法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。

目次

  1. 法事のときの男性の服装について
  2. 法事のとき男性は何を着用する?
  3. 法事のときの男性の喪服とは?
  4. 法事のときの男性の平服とは?
  5. 法事のときの男性の服装マナー
  6. 法事のときの女性の服装
  7. 法事のときの子供の服装
  8. 法事での男性の服装についてまとめ

法事のときの男性の服装について

葬儀

法事は故人を偲ぶ大切な行事です。
頻繁に法事に出席するようなことはありませんが、一生においては意外と何度もあるものです。
だからこそ、家族や親戚の前で失礼のないようマナーを守って出席したいものですよね。

しかし、初めて法事に出席する方や、服装マナーについてまだまだ不安な方も多いと思います。
また、平服でお越し下さいと言われた場合の平服って何なのかも悩みますよね。

そこで今回終活ねっとでは、いまさら聞けない法事のときの男性の服装について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 法事のとき男性は何を着用する?
  • 法事のときの男性の喪服とは?
  • 法事のときの男性の平服とは?
  • 法事のときの男性の服装マナー
  • 法事のときの女性の服装
  • 法事のときの子供の服装

マナーを守って法事に出席できるように、一緒に学んで行きましょう。
後半では女性や子供の服装についても少し触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

法事のとき男性は何を着用する?

困った人々

法事のとき男性は何を着用すればよいのでしょうか?
お葬式では正喪服を着用するのが常識ですが、法事の場合はどうでしょうか。

お葬式と違い法事となると少しカジュアルダウンしても良いイメージもありますが、実際のところはどうでしょう。

では、法事に適した男性の服装とはどのようなものか見ていきましょう。

3回忌までは喪服を着用する

基本的に、3回忌までは正喪服を着用したほうがよいとされています。

三回忌までは、まだお葬式やお通夜から時間が経っていません。
「喪に服す」という一定の期間、死を悼み身を慎む気持ちを表す喪服を着用します。
故人を偲ぶことを考えても、きちんとした服装で出席することが大事ですよね。

よって、まだお通夜やお葬式から時間が経ってない三回忌までは正喪服を着用した方がよいとされています。

7回忌以降は平服を着用する

基本的に3回忌が終わった後の7回忌以降は、平服でいいとされる場合が多いです。

7回忌以降となるとお通夜やお葬式から時間がある程度経っています。
なので、法事での服装は回を追うごとに徐々に平服に変えていくのが一般的とされています。

しかし、地域や場合によっては喪服がいいとされることもありますので、これはあくまでも目安です。
法事に出席する際はあらかじめ主催者や家族に相談することをおすすめします。

法事のときの男性の喪服とは?

葬儀

法事の時の男性の喪服について簡単に説明します。

基本的には3回忌までは喪服に黒のネクタイを着用するのが良いとされています。
ではその場合の喪服とはどんな服装でしょうか。

ビジネススーツでないブラックスーツを選びましょう。
この場合、スーツはダブル、シングルのどちらでも問題ありません。
スーツの下には白のワイシャツに黒無地のネクタイを着用します。
靴は金具のついていない黒色のもの、ネクタイや靴下も黒を選びましょう。

喪服についてもっと詳しく知りたい方や礼服と喪服の違いが分からない方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

法事のときの男性の平服とは?

困った人々

法事の時に平服でお越し下さいと言われた場合、どんな服装で出席すればよいでしょう。
平服といってもあまりにもカジュアルだとかえって失礼にあたりそうですし、どの程度が良しとされるのか曖昧ですよね。

以下で法事のときの男性の平服について詳しく解説していきます。
平服にも大切マナーが存在しますので、一緒に学んでいきましょう。

スーツはどうする?

ではどのようなスーツを選べば良いのでしょうか。

平服といっても地味な色合いのスーツを着用するようにしましょう。
基本的に黒系や紺系、ダークグレーが良いとされています。

ストライプ柄のスーツは避ける

いくらダークスーツだからといってもストライプ柄のものは避けましょう。
あくまで地味な色合いのスーツを選ばなければなりません。
派手なストライプ柄のスーツは法事の場には不向きですので注意しましょう。

ベストは着用してもいいの?

ベストは着用してもマナー違反にはなりません

しかし、お葬式はもちろんのこと、このような場では着用している方はあまりいません。
自分のお洒落に気を使う前に、故人を偲ぶ気持ちを忘れない事が重要です。

冬の法事にはコートを着用してもいいの?

冬の法事にコートを着用しても問題ありませんが、黒などの地味な色のコートを選ぶようにしましょう。
ただし、式中にコートを着用することはマナー違反となります。

式中には必ずコートを脱ぐようにしましょう。

シャツはどうする?

法事の際は必ず無地の白シャツを着用しましょう。

色のついたシャツは着用しない

色のついたシャツの着用はマナー違反となりますので着用しないようにしましょう。
また、白でも織り柄の入っているものや光沢のある特殊な素材等は避けてください。

夏場は半袖シャツを着用しても良い

夏場は半袖シャツを着用しても問題ありません。
しかし、半袖のままで式に出席することはマナー違反となります。

式中は必ずジャケットを着用しましょう。

ネクタイはどうする?

ネクタイについては一般的には黒を選ぶのが一番無難とれています。
ですが、平服の場合は地味な色や柄であれば着用しても問題ありません。
あくまで地味な色や柄を着用しなければならないので、目立ちすぎるものは控えたほうがよいです。

ネクタイなしはNG

ネクタイは必ずつけましょう
ネクタイなしだと軽装すぎますので、マナー違反となります。

ネクタイピンはつけない

ネクタイピンはつけないで出席しましょう。
いつもはお洒落でネクタイピンを着けている方でも、外さなければマナー違反となります。
このような場には自分を着飾るものの着用は控えましょう。

靴はどうする?

基本的には靴は黒色を着用します。
ストレートチップやプレーントウのものを選びましょう。
また、モンクデザインのものでも問題ありません。

ただし、黒といってもエナメル素材で光沢のあるものや、特殊素材の靴は避けましょう。

金具やアクセサリーのある靴は避ける

靴に金具やアクセサリーの装飾がついているものは避けましょう。
足元は基本的に地味でシンプルな黒色の靴を選びます。
法事に自分を着飾るお洒落は必要ありません。

スニーカーやローファーはNG

スニーカーやローファーでの出席は控えましょう。
平服といってもカジュアルすぎる靴もマナー違反となりますので、気をつけましょう。

法事のときの男性の服装マナー

葬儀

では法事のときの男性の服装マナーとはなんでしょう。
平服の意味に触れながら簡単に解説していきます。

平服と言われても私服は着用しない

法事での服装は回を追うごとに徐々に平服に変えていくのが一般的とされています。
3回忌あたりから平服でお越し下さいと主催者側から一言ある場合もあります。

しかし、平服でと言われても私服は着用してはいけません。
上記で述べたように、平服にも大事なマナーが存在します。

故人を偲ぶ気持ちが一番重要なので、失礼のない服装を心がけましょう。

3回忌までは正喪服、7回忌以降は平服を着用するのが一般的な考え方です。
ここで注意しなければならないのは、参列者側の時には施主より格式の低い喪服を着用することです。

13回忌や17回忌には何を着るの?

年忌法要は故人が亡くなってから月日が経つにつれ、段々と厳格なマナーはなくなってくるので、一般的に平服で良いとされています。

特に13回忌や17回忌となってくると、親族だけで法要を行う場合がほとんどです。
しかし、親族だけだからと思い服装に気を遣わないのは、故人だけでなくお坊さんにも失礼に当たります。

前述した通り、平服は私服のことではありません。
地味な色のスーツを着用し、故人を偲ぶ準備をしましょう。

法事のときの女性の服装

葬儀

法事の時の女性の服装は男性と同様にマナーがあります。

基本的には法事の際は黒系のものを選びます。
黒のスーツやワンピース、アンサンブルなどを着用しましょう。
夏でも派手な露出は控え、ストッキングも必ず忘れないようにしてください。

アクセサリーや小物も派手なものは身につけないようにしましょう。

法事のときの女性の服装マナーについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。

こちらも読まれています

13回忌での女性の服装とは?注意点や男性の服装についてもご紹介!

13回忌に出席するにあたり、女性はどんな服装でいったらいいのか、悩んでいませんか?平服でとあっても、カジュアルでもいけないだろうし、平服だから喪服ではなさそうだしと、不安な方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回は13回忌の女性の服装について詳しく説明します。

法事のときの子供の服装

お墓

法事のとき子供にはどうような服装をさせれば良いでしょうか。
礼服など改めて準備する必要があるのでしょうか。

一般的には、地味な普段着で良いとされています。
女の子であれば、黒系やグレーといった無地のワンピースを選びましょう。
男の子であれば、白のシャツに黒系のズボンを着用するのがよいとされています。

もし子供が学生の場合は学校の制服で参加するのが一般的です。

子供にも法事のときにはきちんとした服装をさせましょう。

法事での男性の服装についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、法事のときの男性の服装と平服の意味について解説しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 法事の時の服装には大切なマナーが存在する
  • 3回忌までは喪服を着用し、7回忌以降には平服を着用するのが一般的
  • 平服といっても私服での出席はNG
  • 平服でも失礼にあたらないマナーや決まりがある
  • 女性や子供も同様に法事のときに同様の服装マナーがある

以上のポイントを中心に解説してきました。

法事に出席する際の服装マナーについては理解していただけましたでしょうか。

法事とは、故人を偲ぶ大切な場です。
そのような大事な場で恥ずかしい思いをしないためにも、マナーをしっかり学ぶことは大切です。
地域や家族によっても異なることがあるので、逐一相談しながら進めましょう。

今回の記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「法事・服装・男性」に関連する記事

「法事・服装・男性」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・服装・男性」についてさらに知りたい方へ

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説のサムネイル画像

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと