17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

故人が亡くなってから、16年後の命日に行う法要が17回忌です。いくら故人が亡くなって16年といっても、この時も僧侶の方に読経してもらうためにお布施が必要となります。そこで今回は、17回忌のお布施の書き方や金額の相場、渡し方などについて見ていきましょう。

目次

  1. 17回忌のお布施はどうやって渡すの?
  2. 17回忌法要とは
  3. 17回忌のお布施の金額相場はどれくらい?
  4. 17回忌のお布施の書き方
  5. 17回忌のお布施の包み方
  6. 17回忌のお布施の渡し方
  7. お布施以外の僧侶に渡すお金
  8. 17回忌のお布施についてまとめ

17回忌のお布施はどうやって渡すの?

お墓

故人に対する供養は、その方がいて今の私たちが存在していることを感謝するために行うものです。

故人の供養の方法には、様々な方法があります。
中でも、毎日仏壇にお供え物をお供えして手を合わせるというやり方や、定期的にお墓参りに行くというものが一般的に挙げられます。

一方で、故人が亡くなった後の決まった年に、年忌法要を営むというものもあります。
年忌法要の中でも、故人の没後16年後の命日にあわせて行うものが17回忌です。

故人没後16年となると、結構な年数が経っています。
しかし、17回忌でも僧侶の方にお経をあげてもらって焼香を行うため、僧侶の方に渡すお布施が必要となります。

そこで今回終活ねっとでは、17回忌のお布施にまつわるマナーについて紹介します。
以下の各点に沿って見ていきましょう。

  • 17回忌法要とはどのような年忌法要なのか?

    17回忌法要の内容について簡潔に見ていきます。

  • 17回忌のお布施に包む金額の相場とは?

    17回忌法要の際に用意するお布施の金額の相場についてご紹介します。

  • 17回忌のお布施の書き方とは?

    17回忌のお布施を用意する際、欠かすことのできない封筒の書き方をご説明いたします。

  • 17回忌のお布施の包み方とは?

    17回忌の際のお布施の正式な包み方について、使うべき袋を中心に具体的に見ていきます。

  • 17回忌のお布施の渡し方のマナーとは?

    17回忌のお布施を僧侶の方に渡す際のタイミングやマナーについてご紹介します。

  • お布施以外に僧侶の方に渡すお金とは?

    場合によって、お布施以外に渡す必要があるお金について簡潔に触れます。

安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

17回忌法要とは

葬儀

最初に、17回忌法要について簡単に見ていきましょう。
17回忌法要とは、故人が亡くなってから16年後の命日に行われる年忌法要のことです。

故人が亡くなって16年後となりますと、故人のことを知っている方がかつてほど多くなくなっている場合が多いです。
基本的に親族のみで、僧侶の方を呼んでしめやかに行うのが一般的です。

なお終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
17回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“十七回忌” とは? - 終活用語集

亡くなってから満16年目に行う法要のこと。亡くなった日を1回目の回忌と数えるため、17年目ではなく16年目に行われます。13回忌の次に行われる法要です。時代の変化と共に、家族だけで行う場合や法要自体をやらない場合もあります。

17回忌のお布施の金額相場はどれくらい?

お金

それでは、17回忌法要の際に僧侶の方に渡すお布施の金額の相場とはどのくらいなのでしょうか?
ここではお布施についても簡潔に触れたうえで、一般的な17回忌法要の際のお布施の相場について説明いたします。

お布施とは、菩提寺などの僧侶の方に法事や葬儀などでお経をあげてもらったり、故人に戒名を授けてもらったりした際に感謝の気持ちとして渡す金銭のことを指します。
あくまでも、僧侶の方にとっての労働の対価ではないという点は注意が必要です。

さて、17回忌法要におけるお布施の金額の相場は、1万円~5万円となっています。
ただし、正確な金額は地域や寺院の考え方によって異なってきます。

法要を行う前に相場について詳しく知りたいということであれば、ご近所の方や菩提寺の方に問い合わせてみるとよいでしょう。

17回忌のお布施の書き方

葬儀

17回忌に限らず、お布施を包む封筒の書き方には一定のルールがあります。

先ほども述べましたが、お布施とは年忌法要の際にお経をあげていただいた僧侶の方への感謝の気持ちとして渡すものです。
お布施に関するマナーをきちんと守り、感謝の意を伝えたいですよね。

ここでは、17回忌法要のお布施の書き方を詳しく見ていきましょう。

表書きには「御布施」や「お布施」と書く

お布施や香典袋などは多くの場合、一番外側の袋である表袋とその内側に入っている中袋からなります。
その中で外見からして一番目立つのが表袋で、その表側の上段に記す表題を表書きといいます。

お布施の場合、一般的に表書きには御布施や「お布施」と書きます。
また、表書きを何も書かないまま僧侶の方に渡す場合もあります。

なお、お布施に「寸志」や「志」、「御経料」などと書いて渡す方もいます。
しかし、お布施はあくまでも読経に対する労働対価ではないことから、このような書き方は誤りです。

下段には施主の氏名か「○○家」と書く

表書きの下側には、お布施を包んだ施主の氏名、もしくは法要を行った家の名前を書きます。

施主とは、その家の先祖供養を主に行っている方のことです。
施主の名前を書く時、名前はきちんとフルネームで書くように心がけましょう。

家の名前を書く場合は、「〇〇家」といった形で書きます。

薄墨ではなく普通の墨で書く

お布施を包む封筒に表書きや名前などを書く際には、薄墨ではなく普通の墨を使います

葬儀の際に参列者が持参する香典は、薄墨で書くようにします。
香典の薄墨では、「涙で墨が薄くなってしまった」という悲しみを表すためです。

しかし施主がお布施を渡す相手は、僧侶や僧侶の所属する寺院です。
寺院に対してお悔やみを伝える必要はないため、薄墨は使用しません。

悲しみではなく読経に対する感謝の気持ちを伝えることから、普通の濃い墨を使うことになります。

中袋の書き方

実際にお布施のお金を包む中袋には、表側に包んだ金額を書きます。
裏面には、左側に包んだ人の住所と氏名を記すのが一般的な書き方です。

金額を記すときは、漢数字の旧字体を使って「金〇〇圓(也)」と記します。
なお、「也」とは間違いなく入れたことを示し、つけてもつけなくてもどちらでも良いとされています。

例えば、1万5千円を包んだ場合は「金壱萬伍仟圓(也)」、3万円を包んだ場合は「金参萬圓(也)」と書きます。

17回忌のお布施の包み方

葬儀

17回忌のお布施は書き方だけでなく、包み方に関しても一定のルールが存在します。
ここでは、17回忌のお布施の包み方にまつわるしきたりについて詳しくご説明いたします。

お布施を包む袋はどうする?

お布施を包む際、まず重要となるのがどので包むかという点です。
ここでは奉書紙で包む場合と、封筒で包む場合について説明します。

奉書紙で包む

お布施を包むときの最も正式なマナーとして、奉書紙に包むというものがあります。

奉書紙とは、昔の日本では役所の公文書や目上の方に進物の進呈など、非常に格式のある用途に使われていた和紙のことです。
現在でも、昔の名残で奉書紙にお布施のお金を包んで渡すのが正式なマナーとされています。

奉書紙で包む場合は、実際にお金を包んだ中包み(中袋など)の上から包みます。
包む際には、上側の折り返しに下側をかぶせるように包むのが一般的です。

なお、奉書紙に包む方法はおめでたいことに使うやり方でもあります。
そのため、結婚式の祝儀袋を包む際にも活用できます。

白い封筒に包む

中には、準備する時間があまりないなどといった事情がある方もいらっしゃるでしょう。
奉書紙を準備できない場合は、市販の白い封筒に包んで渡しても大丈夫です。

封筒の場合、郵便番号の欄など余計なものが印字されていない無地の封筒を用意しましょう。

あらかじめ「お布施」や「御布施」の表書きが印字された封筒を使う場合は、直接封筒の中にお札を入れます。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お布施の封筒への入れ方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お布施の封筒への入れ方は?封筒の種類や水引きについても解説します

皆様はお布施を封筒へ入れる際、注意すべき点があるのをご存知ですか?どんな封筒を使用すべきか、新札と旧札の使用の有無、お金の入れ方についてなど、気になる点は挙げれば多くありますね。今回は、お布施の封筒への入れ方を中心に解説します。是非最後までご覧ください。

二重封筒は使用しない

お布施を封筒で包む際には、封筒が二重にならないように包むという慣習があります。
封筒を二重にすると「法要を行った家に不幸が重なる」ことにつながり、縁起が悪いとされているためです。

ただし、市販の封筒であらかじめ中袋がついているものは、そのまま使っても問題はありません。

のし袋には包まない

お布施の包み方のマナーとして、お布施をのし袋で包まないというものもあります。

慶事の場合、のし袋は結婚式などに持参する祝儀袋として使われます。
弔事の場合は、葬儀などで持参する香典袋ととして使われます。
つまり、あくまでも式を営む家に対して渡すために使われるものなのです。

そのため、読経を行う僧侶の方や寺院に対して渡すお布施を包むためにのし袋を使うのは、正しくない作法であるといえます。

17回忌のお布施の渡し方

仏壇

17回忌法要にあわせて用意したお布施は、どのようにして僧侶の方に渡せばよいのでしょうか?

ここでは、僧侶の方にお布施を渡すタイミングや渡し方についてご紹介します。

僧侶がお帰りになるタイミングで渡す

まず、お布施を渡すタイミングとしては、法要が終わり僧侶の方がお帰りになるタイミングで渡すというのが最も無難で一般的です。

ほかにも法要が始まる前に渡す場合もあります。
しかし、こちらはあくまでも法要開始前に時間の余裕がある場合にのみ可能な方法といえます。

お盆にのせて渡す

お布施は、小さめのお盆(切手盆)に載せた状態で渡すのが一般的なマナーとされています。
また、お布施を渡すときには僧侶の方が見やすいように、渡す側から見て文字が反対向きになるようにする点がポイントです。

なお、直接手でお布施を僧侶の方に渡すというのはマナーに反しますので気を付けましょう。

一言挨拶を添えながら渡す

お布施を渡す際には、一言挨拶を添えつつ渡すようにします。
挨拶をすることで、僧侶の方に誠意が伝わりやすくなって良いでしょう。

挨拶の文言は、渡すタイミングにもよります。
僧侶がお帰りになる際に渡す場合であれば、読経や説法をしていただいたお礼を伝える旨の文言がおすすめです。

お布施以外の僧侶に渡すお金

お金

法要の際に僧侶の方に渡すお金は、場合によってはお布施だけに限りません。

ここでは、お布施以外に僧侶の方に渡すお金であるお車料と御膳料を紹介します。
また、お車料と御膳料の金額の相場についても簡潔に見ていきます。

お車料

お車料とは、法要の会場が自宅や霊園の法要室など菩提寺以外の場所の場合、来ていただいた僧侶の方に渡す交通費のことです。

お車料の相場は、一般的に5千円~1万円とされています。

御膳料

御膳料とは、法要の後に持たれる会食に僧侶の方が参加できない場合に、飲食を提供する代わりに渡す金銭を指します。

御膳料もお車料の場合と同じように、5千円~1万円が一般的な相場です。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
法事での御膳料についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

法事での御膳料の相場はいくら?渡し方のマナーについても解説

法事を執り行う場合、様々な準備が必要となってきますが、その中のひとつである「御膳料」の相場はいくらかご存知ですか? 今回は、御膳料の意味や一般的にいくら用意すればよいかなど解説しています。 お渡しする際のマナーもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

17回忌のお布施についてまとめ

仏壇

17回忌法要のお布施について、金額の相場や書き方などに関するマナーを中心に見てきました。
いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとで紹介した内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 17回忌法要とは故人が亡くなってから16年後に行われる法要のこと。ほとんどの場合は遺族だけで僧侶の方を呼んでしめやかに行われることが多い。
  • お布施とは、葬儀や法要などの際に僧侶の方に読経をしてもらったことへの感謝の気持ちに渡す金銭のことである。17回忌のお布施の一般的な相場は、1万円~5万円である。
  • 17回忌のお布施の表書きには、「お布施」や「御布施」と書く。表書きの下段には、施主の氏名や法要を行った家の名前を記す。中袋には金額を漢数字の旧字体を用いて記し、裏面に住所と氏名を書く。使う墨は普通の墨でよい。
  • 17回忌のお布施の包む際に使う袋は奉書紙か白い無地の封筒、表書きが印字された封筒を使う。二重封筒やのし袋は使用しない。
  • お布施を渡すタイミングは、法要が終わって僧侶の方がお帰りになる際が最も一般的である。渡す際は、一言挨拶を添えつつお盆に載せて渡す。
  • お布施以外に僧侶の方に渡すお金として、お車料や御膳料が挙げられる。いずれも5千円~1万円が相場である。

17回忌法要の際のお布施の金額は、1万円~5万円が一般的な相場です。
17回忌のお布施の相場は、他の年忌法要と大きな違いはありません。

また、17回忌におけるお布施の書き方や渡し方、包み方についても他の年忌法要の場合とほぼ変わりません。
そのため、普段の年忌法要に臨むのと同じようにお布施を用意しても問題ないといえます。

終活ねっとでは、葬儀や法事に関する様々な記事を扱っています。
ぜひ、他の記事も参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「17回忌・お布施」に関連する記事

「17回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「17回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介しますのサムネイル画像

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介します

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!のサムネイル画像

お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説しますのサムネイル画像

13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説します

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと