7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 7回忌の香典について
  2. 7回忌とは?
  3. 7回忌の香典袋の書き方
  4. 7回忌の香典の金額相場
  5. 7回忌の香典のマナー
  6. 7回忌での香典以外のお供え物は?
  7. 7回忌の香典についてまとめ

7回忌の香典について

葬儀

7回忌に招待されたが、香典の表書きや名前の書き方やマナーなどが不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし3回忌に参列していたのであれば、それから4年経過していますし、忘れていても無理はないでしょう。

そこで今回終活ねっとでは7回忌の香典に関して以下のことをご紹介します。

  • 7回忌とは何か
  • 宗教別の表書きの書き方、名前の書き方など
  • 7回忌の香典の金額相場
  • 7回忌の香典マナー
  • 7回忌にふさわしいお供え物・NGなお供え物

ご遺族に失礼のないように香典に関する決まりごとは完璧にしておきましょう。
自分自身が恥をかかないことにもなりますので、しっかりと覚えておくと良いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

7回忌とは?

困った人々

7回忌とは、故人が亡くなってから6年目に行われる法要です。

7回忌なのに6年目に行われるのには違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
実は故人が亡くなった年から1年目と数えるため、7回忌は6年目に行われることになります。

7回忌はその他の年忌法要と同じく、僧侶をお招きして読経し、故人のご冥福をお祈りするためにあります。

7回忌の詳細な情報は下記の記事にもまとまっておりますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

“七回忌” とは? - 終活用語集

七回忌とは、亡くなられた方の死後6年目にあたる命日に故人の冥福を祈り法要を行う日のこと。なぜ七年目に法要を行うかと言うと、日本古来の風習によるものとされています。一般的には親族のみで行う場合が多いようです。

7回忌の香典袋の書き方

葬儀

7回忌に参列される方は、1周忌や3回忌にも参列し、香典を渡している可能性が高いですが、7回忌特有の香典袋の書き方はあるのでしょうか?
勘に頼って以前参列した法要と同じ書き方をしていては、心に不安も残るでしょう。

下記では7回忌の香典袋の書き方について、宗教・宗派ごとの表書きの書き方や名前の書き方などを詳細に解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

表書きの書き方

表書きとは水引より上段に書く「御霊前」「御仏前」の部分です。
この表書きの書き方を宗教・宗派ごとにご紹介します。

仏式の場合

仏式の表書きですが、お通夜や葬儀、初七日の時には何と書いたか思い出してみてください。
多くの方は御霊前と書いたのではないでしょうか?

では7回忌法要の香典袋に御霊前と書けばいいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは誤った表書きです。

7回忌法要の場合は香典袋の表書きは「御仏前」や「御佛前」、「音香料」などを使うのが一般的です。
ただ漠然と7回忌法要では「御仏前を使う」と覚えても記憶に定着しづらいでしょう。
そのため以下のように覚えると忘れにくいかもしれません。

仏教では人が亡くなると霊になると考えられています。
そして、その霊は四十九日法要を過ぎれば成仏するとも信じられています。
7回忌は四十九日法要よりも後に行う法要ですので、当然故人の魂は成仏しています。
したがって、7回忌法要で渡す香典は仏様にお供えするものですので、「御仏前」を表書きとして使うのです。

四十九日法要までは浄土真宗や臨済宗といった禅宗の場合は、御霊前ではなく御仏前という表書きを使ったりと使い分けがありましたが、四十九日法要以降は宗派は関係なく御仏前が使えます。

神式の場合

神式では仏式の年忌法要における7回忌に該当するものはありません
しかし、仏式と同様に故人の冥福を祈る機会は定期的にあります。
それは式年祭と呼ばれますが、一年祭・三年祭・五年祭・十年祭(以降10年刻みに百年祭まである)というスケジュールで行われます。

厳密には7回忌法要に該当する儀式はありませんが、関連することとして神式の表書きもご紹介しておきます。

神式の場合は、どの法要であっても「御霊前」「御玉串料」などを使います。
決して神式の香典袋には御仏前とは書かないように注意してください。
当然、神道では仏という概念がないことがその理由です。

キリスト教式の場合

キリスト教はカトリックとプロテスタントに分けられます。
カトリックの場合は1年毎に追悼ミサを行います。
一方、プロテスタントの場合は記念式が行われます。

それらの儀式の場で使う表書きとしては「御霊前」「御花料」を使いましょう。
御霊前は宗派を問わず使える表書きですので、キリスト教でももちろん使うことができます。

無宗教の場合

無宗教の場合は表書きに頭を悩ませるかもしれません。
上記でご紹介した通り、宗教ごとに表書きの決まりがあったのに対して、参考となる宗教が無いということが最も困る点です。

無宗教の場合は、どの宗教でも使える「御霊前」を使うのが無難です。
その他、「御香典」も中立的な表書きですので使うことができます。

無宗教の場合は遺族が香典を断る場合もありますが、その際には素直にその意向に従えば問題ありません。

名前の書き方

表書きの書き方は上記の通りですが、名前の書き方でも迷う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、香典袋への名前の書き方もここではご紹介します。

個人で出す場合

個人で香典を渡す場合は、香典袋の下段中央に自分の名前をフルネームで書きます。

表書きと同様に香典袋の顔に当たる、目立つところに名前を書くことになりますので、丁寧に書くようにしましょう。
乱雑な字はご遺族に失礼になりますし、自分も恥ずかしい思いをしてしまいます。

複数人で出す場合

香典袋への名前の書き方で迷うのは2人以上の時が多いのではないでしょうか?

まず夫婦で7回忌法要に参列する場合は、基本的には夫の名前を書けば問題ありません。
香典は1世帯につき1つを出せばいいと考えられているためです。

ただし、妻側の親族であったり、妻も故人と深い仲にあった場合は連名で記載しても良いです。
その場合の書き方は夫の名前を通常通り、下段中央に書きます。
そして、夫の名前の左下に妻の名だけを記載します。

友人や会社の人達と合同で香典を出す場合についてもご紹介します。

まず2人で一緒に香典を出す場合は下段中央に線対称となるように2名の名前を書きます。
3人の場合は下段中央に1名の名前を書き、その両サイドに残りの2名の名前を書きます。
4人以上であれば「友人一同」や「株式会社○○ ▲▲部一同」といったグループ名で書きます。

薄墨で書くの?

お通夜や葬儀の時に香典には薄墨で書いたと思いますが、7回忌ではその必要はありません

薄墨で書くのには悲しみで墨が霞んでいる様子を表したり、急いで硯を擦ったことを表しているのですが、あらかじめ予定のわかっている7回忌なので濃い墨で書けば問題ありません。

7回忌の香典の金額相場

葬儀

7回忌の香典で表書きや名前の書き方以外に悩ましいこととして、香典に包む金額もあります。
お金のこととなると他の人には聞きづらいということもあると思いますので、下記をぜひ参考にしてみてください。

故人との関係が親戚である場合

故人と親戚の関係である場合は個人で参列するのであれば、1万円~3万円が相場です。
夫婦で参列する場合は2万円~5万円くらいが相場です。

もし、法要の後の会食にも参加する場合は、そこにかかる費用も一緒に香典に包みます。
だいたい上記の金額に対して1万円~2万円をプラスするといいでしょう。

故人との関係が友人である場合

故人との関係は友人といった血縁関係がない場合は、故人と深いお付き合いがあったのであれば1万円~3万円が妥当です。
お付き合いの深さが一般的なものでしたら5千円~1万円が相場です。

既にご紹介している通り、もし会食にも参加する場合は1万円~2万円を追加で包みます。

孫も香典をお供えする?

小さな子どもがいる場合は7回忌法要に連れて行くこともあるでしょう。
その場合は、余計に金額を香典に包む必要はあるのでしょうか?

一般的には孫や未成年の場合は、香典を余計に包む必要はありません。

しかし、会食に参加する場合は幼児であれば無料で、小学生~中学生くらいであれば大人の半額を包みましょう。
中学生以上であれば大人と同額の会食費を包めば問題ありません。

7回忌の香典のマナー

葬儀

既に表書きや名前の書き方、香典の金額相場をまとめましたが、ここからはその他に7回忌の香典のマナーについてご紹介します。

袱紗に包む

法要の会場に行く時に香典を裸のまま持っていってはいけません。
必ず袱紗(ふくさ)に包んで持っていくようにしましょう。

袱紗は故人を亡くし、悲しむご遺族に対する気持ちを汲み取り、礼節を重んじますという意思表示と香典袋が汚れしまうことを防止する役割がきちんとあるのです。

社会人として袱紗についてよくわからないという方は、下記に詳細な記事がありますので、ぜひご覧になってください。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

新札と旧札はどっち?

香典袋には新札は入れないようにしましょう。
新札を入れるということはいつ起きるかわからない不幸に対して、いつでも通夜などに行ける準備をしているという解釈をされます。

そのため、あまり汚れていない旧札を包むか、新札に一度折り目を付けて香典袋に入れるといいでしょう。

旧札を選ぶ際にもひどくクシャクシャのものやお札の端がちぎれているものなどは避けてください。
それはそれでご遺族に対して失礼になります。

お札の入れ方

お札の入れ方にも実はマナーが存在します。

お札の人物が描かれている側が表なのですが、香典袋にお札を入れる際には表側を下にして入れます。
これは不幸に対して顔をうつむけている様子を表しています。

お札の入れ方という小さな所作にまで気を配ってこそ、常識をわきまえた社会人です。

のし袋の水引について

最後にのし袋の水引に関するマナーついてもご紹介します。

まず、弔事の水引として正しい色は黒白や双銀のものを使います。
本数は偶数である2本、4本、6本のものを選びます。
そして、結び方は結び切りのものを使います。

結び切りは固く結ばれた結び方で、なかなか解くことが難しいです。
そこから転じて、2度と同じことが起きないようにという願いが込められています。

7回忌での香典以外のお供え物は?

お墓

7回忌ではお供え物をすることもありますが、お供え物にも好まれるものや、NGなものもあるため簡単にご紹介します。

お菓子

お菓子の場合は、クッキーやおせんべい、カステラといった常温保存ができ、日持ちするものを選びましょう。

法要の後には参列者で分けるので、一つひとつ個別に包装されているものが好ましいです。

お花

お花は色の付いたお花をお供えしても問題ありません。
四十九日までは白いお花が良いとされていますが、7回忌となるとその必要はありません。

代表的なお花としては胡蝶蘭やユリなどがあります。
ただ故人が好きだった花でも特に問題はありません。

どういったお花がいいか迷った際には花屋で相談してもいいでしょう。

フルーツ

お供え物としてフルーツも人気がありますが、フルーツをお供えする場合は丸い物が良いとされています。
例えばりんごやみかんといったものです。

また故人が生前好んでいたフルーツがあれば、それをお供えしても故人が喜んでくれるでしょう。

NGなもの

お供え物としてNGなものは生ものや五辛、トゲがあるものはふさわしくありません。

生ものの代表としては肉や魚がありますが、これは殺生を連想します。

五辛は辛く臭いが強いものです。
具体的にはニラ・ねぎ・にんにく・らっきょう・生姜です。

トゲがあるものは代表的なものとしてバラがあります。
故人が好きだったからお供えしたいと思っても、バラの場合は避けるようにしましょう。

7回忌の香典についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは7回忌の香典について以下のことをご紹介しました。

  • 7回忌とは何か?

    7回忌とは故人が亡くなってから6年目に行われる法要。

  • 7回忌の香典袋の書き方

    表書きは仏式・神式・キリスト教・無宗教の場合で異なるため注意が必要。
    名前は夫婦の場合は基本的には夫の名前を書くが、妻も縁の深い故人であれば連名で書く。
    2人~3人であれば全員の名前を書くが、4人以上はグループ名などを書く。
    香典袋の文字は濃い墨で書く。

  • 7回忌の香典の金額相場

    故人との関係が親戚である場合:1万円~3万円(夫婦なら2万円~5万円)。
    故人と深いお付き合いのあった友人の場合:1万円~3万円。
    故人とのお付き合いが一般的なものであった場合:5千円~1万円。
    会食に参加する場合は1万円~2万円追加。
    未成年の孫などの場合は子ども年齢に応じて金額は変わる。

  • 7回忌の香典のマナー

    香典は袱紗に包み、新札は避けて適度に使われたお札を香典に入れる。
    お札は表側を下にして入れる。
    水引は黒白・双銀の色で、本数が偶数の結び切りを選ぶ。

  • 7回忌のお供え物

    常温保存のできる日持ちするお菓子や色の付いたお花、丸いフルーツがお供え物としてふさわしい。
    逆に生もの・五辛・トゲがあるものはお供え物としてNG。

この記事で書いていることを実践して頂ければ、7回忌の香典のことで迷うことはほとんどなくなると思います。

故人の冥福をお祈りする少ない機会ですので、マナーを守って良い法要となれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「7回忌・香典」に関連する記事

「7回忌・香典」についてさらに知りたい方へ

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

    23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

    23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

    7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

    故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「7回忌・香典」についてさらに知りたい方へ

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「7回忌・香典」についてさらに知りたい方へ

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと