一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

故人が亡くなって1年目には一周忌法要を行うため、その服装を用意する必要がありますよね。では、一周忌法要にはどのような服装やネクタイをすればいいのでしょうか?今回は、一周忌の服装やネクタイについてと色や柄、他の法事の服装も紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 一周忌の服装とネクタイについて
  2. 一般的な一周忌法事の服装
  3. 一周忌法事のネクタイの色は?
  4. 一周忌法事における平服とは
  5. その他の法事での服装は?
  6. 一周忌の服装とネクタイまとめ

一周忌の服装とネクタイについて

葬儀

故人が亡くなってから1年目には、一周忌法事を執り行うことになりますよね。
では、その一周忌法事にはどのような服装で臨めばいいのでしょう?

また、男性であればネクタイの色や柄といったことにも気を配る必要がある場合もあります。
まだ一周忌などの法事・法要に出席したことがない方は、一周忌法事に着用する服装やネクタイについてどうすればいいのか疑問に思った方もいらっしゃると思います。

そこで、今回終活ねっとでは一周忌の服装やネクタイについて、

  • 一般的な一周忌法事の服装
  • 一周忌法事のネクタイの色は?
  • 一周忌法事における平服とは
  • その他の法事の際の服装は?

以上のことなどを中心に解説していきます。
詳しくご説明しますので、一周忌法要に出席する際の参考にしてください。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

一般的な一周忌法事の服装

葬儀

一般的な一周忌法事の服装は喪服が一般的だと言われています。

男性の服装については喪服に白いワイシャツを着用し、黒い靴下に光沢のない黒い靴を履きます。
女性の服装については喪服として黒いジャケットやコートをアウターに、下には黒いワンピースに黒いストッキングを着用し、靴も黒く光沢のないものになります。

特に女性が身に着けることが多いバッグについては、派手な物やブランド物は避け、黒く布の製品で柄のない物にしましょう。

一周忌法事のネクタイの色は?

ネクタイ

一周忌法事のネクタイの色は何色を選べばいいのでしょうか。
男性は、お葬式や四十九日法要に参列する場合には、喪服に黒いネクタイをつけることが基本となっています。

実際に一周忌法事に参加する場合に備えて、つけるべきネクタイの色やネクタイピンをつけるかどうかについてのマナーも知っておく必要があるでしょう。
一般的に喪明けとなる一周忌法事までは、親類の方や友人・知人の方々など参列者も多く、規模も大きくなります。

そのため、服装のマナーとして人の目がいきやすいネクタイの色の選び方は、ご自身の周囲からの評価や評判を左右することにもなる重要なことでもあります。
そして、その結び方でも周囲からの印象は変わってきます。

では、一周忌の法事につけるべきネクタイについての色やネクタイピン、そしてネクタイの結び方について解説いたします。

色は黒色

一周忌法事につけていく、ネクタイの色は黒色となります。
やはり、喪服を着用するということで、当然のことながらネクタイも黒いものをつけるのがマナーです。

故人が亡くなってから2年目に行われる三回忌法要までは、亡くなった方への供養の思いもまだ濃く残っていることもあり、基本的にネクタイは黒色が良いといわれています。
また、ネクタイの柄についても基本的にはないほうがいいといわれています。

もし、黒いネクタイをお持ちではないという場合には、突然の訃報に備えて一本持っておくと安心です。

それ以降の年忌法要につけるネクタイについては、黒でなくてもいいとされていて、グレーなどの落ち着いた色であれば構わないといわれています。

ネクタイピン

ネクタイピンはアクセサリーと同様、金属類になるため着用しない方が良いでしょう。

ただし、法事が行われている間はつけないほうが無難であるということですので、その場に向かう時や帰路についてはつけていても構いません。
法事の場所ではネクタイピンを外した状態で参列するようにすれば問題はありません。

結び方

ネクタイの結び方は、シンプルで基本的な結び方であるプレーンノットが良いでしょう。
一般的なプレーンノットの結び方は、幅の広いほうを上にして交差させ、幅の狭い方の裏に回し前に巻きつけます。
そして内からくぐらせ顎に向かって取り出し、巻きつけられている輪となっている中に通します。
最後に結び目の太さを調整するため、幅の広いほうと狭いほうを引いて形を整えて完成です。

また、ネクタイを結ぶことが苦手な方もいらっしゃると思います。
ダブルノットやスモールノットなど結び方は多様ですが、プレーンノットという基本形だけでも押さえておけば、いざという時に役立ちます。

一周忌法事における平服とは

スーツ

一周忌法事における平服とはどのような服装なのでしょうか。
基本的には喪服で行くことがマナーである一周忌法事ですが、案内に「平服でお越しください」とある場合があります。

平服は普段着というイメージがありますが、一周忌法事の場合には「正喪服でなくても構わない」程度と捉えるのが無難です。
いくら平服でもいいとはいえ、派手な格好や奇抜な服装をして行ってはマナーだけはなく、人格やモラルを疑われることにもなりかねません。

そのため、男性は暗めの黒を基調としたスーツに白のワイシャツ、女性も黒いパンツスーツやワンピースを着用して行くことがマナーだといえます。
あくまでも、故人を偲び供養するための行事が行われているということを認識する必要があります。

その他の法事での服装は?

困った人々

その他の法事の際の服装はどうでしょうか。
お通夜、告別式での服装はご遺族の方は忌中ということで参列する方に関しても当然喪服となります。
三回忌とそれ以降の服装については、年忌法要も徐々に縮小され参列する方も少なくなっていく傾向にあり、マナーとして最低でも三回忌までは喪服に近い黒いスーツにしたほうが無難ではありますが、七回忌からは平服でも構わないとするケースが多いでしょう。

一周忌では一般的に喪明けに行われる年忌法要ということもあり、三回忌以降と比較すると喪服の意識も強く残っていますが、それ以後の法事・法要では略式喪服から平服へと意識も薄れていきます。

しかし、いくら平服といってもラフな格好や派手な服装は避け、落ち着いた色の常識ある服装にすることを意識してください。

一周忌の服装とネクタイまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、一周忌の服装やネクタイについて以下のことを解説してきました。

  • 一般的な一周忌法事の服装は喪服が一般的だと言われている。
  • 一周忌法事につけていく、ネクタイの色は黒色となる。
  • 一周忌法事における平服とは男性は暗めの黒を基調とスーツに白のワイシャツ、女性も黒いパンツスーツやワンピースを着用して行くことがマナーである。
  • その他の法事の際の服装はお通夜、告別式での服装は喪服となり三回忌とそれ以降の服装については、三回忌までは喪服に近い黒いスーツで七回忌からは平服でも構わない。

一周忌法事には喪服が基本であり、つけていくネクタイも黒色で柄のないものを選ぶというのがマナーとなっていたのですね。

一周忌法事にどのような服装とネクタイで臨めばいいのか悩んでいる方は、喪服と黒いネクタイを準備しておく必要があるでしょう。
もし、持っていないという方は今後のためにも、購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご拝読いただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
一周忌のマナーや服装についてもっと知りたいという方は以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!

身内の方が亡くなってから丸1年経った節目の命日を一周忌といいます。亡くなってからちょうど1年という節目であるため、お墓参りに出かけて法要を営むのが一般的です。一周忌のお墓参りの際のマナーや服装はどのような点に気をつければよいのでしょうか?

「一周忌・服装・ネクタイ」に関連する記事

  • 四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

    四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

    四十九日は故人の死後の行き先を決める特別な法要です。その際の服装(ネクタイや服)について、知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか?今回終活ねっとでは、四十九日のネクタイについてピックアップし解説させていただきますので、ぜひ、最後までご覧ください。

  • 一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!のサムネイル画像

    一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

    故人の供養をするときには、礼節に則った正しい服装で臨みたいですよね。一周忌法要では、家族のみで行うこともありますから、どのような服装が適切なのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、一周忌における服装を、場合別に詳しく解説していきます。

  • 7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

    7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

    冠婚葬祭ごとで服装は重要な要素ですが、中でもネクタイは比較的人目に付きやすい部分です。特に葬儀などの弔事では黒を着用するのが常識とされていますが、故人没後6年で行う7回忌の場合はどうすればよいのでしょうか。この機会に7回忌に適切なネクタイを見ていきましょう。

  • 13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説のサムネイル画像

    13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説

    13回忌法要に参加する際、ネクタイはどんなものを選びますか?13回忌は亡くなって10年以上経過した法要ですので、平服で参加するよう言われることがあります。しかし、失礼があってはいけませんよね。記事では、色や素材、柄など失礼のないネクタイの選び方を解説します。

  • 法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

    法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

    法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。

  • 法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

    法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

    法事に出席する際、服装について悩んだ経験はありませんか?大人のマナーとして失礼のない服装で出向きたいですよね。今回は女性・男性・子供たちの法事の服装について、気をつけるべき点など詳しくご紹介します。どうぞ最後までお付き合いください。

  • 法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

    法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

    法事のとき特に女性が悩んでしまうのが、服装についてですよね。法要の服装には、喪服の場合と平服の場合があるのをご存知でしょうか?今回の記事では、大人のマナーとして身につけておきたい、法事の女性の服装について解説していきます。ぜひ一緒に勉強していきましょう。

  • 13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

    13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

    13回忌の案内があったとき、どんな服装で参列したらよいのかが気になりますよね?特に男性はネクタイやシャツの色でかなり服装の印象が変わってしまいます。今回はそんな13回忌にふさわしい男性の服装について徹底解説します。

  • 一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!のサムネイル画像

    一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!

    身内の方が亡くなってから丸1年経った節目の命日を一周忌といいます。亡くなってからちょうど1年という節目であるため、お墓参りに出かけて法要を営むのが一般的です。一周忌のお墓参りの際のマナーや服装はどのような点に気をつければよいのでしょうか?

  • 葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識のサムネイル画像

    葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「一周忌・服装・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!のサムネイル画像

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説のサムネイル画像

13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!のサムネイル画像

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!

葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識のサムネイル画像

葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「一周忌・服装・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!のサムネイル画像

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説のサムネイル画像

13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと