3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介します

3回忌で僧侶の方にお渡しするお布施。大事な節目だからこそ、ぬかりなく準備したいものですが、作法や渡し方が意外とわからないものですよね。3回忌のお布施の表書きや相場、お渡しする際の細かい作法についても解説してありますので、どうぞ最後までお読みください。

目次

  1. 3回忌のお布施について
  2. 3回忌の法要とは
  3. 3回忌のお布施の金額相場は?
  4. 3回忌のお布施の書き方
  5. 3回忌のお布施の包み方
  6. 3回忌のお布施の渡し方
  7. お布施以外に僧侶に渡すお金
  8. 3回忌のお布施についてまとめ

3回忌のお布施について

葬儀

お葬式と違い、施主が自分で手配して寺院と直接やりとりをしたり、自宅で執り行ったりすることも多い3回忌。
お葬式ほど堅苦しい作法などはないにせよ、実は、お布施についてもいろんな決まりごとや作法があります。

専門家などに、お布施にまつわるすべてをお任せしてしまうのではなく、ご自身で作法を下調べしておき、把握しておくとよいかもしれません。

今回終活ねっとでは、3回忌のお布施について

  • 3回忌法要とは?
  • お布施の一般的な相場はどれくらいなの?
  • 表書きはどう書けばいいの?
  • お布施の包み方はどうすればいい?
  • お布施を渡すときの注意点とは?
  • お布施以外に渡すお金はある?

などのポイントについて解説していきたいと思います。
回忌法要について知りたい方のために詳しく解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

3回忌の法要とは

仏壇

初めてのことで、3回忌の法要についてまだまだよく知らないという方は多いでしょう。

3回忌とは、故人が亡くなってから満2年後に行う法要のことです。
もともと仏教用語なので、仏教の方に馴染みが深い言葉です。

仏教の場合、「忌明け」と言われる四十九日が終わると、百ヶ日を経て、その次からは、一周忌、3回忌、7回忌などの年忌法要が始まります。

年忌法要としては、3回忌の次は7回忌となります。
3回忌から7回忌の間は、4年とかなり間も空きますし、3回忌までは遺族以外の参列者を呼ぶことも多いため、重要な節目の法要となります。

他の宗教の場合は、仏教の3回忌と全く同じではありませんが、故人が亡くなってから数年後に個人を追悼する機会があります。

各宗教ごとの法要について以下でリストにまとめます。

  • 神道

    満3年後に行う「三年祭」になります。
    仏教と違い、文字通り満3年後に行うので注意が必要です。

  • キリスト教(カトリック)

    カトリックでは特に何年ごとという取り決めはありませんが、故人が亡くなった日に毎年追悼ミサを行います。

  • キリスト教(プロテスタント)

    故人の命日を「召天記念日」と呼び、故人が亡くなってから満1年後、満3年後、満5年後に召天記念式を行うのが一般的です。
    ですので、満3年の召天記念式が仏教の3回忌に相当します。
    仏教と違って満3年後に行うことになりますので注意が必要です。

大切な方の仏様を祭る機会ですから、滞りなく執り行いたいですね。
宗教や宗派によって、行うタイミングや方法なども違ってきますので、故人がお世話になる神社や教会などへ、早めに相談する方がよいでしょう。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
3回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“三回忌” とは? - 終活用語集

三回忌とは故人が亡くなってから満2年後に行う法要のことです。 三回忌という名前の由来は、故人が亡くなった日が1回目の忌日(きじつ) に当たることから来ています。 満1年目が2回目の忌日、満2年目が3回目の忌日のため、三回忌と呼びます。

3回忌のお布施の金額相場は?

お金

そもそもお布施とは、お葬式や法要の際に、お経をあげてもらったりお墓の相談に乗ってもらったりする際、お世話になる聖職者の方へお渡しするお礼です。
仏教ならば僧侶の方、神道なら神職の方、キリスト教なら司祭や牧師の方にお渡しします。

では、3回忌のお布施の相場はいくらくらいなのでしょう。

3回忌の際のお布施は、基本的に仏教・神道・キリスト教など共通で、1万円~5万円が相場となっています。

ただし、仏教とひとことでいっても、地域や宗派によって異なるため注意が必要です。
3回忌のお布施の金額相場がよくわからない場合は、専門家や、その僧侶の方が所属する寺院などへ事前に相談してみるのがよいでしょう。

3回忌のお布施の書き方

葬儀

続いて、3回忌のお布施の書き方についてご説明します。

包みにどのようなことをどのように書くのかなど、宗教や宗派で変わってくるので注意してください。

表書きの書き方

宗教ごとに、表書きの文言は違ってきます。
表書きの書き方について、以下から宗教別に解説します。

仏教の場合

仏教の場合、表書きには、御布施お布施と書くのが一般的です。

ただし、同じ仏教でも、宗派や地域によっては、特定の書き方を歓迎しない寺院があることもあります。
事前に寺院か僧侶の方へ相談するのがよいでしょう。

神道の場合

神道の場合も、お布施に相当するものを神職の方にお渡しします。
表書きには、御礼御祭祀料と書くのが一般的です。

地域や神社によって、書き方が違う場合がありますので、やはり、事前に寺院か神職の方に相談するのがよいでしょう。

キリスト教の場合

キリスト教には「お布施」という言葉がなく、「献金」や「お礼」と考えます。

カトリックでは、表書きに「献金」「ミサ御礼」、もしくは「御礼」と書くのが一般的です。

そしてプロテスタントでは、表書きに「記念献金」「召天記念献金」、もしくは「御礼」と書くのが一般的です。
プロテスタントで行う儀式は「ミサ」と呼びませんので注意してください。

地域や教会によって書き方が違う場合がありますので、事前に相談するのがよいでしょう。

下段には名前を書く

表書きの下段には名前を書きましょう。
3回忌を行う施主の姓名か、もしくは「〇〇家」と書く旨を書きます。

お布施の場合、包みには水引を使う必要はありませんが、水引のあるお布施袋を使う場合には、家名や名前は水引より下に来るように書くとよいでしょう。

薄墨ではなく普通の墨で書く

意外かもしれませんが、3回忌のお布施の表書きは、薄墨ではなく普通の墨で書きます。

「弔事は薄墨」というイメージが強いため、驚く方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、お布施が誰に宛てたものか考えれば納得がいきます。
もともと、お布施は故人ではなく、お経を挙げてくださる僧侶の方への御礼として渡すものだからです。

薄墨には、「突然の訃報に際し、墨を摺る間もなく慌てて来た」「訃報を聞きあまりに悲しくて、墨を摺る手に力がこもらなかった」などという意味が込められています。
このことからお葬式の際の香典やご仏前へのお供えなど、四十九日より前にお渡しする不祝儀袋や熨斗の表書きは、薄墨で書くしきたりがあります。

その反対に、四十九日から後の法事は、それなりの時間が経った後ですから、「墨を摺る時間も、心の準備もできている」という意味合いがあります。
そのため、四十九日以降の法事に際しては、表書きを濃い墨で書くのです。

見た目の印象も、薄い墨の方が故人を失くした悲しみが表れていますよね。
「悲しみのあまり流した涙で、墨がにじんでしまった」という意味だという説もあります。
日本人らしい気遣いが込められている風習ですので、間違わずに使い分けたいものです。

3回忌のお布施の包み方

お金

では、実際にお金を包もうとなった時に3回忌のお布施の包み方はどうすればいいのでしょうか。

お香典などとは異なる点もあるので、注意しましょう。

3回忌のお布施はどんな袋に包む?

まずは3回忌のお布施に用いる袋についてです。

本式では奉書紙を使いますが、白い封筒を使っても問題ありません。

2つの方法についてそれぞれ見ていきましょう。

奉書紙に包む

奉書紙(ほうしょがみ)に包むのが正式な方法です。

まず、お金を半紙で包むか、もしくは白い無地の中袋で包みます。
さらに、それを奉書紙で包みます。
奉書紙にはつるつるしている面とざらざらしている面がありますが、つるつるしている面が外側に来るようにしましょう。

白い封筒に包む

最近では、必ずしも奉書紙を使わずに、市販されている白い封筒に包むのもよいとされています。

お金は、肖像画のある方が表書きのある面と同じく、上になるように入れます。
また、肖像画のあるお札の右端が、封筒の開封口の方に来るよう入れるようにしましょう。

二重封筒は使用しないようにする

お布施を入れる袋として、二重封筒は使用しないというのが大原則です。

二重封筒は、一見丁寧なように感じられますが、風習としては不幸が重なると考えられてきました。
必ず、一重の封筒を選ぶようにしましょう。

お金の入れ方に気を付ける

お金を包む際には、お金の入れ方に気をつけることを忘れないでください。

先ほども少し触れましたが、お札は肖像画がある方が表面に来るように入れます。
奉書紙を使う場合は、広げた状態の奉書紙に置く際に、肖像画がある方を上にして包んでいきます。

お布施には新札を使う

お布施のお金には、新札を使用しましょう。
どうしても用意できない場合は、できるだけ綺麗なお金を用意しましょう。

「お香典では古いお金なのになぜ?」と思うかもしれませんね。
お布施は、不幸があった方へお渡しするものではなく、あくまでお世話になった僧侶の方や寺院への御礼として渡すものです。

お礼の気持ちを表すものとしては、新札やできるだけ綺麗なお金の方が礼儀にかなっています。

3回忌のお布施の渡し方

葬儀

お布施の用意が完了したら、いよいよ渡すことになります。

でお布施をお渡しするタイミングや作法にも決まりがあります。

では、3回忌のお布施の渡し方についてみていきましょう。

お布施を渡すタイミング

3回忌でお布施を渡すタイミングとして適切なのは、法要が終わってからです。

僧侶の方がお経やお説教を挙げ終えた直後に、というのでは唐突すぎる印象がありますので、一息ついた頃合を見計らうのがよいでしょう。
例えば、僧侶の方が帰り支度をはじめたときなどでもよいです。

僧侶の方が、3回忌の法要後の会食に参加されるようなら、会食が終わった後にお布施をお渡ししましょう。

お盆にのせて渡す

3回忌のお布施は、「切手盆」(きってぼん)といわれる、小さな四角いお盆に載せてお渡しするのが正式なやり方です。
本来は、さらにお布施を袱紗(ふくさ)に包んでから載せるのが正式な作法でしたが、現代の慣習では、切手盆を使うのが主流になっています。

まず、「お布施」と書いた表書きの字が自分から読めるように向け、切手盆の上に載せます。
次に、お盆ごと時計回りの方向に回して、「お布施」の字がお渡しする僧侶の方から読めるように向け、お盆ごとお渡しします。

もしも切手盆がない場合は、袱紗に包んでおきます。
色は、紺や紫色が適しています。

袱紗に包む場合には、袱紗で包んだお布施の包みを、自分の方から読める方向にし、右手のひらに置きます。
左手で袱紗の包みを開けます。
袱紗を自分の膝の上に置き、お布施の包みを両手で持ちます。
お盆のときと同じく、お布施の包みを時計回りに回し、お渡しする僧侶の方から読めるように向け、お渡しします。

また、3回忌の法要は自宅で行うことが多いと思います。
自宅で行う場合には、必ず僧侶の方の側に行って膝をつき、お辞儀をしながらお渡ししましょう。
決して立ったまま、上から渡してはいけません。

もちろん、寺院などで、座敷ではなく椅子などの環境で行うときは、立った姿勢のままで構いません。
また、寺院で3回忌の法要を行う場合は、切手盆にこだわらず、袱紗で十分です。
受付の机などがある場所でお渡しすると、スムーズでしょう。

簡単な挨拶をしてから渡す

3回忌に来てくださる僧侶の方に感謝の気持ちを伝えることが大切です。
慣れない作法で緊張したりと大変だとは思いますが、ぜひ簡単な挨拶をしてからお布施をお渡しするように心がけましょう。

「本日は、(故人の名前)のために心のこもったお経を挙げていただき、誠にありがとうございました。
こちらは、私どもよりの心ばかりのお礼でございます。
なにとぞお納めください」など、ひと言申し添えてお渡しすると、より丁寧な印象になります。

お布施以外に僧侶に渡すお金

葬儀

お布施以外にも、お車料や御膳料など、僧侶の方にお渡しすべきお金があります。

こちらについても合わせて必ず知っておく必要があります。

では、お布施以外に僧侶に渡すお金についてご紹介していきます。

お車料

まず、僧侶の方の交通費にあたるお車料があります。

僧侶の方が法要の会場まで、ご自分の車やバイクなどでいらした場合には、相場は5000円~1万円になります。

お金を包むのは、白い無地の封筒で構いませんが、二重封筒ではなく、一重のものを使います。
封筒の上部に「お車料」と書きます。

施主が送迎タクシーなどの手配をし、実費を直接にタクシー会社に支払うなどの方法でも問題ありません。

御膳料

法要後、参列者のために会食の場を用意している場合、僧侶の方が会食に参加されないときは、御膳料をお渡しします。

相場は相場は5000円~2万円です。

金額には地域によっても違いがありますので、血縁者の方などに相談してみるのがよいでしょう。

お金を包むのは、白い無地の封筒で構いませんが、こちらも二重封筒ではなく、一重のものを使います。

3回忌のお布施についてまとめ

お墓

いかがでしたか。

今回終活ねっとでは、3回忌のお布施についてご説明しました。

記事の内容として、以下のようなことがお分りいただけたかと思います。

  • 3回忌を行うタイミングは宗教によって違う
  • お布施の相場は1万円~5万円が一般的な相場である
  • お布施の包みには奉書紙か一重封筒を使い、新札を入れる
  • 表書きは薄墨でなく普通の墨でする
  • 直接手で持たずに、切手盆や袱紗を使って渡す
  • お車料や御膳料なども合わせてお渡しする

奉書紙や新札など、普段使わないものを揃えるのには時間がかかります。
また、毛筆で丁寧に表書きしたり、包んだりするためには余裕が必要です。

直前になると、仏壇を整えたり、参列者への方への案内をしたり会食の手配をしたりと、お布施の以外にもさまざまな支度で大忙しになってしまうもの。

慣れないことだからこそ、自信をもって執り行えるよう、前もって準備に励みましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「3回忌・お布施」に関連する記事

「3回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「3回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説しますのサムネイル画像

13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説します

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと