喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

身内に不幸があったとき、しばらくの間「喪に服す」といいますよね。では何のためにそうするかはご存知でしょうか?喪中と忌中の違いは?期間はどのくらいで、どのように過ごせばよいのでしょうか?今回は喪中と忌中の期間について詳しく説明します。是非最後までお読みください。

目次

  1. 喪中と忌中の期間について
  2. 喪中と忌中の意味
  3. 喪中と忌中の期間
  4. 喪中や忌中の期間に控えること
  5. 喪中と忌中の期間のまとめ

喪中と忌中の期間について

葬儀

喪中あるいは喪に服しているという言葉を聞くと、「お身内を亡くされたんだな」と大体の方がご理解されると思います。
多くの方が年賀状の代わりに、「喪中につき失礼します」と書かれたいわゆる喪中はがきを受け取った、もしくは出したことがあるでしょう。

ところで喪中と似た言葉で忌中(きちゅう)というものがあります。
このふたつの言葉の意味の違いはご存知でしょうか?

喪中と忌中とではその期間が違います。

また、両親が亡くなった場合、兄弟が亡くなった場合など、故人との間柄によっても期間が変わってきます。
その期間はそれぞれどのくらいでしょうか?

宗旨によって違いはあるのでしょうか?
喪中・忌中はどのように過ごせばよいのでしょうか?

終活ねっとでは今回、

  • 喪中と忌中の違い
  • さまざまな喪中・忌中の期間
  • 喪中や忌中のマナー

について解説いたします。
是非最後までお読みください。

喪中と忌中の意味

困った人々

喪中は聞いたことあるが、忌中は知らない、同じじゃないの?という方は多いのではないでしょうか。
喪中や忌中といった言葉は知っているし、どういうマナーがあるかもわかっているが、何故そうするかまでは知らない、という方もいらっしゃるかと思います。

まず始めに喪中と忌中の意味をそれぞれ説明します。

喪中の意味

喪中は故人の死を悼み偲ぶことで、遺族の悲しみを癒す期間です。
残された遺族のためにある時間といっていいでしょう。
この期間は派手な振舞いやお祝いなどを慎み、静かに過ごすこととされています。

このことを「喪に服す」と言い、喪に服していることを「服喪(ふくも)」と呼びます。

忌中の意味

忌中は故人のために祈り、穢(けが)れを祓(はら)う期間です。
これは死を穢れとする神道の思想からきているといいます。
この期間には、穢れを持ち出さないよう外部との接触を避けたり神事に関わらないようにします。

喪中が遺族のための期間であったのに対し、忌中は周囲への配慮のための期間といえます。

ちなみに「忌服(きふく)」という言葉がありますが、これは忌中のみを指しているのではなく、喪中も含みます。

喪中と忌中の期間

葬儀

お身内を亡くされた年の年賀状はどうされていますか?
喪に服しているから今年は出さない、という方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ところが一概にそうとはいえません。
その年にお身内が亡くなられても、年越しの際に喪中でなければお祝い事である年賀状を送ってもよい、とされています。

つまり喪に服す期間が一年未満である場合もあるのです。

これから喪中と忌中の期間について説明します。

ただし必ずこうしなさい、といったルールがあるというわけではありません。
同じ宗派でも各地域や家庭で違いがあるようです。

かつては喪中と忌中の期間を定めた法律がありました。
明治7年に制定された太政官布告「服忌令」という法律です。

この法律は家制度を意識した男女差のあるものでした。
例えば同じ子供でも息子と娘、同じ祖父母でも父方か母方かで日数が違っていました。

この法律は昭和22年に廃止となっていますが、男女の取り扱いの差をなくしたりといった調整をした上でいまでもひとつの目安とされています。

あくまでも目安で、現在は規定する法律もありませんので、各人の判断で決めることになっています。

一般的にいわれている喪中・忌中の期間は次のとおりです。
どちらとも故人との関係によって期間が変わってきます。

喪中の期間

喪中の期間については以下の表のとおりです。

故人の続柄期間
配偶者、父母13ヶ月
子供13ヶ月
祖父母3ヶ月
兄弟姉妹3ヶ月

仏教の一周忌法要をもって喪が明けたとすることも多いようです。
それで喪中は一年間続くといったイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。
一般的な慣習に従うとすると、9月までに祖父母を亡くした場合は通常通り年賀状を送ってもさしつかえない、となります。

忌中の期間

忌中の期間については以下の表のとおりです。

故人の続柄期間
配偶者、父母50日
子供30日
祖父母30日
兄弟姉妹20日

仏教では四十九日法要をもって忌明け、すなわち忌中が終わるとすることもあるようです。
地域や家庭によっては神道の五十日祭を忌明けとしたりもします。

喪中や忌中がない宗派もあります

神道では、とか仏教では、といった説明をしてきましたが、それではキリスト教にも喪中や忌中といった考えはあるのでしょうか?

西洋にも故人を偲び弔う習慣はありますが、キリスト教では日本の喪中や忌中といったように決まった期間死を意識して過ごすということはしません。

また仏教の中でも、浄土真宗では死を穢れととらえないため、喪に服す必要はありません。

ただし、一般的に身内に不幸があった場合、喪中・忌中であると見なされますので、周りに合わせた対応をとることもできます。

喪中や忌中の期間に控えること

葬儀

それでは具体的に喪中や忌中にはどのように振舞えばよいのでしょうか。
主だった行事におけるマナーについて説明します。

年賀状

年越しと喪中が重なる場合は、前もって年賀欠礼状、いわゆる喪中はがきを出します。
また、欠礼状を送っていない方から年賀状が届いた場合は松の内(1月7日)が過ぎたころに寒中見舞いを送ります。
ただし、個人的な付き合いではない仕事の取引先などには通常通りの年賀状を送ることが多いようです。

相手が喪中である場合も年賀状は控え、松の内が過ぎてから寒中見舞いを出します。

初詣

お寺と神社では初詣のとらえ方が違います。

  • お寺

    故人や祖先に新年の挨拶をするということで、喪中でも忌中でも問題はなく、むしろ良いこととされています。

  • 神社

    穢れを避けるため、忌が明けるまで鳥居はくぐらない方がよいとされています。よって忌中を過ぎた喪中の場合は問題ありません。

お年玉

お祝い事を控えるという意味でお小遣いと表記したりします。

慶事

忌中の慶事(結婚披露宴や祝賀会)への出席は控えます。
忌が明けたら喪中でもよしとすることもあるようです。
亡くなった方が両親や子供、あるいは同居親族ではない場合は出席することもあるようですが、相手が気にすることもあるかと思いますので、忌中ないしは喪中である旨伝えておいた方がよいでしょう。

神棚に触れること

忌中は神棚に触れてはならない、とされています。
期間中は「神棚封じ」といって半紙を貼り付け神棚の正面を隠すようにします。
忌明けの喪中であれば大丈夫です。

柔軟な対応を取るケースもあります

一般的にはいま述べたような対応をしますが、はっきりとしたルールがあるというわけではありません。
特に年賀状や慶事などの相手がある場合は、その相手が同じ宗旨とは限りませんから一概にルールを定めることはできません。
また、地域差もありますし、各家庭、個人によっても考え方は異なります。

ライフスタイルや価値観の多様化が進んでいる今日では色んな選択肢がありますので、世間はあまり気にしなくなっているようです。

最終的にどうするかは家族や周囲と相談して決めるのが良いでしょう。

喪中と忌中の期間のまとめ

葬儀

いかがでしたか。

今回は喪中と忌中の期間について説明しました。その結果、

  • 喪中は遺族の悲しみを癒す期間
  • 忌中は穢れを落とす期間
  • 喪中と忌中とでは期間が異なる
  • 故人との関係性により喪中・忌中の期間が異なる
  • 期間についての厳格なルールはなく、最終的にはそれぞれで決める
  • 喪中や忌中がない宗派もある
  • 喪中・忌中のマナーはあるが、柔軟に考えてもよい

ということが分かりました。

色々な慣習があり、割と融通がきくということもご理解いただけたかと思います。

喪中や忌中は遺族の方が過ごすものです。
しかしそれをどう過ごしてもらうか、終活をされている方とそのご家族で話し合ってみるのもよいかも知れません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは他にも様々な記事を作成しておりますので是非参考にしてください。

「喪中・忌中・期間」に関連する記事

「喪中・忌中・期間」についてさらに知りたい方へ

  • 喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

    喪中と忌中の違いをご存知ですか?喪中と忌中の期間やその間の過ごし方など、喪中と忌中の意味やマナーが分からないと、思わぬ失敗をしたり、失礼があるかもしれません。終活ねっとのこの記事では、喪中と忌中の違いについて、それぞれの意味や期間別のマナーを含めて解説します。

  • 喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

    喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

    近親者が亡くなったあと、その人を悼む事を「喪に服す」と言います。その喪に服す期間を「喪中」と言いますが、その喪中期間の過ごし方というのはなかなかわかりづらいものです。喪中期間にやってはいけないこと、やっても構わないことを中心に、喪中期間の過ごし方を解説します。

  • 喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

    喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

    喪中の時でもお墓参りをする場合があります。喪中の間は旅行や祝い事を避けるべきですが、お墓参りはしても良いのでしょうか。他にも喪中の際に注意しなければならないことはいくつかあります。今回は気になる喪中のお墓参りや注意することを紹介します。

  • 喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

    喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

    身内の方を亡くした際には誰もが悲しみに沈んでいます。特に喪中・忌中の時期はその悲しみの最中にあるため気晴らしに旅行などに行きたくなるでしょう。しかし、喪中・忌中に旅行に行くなどとんでもないという考え方もあります。はたして、喪中・忌中の旅行の是非とは?

  • 喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

    喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

    親類の方が亡くなった場合には一定の期間喪に服すことになりますよね。では、喪中期間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか?今回は、喪中期間の長さはどれくらいなのかについてと喪中期間にしてはいけないこともご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

    絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

    喪中の家庭がしてはいけない事ってどんなことか知っていますか?お正月に「おめでとうございます」と言ってはいけない喪中に、『初詣』は果たして行っていいのか、そして知らないで『初詣』に行ってしまったら?今回はそんな喪中に行ってはいけない事をお話します。

  • 喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

    喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

    身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

  • 喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

    喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

    喪中に旅行に行っても大丈夫なのでしょうか?喪中でのタブーなことがわからない。なんとなく喪中に控えるべきことは分かるけど旅行ってどうなの?とお考えの方は多いかもしれません。ここでは、喪中の旅行に行っても大丈夫かをその理由とともに解説していきます。

  • 喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナーのサムネイル画像

    喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナー

    そろそろ年賀はがきを準備しようかなと思う頃、喪中はがきが届き始めます。その喪中はがきに返信は必要でしょうか?返信するなら、何と書けばよいのでしょう?また出す時期はご存知ですか?今回は喪中はがきが届いたらどうすればよいかを考えていきましょう。

  • 喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?のサムネイル画像

    喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?

    喪中の間の過ごし方には、現在でも昔からのしきたりが数多く残っています。そこで今回は、喪中の間の神棚の管理方法をご紹介します。既に神棚をお祭りしている方も、これからお祭りする方も、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「喪中・忌中・期間」についてさらに知りたい方へ

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナーのサムネイル画像

喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナー

喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?のサムネイル画像

喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「喪中・忌中・期間」についてさらに知りたい方へ

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと