四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

四十九日法要で参列していただいた方々にご挨拶をする場合、どういうタイミングでどういう挨拶をするのが適切なのでしょうか?終活ねっとのこちらでは、挨拶の例文をご紹介、また四十九日法要に参列する側のご挨拶もあわせてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 四十九日法要での挨拶について
  2. 四十九日法要で挨拶を行うタイミング
  3. 四十九日の喪主の挨拶例文
  4. 挨拶をする際のポイント
  5. 参列者の挨拶例文
  6. 四十九日法要前に送る挨拶状とは
  7. 四十九日法要での挨拶まとめ

四十九日法要での挨拶について

葬儀

四十九日法要は「忌明け」や「満中陰」とも呼ばれ、
亡くなられた方は、死後49日後に仏の元へ向かうと言われとても重要な行事です。
親族・遺族だけではなく、関係者を呼んで法要を行います。

この四十九日法要は式場の手配や位牌の用意など事前の準備がたくさんあります。

その中でも参列してくださる皆様に向けての挨拶の準備は重要なことの一つとなります。

タイミング、内容など、失敗しない挨拶も大事ですが、自分なりの挨拶ができるように
事前にしっかりと準備をしておきたいところです。

今回終活ねっとでは、四十九日法要でおこなう挨拶について解説いたします。

  • 四十九日法要で挨拶を行うタイミング
  • 四十九日の喪主の挨拶例文
  • 挨拶をする際のポイント
  • 参列者の挨拶例文
  • 四十九日法要前に送る挨拶状とは
  • 四十九日法要での挨拶に関するまとめ

四十九日法要で挨拶を行うタイミング

お墓

喪主が四十九日法要で行うご挨拶は葬儀のとき同様に、とても大事です。
亡くなられた方を親族や遺族、関係者の方で見送ってあげるためにも、きちんとしたいものです。

挨拶については、自宅で行う場合と、お寺などで行う場合とで少しだけ異なります。
お寺での法要は、住職の読経とともに自然に法要がはじまります。
この場合、喪主による始まりの挨拶は特に必要ありません。

自宅や会館などで四十九日法要を行う場合は、施主が始まりの挨拶を行うことになります。

法要の始まりを告げる挨拶以外にも、四十九日法要で挨拶を行うタイミングは以下のようにいくつかあります。
事前にしっかりと準備を整えて臨みましょう。

  • 法要の始まりを告げるご挨拶
  • 法要後、会食前の挨拶
  • 締めの挨拶

始まりを告げる挨拶はあまり長くない方がスムーズです。
短めの挨拶の中で足を運んでいただいた方への感謝の気持ちを伝えられるようにしましょう。

法要後、会食をご用意する場合は、法要が終わった後に、中締めの挨拶があります。
中には会食に参加せずに帰られる方もいらっしゃるので、法要に参加していただいたお礼をしっかりと伝えることが大切です。

四十九日の喪主の挨拶例文

葬儀

繰り返しますが、喪主としての挨拶は参列していただいている方全員が耳を傾けています。
参列していただいたことに対して感謝を示すことが大事なので、無理して暗記することはありません。
書いたものを丁寧に読み上げても大丈夫ですので、事前にまとめておくことにしましょう。

下に四十九日の喪主の挨拶例文をご紹介いたしますので、法要の際の参考にしてみてください。

法要始めの挨拶

法要始めの挨拶は、「四十九日法要に来ていただいたことへの感謝」と「法要の開始を宣言する」ものなので、手短にしていただいてかまいません。

例文
「本日は、お忙しい中大勢の方にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
ただいまより、故○○の四十九日の法要を執り行わせていただきます。
それでは、ご住職、宜しくお願いいたします。」

故人を法要の席で紹介する場合、○○の部分は戒名にするのが正式ですが、生前の名前で紹介することもありますので、お寺や住職にご確認すると良いでしょう。

法要の締めの挨拶

法要が終わりましたら、締めの挨拶をおこないます。
法要の締めの挨拶は少し長めの挨拶が望ましいですが、この挨拶で伝えることは大きく3つです。

「法要のお礼」
「故人との思い出」
「会食のご案内と締め」

長い挨拶が苦手であっても、このようにテーマを分けて考えると比較的スムーズに挨拶の文章が作られると思います。

会食が無い場合と会食をご用意している場合のそれぞれの挨拶文をサンプルとしてご紹介いたしますので、ぜひご活用してみてください。

会食がない場合

法要後の会食がない場合は、この挨拶が締めの挨拶となります。

例文
皆様、本日はご多忙にも関わらず、故○○の四十九日法要にお集まりいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで、無事に四十九日法要を終えることができました。
○○も安心していることと思います。

○○が亡くなってから四十九日、皆様には多大なご厚情を賜りながらも、
ゆっくりとお礼を申し上げることができず、申し訳ございませんでした。
この場をお借りして改めて、あつくお礼を申し上げます。
どうぞこれからも変わらぬご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

本来であれば皆様には粗宴を囲んでいただきながら、
○○を偲んでいただきたところではございますが、遠方からお越しの方も多いため、
本日はこれでお開きとさせていただきます。

つきましては、お荷物になるかとは存じますが、心ばかりのものを用意してございます。
お帰りの際には、どうかお忘れなきようお持ち帰り下さい。

本日は誠にありがとうございました。

会食がある場合

会食がある場合は、中締めとしてこの挨拶を行います。

会食に参加せずに帰られる方もいらっしゃる場合もあるので、来ていただいたお礼をしっかりと述べるようにしましょう。

例文
皆様、本日はお忙しい中、亡き○○の四十九日法要にお集まりいただきまして
誠にありがとうございました。

皆様には、○○の葬儀の際に、ひとかたならぬお世話を賜りましたこと、
あらためて御礼(おんれい)申し上げます。
おかげさまで、無事に四十九日法要を終えることが出来ました。
皆様方のお力添えの賜物と深く感謝しております。

○○がこの世をさり、四十日あまりほど過ぎました。
生前の賑やかな毎日と比べますと、実感が湧かない日々を過ごしてはおりますが、
遺された私達家族が力をあわせて前に進んでいくことが何よりの供養になると思います。

ささやかではございますが、お食事のお席をご用意させていただきました。
お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさってください。

本日は誠にありがとうございました。

挨拶をする際のポイント

葬儀

挨拶をする際には、会場のサイズにもよりますが、故人のために法要へ足を運んでいただいているため、皆様に聞こえるような声で感謝の気持ちを伝えられるようにしなければなりません。

このように、挨拶を行う際には、気をつけておくべき項目がいくつかあります。
挨拶をする際のポイントをいくつか見ていきましょう。

話す内容は紙に書いてもいいの?

暗記が苦手だという方や、考えながら話すことに自身がないという方の中には、話す内容を紙に書いてもいいのか、と疑問に思う方もいるかと思います。

四十九日法要の挨拶の内容は丸暗記したほうがいいと言われることがありますが、決してそんなことはありません。

日常会話などであまり口にすることのない言葉や言い回しなどがありますので、事前に紙に書いておき、当日読み上げる形式で全く問題ありません。

ただ紙を見たまま読んでしまうと声がくぐもってしまったり、聞き取りにくいこともありますので、サッと見て、会場を見ながら挨拶をするようにしましょう。

乾杯ではなく献杯

四十九日法要が終わった後、会食を用意している場合は、献杯を行います。

献杯の挨拶は喪主が行う場合もありますが、関係者などに簡単なエピソードと献杯の挨拶をしてもらう場合は事前に依頼しておきましょう。
ちなみに会食のことは、別の呼び方で「御斎(おとき)」ともいいます。

全員が席に着き、位牌の前に故人向けに盃を置き終わり、喪主の挨拶が終わると、代表者による献杯の挨拶がなされます。

献杯は大声で唱和する必要もありません。
また、飲み干す必要もなく、飲んだ後の拍手も不要です。
一般的な乾杯とは言葉の響きは似ていますが、唱和は静かに拍手も不要です。
故人を偲ぶ気持ちで唱えましょう。

献杯の挨拶の例文もご紹介しますのでご参考にしてください。

故人の親族が献杯の挨拶を行う場合

故人の親族が献杯の挨拶を行う場合は以下のような挨拶を行います。

例文
故人の△△の●●です。
本日は故○○の四十九日法要にお集まりいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで法要を終えることが出来ました。
無事に忌明けを迎え○○も安心していることだ思います。
今日は皆様から○○との思い出話や昔話をお伺いできればと思っております。
それでは、○○の冥福を祈りまして、献杯。

※△△部分は故人との関係性が入ります。(例:長男、次女など)

喪主が献杯の挨拶を行う場合

次に、喪主が献杯の挨拶を行う場合です。

例文
本日は故○○の四十九日法要にお集まりいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで無事に法要を終えることができました。
○○もこんなにたくさんの方々にに囲まれとても喜んでいると思います。
今日は時間の許す限り、○○を偲んでいただけたらと思います。
それでは、○○の冥福を祈りまして、献杯。

参列者の挨拶例文

葬儀

四十九日法要では参列者側の方も挨拶を行う場面があります。
ご遺族や親族の方にお声をかけるとき、どのような挨拶をするのが良いのでしょう。
参列者の挨拶の例文も確認しておきたいところかと思います。

参列者の挨拶のポイントとしては、2つあげることができます。

一つ目のポイントは、お通夜やお葬式の時に使う「ご愁傷様でした」「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りします」といった挨拶は法要の際には使いません。

二つ目のポイントは、法要の際には、親しかった故人の供養の席に同席させていただけて嬉しいという気持ちを伝えることです。

そのため、故人の親族や遺族にする挨拶としては、
「本日はお招きいただき、恐れ入ります」
「本日はお招きいただきありがとうございます」
というようなお声がけが適しています。

もう一言付け加えるとしたらこのような感じになります。

「本日はお招きいただき恐れ入ります。
心を込めて一緒にお祈りをさせていただきます」

四十九日法要前に送る挨拶状とは

葬儀

四十九日法要など、法要を行う際には参列者に対して案内状を送ります。

最近では、案内状は送らず電話だけで済ますということもありますが、余裕がある場合には、日時など詳細が決まった時点できちんと送るのが良いでしょう、

では、四十九日法要前に送る挨拶状はどのように書けば良いか見ていきましょう。

挨拶状の書き方

挨拶状は、おおよそですが1ヶ月ほどまでには準備して参列してくださる方に郵送しておきましょう。
とくに会食などを用意する場合は、返信用ハガキもしくは往復ハガキを使用して、出欠の連絡をしてもらうようにしましょう。

挨拶状の書き方として、書いておくべき事項は以下のようになります。

  • 誰の四十九日法要かを明記する

    供物や供花などを送る際に故人の名前が必要なのでしっかり明記します。
    回忌の数なども間違えやすいので気をつけましょう。

  • 日時と場所

    いつ、どこで開催されてるのかをしっかり明記しましょう。
    住所だけではなく、何かあった時のために会場の電話番号まで載せておくと親切です。

  • 会食の有無

    僧侶や参加者へ会食でおもてなし(御斎)をする時は、その案内も明記しておきましょう。

挨拶状については、句読点を使わないこともポイントとなります。
また、謹啓〜敬具などのルール、○○の候といった季節の挨拶は丁寧に書いておくようにしましょう。

手紙への返事の仕方

四十九日法要への案内状が届いた場合、どのように返信すれば良いのでしょう。

手紙への返事の仕方についても、出席の場合と欠席の場合とで見ていきましょう。

  • 出席の場合

    「御出席」の「御」の字だけ斜め二重線で削除し、「出席」の二文字を○で囲みます。
    「御欠席」を全て縦二重線で消します。
    「御住所」の「御」 の字だけ斜め二重線で削除し、自身の住所をその真下に記します。
    「御芳名」の「御芳」というニ文字を縦二重線で消し、自身の名前をその真下に記します。

  • 欠席の場合

    「御出席」の三文字を、縦二重線で消します。
    「御欠席」の「御」の字を斜め二重線で消し、「欠席」の二文字を○で囲みます。
    「御住所」の「御」の字を斜め二重線で消し、自身の住所を真下に記します。
    「御芳名」の「御芳」のニ文字を縦二重線で消し、自身の氏名を真下に記します。

四十九日法要での挨拶まとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、四十九日法要での挨拶について解説していきました。
いかがでしたでしょうか。

  • 自宅や会館での場合は、法要の始まり、法要の終わり、会食後の挨拶と3回の挨拶があるが、お寺の場合は始まりの挨拶は省略されることも多い。
  • 挨拶の内容は紙に書いて読んでも良いので、事前に準備しておくのが良い。
  • 挨拶には、参列していただいたことへのお礼、故人のエピソード、会食のご案内などを盛り込むことで印象が大きく変わる。
  • 遺族・親族への挨拶は「ご愁傷様でした」「お悔やみ申し上げます」ではなく、「お招き、恐れ入ります」が一般的です。
  • 法要の内容、会場、時間を明記することと、会食がある場合はそちらも記載しておきましょう。

法要での挨拶というと、大半の方が初めての経験であると思います。

初めての経験であっても事前にしっかりと準備をおこない、参列してくださった方に満足していただけるような四十九日法要になるようにしたいものです。

そして、故人に安心して旅立っていただけるように参考になれば幸いです。

終活ねっとではこのほかにも、法事や葬儀についての記事を数多く掲載しております。
四十九日の次に行われる、一周忌の法要での挨拶についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

一周忌はどのように進めたらよいのか、ほとんどの方は経験がなく、戸惑うことも多いでしょう。 特に挨拶を行うタイミングがたくさんありますが、どのように挨拶したらよいのか心配ですね。 終活ねっとのこの記事では、一周忌の挨拶について、タイミングや文例などを解説します。

「四十九日・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・挨拶」についてさらに知りたい方へ

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説しますのサムネイル画像

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!のサムネイル画像

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・挨拶」についてさらに知りたい方へ

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説しますのサムネイル画像

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと