次

  1. エンディングノートの自作について
  2. エンディングノートって自作できるの?
  3. 自作のエンディングノートに必要な内容
  4. 自作のエンディングノートと市販品の違い
  5. エンディングノートを自作する際の注意点
  6. エンディングノートの自作ついてのまとめ

エンディングノートの自作について

人々

昨今、「終活」を前向きなこととしてとらえる方が増えています。
終活は単なる身辺の整理ではなく、これからをどう積極的に過ごすか、改めて考えるために行うものです。
エンディングノートを書くことも、その一環です。

エンディングノートは大きな書店にも置いてありますし、インターネット通販でもさまざまなものが手に入ります。
ただ、どれもが項目別にきちんと分かれていて、便利な反面、自由度が少なくなっています。

エンディングノートに記入したいことは、人それぞれです。
歴史ある家系を詳しく残したい方もいれば、家族やペットとの思い出を残したい方、またはご家族へ先々の希望を託したい方もいると思います。
市販のエンディングノートでは、すべてに対応するのは難しいかもしれません。

そこで今回、終活ねっとでは、エンディングノートの自作について以下の内容を中心にご紹介していきます。

  • エンディングノートは自作できるのか?
  • 自作のエンディングノートに必要な内容
  • 自作のエンディングノートと市販品の違い
  • エンディングノートを自作する際の注意点

エンディングノートはご自身が亡くなった後も、ご家族が大切に保管するものです。
皆さんが納得のゆくエンディングノートを作成できるよう、詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までお読みください。

エンディングノートって自作できるの?

人々

そもそも、エンディングノートって自作できるのでしょうか?

エンディングノートとは、ご自身の生き方を整理し、また生前の意思をご家族に残すものです。
エンディングノートの内容は人によってさまざまなものとなるため、様式にはきまりがありません。

そのため、エンディングノートは自作が可能です。

しかし、いざエンディングノート自作をすると言っても、どのような内容にを書いていけば良いのか分かりませんよね。
そのため、以下の内容ではエンディングノートに必要な内容や自作する際の注意点を詳しく紹介していきます。

自作のエンディングノートに必要な内容

人々

それでは、自作のエンディングノートに必要な内容は、どのようなものなのでしょうか?

エンディングノートにはきまった形式がなく自由に書いても良いのですが、思いついたときに思いついたままを書いてゆくと後で読みにくいだけではなく、大切なことを書き落としてしまう可能性があります。

そうならないためにも、エンディングノートは必要な内容を項目別に分けて考えておくことが大切です。

以下で自作のエンディングノートに必要な項目について、ひとつずつご説明をします。

自身について

まず、エンディングノートには、ご自身についての項目が必要です。

生い立ちやご家族との思い出など、ご自身の生きてきた足跡を記します。
また、後々ご自身の意思を示せなくなった場合の、介護や治療方針、資産の管理についても記しておきます。
遺品や財産をどう整理したいのかも、ご家族の負担を減らすために書いておくことが大切です。

お葬式やお墓について

次に、お葬式やお墓についての項目が必要です。

最近はお葬式の形式も多様化しています。
少子高齢化の影響で、お墓を立てずに永代供養を望まれる方も増えています。
そのためエンディングノートには、お葬式やお墓についての項目が必要です。

ご自身がお葬式やお墓についてどのような考えを持っているのか、エンディングノートにはきちんと書いておきます。

葬儀に参列してもらいたい親族や友人についても名前を挙げておけば、ご家族が助かります。

親族や友人へのメッセージ

3点目に、親族や友人へのメッセージを記す項目が必要です。

普段はなかなか口にできない感謝の言葉や、楽しい時間を過ごせたことの喜びなどを記します。

エンディングノートは、残された方の心の拠り所にもなります。
人生の多くの時間を共に過ごした家族や友人に心からのメッセージを伝えるようにしましょう。

終活ねっとでは、他にも終活に関する記事を多数紹介しています。
エンディングノートの書き方や内容についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

書店や文房具店に行くと見かけることも多いエンディングノート。どのようにして使うのがいいのか、気になっている人もいますよね。そんな人のために書き方と活用の仕方の見本を紹介します。また、おすすめのエンディングノートも紹介しているので使うときの見本にしてくださいね。

自作のエンディングノートと市販品の違い

人々

次に、自作のエンディングノートと市販品の違いについて見ていきましょう。
ここでは、それぞれのメリット・デメリットを挙げつつ、違いを紹介していきます。

皆さんが自作をするべきか、それとも市販品を使用するべきか考えていく中でのお力に少しでもなれればと考えています。

市販品のメリット・デメリット

まず、市販品のメリット・デメリットについて紹介していきます。

市販品のエンディングノートには、書くべきことの項目がすでに設けられています。
そのため、項目に沿って書いてゆけばよいので、作成がしやすいというメリットがあります。

一方、項目が設定されているがゆえに、それが逆に書きこむ量が制限されたり、ご自身が書きたい内容の項目がないことにつながるというデメリットもあります。

現在では、市販のエンディングノートにも様々な形式のものがあります。
もし市販品をご利用になられるという場合は、たくさんのものを見た上で決めていくことをおすすめします。

市販品のエンディングノートの価格や種類についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

エンディングノートの価格について解説!人気のノートをご紹介します

終活におけるツールとしてエンディングノートの話題性が高まっています。ではエンディングノートはどのぐらいの価格でどのようなものがあるのでしょうか。今回はエンディングノートの価格と種類について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

自作する場合のメリット・デメリット

次に、エンディングノートを自作する場合のメリット・デメリットについて紹介していきます。

エンディングノートを自作する場合、ご自身で必要な項目を決められるため、オリジナルのエンディングノートを作成できるメリットがあります。

しかし、項目をわかりやすく設定しておかなければ、後々ご家族が必要な内容を探しにくいというデメリットがあります。

エンディングノートを自作する場合は、必要な項目をご自身で決めることができますが、後々家族が必要な内容を探しやすいように項目を分かりやすく設定することを心掛けるようにしましょう。

エンディングノートを自作する際の注意点

人々

エンディングノートはご自身の意思を伝える、大切なノートです。
そのような大切なノートであるがゆえに、エンディングノートを自作する際には、気をつけたいことが何点かあります。

ここからは、最後にエンディングノートを自作する際の注意点について紹介していきます。

遺言書ではない

まず始めに、エンディングノートがは遺言書ではないという点について紹介していきます。

そんなことは知っているとツッコミを入れたくなる方も多いと思いますが、ここで私たちが一番伝えたいことはエンディングノートには法的な効力がないということです。

エンディングノートは相続や遺言といった項目について書くことが多いですが、それは絶対的な効果を持つわけではありません。

財産分与など法的効力を持たせたい事項は、改めて遺言書の作成をすることが必要です。

エンディングノートと遺言書の違いについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

両方必要?エンディングノートと遺言書の違いについて解説します!

エンディングノートと遺言書。共にご家族に対してご自身の遺志を残すために重要となるアイテムですが、この二つには明確な違いがあります。どのような場合にどちらが有効となるのでしょうか。エンディングノートと遺言書を比較しながら、その違いについて解説していきます。

内容については家族と話し合う

2点目に、エンディングノートの内容については家族と話し合うという点について紹介していきます。

エンディングノートはご家族と話し合いつつ、作成することをおすすめします。
介護や医療方針、葬儀や相続のことなどはご自身だけではなく、ご家族にも深く関わってくることです。
事前にご家族とコミュニケーションをとりつつエンディングノートを書くことで、ご自身の意思が伝わりやすくなり、後々のトラブルやご家族の負担が軽くなります

保管場所を家族に伝える

3点目に、エンディングノートの保管場所を家族に伝えるという点について紹介していきます。

エンディングノートを作成したなら、保管場所をご家族にきちんと伝えておきます。
せっかくエンディングノートを作っていても、ご家族が保管場所を知らなければ、必要な時に利用することができません

苦労して作ったエンディングノートが無駄になってしまいますので、必ず伝えるようにしましょう。

書き始める時期はいつが良いか?

最後に、エンディングノートを書き始める時期はいつが良いのかという点について紹介していきます。

エンディングノートを書き始めるのに、適した時期は思い立った時です

エンディングノートは今までの人生を振り返り、これからの人生を考え直すものです。
そして、ご家族にご自身の意思を伝えるものでもあります。

書き始める時期に決まりはありませんが、書き残すことのないように余裕を持って書き始めるようにしましょう。

エンディングノートの自作ついてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、エンディングノートの自作について紹介してきました。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • エンディングノートは形式にきまりはないため、自作しても良い。
  • 自作のエンディングノートには後々見やすいように、項目を作っておく。
    必要な項目として、「自身について」「葬儀やお墓について」「親族や友人へのメッセージ」がある。
  • エンディングノートの市販品を使うメリットは、項目が設定されているので作成しやすいこと。デメリットは、書きこむ量が制限されたり、書きたい項目がない場合があること。
  • 自作のエンディングノートを使うメリットは、自分で必要な項目を自由に作れること。デメリットは、項目をわかりやすくしておかないと、後々家族が見にくくなってしまうこと。
  • エンディングノートを自作する際の注意点として、次のことが挙げられる。
    遺言書とは異なること、家族と内容を話し合って書くこと、保管場所を家族に伝えておくこと、エンディングノートはいつ書き始めても良いこと。

エンディングノートは、ご自身にとってもご家族にとっても、後々大切なものとなります。
内容をご理解いただいた上で、納得のゆくものを作成していただければと思います。
今回ご紹介した記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「エンディングノート・自作」に関連する記事

「エンディングノート・自作」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「エンディングノート・自作」についてさらに知りたい方へ

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介のサムネイル画像

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介

エンディングノートをシンプルに作るには?簡単な作り方を紹介!のサムネイル画像

エンディングノートをシンプルに作るには?簡単な作り方を紹介!

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!のサムネイル画像

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

かわいいエンディングノートとは?おすすめの商品を紹介します!のサムネイル画像

かわいいエンディングノートとは?おすすめの商品を紹介します!

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと