法事での御膳料の相場はいくら?渡し方のマナーについても解説

法事を執り行う場合、様々な準備が必要となってきますが、その中のひとつである「御膳料」の相場はいくらかご存知ですか? 今回は、御膳料の意味や一般的にいくら用意すればよいかなど解説しています。 お渡しする際のマナーもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 法事の際の御膳料について
  2. 御膳料とは?
  3. 御膳料はいくら包めばよい?
  4. 御膳料の渡し方
  5. お布施・お車代の相場はいくら?
  6. 法事の際の御膳料まとめ

法事の際の御膳料について

仏壇

〇〇回忌など、法事を行う際には様々な手配や準備が必要です。

その中で、お坊さんに渡す「御膳料」と聞いてピンとくる人は少ないのではないでしょうか?

法事を執り行う際、御布施、御車代...と様々な用語があり混乱してしまうという方もいるかと思います。

僧侶にお渡しするものと何となく理解はできるものの、実際いくら用意し、どのようにお渡しすればよいのか悩んでしまうかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは、法事の際の御膳料について、

  • 御膳料の意味
  • 御膳料の一般的な相場はいくら?
  • 渡す際のタイミングやマナー
  • お車代やお布施の相場はいくら?

以上について詳しく解説いたします。

これから法事を行う予定があるという方、相場はいくらぐらいなのか悩んでいる方はどうぞ参考にしてみてください。

御膳料とは?

葬儀

簡単にいうと、御膳料とは法事の際に用意されたお食事の代金のことです。

一般的な法事では一通りの手順が済むと、その後に参列者を交えて会食の席を設けます。
この会食のことをお斎(おとき)といいます。

しかし、都合によっては僧侶がお斎を辞退される場合もあります。
この時に代わりにお渡しするものが「御膳料」です。
そのため、僧侶が会食に出席する際は必要ありません

時間帯などの都合で主催者側がお斎そのものを省略する場合も御膳料としてお渡しします。

御膳料はいくら包めばよい?

お金

では、実際に御膳料はいくら包めばよいのでしょうか

先ほども言ったように、御膳料とは簡単にいうと法事の際の会食代金です。
会食会場となる自宅、斎場、寺院など場所やお食事の内容によって金額も変わってきます。

自宅など仕出し料理などで対応する場合は5千円~1万円が一般的な相場といえるでしょう。
また、ホテルのレストランや料亭を会場とする場合はどうしても少し高くなりますので1万円~2万円かかることもあります。

お料理を予約する際に1人分いくらの予算で注文するのかを事前に把握しておくと、お包みする金額の計算もしやすくなりますね。

御膳料の渡し方

困った人々

では、御膳料を渡す際どんな点に注意すればよいのでしょうか。

当日に慌てないように、御膳料の渡し方のマナーやお渡しするタイミングについて説明します。

御膳料は封筒に入れる

まず、御膳料は封筒に入れるのが基本です。

包む金額にもよりますが、5千円~1万円の御膳料を包む場合は文具店などで手に入る白い封筒を用意しましょう。

二重の封筒は「にじゅう、繰り返し」を連想させてしまうため、封筒は一重のものがよいとされています。
また、郵便番号欄が印刷されていないものを選ぶと失礼になりません。

まれに僧侶が複数人いるなど、金額が数万円と高くなる場合があります。
この時は香典などに使用する不祝儀袋を使うこともありますが、一般的な5千円~1万円という範囲であれば白い封筒で十分です。

切手盆・ふくさにのせて渡す

封筒に入れた御膳料はそのまま手渡しするのではなく、切手盆やふくさの上にのせて渡すようにしましょう。

切手盆とは、冠婚葬祭の時に祝儀袋や香典袋などをのせる小さなお盆のことです。
会場が自宅などでしたら切手盆を用意しておくとよいですね。
逆に、寺院で執り行うなどこちらが出向く場合はふくさを使うことが一般的です。

渡す際のタイミングですが、一通りの法要が終わり、僧侶が退席される時がベストです。
その際、畳など床に置いてそのまま引きずって差し出すのではなく、必ず両手で持ち封筒の「御膳料」という文字が相手側に向くようにしましょう。

お布施・お車代の相場はいくら?

お金

御膳料とともに僧侶にお渡しするものとして、お布施やお車代も用意しておかなければなりません。

では、法事でのお布施・お車代の相場はいくらぐらいなのでしょうか。
それぞれ解説していきます。

お布施はいくら包む?

お布施とは、法事の際に僧侶に読経をお願いしたお礼としてお渡しするものです。
あくまでお礼としてのものですので、実際いくら渡せばよいのか悩んでしまうところですよね。

主な法要である四十九日・一周忌・三回忌の相場は3万円~5万円が一般的です。
地域や風習にもよって異なる場合もあるので、事前に地域や親せきの方に相談するのもよいかもしれません。

また、法事・法要でお布施を渡す際には、金額をいくら包めばいいのかの他にも、包み方や書き方にも注意が必要となります。
お布施の書き方・包み方に関してより詳しく知りたいという方はこちらの記事も合わせてご覧くださし。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

お車代は会場の場所を考慮する

自宅や斎場などで法事を執り行った場合、僧侶に出向いてもらうことになります。
それに対する交通費をお車代としてお渡しします。
ですので寺院で法事を行い、こちらが出向くのであれば必要ありません。

お車代の相場は5千円~1万円ですが、移動する距離などで金額も変わってきます。
場所が遠い、時間がかかるなどの場合はその分をいくらか考慮するとよいでしょう。

法事の際の御膳料まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、主に法事の際の御膳料についてご紹介しました。

今回の記事の要点は以下のようになります。

  • 御膳料とは、法事の際に開かれる会席の食事代金のことで、僧侶が欠席する場合に渡すものである。
  • 一般的な御膳料の相場は、5千円~1万円である。
  • 御膳料は封筒に入れ、切手盆やふくさにのせて渡すのがマナー。
  • お布施の相場は3万円~5万円、お車代の相場は場所によるが、5千円~1万円が目安。

あまり耳にすることがない「御膳料」ですが、相場がいくらぐらいなのか知っておくといざという時心強いですね。
合わせてお渡しするお布施やお車代についてもいくら必要となるのかもう一度確認しておくとさらに安心です。

終活ねっとでは法事や法要に関する記事を多数掲載しています。
以下の記事では法事に参加する際に渡す香典について詳しく書いています。
法事に参加する側になった場合に備えて、ぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

「御膳料・いくら」に関連する記事

「御膳料・いくら」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「御膳料・いくら」についてさらに知りたい方へ

御膳料の金額の書き方について解説!お金の包み方に関する注意事項ものサムネイル画像

御膳料の金額の書き方について解説!お金の包み方に関する注意事項も

御膳料の封筒への名前の書き方を解説!表書きの書き方もご紹介しますのサムネイル画像

御膳料の封筒への名前の書き方を解説!表書きの書き方もご紹介します

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

納骨堂でのお布施のマナーは?金額や渡すタイミングを解説しますのサムネイル画像

納骨堂でのお布施のマナーは?金額や渡すタイミングを解説します

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説します

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介のサムネイル画像

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと