法事の際の男性・女性のヘアスタイルはどうする?注意点も解説します

法事に参列する際の髪型について解説しています。具体的にはどんなヘアスタイルが適しているの?とお悩みの方に向けてオススメのヘアスタイルも紹介しています。男性・女性・お子さんの長さに合わせた髪型がありますので、法事に参列される前にチェックしておきましょう。

目次

  1. 法事でのヘアスタイルはどうする?
  2. 法事の際の男性のヘアスタイル
  3. 法事の際の女性のヘアスタイル
  4. 法事の際の子供のヘアスタイル
  5. ヘアスタイルで気を付けたいこと
  6. 法事でのヘアスタイルについてまとめ

法事でのヘアスタイルはどうする?

葬儀

法事などに参列される際に、どんな服装で参列すればよいのだろうと考える方は多いかと思います。

しかしいざ参列するとなった時に、髪型はどうすればいいのか、髪は整えて行かなくても大丈夫か、などと思った経験はありませんか?

正式な場である法事ですから、髪型にもきちんとしたマナーはあります。
今回終活ねっとでは、法事に参加される場合に適したヘアスタイル・ヘアアクセサリーについて紹介しています。

  • 法事の際の男性のヘアスタイル
  • 法事の際の女性のヘアスタイル
  • 法事の際の子供のヘアスタイル
  • ヘアスタイルで気を付けたいこと

ぜひ、最後までお読みいただき、正しい知識を身につけておきましょう。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

法事の際の男性のヘアスタイル

葬儀

男性の髪型・髪色・パーマ・長髪の場合それぞれについて解説していきます。

基本的には、清潔感を与える短い髪型が好まれる傾向にあります。
目に髪がかからない程度の長さまで整えておくとよいでしょう。
ワックスやヘアスプレーなどの整髪料を使う際は、匂いが強すぎない物を使用してください。

カラーについては黒、もしくは暗い茶色であれば大丈夫です。
明るい髪色の場合は黒色に染め直すか、もしくはシャンプーで落とせるタイプの黒染めスプレーがありますので、そちらを使用しましょう。

パーマについては派手すぎない髪型であれば問題ありません。
しかし、あまり髪がなびくようなパーマですと、他の参列者の方や遺族・僧侶にもあまり良い印象を与えませんので、常識のある範囲での髪型にとどめましょう。
礼儀を重んじる場ですので、不必要なトラブルを避けるためにも、可能であればパーマを落として参加されることをおすすめします。

長髪はNG?

男性の長髪は決して禁止されているわけではありません。
ヘアゴムなどで後ろで一つに結んで、お辞儀をする際に髪が乱れないようにしましょう。
また、結んでおかないと焼香で髪が焼けてしまう恐れもあります。

結ぶほど長くはないが、動くと髪がなびくくらいの長さの場合は、ワックスとスプレーを使ってオールバックにしたり、サイドをヘアピンで留めておくと清潔感もあって良いでしょう。

最近では長髪のヘアスタイルをされる男性も増え、個性を尊重されています。
しかし、まだまだ「男は短髪にするべき」という考えが一部では残ってしまっているのが現状です。
慶事では、ファッションに関しては「好みを尊重すべき」という考えが広まってきていますが、法事など弔事の場において、男性の長髪はあまり好まれていません。

マナーに厳しい人であれば注意される恐れもあるため、髪を切ることに抵抗がないのであれば髪を切って参加するようにしましょう。

法事の際の女性のヘアスタイル

葬儀

ここでは、女性のヘアスタイルについて解説していきます。

髪色は男性と同じく黒、もしくは暗い茶色で問題ありません。
明るい色に染めている方は、染め直すかシャンプーで落とせるタイプの黒染めスプレーをして参列しましょう。
また、黒いウィッグを着用すれば染め直す手間を省くことができますので、おすすめです。

男性よりも髪の長さに差があるため、自分に合った髪型を選びやすいよう、長さごとにおすすめのヘアメイクについても紹介していきます。

ショートヘア

ショートヘアの方は、髪を綺麗に整えていれば問題ありません。
前髪は垂れないように左右に分け、全体的に毛先が飛び出ないように整えましょう。
しかし、お辞儀をした際に髪が流れてくることもありますので、サイドをヘアピンで留めておくと安心です。
また、ヘアアイロンで内巻きに揃えておくと上品な印象を与えることができます。

また、前髪がサイドに分けられないほど短い場合は、ワックスを使って横に流したりウィッグを使って前髪を伸ばすと、落ち着いた印象に仕上げられます。

ミディアムヘア

ボブなどの流行により、ミディアムヘアにしている方が増えてきています。
ショートというほど短くなく、ロングというほど長くないミディアムロングの方は、一番ヘアスタイルに悩まれると思います。

結んだ方がいいか結ばなくてもいいのかは、肩にかかるかかからないかで判断しましょう。

共通していえることですが、落ち着いた印象をもってもらうためにも、前髪はサイドに分けてヘアピンで留めておきましょう。

一つにまとめる

一つにまとめるのは、ヘアゴムとヘアピン数本でできるオーソドックスな髪型です。
華やかな印象を避けるために結ぶ位置は耳よりも下で結ぶのが、弔事ではマナーとなっています。
また、二つ結びにすると左右に毛先が出てしまいますので、控えるのが無難です。
前髪と脇はピンで留め、髪が乱れないようにしましょう。

ヘアゴムが手元に無い場合は、リボンやシュシュを使用しても問題ありませんが、黒などの目立たない色のものを使用してください。

ギブソンタック

ギブソンタックは聞き慣れない方も多いかもしれませんが、簡単でオシャレに決まる髪型です。
使うのはヘアゴムとヘアピン数本なので、一つにまとめる方法と用意するものは変わりません。

まず後ろで一つに結んでから少したるみをもたせ、結び目の上側の髪を分けて穴を作り、毛先を穴に埋めてヘアピンで留めた後に、全体を馴染まれば完成です。

ドレスやスーツにも似合うので、結婚式などでも好まれているギブソンタックですが、弔事では結ぶ位置を低めにしておくことに注意しましょう。
低い位置で結ぶことで落ち着いた印象にもなります。

ロングヘア

ロングヘアの方は一つに結んでも毛先が乱れたり、お辞儀をする時にも横に垂れてしまい、困った経験があるのではないでしょうか?
まとめようにもいろんなアレンジ方法があり、どんなヘアスタイルにすればよいか悩んでいる方におすすめの髪型を三つ紹介していきます。

シュシュやカチューシャは使用しても問題ありませんが、できる限りヘアゴムとヘアピンを使うようにしましょう。
また、ロングヘアの方で束ねた髪をサイドから前に流すスタイルも見られますが、あまり推奨はできませんので、無難に後ろでまとめるとよいですね。

ハーフアップ

サイドと上側の後ろの髪を一つにまとめるハーフアップは大人らしい印象を与え、よく選ばれる髪型です。
前髪は左右に分けてピンで留めておきましょう。

注意しなければならないのは、髪留めに装飾がついたものは控えるようにする、ということです。
黒いシンプルな髪留めが好ましいですが、持ち合わせていない場合は、パールやオニキスがついたものがあれば、そちらを使いましょう。

シニヨン

シニヨンとは、後ろで髪を一つにまとめる髪型をさします。
それだけ聞くと少しイメージしづらいですが、黒いネットで髪をまとめている方を見かけたことはないでしょうか?
あれはシニヨンネットというアイテムで、コンビニや百円均一・ドラッグストアなどでも売られています。
簡単に髪をまとめられるだけでなく、風が強い日でも髪型が崩れにくいので重宝されています。

お団子

ポニーテールにしたものの、長すぎてお辞儀をしたり焼香の時に髪が前に流れてしまう方は、お団子スタイルがおすすめです。
普段からお団子にしている方は、手早くセットができますし、髪のボリュームに不安がある方もお団子用のウィッグを使用すれば、簡単にカバーできます。

また、お団子を作る位置は耳より下で作るように注意してください。
髪型というのは、本人が思っている以上に周りの人たちが見ています。
厳かな雰囲気を壊してしまわないためにも、きちんと節度を守ったヘアスタイルにしてから参列しましょう。

法事の際の子供のヘアスタイル

人々

子供の髪型についても、大人とあまり大きな違いはありません。
髪が短ければ整えてあげる程度で問題ありません。
長い子の場合は、ヘアゴムやピンでまとめてあげましょう。

整髪料に関しては、つけない方がよいです。
子供は動き回ることが多いので、ワックスなどをつけてしまうとかえって髪が乱れてしまう原因になるからです。

難しく考えず、普段と同じような髪型にしてあげましょう。

ヘアスタイルで気を付けたいこと

葬儀

振り返りにはなりますが、改めて気をつけるべき点についてです。

なにかと移動やお辞儀などの動作で毛先がばらけてしまうことが多い法事ですから、毛先までしまえる髪型にしておくと、最後まで綺麗な状態で法事を終えることができます。
また、焼香の際に誤って炉に髪が触れてしまい、焦げてしまうといったトラブルを避けることもできますので、ご自身の髪を大切にするという意味でもヘアメイクには気をつけたいですね。

特に以下の点をしっかりと抑えておけば特にトラブルもなく、故人を送り出すにあたって粗相のない法要を迎えられるでしょう。

髪色・パーマ

明るい髪色にされている方は染め直す、もしくは一時的に染毛できるスプレーを利用しましょう。
周りが黒髪の中での茶髪というのは、自身が思っている以上に目立ってしまいます。
判断がつかず心配な方は、あらかじめ髪色を暗くしておくと安心できますね。

パーマに関しては、無理にパーマを落とすのではなく、ウィッグを使用することで印象をやわらげることができます。
パーマをかけていて、なおかつ染色もされている方は、スプレーのみで染めようと思っても手間が多く、時間がかかってしまいます。
髪色に関してもある程度のカバーはできますので、ウィッグとスプレーと併用するとよいですね。

髪留め・髪飾り

ヘアアクセサリーについては、基本的に黒一色のものを使用するようにしましょう。
無い場合は装飾があまりついていないもの、もしくはパール・オニキスがあしらってあるアクセサリーであれば問題ありません。

ヘアゴムを使う際も、なるべくゴムが見えないようにセットをしましょう。
シニヨンネットもきちんとセットすれば、ゴムが見えない仕様になっています。

法事でのヘアスタイルについてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
以上が終活ねっとがまとめる、法事でのヘアスタイルとなります。

細かな決まりごとは無いものの、法要に参列する際には髪型をきちんと整える必要があることを理解していただけたのではないでしょうか。

今回のまとめとして

  • 正式な場である法事では、服装と同じように髪型にも気をつけるべき
  • 男性・女性を問わず、長髪の方は毛先が乱れないようにまとめる
  • 子供のヘアスタイルは大人と変わらず、長い場合はまとめてあげる
  • ヘアアクセサリーは派手なものは避け、黒を基本としたものを使用する

以上となります。

普段気にする機会の少ない法事での髪型について、曖昧な部分がある方も多くいらっしゃるかと思います。
そういった方の参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただいたことに感謝をしつつ、この記事の終わりとさせていただきます。
ご一読ありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
法事の際のアクセサリーについて詳しく知りたいという方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説

法事に参列する時、気を付けたいのはピアスなどアクセサリーについてのマナーです。法事にはどんなアクセサリーを身につければよいのでしょうか?ピアスなどを付けていてもよいのでしょうか?法事の時のアクセサリーのマナーについてご説明をします。

「法事・ヘアスタイル」に関連する記事

「法事・ヘアスタイル」についてさらに知りたい方へ

  • 平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんですのサムネイル画像

    平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんです

    平安時代の髪型といえば、男性は髷にして烏帽子などを被り、女性は長く伸ばしている。そんなイメージが強いですよね。でもそれだけじゃない、平安時代には本当はもっと様々な髪型があるんです。

  • 四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!のサムネイル画像

    四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

    四十九日の法要は重要な法事ですが、服装をどうすればいいかわからない場合が多いです。親族だけでなく、学生である子供や妊婦の方も参列しますが、喪服の格式や服装のまとめ方について正確に答えられる人は多くありません。この記事で、四十九日に適した服装を学びましょう。

  • 哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

    哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

    故人とご遺族に対し哀悼の心を捧げる大切な儀式の場である葬儀。普段のメイクと変えるところ、葬儀のメイクのテクニック、髪型や服装、持ち物とのバランス、マナー違反にならないことなど、準備のできない葬儀だからこそのメイクのマナーとテクニックを考えてみました。

  • 巫女の髪型ってシンプル!間違った認識の巫女の髪型のサムネイル画像

    巫女の髪型ってシンプル!間違った認識の巫女の髪型

    巫女は若い女性に人気のアルバイトです。理由は「巫女の恰好をしてみたい!」人が大勢います。巫女の恰好をしたコスプレイヤーも見かけますが、プレイヤーの髪型は華やかな髪型ばかりです。本職の巫女の髪型は後ろ髪を一本に結ったものです。本来の巫女の髪型をご紹介します。

  • 葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。のサムネイル画像

    葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。

    親族の葬儀に呼ばれた際、香典の金額やメイクや髪型に戸惑ったことはありませんか?今回は、親族の葬儀に呼ばれた時のマナーやルールを解説するとともに、喪主からお手伝いを頼まれた時にも困らないように、葬儀の流れについてもまとめています。

  • 法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

    法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

    法事に出席する際、服装について悩んだ経験はありませんか?大人のマナーとして失礼のない服装で出向きたいですよね。今回は女性・男性・子供たちの法事の服装について、気をつけるべき点など詳しくご紹介します。どうぞ最後までお付き合いください。

  • 日本髪の歴史ー江戸時代に結われた髪型についてーのサムネイル画像

    日本髪の歴史ー江戸時代に結われた髪型についてー

    江戸時代の髪型には多数の種類があり、身分や職業、年齢が判別出来るようになっていました。なぜここまで結髪の文化が発達したのか、また江戸時代にはどんな髪型が結われていたのかをご紹介します。

  • お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

    お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

    お通夜の格好にはさまざまなマナーがあります。大人は喪服やブラックフォーマルと分かりますが、子供や赤ちゃんの格好ってどうすればいいのか知っていますか?今回は大人はもちろん子供の通夜の格好も紹介していきます。

  • 告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

    告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

    大切な人が亡くなると、通夜から告別式まで慌ただしく時間が流れます。そのため、喪主として準備すべきことや参列者として行うこと、注意すべきことを理解せずに、執り行ってしまうこともあります。ここでは、いざと言う時に慌てないように告別式などの準備について紹介します。

  • 23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

    23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

    大切な方が亡くなり22年が経ち、23回忌法要に向けての準備を始めている頃でしょうか。皆さんは、23回忌の服装についてご存知ですか?今回は服装について男性、女性、子供に分けてご紹介します。最後に、服装に関する注意点にも触れているので、ぜひ最後までお読み下さい。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・ヘアスタイル」についてさらに知りたい方へ

平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんですのサムネイル画像

平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんです

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!のサムネイル画像

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

巫女の髪型ってシンプル!間違った認識の巫女の髪型のサムネイル画像

巫女の髪型ってシンプル!間違った認識の巫女の髪型

葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。のサムネイル画像

葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

日本髪の歴史ー江戸時代に結われた髪型についてーのサムネイル画像

日本髪の歴史ー江戸時代に結われた髪型についてー

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・ヘアスタイル」についてさらに知りたい方へ

平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんですのサムネイル画像

平安時代の髪型には、実は色んな種類があるんです

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!のサムネイル画像

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

巫女の髪型ってシンプル!間違った認識の巫女の髪型のサムネイル画像

巫女の髪型ってシンプル!間違った認識の巫女の髪型

葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。のサムネイル画像

葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと