ソルトルアーの種類や使い方、おすすめのメーカーも紹介

「ソルトルアー」とは、海釣りで使用することを目的とした疑似餌の事をいいます。ソルトルアーは種類や数も多いので、初心者でも分かりやすくソルトの代表的なルアーを紹介していきます。

目次

  1. ルアーの歴史
  2. ソルトルアーの種類
  3. プラグ系ソルトルアー「ハードルアー」
  4. ジグ系ソルトルアー「ハードルアー」
  5. ワーム系ソルトルアー「ソフトルアー」
  6. ソルトルアーの種類や使い方のまとめ

ルアーの歴史

昔、アメリカである漁師が湖のほとりで食事をしている時に誤ってスプーンを湖に落としてしまいました。そのスプーンに魚が寄ってきて食べようとしたそうです。そこから「スプーン」というルアーが誕生しました。ルアーの始まりはその他諸説ありますが、この「スプーン」からルアーフィッシングが始まったという説が一番有力です。
日本では「餌木」「弓角」と呼ばれるルアーが江戸時代に使用されており、これらのルアーは今のソルトフィッシングでも第一線で使用されています。

ソルトルアーの種類

ソルトルアーには大きく分けて「ハードルアー」と「ソフトルアー」の2種類あります。
「ハードルアー」は金属やプラスチックや木材などの硬い素材で作られたルアー、「ソフトルアー」は柔らかいプラスチックや豚の皮などの柔らかい素材で作られたルアーの事を言います。

プラグ系ソルトルアー「ハードルアー」

プラグ系ソルトルアーも様々な種類があり、代表的なルアーはトップウォーター・バイブレーション・ミノー・クランクベイトと呼ばれるものがあります。
竿の動かし方によりソルトルアーを小魚が泳いでいるように動かして魚を誘います。海釣りでは主にミノータイプのルアーが使用されますが狙う魚やポイントによって使用するルアーの種類は変わってきます。

トップウォーター

ポッパー

トップウォータープラグの代表格は、ペンシルベイト・スプラッシャー・ポッパーなどがあります。
青物・シーバス・チヌが対象魚となっておりルアーの特徴としては下記の通りです。
・比重が軽い為、遠くへ飛ばしにくい。
・水中へ沈むことなく、水面を泳ぐ。
・竿の動きに反応しやすい。
・ナブラのような演出もできるので魚の活性が高い時に強い。
・水面で魚がルアーを襲うシーンを見る事ができる。
・魚の活性が低い時には弱い。

バイブレーション

バイブレーションの代表格はメタルバイブ・ソリッドバイブ・ラトルインなどがあります。
シーバス・青物・メバル・アジが対象魚となっておりルアーの特徴としては下記の通りです。
・普通に巻いてくるだけでルアーが振動し、魚を誘う。
・比重が重いので、遠くへ飛ばしやすい。
・水中で同じ深さを泳いでくるため調査用のルアー(サーチルアー)として使用しやすい。

ミノー

ミノーの代表格はフローティングミノー・シャローランナー・シンキングミノー・ロングビルミノーなどがあります。
青物・シーバス・フラットフィッシュが対象となっておりルアーの特徴は下記の通りです。

・比重が軽い為、遠くへ飛ばしにくい。
・普通に巻いてくるだけで魚の自然な動きを泳ぎを演出しやすい
・操作しやすい。(少しの力で動く)
・水深に対して専用のものが多い。(水深2m専用など)
・リップの大きさによって沈む高さが変化する。(リップが大きいほど沈む)

ジグ系ソルトルアー「ハードルアー」

ジグ系ソルトルアーとは一般的に「メタルジグ」を差します。棒状で出来た比較的シンプルな形状のハードルアーで、重量の軽いタイプは陸から釣るショアジグ。重量の軽いものは船上から釣る「ジギング」に使用されます。また釣り針の根元にオモリが付いたタイプのジグヘッドがあります。ジグヘッドは陸から沖合まで幅広い範囲で使用されています。

メタルジグ

メタルジグはフロントウェイトバランス・センターウェイトバランス・リアウェイトバランスなどがあります。
青物・根魚・フラットフィッシュ・シーバス・タチウオ・タイ類など幅広い対象魚となっておりルアーの特徴は下記の通りです。

主にアルミ・鉛・タングステンでできている
・比重が重く飛距離が出やすい
・リアのトレブルフックが主流、フッキング率をあげようと思うとアシストフック推奨
・重いためスローな展開は苦手(落下速度が早い)
・形状やバランスによりアクションの差が出やすい

ワーム系ソルトルアー「ソフトルアー」

ラバーや合成樹脂などでつくられた柔らかいルアー。ソフトベイトとも呼ばれ、魚や虫などの形状に近いものが多くカラーバリエーションや形状の種類が非常に豊富です。魚の活性が低い時にも魚に反応させることが可能なルアー。ハードルアーで魚の反応が悪ければこのソルトルアーを使用すれば反応するなど、ルアーフィッシングには欠かせないアイテムです。仕掛けの種類も多く使い分けができれば様々なシチュエーションで使用する事が出来ます。釣り針に刺す際に真っ直ぐに刺さなければ不自然な泳ぎ方になるのでセッティングには注意が必要。

ソルトルアーの種類や使い方のまとめ

海釣りの好きな皆様どうだったでしょうか?
ソルトルアーといっても多くの種類があり、釣り場や天候や状況に応じて様々な使い分けが必要になってきますよね。その時にそれぞれの特徴を把握していれば多くの仕掛けで魚を釣り上げる可能性はグッとアップします。雨などで釣りに行けないときは是非この記事を読みソルトルアーの特徴を勉強してみて下さい。次に釣りに行くのが更に楽しくなりますよ。

「ソルト・ルアー」に関連する記事

「ソルト・ルアー」についてさらに知りたい方へ

  • ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったことがない人にとって、どうやって使ったらいいのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも楽しめる海でのルアー釣りを紹介します。

  • シーバスを釣るならこれ!おすすめルアー5種類を紹介!

    シーバスを釣るならこれ!おすすめルアー5種類を紹介!

    シーバスというのは、いわゆるスズキを表すフィッシング用語です。シーバス釣りはルアーフィッシングでは最も人気の釣りと言ってもいいでしょう。ルアーの種類にも様々なものがあります。そんな人気のシーバス釣りに使う最適なルアー5種類を紹介したいと思います。

  • サーフでのルアー釣り!爽快にルアーを投げてみよう

    サーフでのルアー釣り!爽快にルアーを投げてみよう

    広大な大海原に向けて思いっ切りルアーを投げるサーフ(砂浜)での釣り。今回は、豪快且つ爽快感のあるサーフゲームに視点を当ててみました。サーフの釣りには一体どのような魅力があるのでしょうか?

  • 初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

    初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

    今まで生き餌での釣りの経験がない人は、一度ワームでの釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。ワームなら毎回の餌の購入も必要なく、初心者でも手軽に釣りが楽しめますよ。

  • 魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

    魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

    魚の中には、小魚を捕食対象としている魚も多くいます。その魚を釣るには泳がせ釣りが有効です。この泳がせ釣りについて紹介します。

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「ソルト・ルアー」についてさらに知りたい方へ

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

シーバスを釣るならこれ!おすすめルアー5種類を紹介!のサムネイル画像

シーバスを釣るならこれ!おすすめルアー5種類を紹介!

サーフでのルアー釣り!爽快にルアーを投げてみようのサムネイル画像

サーフでのルアー釣り!爽快にルアーを投げてみよう

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とはのサムネイル画像

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚のサムネイル画像

魚で魚を釣る?!泳がせ釣りの仕掛けと狙える魚

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと